[オノケンブログ前回のあらすじ]

フィリピーナと付き合うことは簡単なことではありません。外国人同士ですし、言葉の壁も決して低いものではないです。ただ、達成したときのうれしさは言葉にならないほどです。

フィリピーナと恋愛成就なるか?今夜、ホテルに来る約束をする

 

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

 

[マニラ最強KTV526とは!?マラテKTVサオリにフィリピーナ彼女に会いに行く]

私「焼肉屋からの焼肉屋のはしごは僕も30年以上生きてますけど、初めて聞きましたよ」

レンジ「まぁ、店が変われば別腹みたいなもんじゃない?」

 

私「すみません、同意を求められても理解できません。なんで僕が焼肉行こうって言った時に、それ言ってくれなかったんですか。知ってたらジョリビーとかでも全然よかったのに。まぁ肉には変わりありませんが

レンジ「まぁ、俺もその時は焼肉食べたかったんだよね。その時食べたいものを食べるのが幸せな生き方ってもんでしょ!!人生に攻めは大事でしょ?」

 

私「レンジさんの場合、食は少しは守りに入ってください。ここ一年で何キロ増やせば気が済むんですか」

レンジ「8キロくらい増えたかな...うん、まぁ少しは気をつけます」

 

私「ところで、この後どういう予定で行きます?」

レンジ「これからお互いの女の子のところに行くでしょ?終わったら合流しようか。ケンさん後で行きたいKTVある?」

 

私「そうですね、何処か行ったことのないところがいいです。高級店ですかね…。」

レンジ「そうか! じゃ、526行く?」

 

私「待ってました! 526についに行ける時が来たんですね! サオリから帰って、シャワーを浴びて身を清めて一張羅に着替えてから行きましょう!! 」

 

room 526

リビィエラマンションホテルからすぐ近く、花と蝶の目の前にあるKTVで、マニラ内では最高級KTVである。

頭一つでた値段設定だけあり、店の内装外装、女の子の質も他の店とは一線を画している。

 

現役モデルも多く在籍していると言うので、一度は行きたいと思っていたのだが、その値段設定のためなかなか行こうとは言いだせなかった。




レンジ「オッケー。じゃあとりあえずはお互いに楽しんで、終わったらホテル集合でいいね!」

私「了解です」

 

私たちは会計を済ませ、一旦解散した。

 

レンジさんは太い体をまったく感じさせない軽い足取りで夜の街に消えていったが、私は部屋に一旦戻り、換金所にて今夜のために戦闘力を高めてからサオリに向かった。そう、スケベな顔して。

 

サオリの前に着いた。

マークの紹介という形で入ると少しでもマークが潤うので、できればマークに話してからサオリに入りたかったが、マークはまだ来ていなかった。

 

サオリ前にいる他のガイドに聞くと、シンシアの前にいるようであった。

シンシアには死のダンスを踊るエミリーが在籍している。私はシンシアにはなるべく近寄りたくはなかったため、マークには悪いとは思ったが、そのままサオリに入っていった。

 

開店直後ということもあり、お客さんは私のほかに2人組の日本人(日本の歌を歌っていたから)1グループのみであった。

 

さっそくティーを指名すると、今日はレースクイーンのような露出度が高めな服装でティーは現れた。

 

仕事上仕方がないとはいえ、他の客にも同じようにスケベな目でティーが見られていると思うと、少し嫌な気持ちになった。

 

私「今日はやたらセクシーなコスチュームだね」

ティー「恥ずかしいです。でも仕事だから仕方ない」

 

私「そんな君も素敵だよ」←気持ち悪い

ティー「ありがとう」

 

私「ただ、他のお客さんもあなたのことを見ていると思うと少し嫉妬します」

ティー「大丈夫。彼らは単にお客さんだから。でもあなたは私の特別な人。ボーイフレンドだから」

 

自分の表情は確認することができない。確認することはできないが、さぞスケベな顔になっていたことであろう。

 

ティー「ねぇ、よければ席変わらない?良い席があるんです」

私「良い席?おぉ、いいねぇ、移動しよう」

 

そう伝えると、ティーはボーイに席を移動する旨を伝え、私はティーに導かれるまま席を移動した。

ティー「ここは周りからあまり見えにくい席なんです。ここの方がいいでしょ?」

私「そうだね!」

 

私(心の中)「おいおい、こんな周りから見えない席なんかに座って、横にティーなんかいた日には、おいちゃん興奮してハァハァしてしまうよ」

2 コメント

  1. はじめまして。
    再来月に6日間、ひとりで初フィリピンに行く予定で情報収集していたところ、クレマニさんのサイトを見つけ、あまりに楽しくて3日間かけてすべて読ませていただきました。

    私は英語苦手ですがレンジさん体型なので、レンジさんのところはとても親近感を感じながら読んでいました。同じ焼肉でも店が変わればやっぱり別腹ですよね(笑)
    そして現在、これからオノケンさんのワンチャンがどうなるのか、自分のことのようにワクワクしています!

    これからも応援(といってもお店に行くわけじゃありませんがw)させて下さい。
    長文失礼いたしました。

    • Dogさん
      はじめまして。コメントありがとうございます。
      おひとりで初フィリピンとはまたすごいですね!
      楽しんでください。そしてくれぐれもお気をつけて。
      これからもよろしくお願いします!!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here