[オノケンブログ前回のあらすじ]

たとえ下手な英語だとしても、最低限の英語力さえあれば情熱だけでもなんとかなるものです。あとは恥ずかしがらないことが大事です。

フィリピンでの初体験!?フィリピン人女性への猛アプローチの末に…

 

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

[フィリピンマラテで一番安く、おすすめのタクシー?マニラの白いタクシーについて]

フラフラの状態でホテルまで戻ってきた私たち。

 

現在、午前3時を回ったところである。

ホテルを4時にはチェックアウトをしたいので、1時間ほどの帰りの準備をする余裕はある。

 

私はというと、既に荷造りは終了しており、この1時間は体力の回復に努めることにした。

問題は破天荒おじさんことレンジさんである。

 

部屋の中には至る所にレンジさんのものがあり、かばんの中にはあまり物が入っていない状態、つまりは全く荷造りをしていない状況である。

レンジ「く、くそ、なんで俺は荷造りが終わっていないんだ」

 

とぶつぶつ言いながら荷造りをし、しばしばお手洗いにリバースしに行くことを繰り返していた。

私も体力の消耗が激しいため、いつもならオカンモードを発動し、クドクドとレンジさんに説教をしたいところであるが、そんな余裕はなく、ただ、ベットに横たわっていた。

 

私は30分ほどは仮眠をとることができた。

 

目覚めると、床に転がっているレンジさん。

しかばねのようだ。

 

私「レンジさんそろそろ空港に行きますよ」

レンジ「・・・・」




起きない。

私(心の中)「おでこに肉って書いてやろうか…」

 

私「間に合わなくなりますよ。ちょっとレンジさん」

レンジ「・・・・」

 

起きない。

揺らしてみた。

 

 

起きない。

 

 

震度二桁いくくらいに全力で揺らしてみた。

 

私「おりゃぁ!!起きやがれごらぁ!!」

レンジ「ぅわぁ!!」

 

私「ようやく起きましたか。ほらさっさと行きますよ」

 

レンジ「死ぬかと思った」

私「死んでいるようでしたよ」

 

そして私たちはものすごく重い足取りでチェックアウトを済ませ、ホテル前でタクシーをボーイに拾ってもらった。

たまたま乗った白タクシーの運転手は、まともな運転手のようで、メーターで空港まで行ってくれるようだ。

 

白タクシーの運転手の多くは、こちらが外国人のみと見るや、メーターではなく、価格交渉をしてくることが多い。

メーターだと、空港までチップ込みで200ペソ程度であるが、交渉だと、それよりも高い金額を提示されることだろう。

 

価格交渉はタクシーに乗る前に行われる。もちろん、最初にタクシー運転手が提示してくる値段から、こちらもそれなりに交渉することはできるのだが、今は価格交渉なんてする余裕などない。

メーターで行ってくれる良心的なタクシー運転手で本当に助かった。

ただ、このタクシーの運転手、とてつもなく運転が荒かった。

急発進、急な車線変更、十分にスピードを落とすことなくコーナーを曲がる...

私は車酔いはほとんどしたことがないが、酔い+疲労+眠気で車中で何度も吐き気を催す。

 

レンジさんは車に乗り込むと同時に死んでいたため、車酔いをするということはなかったようである。

もし起きていたら車内でリバースは不可避だっただろう。

 

地獄のタクシー移動がようやく終わり、空港に到着した。

飛行機は通常通り、フライトするようである。

本当の地獄はまだまだ始まったばかりである。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here