皆さんのMPを、私達に少しばかり分けてください。
一日一回、応援クリック↓
 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
ミナデインを唱えさせてください!

 

ステーキを食べ、満腹になったところで、

 

レンジ「知り合いのお店に行ってみない?」

 

私「何の店なんです?」

 

レンジ「財布とかバックが売られているよ。正規品じゃないかもけど」

 

私「おもしろそうですね。行きましょう」

 

先ほどのフードコートの同じ階、歩いてすぐのところだそうだ。

 

 

そちらに向かって歩き出すとすぐに

 

謎女1「ヘイ、レンジ」

 

謎女が話しかけてきた。どうやらレンジさんの知り合いのようである。英語でなにやら会話をしながら目的地に向けて歩いていたが、その後は10m歩けば

 

謎女2「ヘイ、レンジ」

 

もう10m歩けば

 

謎女3「へい、レンジ」

といったようにどんどん謎女が増え、結局謎女は6人ほどになった。

しかも皆、怪しすぎる風貌である。

 

レンジ「この一角がいろんなバックとか財布を売ってるところ、ちょっと怪しい雰囲気だけどね。」

 

怪しい。怪しすぎる。綺麗な内装のショッピングモールだが、この一角だけ空気感が違う。

そのオーラは

 

オーラ「金、かね、カネ、金、kane、money…..」

 

の文字を身にまとい、奥に行くほど色濃くなっているように見えた。

 

私(心の中)「い、行きたくねえ…」

私の本能が告げている。

 

本能「イッタラシヌカモヨ」

 

入り口までたどり着くと、また一人の謎女(メアリー)が近づいてきた。

それまで金魚の糞のごとく連なり、増殖していった謎女たちがさっとレンジさんから距離を置く。

 

私(心の中)「この謎女に力を感じる」

 

メアリーは他の謎女よりレンジさんと親しい間柄のように思えた。また、出産間近のようで、お腹がかなり大きくなっていた。

また、メアリーは日本語が話せるようである。

 

レンジさんがメアリーのお腹を触りながら

レンジ「久しぶりね!メアリー、マイベイビーは元気?」

 

私「・・・・!!!!!!!!!」




メアリーの年齢は30後半~40前半といったところだろうか、お世辞にも美人とはいえない。

もしメアリーに「美人ねあなた」なんていうと、メアリー自身から

 

メアリー「ウソツクナ、ウソキライ!!!」

 

いうてぶん殴られそうなほど美人とはかけ離れた容姿だ。

 

私(心の中)「レンジさん、見境なしか!!雑食にもほどがある!!!」

 

しかし、さすがにそれは冗談だったようで、どうやらメアリーは日本人の夫がいるようだ。

 

メアリーに先導されながら目的の場所へ歩き出した。

 

 

次回 ロビンソンモールの裏ボス登場 激安ブランド品

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here