英語と日本語、たまに英語の翻訳アプリを使いつつ、私はなんとかリョウコと会話をしていた。話せば話すだけリョウコの良さがわかる。本当にかわいい。

 

こちらの会話がスムーズに進みだして少ししたあたりで、レンジさんの様子を伺ってみた。

どうやらマリーの機嫌が良くなってきたのか、レンジさんの方を見て話を聞いており、なにより表情がだいぶ和らいだように見えた。

 

私(心の中)「ようやく仲直りできそうだな。こちらもなんとか会話できているし、なかなか順調だ」

 

それからしばらくはお互い談笑していた。

しばらくすると、

 

レンジ「ケンさん、このあとマリーとリョウコの仕事が終わった後、4人で遊びに行かない?」

私「まじっすか。ものすごく行きたいです」

レンジ「OK.ちょっと待ってね」

 

レンジさんはマリーとリョウコに英語で、仕事の後に遊びに行けるかどうか聞いているようだった。

 

レンジ「OKだって。でも3時過ぎになるけど、大丈夫?」

私「まじっすか!死んでも起きています!」

 

アフターの約束もできた。ますます期待に胸が膨らみ、テンションも上がってきた。

 

レンジ「カラオケもあるけどケンさん歌う?」

私「今ならAKBでも歌えそうです」

 

カラオケの準備をボーイにしてもらった。

マリーは日本の歌もかなり知っているようで、日本の歌ばかりを選んで入れていた。リョウコもフィリピンパブで覚えた日本の曲を歌っていたが、何をしてもかわいい。

 

私も歌っていたが、突然、リョウコが私に体を預けてきた。

 

私(心の中)「うお、なんだ!?」

 

30過ぎのおっさん、思考と体が固まる。

私(心の中)「いやいや待ておっさんよ。ここはキャバクラのようなところ。こんなことで舞い上がってはいけない。冷静に対処するんだ」





私はリョウコの肩に手をまわす。どうやら嫌がってはいないようだ。

それからしばらくはそのままでカラオケを楽しんでいたが、今度はリョウコが私の肩にまわしていた手を取り、自分の太ももの上に乗せ、恋人つなぎをしてきた。

私「うお、なんだ!?」

 

30過ぎのおっさん、またも思考と体が固まる。

 

黒い私「いやいや待てじじい。お前は外国人、そして客。どうせただの接客だろうて。そんなんで舞い上がってんじゃねえよ」

白い私「でも体預けたり、手を握ることをリョウコからする必要ある?きっと気があるんだよ」

 

 

 

 

私(本体・心の声)「・・・・・・・・・そうだ。リョウコは俺にきっと気がある(゚∀゚)」

私の恋の歯車がこうして動き出した←気持ち悪い。

 

次回 KTVで働くフィリピン女性にモテる・好感を持ってもらう方法とは?また、嫌われる客とは?

2 コメント

  1. マカさん
    コメントありがとうございます!初コメントが届き、私もレンジも大変喜んでおります。
    駐在されているのは羨ましい限りです。私は毎週末でも行きたいですが、日本での仕事もありますし、二ヶ月に一回いけるかどうかというのが、現状です。
    これからもクレマニをよろしくお願いいたします。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here