皆さんのMPを、私達に少しばかり分けてください。
一日一回、応援クリック↓
 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
ミナデインを唱えさせてください!

 

しばしの休憩後、ホテルのロビーでレンジさんと合流した。

レンジ「近くにLAカフェってところがあるんだけど、そこがまた面白い場所だから、行ってみる?」

私「行かない理由がありませんね。スキップして向かいましょう」

 

近くのコンビニでエナジードリンクをイッキ飲みしてLA カフェという場所に向かった。

ホテルの賑やかな場所からは少し外れた所に入っていく。かなり静かなところだ。

 

少し危ない雰囲気の場所も通りつつLA カフェに向かう。

ホテルから徒歩で5分程度で到着した。

 

 

早速中に入ってみると、ものすごい人数。

しかも非常に多国籍である。

 

スタッフに促され席についたのだが、周りのフィリピーナ達の視線がすごい。

ざっと見渡すだけでも15人ほどはこちらを見ている。

 





私「レンジさん、なんかものすごい視線を送られているんですが、ここに来て我々、モテ期が到来したってやつですか?」

レンジ「んー、モテ期きたらうれしいけど、そうじゃないんよね」

 

レンジ「ここ、実はナンパカフェとか出会いカフェって言われててね、出会いの場なんだよ。視線を送ってるのは、“私をデートに誘って”っていう合図だよ」

私「なるほど」

 

レンジ「今視線を送ってる子の中に、気に入った子がいれば視線を返して、ニカッと笑って手招きすれば、まずこっちに来るよ」

 

レンジ「デート代は男性持ち、女の子との約束次第らしいけど」

私「えっ!?」

 

レンジ「ただ、絶対にやめてね。俺らの目的はそういうことじゃない」

私「はい、そうですね」

 

レンジ「まぁでも会話して、飲み物おごってあげるだけってのももちろんできるよ」

私「なるほど。交際希望の女の子はなにか印かなにかつけてるんですか?」

 

レンジ「いや、ここに来てる女のみのグループは99%それ目的だよ」

私「すごい場所ですね」

 

レンジ「面白いでしょ?とりあえずお腹すいたし、ビールでも軽く飲もうか」

私「確かにお腹すきましたね」

 

女の子に声をかけるかどうかは別として、ビールとピザとフライドポテトを注文した。

次回 LAカフェでの一時。冒険のために女性とデートするのか!?

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here