ブログランキングリンク-トップ

 

[オノケンブログ前回のあらすじ]

マラテ内にあるKTVでスケベ系と言えば、以前はハナコとべっぴんさんでしたが、現在ではハナコは閉店し、旧サオリのところにparoparoなる新店ができ、そこがべっぴんさんの姉妹店でなかなかおもしろい店です。

スーパースケベ女現る。マラテのスケベ&アグレッシブKTVのparoparo

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[フィリピンで壮絶にお腹を下す。海外では水や食べ物には注意が必要]

Paroparoでの時間を終え、店の外に出てきた。

 

私「お疲れ様です」

ダイスケ「お疲れです~」

 

私「ダイスケさん...失礼を承知で伺ってもよろしいでしょうか?」

ダイスケ「なんとなく聞かれることはわかるような気がしますが、何でしょう?」

 

私「あの指名子...本当にタイプなんですか?僕はダイスケさんと女の子の趣味が合うとばかり思っていたのですが、さっきの子はちょっと僕の趣味ではなかったので...」

ダイスケ「僕も今日見て思ったんですが、全然かわいくなかったですね。以前はそれなりにはかわいいように見えたんですが、なんだったんですかね」

 

私「ですよね...しかも、僕がショートLD1杯のみ宣言をしてからのパフォーマンスの下がり具合は半端なかったですね...」

ダイスケ「そうですね。わかりやすかったですね」

 

私「で、あの子とは今後ありそうなんですか?」

ダイスケ「いや、絶対にないですね」

 

私「ですよね。なんだか今日は、ダイスケさんにとっては収穫のない1日になってしまいましたね」

ダイスケ「いやいや、ケンさんがわざわざ日本からフィリピンに来られて、一緒にKTV行くだけでも僕にとっては十分価値のある時間ですから」

 

私「嬉しいお言葉ありがとうございます。今度フィリピンに来た時はダイスケさんの行きたいところに行きましょう。どこかいいところありますか?」

ダイスケ「そうですねー。仕事の関係でマカティに行くことが多いんですが、マカティでもいいですか?」

 

私「もちろん。なんて店です?」

ダイスケ「シークレットです」

 

私「お、もったいぶるやん?」

ダイスケ「だからシークレットです」

 

私「なるほどね。次に会う時までの楽しみってか?いいですね、楽しみにしておきます!」

ダイスケ「いや、シークレットって名前のKTVなんです」

マニラ マカティのおすすめKTV「シークレット Secret」エントランス写真

私「・・・なるほど、そういう名前なんですね。聞いたことのないKTVです」

ダイスケ「最近ちょくちょく行くんですけど、セット安いし、繁華街から少し離れた隠れ家的なKTVなので、けっこう気に入っているんですよ」

マカティのKTV「シークレット」 料金システム

私「それは楽しみですね!ぜひ連れて行ってください!!」

 

“ダイスケさんと次に会う時はマカティのKTVに行く”

 

この約束をし、次回マカティのKTVで私はあるフィリピーナと出会う。

その出会いが元で、私のフィリピンへの気持ちは目まぐるしく変わっていくことになる。

 

その後、ダイスケさんはGrabをつかまえ、自分の家へと帰っていった。

ダイスケさんと解散したころには午前1時が来ようとしていた。

 

時間としては非常に中途半端な時間だ。

もう1セット行けると言えば行けるのだが、行きたいところもない。

ファーストラインにはもう行ったから行く必要もないだろう。

 

明後日の昼便で帰るので、早いもので明日が夜遊びの最終日である。

もう少し攻めたいところだが、切り込み隊長のレンジさんが不在のため、あまり攻めたい気持ちも生まれてこない。

 

そして、なによりparoparoでの時間の中盤くらいからお腹がしくしくと痛む。

そしてそれの痛みは“しくしく”から“じくじく”に強くなりつつある。

 




 

 

この感覚は以前体験した食中りに似ている。

何にあたったかといえば、ほぼ間違いなく晩御飯として食べたべラジオの食べ物だ。

私はシシグともう一品、名前は忘れてしまったのだが、鮭とばのような食べ物をスタッフの勧めで注文した。

[イメージ画像。この料理は絶品]

味は鮭とばの脂身部分のような濃厚な味わいで非常に美味だったが、味が微妙なものがあった。

確信はないが、きっとあれがあたったのだろう。

 

なぜなら今日は、昼はジョリビー、間食にコンビニのスナック菓子、アイスを食べたくらいである。

可能性として低いが、KTVで出された氷がよくなかった可能性も当然あるが、あの鮭とばみたいなものが不思議な味だったこともあり、本線はそっちだろう。

 

すさまじい数の社員が土足で通ったであろう、会社の床に落ちたスーパーで買ってきた刺身を

 

“こんなもの気持ちの問題”

 

という迷言とともに食し、お腹を下さないレンジさんほどではないものの、お腹にはそれなりに自信があった私だが、よっぽど悪い代物だったのだろう。

ちなみに前回の食あたりは、焼肉屋で泥酔状態になり、

 

“焼肉もしゃぶしゃぶで十分”

 

と言いながら、網に両面を一瞬触れさせただけでバクバク焼肉を食べたために食あたりを起こした。

あの時は本当に死ぬかと思うほどの腹痛だった。

 

腹痛を気にすると余計に痛くなってきたので、私はホテルに戻り、早めの就寝をすることにした。

 

その晩、私のお腹の様子はどんどん悪くなり、上からも下からも濁流が流れ、自称生死の狭間を彷徨うような状態は次の日の夜遅くまで続いた。

海外で大きく体調を崩してしまうと本当に辛いものである。

 

一時は、本当に動くことができないほどであった。

日本であれば救急車ものだ。

久しぶりに海外のローカルフードには警戒しないといけないと感じたのであった。

 

 

今週もお疲れ様でした!

急展開!?来週は色んな事が起きます。

来週に期待していただける方は、下の画像を応援クリック!!

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

クレマニ前の記事スーパースケベ女現る。マラテのスケベ&アグレッシブKTVのparoparo
クレマニ次の記事【夜遊び】格安KTV「クイーンタウン QUEEN TOWN」マラテ
オノケンblog前の記事
オノケンblog次の記事

 

オノケン
オノケンは日本で働く普通の30代サラリーマン。先輩レンジの誘いから、マニラ旅行へ。それ以来、マニラに通うように。趣味はフィットネスで筋肉こそ正義だと思っている。海外旅行はリアルドラクエのため筋トレでレベル上げをしている。 オノケンブログでは、マニラ旅行記やフィリピーナとの恋愛をメインに、英会話の上達方法などを記事としてアップしていきます。

5 コメント

  1. 食あたりは海外ではどこでも気をつけないといけませんが、あたってみないとわかりませんから☺️
    ローカルもそうですが日本食レストランも危ないところあります。店名は伏せますが2回ほどホテルのベッドでうずくまっていました。

  2. 私もマニラでケツがバーストした事があります。
    母親の顔を思い出しましたね。
    幸い、日本から持ち込んだ胃腸薬があったのでそれ以上は酷くなりませんでしたが…
    皆さん、水道水と氷、半端な生ものにはくれぐれも注意してください!

  3. 今週も楽しませて頂きました。シークレットはオノケンさんも行かれてるんですね。私もちょいちょい行きます。電波悪いのでママにいうとWi-Fiパス教えてくれますよ!
    ビーチvipにいた激しいノリのゲストがオノケンなのではと期待しています笑

  4. 食べた時にちょっとした違和感があったらやめといた方がいいですね。
    ???・・・ごっくん。
    じゃなく、
    ???・・・ぺっ!!
    ですね。
    私も前回やられました。
    思い当たるのは、日本食の天ぷら盛り合わせの野菜の天ぷら(何かは忘れました)
    でした。

  5. 現地でなった事は、ありませんが日本に帰ると一週間は、ゲリラに襲われてます。

※コメントアイコンが欲しい読者様、DMでお知らせください。

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here