[オノケンブログ前回のあらすじ]

マニラで最高級のKTVといえば526は外せません。高級店なだけに料金もそれなりにしますが、いったいどれくらいの値段がかかるのでしょうか?初めて行こうかと思っている人はぜひ行く前にご一読ください。

マラテでの夜遊び2日目本格始動!最高級KTV526に行くのにいくら必要?

 

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

 

[マニラでの夜遊びをするなら絶対に外せないKTV526へ。526のシステムとは?]

ついに来た念願の526に。

 

改めて526の外観を見ると、やはり他を寄せ付けない高級感・重厚感の漂う見た目。それなりの歴史がないとでない味がある。

やはり自分にはまだ526は早いんじゃないか、もっと他のKTVで経験値を積んだ方がいいのではないか、はぐれメタルを5匹くらいは倒してからでもいいのではないかという心持ちになる。

少なくとも一人では到底足を踏み入れることができない。いや踏み入れようとも思わない空間である。

 

入り口へと辿り着き、ドアマンによって扉が開かれる。

花と蝶やグランドヨーコなどの高級店に初めて行った時も、内装の高級さに驚いたものだが、526はさらに上の高級感や豪華さがそこにはあった。

 

入り口を入ると左手には526のキャストの子たちがおり、私たちを立って出迎えた。

私はいつものように照れであまり女性を見ることはできなかったが、パッと見だけでもスレンダーな高身長で、それでいて顔は私の3分の2ほどしかないようなアウトライン美人がたくさんいるように感じた。

さすがは526である。

 

私たちは2階への階段を上がってすぐ右手に見える席へと通された。

既に数組のお客さんが来ていたが、どの方もお金を持っていそうな方ばかりである。

 

金持ちそうな客「おしり拭きの紙がない?紙がないならペソ札を使えばいいのに」

と言っていそうな人すらもいる。あからさまな上流階級、あからさまな勝ち組。

キャストだけではない、そこにくるお客さんもまた、他のKTVとは違いがあると言ったところであろうか?

少なくとも私のような両肩にマイケルとアンディーと名付け、わーいわーい♫と言っている客は一人もいないだろう。

 

いや、そんなやつはフィリピンにもいないか。




さて、この526には他の多くのKTVであるようなショーアップ制度はなく、基本的にはローテーションである。

指名は存在するのだが、指名すると、その女の子がすっと隣にいてくれるというわけではなく、通常のローテーションの中で多めにこちらに来てくれるという感じだ。

 

反対に私のような指名がない場合は、そういった制度だからこその利点がある。

それは、その店のナンバーワンともローテーションの巡りがよければ出会うことができるという良さがあるからである。

 

通常の指名制度のKTVでは、訪れる時間にもよるが、その店のナンバーワン(or 人気嬢)は既に指名されている可能性は高いため、ショーアップにいる可能性は低いだろう。

そのため、行く時間が遅ければ遅いほど、ナンバーワンや人気嬢と出会える可能性はぐっと下がる。

 

526では、指名されていたとしてもローテーションにはある程度は加わるため、ワンチャン(←真面目な意味)ナンバーワンとも一緒に飲むことができるというわけである。もちろん運が良ければの話である。

 

 

レンジ「ローテーションはけっこう入れ替わりが激しくて、20~30分おきに女の子が変わるからけっこう忙しいよ。途中、ローテーションで回ってきた中で気に入った子がいれば指名することもできるから、もし気に入った子がいたらボーイに伝えてね」

私「了解です。ただ、今回はたくさんの女の子と話をしてみたいので、ローテーションで行きたいと思います。レンジさんは指名するんですか?」

 

レンジ「いや、俺も指名はなしかな」

私「そうですか。ママとはいつ会えるんですか?」

 

レンジ「ママは各テーブルを挨拶回りしていることが多いから、あとでこの席にも来ると思うよ」

私「なるほど。早く会ってみたいですね」

 

レンジ「あー、あと、ローテーションの入れ替わりが激しくて、1セットだけでもたぶん4~5人くらいの女の子が隣に来ると思うんだけど、その子たち全員にドリンク奢ってたら大変な値段になるから、

 

“ごめんなさい、私は気に入った(or 指名した)女の子だけにしかドリンクを頼まないと決めているんです”

 

とか伝えたらいいかな。気に入った子にはドリンク奢ってあげればいいけど、美人が多い526の中にもケンさんのタイプではない子もいるから、無理して奢る必要はないよ」

 

 

私「は、はい、了解しました。断れるか心配です」

 

しかし私はこの後、私の隣に座った数名の女性すべてに、断りきれずにドリンクを奢ることになるのであった。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here