期待するなと言われても、期待せずにはいられない。

レンジさんと私はコンビニでエナジードリンクをイッキ飲みし、ホテルに一旦戻った。

当時私はポケットwifi を持っていなかったため、リビィエラマンションホテルにいないと連絡ができない。

wifiにつなぐとLINEが5通ほど届いた。

 

1通はエミリーから、残りの4通はリョウコからであった。

エミリーからは

「さっきはありがと」みたいな連絡。これは今はどうでもいい。

 

リョウコからは

 

「何している?」

「どこにいるの?」

「アフター楽しみだね」

 

のような内容の連絡が届いていた。

 

私「見てくださいよこのメール!きっとマリーとリョウコは来ますよ!」

レンジ「あー確かにこれなら来るかもね」

 

私「ところでアフターって何するんですか?」

レンジ「ご飯食べに行くとか、クラブとかいろいろだよ。まあバレたらまずいから室内のお店だね」

 

私「く、クラブ?日本でも行ったことないです」

レンジ「意外と楽しいところだよ」

 

 

そして時刻はついに3時になった。





緊張して待っているとレンジさんにマリーから連絡が入った。

今から店をでるところだから、あと5分もしないうちにホテル前に来るそうだ。

 

 

2人してリビィエラマンションホテルの前で待っていると白タクシーが目の前に止まった。

後部座席にはマリーとリョウコが乗っている。

 

レンジ「さ、乗ろうか?」

私「後部座席に4人乗るんですか?さすがに無理でしょ」

 

レンジ「大丈夫、マリーは俺の膝の上に乗るから」

私「な、なんちゅう羨ましいことを」

 

レンジ「フィリピンでは女の子を男の膝の上に乗せることなんて普通だよ。フィリピンスタイルね。ケンさんもリョウコ乗せるように言ってみればいいじゃん!」

私「恥ずかしいですし、今リョウコが車内で僕の上に乗ったら、たぶん我を失って、いろいろ失いそうな気がするんで、今回は遠慮しておきます」

 

そう言うと2人ともタクシーに乗り込んだ。

先ほどのマリーとレンジさんの電話で行くところを決めていたらしく、タクシーは目的地に向けて出発した。

 

 

次回 フィリピンパブKTV女性とアフター!フィリピンスタイルのアフターとは!?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here