皆さんのMPを、私達に少しばかり分けてください。
一日一回、応援クリック↓
 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
ミナデインを唱えさせてください!

 

 

[レンジブログ 前回のあらすじ]

新たに訪れたKTVにて、終盤にオカマのティティとカラオケで盛り上がる。調子に乗りすぎたレンジはどうこの夜を納めるのか。

[前回の記事]
【レンジブログ77】KTVの人気フィリピーナは忙しい。その間でオカマと盛り上がる。

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

レンジブログを始め(序章)から読んで頂けると幸いですm(__)m
【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

レンジブログ第一章は以下のリンクからどうぞ
【レンジブログ33】プライベートフィリピン女性との深夜デート。マラテのディスコ EXKLUSIVE へ

レンジブログ第二章は以下のリンクからどうぞ
【レンジブログ51】マニラのフィリピーナが初めて日本の地方都市に来る

レンジブログ第三章は以下のリンクからどうぞ
【レンジブログ71】マニラでビジネス開始。フィリピーナのコンサルティングで法人設立。

 

また、オノケン(現在の話)とレンジ(過去の話)のブログは交互にストーリー展開します。登場人物も共通する人が出てくるので、始めから読んで頂けるとより記事の内容が分かりやすいと思います。オノケンブログもチェックしていただければ幸いですm(__)m

オノケンブログの一覧はこちらから

 

【レンジブログ78】KTVのトイレでオカマに襲われそうになる。下ネタには注意!

 

私はティティに肩を寄せられながら、リモコンで楽曲を選ぶ。

彼も「どの曲が良いかなー」と一緒になって選んでくれているようだ。

 

そして、選んだのは日本の有名な男性グループの歌。彼もその歌が好きだというので、選んだ。

本当は、横にアケミに居てもらい、私の歌声を聴いてもらいたかったのだが…。

 

私は、多少酔ったくらいでは、このようなラウンジスペースでも、恥ずかしさが勝ってしまいカラオケは歌えない。まして、ステージに上がるなど全く出来ない。

 

しかし、私は酔いがMAXに回ると、マイクを離さなくなるクセがある。この時、ティティのテンションと私の泥酔、アケミの客への嫉妬など様々な要因が重なり、私は自らステージに上がっていった。

 

 

もちろん、エスコートしてくれるのはオカマのティティである。

 

ウェイティングスペースで待機している女性達から大きな歓声が上がる。おそらく彼に向けたものだろう。ティティは嬉し恥ずかしそうにしていた。

 

ステージに上がり一緒に立つと、ティティの背の高さが際立つ。彼は180cmくらいあるだろうか。

私達は二人で一つのマイクを持つ。身を寄せ合い、ワンフレーズ毎に歌うスタイルだ。気持ちが惹かれ始めたカップルのカラオケスタイルだ。

 

女性達はさらに強い歓声を上げ、曲に合わせて大きな手拍子を入れてくれる。

ティティはとても嬉しそうに、ワンフレーズ毎に「Fuuuhh!」と叫び、私にマイクを向ける。

 


[オカマのティティ似顔絵]

 

私もなんだか楽しくなってきて、彼とのカラオケで盛り上がる。

 

曲の間、ふとラウンジスペースに視線を向けると、アケミと目が合った。

「本当はあなたと歌いたかったのだよ」と言う表情を彼女へ送る。

 

彼女は「もっと楽しんで!」という表情だった。

ティティと盛り上がっているところを見て、面白いと感じてくれているのだろうか。

 

そして、何とか一曲歌い切り、ステージを振らつきながら降りる。酔いのため、足元が怪しい。

 

 

テーブルに戻ると、ティティとハイタッチをして、強いハグをした。

私「I like you, Titi !」(あなたのこと気に入りました、ティティ!)

ティティ「Oh gosh! Fuuuhh!」(神様! フー!)

 

ティティは異様に興奮していた。

 

この時、私が踏んだ地雷スイッチ、残り時間は一分を切っていた。

 

 

はーっ、今宵もヤリ切った。満足だ。

テーブルに残っていたドリンクを飲み切る。

 

すると、急にモヨオしてきた。

 

私は、飲みの席ではあまりトイレに行くことはないのだが、終盤に一度タンクがフル満タンになると、頻繁にトイレへ行くようになってしまう。

体内の水分がアルコールの排出作用によって次々に外に出ようとするのだ。

 

私「Can I go CR?」(トイレに行ってもいいかな?)

ティティ「Yeah, sure!」(はい、もちろん!)

 

 

この時、私のタンクは悲鳴を上げており、パンパンに爆発しそうになっていた。

 

一刻も早く、便器の前へ行かなければ。席を立ち、テーブルを離れようとする。

そして、この時ティティが上目遣いで私に話しかけてきた。

 

ティティ「I wanna go CR also.」(私もトイレに行きたい。)

 

 

何っ!? 一瞬、ドキッとする。

しかし、いや。彼もおそらくタンクがパンパンなのだろう。

私「OK, Let’s go together!」(いいよ、一緒に行こう!)

 

店の中だ。いきなり襲われるということはないだろう。大丈夫だ。

 

ティティとともにトイレの前に向かう。

 

彼が先にどうぞと言うので、私からトイレスペースに入る。

 

中には、手前に男子用の便器と、奥に便座を確認。私は、奥の便座スペースに入ろうとする。

 

しかし、この時、地雷のタイマーは10秒を切っていた。

 

 

[9秒]

便座スペースの扉を閉める。

 

 

[8秒]

カギを掛けようとする。

 

 

[7秒]

瞬間、力士のような怪力で、その扉が開け戻される。

 

 

[6秒]

長身のオカマが笑って立っていた。

 

 

[5秒]

人類はこうして「喰われる」のだと、理解した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティティ「Can I help you?」(手伝いましょうか?)

私「What!?」(何を!?)

 

 

瞬間、彼の情熱が爆発した。

 

 

彼は本来の平均男性以上の力で、私の股間に手を伸ばしてくる。

体型は細いが、リーチが長い分、モーメントの作用でとても力強い。私の抵抗を軽々しく抑えつける。

 

私「What what!?」(何!? 何!?)

 

ティティ「Tite Tite!」(ティテ! ティテ!)

 

私「Yes Yes Yes I know!」(はい、はい、はい、知ってます!)

 

ティティ「You like Tite! Tite!」(あなた、ティテ好きでしょ! ティテ!)

 

私「Yes Yes Yes Tite! I know!」(はい、はい、はい、ティテ! 知っています!)

 

彼は笑っていた。私はただただ恐ろしかった。

長身のオカマに股間を狙われる。

喰われる。

私は混乱しながらも、必死で強く内股の体制になりながら、彼の手を退けた。

 

ティティ「Tite Tite! I like Tite! Fuuuhh!」(ティテ! ティテ! ティテが好き! フー!)

 

私「Me too! Me too! You’re so kind! But Stop!」(私も! 私も! あなたは優しいです! でも止めて!)

 

後に知るが、この「Tite(ティテ)」と言う言葉、現地語で「男性器」を意味する言葉らしいのだ。

そう、発音が似過ぎているのだ。

 

この時、私は混乱しており、彼の名前の「Titi(ティティ)」と、隠語の「Tite(ティテ)」を混同していた。

 

[参考記事]
【タガログ語】ちょっとエッチ!? 笑ってはいけないスケベなタガログ語講座

 

 

ティティ「Tite Tite! I like Tite!」(ティテ! ティテ! ティテが好き!)

 

私「Okay! Tite! Tite! I see, Tite! Everyone likes Tite! But stop!」(オーケー! ティテ! ティテ! わかってます、ティテ! みんなティテが好きです! でも止めて!)

 

私はこの時、おそらく彼のことを「Titi」ではなく「Tite」と発音し叫んでいた。

そしてもし、彼のことを「好き」ではなく、「嫌い」などの表現を使えば、さらに発狂させるかもしれないと思った。

 

ティティ「We like Tite! Fuuuhh!」(私たちはティテが好き! フー!)

 

私「I know that! I know that! I know that!」(知ってます! 知ってます! 知ってます!)

 

彼は叫びながら股間を狙ってくる。

私は、彼が伸ばしてくる手を押さえながら、必死で抵抗した。

彼のリーチ、私との体重差、総合力は互角の戦いだった。

 

ティティ「Tite! Tite! Tite!」(ティテ! ティテ! ティテ!)

 

私「Tite! Tite! Tite! Yes yes yes! Of course, I like!」(ティテ! ティテ! ティテ! はい、はい、はい! もちろん、好きです!)

 

ティティ「Oh gosh! Tite! Fuuuhh!」(最高! ティテ! フー!)

 

彼が笑いながら、「ティテ!」と自身の名を叫んでいる様は恐怖でしかなかった。

こちらは命乞いのつもりで、彼の叫びに応える。

 

そして、彼はさらに強く私の股間を弄ろうとしてくる。

私も必至だった。

 

ティティ「Tite! Fuuuhh!」(ティテ! フー!)

 

私「Tite! No! Stop!」(ティテ! ダメ! 止めて!)

 

太ったおっさんと現地のオカマが、「男性器!」と叫びあいながら、KTVのトイレで取っ組み合い。何という光景だろうか。

 

それにしてもなぜ、こんなにティティは自分自身の名を叫んでいるのだろうとは思った。

 




 

私「Please Stop! Stop! Stooop!!」(止めてください! 止めろ! やめろーぉ!!)

 

ティティ「Why? You like Tite!」(なぜ? あなたティテ好き!)

 

その時、彼が手を解き、彼自身の股間を指さす。

 

ティティ「Tite!」(ティテ!)

 

私はようやく、今までとんでもないやり取りをしていたことに、ここで雷に撃たれたごとく気づいた。

 

私「You’re “Titi”! But it’s “Tite”!」(あなたはティティ、でも、それはティテ!)

ティティ「Yes! ”Tite”!」(はい! ティテ!)

 

今回ははっきりその発音がわかった。股間を指さしながら”Tite”と発音すると、通じたようだ。

 

私「No no no! Please stop “Tite” !」(違う、違う、違う! ”ティテ”は止めてください!)

 

こちらが、ちゃんと発音すると、ティティはようやく解ってくれたようである。

 

私「I can pee alone! Please stop!」(一人で小便できます。止めてください!)

 

彼にそう伝えると、非常に残念そうな顔をして、私のティテを諦めたようだった。

彼は、便座の個室スペースにて鍵を掛けることをようやく許してくれたのである。

 

やっと用が足せる。

 

はぁっ、危ねぇ…。

私は、消防車の放水のように出る小便を眺めながら、いろいろな意味での安堵を感じていた。

 

もしかしたら、テーブルでの接客中、たまに、彼のことを「Titi」ではなく「Tite」と呼んでいたかもしれない。

その流れで一部の会話が変な下ネタトークになっていたのかもしれない。

 

これも、調子に乗りすぎた報いが返ってきたのだろうか。

女性関係、オカマさんのことも含め、いろいろな意味で反省すべきなのだろう。

 

私が用を足し、トイレを出ると、ティティがおしぼりを持って待っていた。

もう、二度見たくない顔ではあるが、私は苦笑いでそれを受け取り、テーブルに戻る。

 

ティティが「ごめんね!」と言ってくる。私も「いいよ、いいよ。理解できました。」と伝える。

もしかしたら、彼の一方的な欲望ではなく、こちらも不適切な表現をしたかもしれないし。

 

伝票を確認し、会計を済ませる。酔いはすでに大方吹き飛んでいた。

 

すると、アケミがテーブルにやってきて、私の見送りをしてくれるようだ。

 

私たちはまたの再会を約束して、私はそのKTVを出た。

アケミとママ、ティティがビルを出るまで手を振ってくれていた。

 

[次回あらすじ]
マニラに限らず、人生において調子に乗ると必ず報いがやってくる。再確認したレンジは大人しくホテルへ。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here