皆さんのMPを、私達に少しばかり分けてください。
一日一回、応援クリック↓
 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
ミナデインを唱えさせてください!

 

ホテルのチェックインと換金を済ませ、ロビンソンモールに向かった。

 

ロビンソンモールは、大型ショッピングモールである。マラテだけではなく、周辺地域の人にも知名度が高い。

マラテ外からタクシーでリビィエラマンションホテルと伝えると、たまにわからないタクシー運転手もいるので、その場合、ロビンソンモールと伝えるとほぼ問題なく連れて行ってくれる。

 

入り口にはガードマンがいて、カバンを持っている場合は中身を金属探知機でチェックされる。持っていない場合は本当にそれで危険を回避できるの?という程度の簡単なボディチェックをされる。

 

モールに入場するとまず思ったことだが、

 

ものすごくきれい!!

 

日本でいうところのイオンのような内装だが、非常に作りも近代的であり、清掃も行き渡っている印象だ。

ただ、このロビンソンモール、まったくそんな風には見えないが、スリがたくさんいるようだ。

 

私は、日本では財布は後ろポケットに入れている。だが、マニラにいるときは携帯、財布は前ポケットに入れて、スラれないように気を付けている。

そして、体はしっかりと空気を吸い込んだ状態にして、一回り筋肉が大きく見えるようにしている。

 

とにかくお腹がすいていたため、フードコートがある場所へ。

様々なジャンルの店があったが、その中で目に飛び込んできたのがステーキである。

 

値段を見ると一番高いTボーンステーキでさえ150ペソである。

たぶんおいしくはないんだろうなと思いながら注文。

レジから厨房が少し見ることができ、奥でしっかりと肉を焼いている様が確認できた。

 

私(心の中)「まあ、火をしっかり通して言うようだし、大丈夫でしょ」

 

自分が注文したTボーンステーキがきた。ワンプレートに米とステーキ、ステーキには謎の小麦色のソースがかかっていた。

また、コンソメスープのようなものと、飲み物がついてきた。

 

ステーキはまずまずな大きさ(150g~200g)、米は2分の1合ほどの量だろうか。

 

まずはスープ。

味がほとんどしない。色はコンソメ、味は白湯、そして温度はお風呂。飲み干すことを諦めた。

 

次に口直しに飲み物を飲んでみた。

濃い。ものすごく濃い。

日本にある、缶に粉末のレモンティが入っている物があるが、あれをお湯じゃないと溶けないほど粉末を入れ、強制的に溶かしたほどの甘さだ。飲み干すことを諦めた。




ラストに肉を回すとして次は米だ。

米はやっぱり日本のほうが良いと感じた。少しクセがある。

 

最後に肉だ。謎のソース。値段の割に大きなサイズ。そして今までのスープ・飲み物・米の味から想像するに絶対おいしくはないだろうと考えていた。

 

 

 

私(心の中)「なにこれ、うまい!!!」

絶妙な焼き加減、固さも私好みのちょうどよい歯ごたえだ。なんといってもこのソースである。見た目は決しておいしそうな色はしていないが、少し甘めのソースがうまく肉にマッチしている。日本にはない味である。

しかも、ソースを米にかけながら肉と一緒に食べるとおいしく、まさかの米がなくてはならない存在に。

 

私(心の中)「今までの無礼(スープ、飲み物、米)、すべて許そう。大儀であった。」

 

今後、私はマニラに行くたびに、このステーキを2回は食べにくることになるのだった。

 

 

次回 潜入!ロビンソンモールの怪しすぎる一角。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here