コンコン・・・・コンコン・・・・コンコン・・・・

 

レンジさんの連続ノックは5分ほど続いた。


[マリーが住むコンドミニアム 廊下写真]

 

私(心の中)「レンジさんの執念と持続性すげえな」

 

その5分の間、私は足音が近づく度に筋肉を膨らませ、同じフロアの住民に襲われないように最善を尽くしていた。

不審者以外の何者でもない。

 

レンジさんが戻ってきた。

 

レンジ「だめだ。完全に寝てる。マリーが寝ていても一階部分の部屋にはメイドがいて、出てきてくれるんだけどな」

私「残念ですね。もう諦めましょうか」

レンジ「そうだね。一回帰ろうか」

 

結局、マリー・リョウコとのボーリング同伴の約束は果たされることなく、私たちはホテルへと向かった。

 

レンジ「んー、残念だけど、よくあることだよ。

でもこういう時に、女の子を叱ったり、責めたりしすぎるのはよくないから覚えておいてね」

私「どういうことです?」

 

レンジ「もちろん約束を破ったのは向こうだから、ある程度は言っても構わないんだけど、それも国民性だから、ぐちぐちとしつこく言うと心が狭いって思われるからね。だいたいのことは

“Never mind(゚ー゚☆キラッ”

くらいの心の広さを見せとかないとね」

私「なるほど、勉強になります」

 





レンジ「さて、夜までまだ少し時間があるね。俺はちょっと会社でやらなきゃいけないことがあるから、その間、ケンさんは俺のおすすめのマッサージ店でも行っとく?」

私「いいですね!マンション待機の時に全身に力を入れすぎて疲れました」

 

レンジさんのおすすめマッサージ店はリビィエラマンションホテルから徒歩1分程度の非常に近いところにあった。

 

今後、私はこのマッサージ店にフィリピンに行く度に2回はお世話になることとなる。

60分で450ペソなので日本の半額くらいだろうか。非常に安い値段で、全身をマッサージしてくれる。しかも24時間営業である。

フィリピンには多くのマッサージ店があるが、コスパを考えるとここが一番良いとのことだ。


[マラテのおすすめマッサージ店 マヴィ Mavi ]

今では私はこのお店の店員に顔を覚えられており、

“スーパーマン”

と呼ばれている。

おそらく私の体つきと、スーパーマンと名付けたおばちゃんにマッサージをしてもらったときの私のパンツがスーパーマンの柄だったことから名づけられたのだろう。

 

名付けられたその日、マッサージを受けるために上着を脱ぐと

 

おばちゃん「Amazing!!!」(なんちゅう体してんねん!!!)

 

と叫んでいた。それがおばちゃんだとしても悪い気はしない。とりあえず

 

私「Muscle is justice」(筋肉は正義だよマダム)

とだけポーズを決めながら言っておいた。

 

次回 フィリピン・マラテのゴーゴーバー“タイタンズTITANZ”人生初ストリップ

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here