ホテルまで帰ってきた。

おそらく今回の旅ではマークと会うのは最後になるだろう。

お礼を告げ、LINEを確認するために、一旦ホテルに戻った。

 

リョウコから何通か連絡が入っていた。

 

リョウコ「今どこにいるの?いつ来てくれるの?」

リョウコ「まだジムにいるの?早く来てほしい」

 

私としては、花と蝶に行きたい気持ち半分、せっかくフィリピンにいるのだから、最後にもう一軒はKTVに行きたい気持ち半分といったところだ。

 

私「今23時前ですが、これからどうしますかね?」

レンジ「そうだな。もう一人俺の知ってるガイドがいるけど、その人に会ってみる?」

 

私「どんな人ですか?」

レンジ「見た目はものすごく怪しいんだけど、信頼できるよ。ポールっていうんだけど、マークが夜遊び担当なら、ポールはスケベ担当だね」

私「なるほど。おもしろそうです。行きましょう」

 

こうしてレンジさんと私はポールを探しに再度町にでた。

 

 

ガイドがいる場所はだいたい決まっているらしく、ポールはすぐに見つけることができた。

 

もし、目当てのガイドが見つからない場合、町中にガイドがいるため、聞いてみると良いそうだ。

ガイド同士、横のつながりがあるので、教えてもらえることも多い。




レンジ「ポール久しぶり」

ポール「おお、レンジ久しぶりね」

 

ポールは少しだが日本語が話せるようだ。ものすごく怪しい見た目だ。真っ黒な肌に大きな目、身長は低く、プロレスラーのようなむっちりマッチョ。がっつり入れ墨の入った腕、金髪を後ろで結んでいる。

もし、ポールが街中で話しかけてきたら、私なら走って逃げるだろう。

 

ポール「レンジ、スケベいっとく?」

 

のっけから“スケベいっとく?”である。さすがはスケベ担当。

 

レンジ「ごめんポール。もう俺ら昨日スケベ見学したの。今日はKTV紹介してよ」

 

あからさまに残念そうなポールの表情。スケベでなければ本領発揮できないのだろうか。

 

ポール「そうか...わかった。どこ行きたい?」

レンジ「おすすめある?」

ポール「うーん」

 

ポールは生粋のスケベ担当らしく、おすすめのKTVはすぐには浮かんでなさそうだった。

 

レンジ「ポールはKTV系は苦手なのよ。ケンさんは何か希望ある?」

私「そうですね。今のところ花と蝶とシンシアだけなので、違う雰囲気の店行ってみたいです」

レンジ「じゃあ値段設定の安めのおもしろい店に行こうか」

 

レンジさんが何かをポールに話し、私たちは目的のKTVに向けて歩き出した。

 

ものの数分で到着した。どうやらレンジさんのおすすめKTVは

“パロリー(Paroly)”

というお店のようだ。さて、このお店はどんなお店なんだろうか?

 

※現在パロリーは閉店しており、フォーエバーラブという店になっています。

 

次回 フィリピンパブKTV パロリー(Paroly)ショーアップの致命的ミス!!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here