[レンジブログ 前回のあらすじ]

フィリピーナのマリーから重要なメッセージが来ていたことに全く気付いていなかったレンジ。あわてて彼女のお店に向かうが果たして。

[前回の記事]
【レンジブログ44】フィリピーナがパルパロだと怒る?その理由について

 

レンジブログを始め(序章)から読んで頂けると幸いですm(__)m
【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

レンジブログ第一章は以下のリンクからどうぞ
【レンジブログ33】プライベートフィリピン女性との深夜デート。マラテのディスコ EXKLUSIVE へ

 

【レンジブログ45】フィリピーナにパルパロではないと説得できるのか

 

マリーのパルパロと言う言葉にピンと来た。現地では蝶々、浮気者を意味する言葉だ。マリーは私のことをそう判断したのだろうか。

 

私「Never! I really want to see only you. They’re just my friends. I wanna approach only you.」(違います!私は本当にあなただけに会いたいと思っています。彼らはただの友達です。私はあなただけにアプローチしたいです。)

 

マリーはまだ静かに私を見つめている。明らかに信用していない雰囲気だ。たぶん怒っている。

 


[グランドヨーコのVIPルームにて ドリンクに手を付けることなくマリーと話し込む]

 

私「I wanted to know where you work then. I never know where you are. I didn’t know where to go. I just miss you so much and want to see you then.」(私はあなたがその時どこで働いているのか知りたかったです。私はあなたがどこにいるのか全くわかりませんでした。私は何処へ行けば良いのかわかりませんでした。私はただあなたをとても恋しく思っていて、あなたに会いたいと思っていました。)

 

マリー「I see. And?」(わかりました。それで?)

 

私「I apologize you. If possible, I really wanted to come here to see you. I’m very sorry, please forgive me.」(私はあなたに謝罪します。もし可能であれば、私は本当にあなたに会いにここへ来たかったです。本当にごめんなさい、どうか私を許してください。)

 

マリー「I see. I understand.」(わかりました。理解しました。)

 

私「Are you angry?」(怒ってる?)

 

マリー「No, I’m not angry. It’s okay.」(いいえ、怒っていません。大丈夫です。)

 

いや、怒っている。明らかにマリーの表情は硬い。不機嫌そうだ。しかし、これ以上何をどう伝えれば良いのか。私の英語力はもう限界値をとうに超えている。

[マリーの似顔絵のある記事はこちらから 【レンジブログ33】プライベートフィリピン女性との深夜デート。マラテのディスコ EXKLUSIVE へ ]

 

今朝のこともあり、気不味い沈黙が室内に立ち込める。

[マリーが今朝号泣したときの記事はこちらから 【レンジブログ35】フィリピーナが会話中に大号泣。マラテのディスコ EXKLUSIVE にて ]

 

 

うおー、何だこの空気。

 

そもそも何で私は今朝出会ったばかりのフィリピーナとこの様な場で、いきなり別れ話をするカップルみたいになっているのか。確かに彼女に好意はある。しかし、本当にこちらもやましい事はないのだ。さっき別のKTVでピチピチの18歳と喋ってきただけなのだ。ランジェリー姿で踊る女性達のショータイムをスケベな目で見てきただけなのだ。

 

もし、マリーがその都度連絡をくれていれば、もちろんその様な所には行ってない。私も悪いかもしれないが、一方的に彼女に責められている状況が何だか切なくて泣けてくる。はぁっ。

 

マリー「Range, why did you come here?」(レンジ、なぜあなたはここに来たの?)

 

マリーが沈黙を破り、質問してきた。

 

おそらく彼女が一番知りたいのはその質問で、この返答次第で彼女の心は決まるだろうと想像できた。彼女は鋭い。嘘をつけば見抜かれる。慎重に言葉を選びながら、正直に答えた。

 

私「I was thinking of you all day today. Actually, I couldn’t sleep this morning. Because I saw your tears. I regret that I couldn’t ask your contact. 」(私はあなたの事を今日一日中考えていました。実は今朝寝る事が出来ませんでした。なぜなら、私はあなたの涙を見たからです。私はあなたの連絡先を聞けなかった事を後悔していました。)

 

私「And all day, I was thinking of that, Marry, what are you doing now? Where are you now? I want to fly to you if I’d know your place. But I couldn’t know. I feel sad not to see you then. Almost cry. Of course, I understand your situation. I thought you’re just busy then.」(そして一日中、次の事を考えていました。マリー、今何をしているの? 今何処にいるの?あなたの居場所が分かれば、すぐに飛んで行きたい。でも私はわかりませんでした。私はその時あなたに会えなくて悲しく感じました。泣きそうなほどに。もちろん、あなたの状況は分かっています。あなたはただ忙しいのだろうと考えていました。)

 

マリー「Really?」(本当に?)

 

私「Yes really. Of course, I understand that your first is your ..」(はい本当です。もちろん私は次の事を理解しています、あなたにとっての一番はあなたの…)

 

この後私が発した言葉を聞いたマリーは、顔が徐々に紅潮していく。この空気は今朝も感じたやつだ。ヤバい、マリーがまた泣く!

 

私「Okay, okay! I stop! 」(わかりました、大丈夫です!止めます!)

 

マリーの目頭が急激に霞み、大粒の涙が溢れポトリと一つ落ちた。うおー、時すでに遅し!




と思ったが、涙はその一粒だけだった。彼女は満面の笑みで、「Thank you Range」と言い、私にハグを求めてきた。

 

マリー「I understand you. Thank you Range.」(理解しました。ありがとうレンジ。)

 

彼女はハグをしながら、私の耳元でそう言ってくれた。マリーの髪の毛の香りがとてもよかった。

 

おおー、何とか私の誠意は上手く伝わった様だった。良かった、良かった。

 


[マリーと私は少し事情があったため、この記事の様なことになっていますが、グランドヨーコの女の子たちは皆レベルが高く、元気で良い子が多いです。マラテのおすすめKTVです。]

 

マリーの目は潤んでいたが、表情は明るかった。とにかく良かった、何とか危機は脱した様だ。ふぅーっ、ジェットコースターがフォール手前でギリギリ止まってくれたようだ。私はとても安堵した。

 

私「I see. Anyway, I’m so happy to see your smile again! 」(わかりました。とにかく、私はもう一度あなたの笑顔が見れてとても嬉しいです!)

 

マリー「Me too.」(私も)

 

マリーの笑顔が最高に可愛らしかった。

 

そのあとは彼女と他愛のない話をしながら、時を過ごした。いつまでも彼女と話をしていたいなーと感じていた。

 

結局、その時はお店のラストまで延長していた。そして、チェックの時間が近づいた頃。

 

私「Marry, may I smoke here?」(マリー、ここでタバコ吸ってもいい?)

 

マリー「Sure, sure.」(もちろん、もちろん)

 

私はライターを何処かで失くしてしまい、そのままだったことを思い出した。マリーがその様子を見て、彼女が持っていたライターで火を付けてくれた。今朝の物と同じオレンジ色の小さな100円ライターだった。

 


[マリーがくれたライターの写真]

 

彼女は、私がスモーカーだと分かっていたようで、そのライターをプレゼントしてくれた。使ってくださいという彼女の優しさがとても嬉しかった。

 

もっとマリーと一緒に居たい。もっと彼女の笑顔を見たい。

 

ここで私は勇気を出してマリーに聞いてみた。

 

私「Marry, are you busy after your work tonight?」(マリー、今夜仕事終わった後は忙しいですか?)

 

マリー「What!?」(何!?)

 

私「If you’re okay, I want to stay with you more. How do you think to go dinner together later?」(もしよかったら、私はあなたともっと一緒に居たいです。後で、ディナーに一緒に行くのはどう思いますか?)

 

マリー「…」

 

 

[次回タイトル] フィリピーナをプライベートで夕食に誘う

[次回あらすじ]
マニラ最後の夜、ここで何とか勝負をかけたかったレンジは、マリーを仕事後の食事に誘う。マリーの返事は果たして。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here