ブログランキングリンク-トップ

 

JMMホテルの部屋からはマニラを一望できる

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

[レンジブログ前回のあらすじ]
ホテルでフィリピーナのマリーと晩酌。酒が切れたところで外へ買いに出るレンジ。夜遊びガイドのマークと再会。彼の誘いもありKTVへ。その後、ホテルに戻ったレンジは再びマリーと時間を過ごす。

[前回記事]
【レンジブログ179】この期に及んで別のフィリピーナをキープ!?

 

レンジブログは第三章で完結しています。

そして、それ以降のエピソードが「オノケンブログ」の内容になります。

オノケンブログ

[オノケンブログ第一話]
オノケンブログ第一話「転落と後悔」
オノケンブログ累計400万PV達成 第一話へ

また、レンジ個人のその後のエピソードは「外伝」という形で記述しています。

ここまで三つの外伝がそれぞれ完結しています。

 

 

 

【レンジブログ最終話】一人の日本人男性がフィリピンを好きになった末路

 

 

 

ーーぶふぅおうっ!

 

腹に強烈な鈍痛が響き、飛び起きる。

 

娘のマリアだ。

眠っていた私にフライイングニーを炸裂してきた。

 

「Good morning, Range! (おはよう、レンジ!)」

 

苦痛に悶える。

全然グッドなモーニングじゃねぇ。

 

彼女は私の悶絶姿に爆笑しながら、恐ろしくもさらにトドメを刺そうとしてきた。

私は転げるようにベッドから逃げ落ちる。

彼女に手をかざし、「落ち着くんだ少女よ、私はこう見えて人間だ」と諭した。

 

危ねぇ。

その無邪気なS気質は母親譲りか?

 

翌朝。

時刻は8時を過ぎたところだった。

 

マリーは隣でまだ寝ている。

 

ーー少しだけカーテンを開けると、外は完全に明るかった。

 

私に飽きたマリアは、TVを付けて子ども番組を見始めた。

 

JMMホテル 室内
[JMMグランドスイーツ 部屋にて]

 

この時間まで寝てしまったと言うことは、今日は仕事も学校も休むのだろうか。

 

私は少し水を飲み、再びベッドへ。

マリーの肩をそっと押す。

 

彼女は目を閉じたままこちらに向き、抱きついてきた。

 

「Marry, good morning. Are you okay? Already 8AM. (マリー、おはよう。大丈夫なの? もう8時だよ。)」

「……I’m sleepy. (……眠い。)」

「Your work and school? (仕事と学校は?)」

「Uhmmm.. Absent. (うーん…… 休む。)」

 

そういうと彼女は再び寝息を立て始めた。

大丈夫かな……。

仕事先や学校には連絡したのだろうか。

 

私は「ちょっと朝食買ってくるよ」と伝え、彼女たちを残し、外へ出た。

 

マラテ ボコボストリート 朝の様子
[朝のボコボストリート]

 

今日はこの後、ホテルをチェックアウトしてマニラ空港へ向かう。

マリー達は休みを取ると言うことなので、この後ゆっくり家に帰るのだろう。

……少し食べた方が良い。

 

コンビニへ入り、フライドチキン&ライスを3セット頼んだ。

 

フィリピンのフライドチキン
[コンビニの絶品ソウルフード]

 

そして、部屋へ戻る。

 

ドアをノックして、しばらくするとマリーが出てきた。

目を擦っており、寝癖が少し。それがまた可愛いと感じた。

 

彼女に買って来たものを見せると、「はっ!? 朝からフライドチキン!?」と鋭いツッコミを受けた。

私は「うえっ!? そうか、ダメなら私が全部食べるよ」と言った。

 


[フライドチキン&ライス]

 

ーー全部食べた。

 

そして、眠気を覚ましたマリーがバスルームから出てきた。

 

「Range, can you buy bread and milk for Maria? (レンジ、マリアのためにパンとミルク買ってきてくれる?)」

「Sure! (もちろん!)」

 

私は口にフライドチキンが残ったまま、再びコンビニへ走った。

パンと牛乳を、一応マリーの分も含めて購入。

そして、また部屋へ戻った。

 

JMMホテルの部屋からはマニラを一望できる
[マニラの午前中]

 

ーーマリアが嬉しそうに朝食を食べている。

ご機嫌のようだ。しっかり眠ることができたのだろう。

大きく広げた口を見せてくる。

 

今日は学校を休むと知り、何処か遊びに行けると勘違いしているのかもしれない。

 

マリーは朝は食べないのだと言う。そう言えばそうだったような気がする。

 

彼女はスマホを触りながら、私に聞いてきた。

 

「Range, what time is your flight? (レンジ、飛行機は何時?)」

「Ah.. 2PM. So I’ll check out hotel at 11AM. I’ll be in Airport noon. (あー…… 午後2時かな。だからホテルを11時にチェックアウトして、正午に空港です。)」

「Which terminal? (どのターミナル?)」

「Three. Cebu. (ターミナル3、セブパシです。)」

「Okay. I’ll go there together. (わかった。一緒に行くわ。)」

「What!? (ぶふぇっ!?)

 

……これほど幸せなことが続いていいのだろうか。

私は、そのフライトが今日墜落するのではないかと怖れた。

 

ーーその後、時間通りにホテルをチェックアウトして、空港へ。

 

渋滞にはほとんど掴まらず、ホテルからは30分ほどで着いた。

 

マニラ空港 第三ターミナル セブパシフィック
[マニラ空港 第三ターミナル]

 

ーー登場する便はセブパシフィック。

 

ここで一度マリー達と別れ、私だけチェックインカウンターへ。

フライト前に一緒にランチを食べようと話していたので、彼女たちには先にレストランへ行ってもらった。

 

搭乗客の列があったが、幸いにも私は預け荷物が無かったので、その専用レーンに並ぶと15分ほどで手続きすることができた。

 

ーーフードコートのある4階へ。

 

マリーからメールで知らされたレストランに入る。

 

マニラ空港 第三ターミナル フードコート
[マニラ空港 第三ターミナル フードコート]

 

「I’m hungry! (お腹空いた!)」

マリアがメニュー表をトントン叩いて待っていた。

私は「ごめん、ごめん」と言いながら、テーブル席に座る。

そして、彼女たちのオーダーを聞き、スタッフに伝えた。

 

……朝にガッツリ食べたばかりだが、これから数時間は食べられない。

私は胃を意識的に拡張して、空腹感を発生させた。

すぐに牛丼が欲しくなった。

 

牛丼
[注文した牛丼]

 

昼ごはんを一緒に食べる。

 

そして、フライトの時が迫っていた。

 

「Range, what time is your boarding time? (レンジ、搭乗時間は何時?)」

「2PM. (二時です。)」

「Show me the ticket. (チケット見せて。)」

 

私はパスポートに挟んでいた搭乗券をマリーに渡した。

 

「Hey! It’s 13:15. So soon! (ねぇ! 13:15よ。もうすぐじゃん!)」

「ぶふぇえっ!」

 

マリー達のことで頭がいっぱいで、手書きのフライト時刻を見落としていた。

 

残りを急いで食べて、会計を済ませる。

 

ーー三人で三階へ降りる。

私はこれから一人、搭乗ゲートへ行かなければならない。

 

しかし、マリアが私から離れようとしない。

しかも泣き始めた。ギャン泣きだ。

 

「See you soon, Maria. Please don’t cry. (すぐだよ、マリア。泣かないで。)」

 

私の膝にしがみつくマリアを、マリーが力尽くで剥ぎ取る。

 

おっ、おう。マリーよ、そこまでしなくても。

 

母親に抱かれたマリアはそれでも必死に私を掴もうとしていた。

 

私はその姿を見て決心した。

 

手持ちのお金を数え、数枚の1,000ペソ札をマリーに渡した。

マニラまでの交通費と、私がここに居ない間の生活費の足しにしてくれればいいと思った。

それしか私の気持ちを表す手段がなかった。

 

しかし、彼女の表情は曇った。

 

「What’s this?  I don’t need. (何これ? 要らないわ。)」

「It’s my small token for you. (ほんの気持ち。)」

「No need! (要らないわ!)」

「Please use for Maria! (マリアのために使って!)」

 

彼女は「仕事があるから大丈夫、要らないし!」と言い、私に突き返す。

しかし、私は強引に彼女のカバンに押し込んだ。

 

マニラ空港 第三ターミナル 出発ロビー
[マニラ空港 第三ターミナル 出発ロビー]

 

ーー搭乗者のみが通れるゲート前でお別れをする。

二人はこれからパンパンガへゆっくり帰ると言う。

 

お互い手を振って、見えなくなるまで見送った。

 

さて、私の方は急がなければ。

そして、このような時に限って、出国審査の列が長い。手荷物検査の列も長い。

普段の行いが身を襲う。

 

ーーようやく検査を終え、搭乗口へ走る。

 

これ、もしかして乗り遅れるパターンかっ!?

うおーっ、これもう一泊マニラ??

 

私は、「プシュープシュー」と機関車のように呼吸音を立てながら、なんとかセブパシフィックの搭乗口のGATE111へ。

 

と思ったら、GATE111がない!

以前は喫煙所のあったところ付近だと思っていたのだが。

 

焦りに焦った私は、近くの日本人らしい旅客に声を掛けた。

 

「すいません。関西空港への便って何処ですかね?」

「えっ? ここですよ」

「うおっ。あっ、ありがとうございます!」

 

良かった。

まだ搭乗は始まっておらず、旅客は皆待っていた。

 

マニラ空港 第三ターミナル セブパシフィック
[マニラ空港第三ターミナル]

 

私は息を整えながら、飛行機に乗る直前、マリーにメールを送った。

 

I’m okay. In time! But I already miss you. (大丈夫。間に合った! でも、もう恋しいよ。)」

 

そして、電源を切り、搭乗した。

 

ーー彼女から返信があったのは、その後帰国した翌日だった。

 

内容は予想外のものだった。

 

 

「Where is the orange lighter? (あのオレンジのライター何処?)」

 

 

 

 




 

 

ーー2019年11月22日午後。

 

現在、この記事を書いている。

 

私はこの記事を書き終わったら、マリーにプロポーズするつもりだ。

 


[出会った頃にマリーがくれたライター]

 

オレンジのライターは今も大切にしており、まだ火がつく。

 

この後、ビデオコールでこれを彼女に見せて……

 

「The light is forever like my love for you.(その火はあなたへの愛のように永遠です。)」

 

決まった。

このブス台詞。

以前から今日のために温めていたことにしよう。

 

そして、

 

「Will you marry me? (結婚してくれますか?)」

 

完全に決まった。

 

 

ここからこのブログでは初めて、時間軸が現在を過ぎ、未来へ向かう。

 

先はどうなるかわからない。

 

ただ、

 

来月も向かうのは、

 

もちろん、

 

マニラ。

 

マリーとマリアに会いに。

 

……と、KTVくらいには行くかもしれない。

いや、絶対行く。

 

ケンさんと。

 

彼をフィリピンに誘ったあの言葉が全ての始まりだった。

 

 

「リアルドラゴンクエスト」

 

 

クレイジーマニラ

 

 

レンジブログ外伝四章終了

 

レンジブログ外伝完結

 

 

 

ご愛読、ありがとうございましたm(_ _)m

皆さん、多数のコメントも返信が間に合わず本当に申し訳ありません。

明日、”あとがき”をアップする予定です。

本当にありがとうございました。

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

クレマニ前の記事【レンジブログ179】この期に及んで別のフィリピーナをキープ!?
クレマニ次の記事レンジブログ外伝のあとがきと、オノケンブログ新章のPR
レンジblog前の記事
レンジblog次の記事

 

レンジ
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。

40 コメント

  1. 私はフィリピンで失ったものが大きく、二度と行くことは無いと思いながら読んでいました。
    しかし、クレマニの記事を読んでいると次第に「もう一度行ってみようかな」と思い始めました。
    勇気、元気もらいました!
    お疲れ様です、大変感謝しています!

  2. フィリピン妻と二人の子どもを持つ身です。ここまで大変楽しく拝見いたしました。妻との出会いを思い出します。
    そして、これからが大変ですよ、レンジさん。
    ご活躍をお祈りしてます!

  3. レンジさん、お疲れさまでした。
    最高でした。 お誘いいただいたとき、まさにこのころだったのですね。
    大変、失礼いたしました。
    私の方も充電をしすぎて放電しております。必ずやまたトピックスを書きたいと思います。

    いつも陰ながら応援させて頂きます。

  4. 前回のを読んでて、頭の中ではめちゃイケメンの人のストーリーに妄想してしまいましたが、途中でイヤイヤこれレンジさんだから(-_-;)…と正気に戻しました(笑)

    大変良い感じに完結したのにあれですが….
    マルコの前例もありますし…
    プロポーズに関する信頼性はイマイチな気がします。

    結婚、結婚と先走らずに二人の関係をより深める方が良いと思います。

  5. お疲れ様でした!
    日々の楽しみにしており、寂しい限りです。
    また機会があれば筆を取ってくださいね。

  6. もしかして、オレンジとレンジって掛けてます??
    このラストのために、仮名設定??
    マニラ
    マリー
    マリア
    ブログ開始したときから??
    だとしたら凄すぎでしょ笑笑

  7. レンジさん、他にも女いるでしょ!
    結婚は止めておいた方が良いよー
    絶対、今のまましばらく様子見た方が良いと思う。
    って、落ち着く訳ないか?
    もしマリーの返事が「No」だったら、過去最高にモゲるんでしょうけど笑
    とにかく今まで本当に楽しませてもらいました。
    クレマニに登場した皆さんの幸せをお祈りしております!

  8. レンジさん、最高です!
    ようやく現在の事が描かれた訳ですね。
    これ、単にブログじゃないですよ。
    長編小説を少しずつ読んだ気分です。
    その他表現、ユーモアお見事です!

  9. 感想
    ・凄いブログに出会った
    ・実際の登場人物たちに会ってみたい
    ・参考になったところと、もう少し踏み込んで書いて欲しいところがあった
    ・またレンジさんが何か書くのだろうと期待している
    ・クレマニを読んでいる人とも話してみたい
    ・他人の人生にここまで興味を持ったのは初めて
    ・出来るだけボランティア等に励もうと思った
    ・マニラ夜遊び=ODAだと知った

    とにかく面白かったです???

  10. 現在進行形なんですね!
    うまく行くことを願っています!

    私も明後日からフィリピン入りです!

  11. 季節に一度はマニラへ出張で行きます。
    至る所で知っている場所や場面があり、自身を重ねながら大変楽しかったです。
    オノケンさんの方は再開とのことで、こちらも楽しみにしてます。
    お疲れ様でした。

  12. レンジさんお疲れ様でした!
    マリーとの今後やその他諸々また楽しみにしています!

  13. まだまだ全然続く感じで終わりましたね!
    これがレンジさんのシーズン1だったら…
    期待してます。お疲れ様でしたっっ

  14. お疲れ様です!
    さすがレンジブログ…?
    この章、そしてラスト、やはりリアルドラクエ!
    個人的には外伝三章が一番好きですね!マルコの日本編が超面白かったです。
    今回のはかなり真面目に書かれたのか、それともレンジさんなりの意向があるのかなと。
    今後のことは想像して楽しみます笑
    とにかく私も頑張らねば!
    元気もらいました、ありがとうございました!!

  15. レンジさんが初めてバクラに襲われそうになった回
    私はあれからファンとなり、そして今レンジブログを失った

    オノケンブログにはまたレンジさん出てきますよね⁇

  16. ハッピーエンド??
    ではないですよね…
    区切りとして”いい夫婦の日”を選んだ?
    うおーっ!続きが気になる!!でも完結を受け入れなければ。

    作者冥利に尽きますね。
    ありがとう、レンジさん

  17. レンジさんが本当に体験したことはもっと多くのことなのでしょう。
    それをブログを通して、ここまで人に伝えようとする姿勢に敬服いたします。
    これからも楽しい人生を。

    ブス万歳

  18. エグいラストじゃなくて良かった!
    性描写とか残酷な話を持ってくるかもと正直ドキドキしてました?
    これで気持ち良く眠れる。
    レンジさん、ありがとう、そしてお疲れ様!

  19. ブログも大変なんですね、
    無料でこのような素晴らしい作品を読ませていただきありがとうございます本当
    娘さんに「私はこう見えて人間だ」、笑いました!
    他のブログのように、ただのヤリ自慢はあまり褒められたものじゃない。
    それに対してクレマニは思春期並みに純粋な気持ちで読めた。
    めちゃくちゃ面白い?
    これからも無理のない範囲で更新頑張ってください!

  20. 皆さん、クレマニ大好きなんですね!
    もちろん私が一番好きですけどw
    私なりに、レンジさんのオチを予想していました。
    そして、全く違うって言う笑

    例えば、空港内で彼氏連れのマルコとレンジさん達がバッタリ会うとか。まぁ修羅場ですけどね。

    そんなのも有りだったのかと。
    レンジさんの体験を元にそんな無理な展開は難しいでしょう。

    いや、それでもベストな完結ですよ。
    皆さん、マリーが本命だろうなと思ってましたから。
    そこはレンジさんの技量で読者までも振り回したのでしょう。
    長文失礼しました。

    さぁ、オノケンさん!
    レンジさんの後輩ですよね、期待めちゃくちゃしています!

  21. 頑張れ頑張れ!
    もしプロポーズがダメだった場合。
    トピでも良いんで教えてください

  22. お疲れ様でした。
    幸せな気持ちになれました。
    ありがとうございます。

  23. マジでちょっとしばらく落ち込むな…
    好きだったドラマかアニメが終わった感じ
    レンジさん、あんたの功績は大きい
    マジ拍手?❣️

  24. 毎日毎日とても楽しく読ませていただきました。レンジさんのブス度からしてこれで終わりとはとても思えません。リアルドラクエは永遠です。気が向いた時にまたブログ書いてください。

  25. レンジ様 おはようございます。
    素晴らしいブログで、いつも楽しみにしていました。
    東南アジアへの旅行が好きですが、実は敬遠してきたフィリピン。でもクレマニを偶然発見してマニラに興味が湧き年明けに行く決断をしました。

    レンジさん、オノケンさんはじめクレマニを執筆された方々ののおかげです。

    日本では心の中に留めておいた
    「The light is forever like my love for you」
    の言葉を遂にマリーに伝えたんですね!
    一つのライターがここまで物語とレンジさんとマリーの人生を膨らますなんて感動してしまいました。

    まだまだこの先(未来)が気になりますが、ひとまずお疲れ様でした。
    あとがきが本当にあとがきになるのか?と疑いの気持ちもありますが(笑)、楽しませていただき、本当にありがとうございました!

  26. 朝、コーヒー飲みながら、ゆっくりと最終話とコメントを読みました。
    めちゃくちゃサンミゲルかレッドホース飲みたくなった笑笑
    久し振りにフィリピン行くかなぁ!
    もう今年40歳だけど( ´∀`)

  27. 筆者の方、お疲れ様でした。
    大変楽しく拝見させて頂きました。
    私の妻もフィリピーナです。日々本当に楽しくて、でも大変で?
    それはきっとどの国の女性であろうと、変わらず一緒です。
    今年始め、日本人夫婦の友人にクレマニを紹介したところ、夫婦ですっかり読者の一人に笑
    来年は二人でマニラへ行くそうです。
    これからまたあの街が活気付くと良いですね…
    また、筆者の方へ。
    Please take care always

  28. 感動に震えました。
    圧倒的なクズなレンジが、何となくマリーに一途だったこと。
    それが読んでいてよく伝わってきました。
    レンジの人間性に魅力たっぷり、それをいじり合うオノケン。
    最高コンビです。
    マニラですれ違ったら、気付く自信あります。
    執筆お疲れ様でした。

  29. この展開わ!
    もしかするともしかして、私とまったく同じような家族化へ向かう可能性も・・?
    って先々を読みきれないブスさがレンジさんの大いなる魅力ですよね。
    でも万が一、連れ子のマリアちゃんをひっくるめてご家族になるなんて将来があったら、是非ファミリーデートしましょう(笑
    本当、執筆お疲れ様でした。

  30. なんか本当に小説読んでるような感じですね
    フィリピンに住んでいた時にブログと似たような経験などいろいろしてひどい目にもあい、フィリピン人の彼女はあきらめて日本に帰国しましたがもう一回チャレンジしてみようかな。半年ぶりに連絡してみよう

    ドラマか小説、漫画になったら教えてください。
    つづきも期待しています。

  31. 最近外国人実習生が増えてフィリピンや東南アジアに行く小金持ちの社長さんが増えてきてます。読んだ方がいいよ!サチョサン

  32. レンジさん、お疲れ様でした。
    最後、ウルウルしながら読みました。
    私は1年マニラに住みましたが、ノーゴールで終わってしまいました。
    そんな私からしたら、レンジさんは神のような存在です。
    幸せな未来をお祈りします。

  33. とてもいいブログです。
    現在私はマニラ滞在、今日帰国します。
    この五日間ずっと読み耽ってしまいました。
    本当に感動。
    個人的にはレンジブログ48 永久保存です。
    ほんと何度も読んでしまいました。
    フィリピーナが難しいんではなくて、日本人が難しいんですよね。
    視点の切り替えで、ハッと気付いてしまいました。
    いきなり自分の器が大きくなった気がします。
    本当にありがとうございました。
    続編期待しています。
    レンジに幸あれ。

※コメントアイコンが欲しい読者様、DMでお知らせください。

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here