ブログランキングリンク-トップ

 

 

[レンジブログのあらすじ]

 

日本の普通の会社員であったレンジは、知人の紹介でフィリピンのマニラへ訪れるようになる。

美しく妖艶なフィリピーナ達との出会いもあり、次第にマニラへ強い興味を持つようになる。

 


[レンジは30代半ば。ぽっちゃりおっさん]

 

そしてレンジは、複数の女性と交際したり、現地でビジネスを始めたりなど少し特異な経験をしていく。

そんなある日、日本の会社の後輩であるオノケンを「リアルドラクエ」という文言で、マニラ旅行へ誘う。

オノケンも同様にフィリピンにハマってしまい、月一回の頻度でマニラを訪れるようになる。

フィリピーナを相手にそれぞれの恋愛珍道中を楽しみ悲しみ、モゲにモゲて現在に至る。

何なら現在もさらにモゲている。

 

[序章第一話]
【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[第一章第一話]
【レンジブログ33】プライベートフィリピン女性との深夜デート。マラテのディスコ EXKLUSIVE へ

[第二章第一話]
【レンジブログ51】マニラのフィリピーナが初めて日本の地方都市に来る

[第三章第一話]
【レンジブログ71】マニラでビジネス開始。フィリピーナのコンサルティングで法人設立。

 

レンジブログは第三章で完結しています。

それ以降のエピソードが「オノケンブログ」の内容になります。

[オノケンブログ第一話]
オノケンブログ第一話「転落と後悔」

 

また、レンジ個人のその後のエピソードは「外伝」という形で記述しています。

[外伝一章第一話]
【レンジブログ101】フィリピーナをフィリピン国内旅行に誘ってみた

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

 

この外伝二章はブス担当として張り切って執筆していきます。

ゲス好きな方、お待たせしましたm(_ _)m

 

それでは、レンジ外伝二章、第一話をスタートさせて頂きます。

 

 

 

[外伝二章エピローグ]

 

 

 

 

「お金でしょ! ぎゃはははっ!」

「そうよな、そりゃそうよ! おっさんに求めるものはお金だよな!」

 

先輩は納得し、水割りを煽る。

爆笑の日本人ホステス。ブスだ。歯並びの悪さが目に付いた。年内に歯と一緒に、目も鼻も改良するらしいが。

 

「よしっ、一本入れようか!」

 

先輩は勢い付き、私も促され細いワイングラスを持った。

 

「かんぱーい!」

 

今日もシャンパンが空いていく。人の奢りで飲む酒だが、正直美味しくはない。

女性は日本も同じだ。国など関係ない。

 

飲みの席で出てくる話題は「恋の話」や「過去の武勇伝」、いつもだいたい同じである。

 

唯一、興味を惹くのは他人の不幸話だ。「飯何杯でも食える」、めしうま。

 

他人の幸福?

申し訳ないが、そこまで興味を持つほど心の余裕がある人は少ないだろう。

 

 

 

【レンジブログ121】フィリピンから帰国、その日にフィリピンパブへ

 

――昼過ぎ。

 

「結構揺れましたね」

ケンさんは青白い顔で、目線は滑走路に向いていた。飛行機が苦手だといつも言っている。ほとんど寝ることが出来なかったのだろう。私は何とも思わなかったが確かに揺れた。

 

 

クラーク空港から帰国。私たちは関西国際空港に降り立った。

飛行機の搭乗口を出て通路を歩く間に汗がすぐ滲む。曇り空だったが、真夏の日本の熱気は強烈だ。

フィリピンより確実に暑いのではないだろうか。

 

入国審査を終え、空港出口に向かう。

 

「ケンさん、じゃまたオフィスで」

「はい。レンジさんもお疲れ様でした。と言っても、まだ電車と新幹線が残ってますけど」

 

お互い疲労は隠せず、言葉は少なかった。

私たちは気を失いかけながら、特急ハルカで新大阪へ。

新幹線に乗り換えた。

 

――移動中、今回の滞在を思い出してみる。

オカマのティティ、アンヘレスでオカマ。

私にとってはほぼオカマの旅であった。私には全くその趣味はないのだが、残念ながら引き寄せるようだ。過去にも何度か同じ経験をしたことがある。気を付けていても、オカマに囲まれるのだ。

旅の中でこれと言って得たものは無い。強いて言えば、ケンさんの恋愛に進展があったこと。そして、マルコに振られかけたくらいか。

自宅にドッグフードを届けたくらいであんなに怒るとは。

 


[フィリピンのモールで購入し、配達した]

 

「いや、玄関先でご両親に挨拶しただけだから。ドッグフード欲しいって言ってたでしょ」

「家まで来てとは言ってない。あなたはいつもそう。自分の勝手な考えで行動する。自分の都合ばかり。もう嫌っ!」

「いやいや。もちろん、あなたの部屋とかには入っていない。自宅や部屋は女性の最もプライベートな場所だとわかっています。中には入らず、外でドッグフードを渡して、お父さんお母さんと話をしただけ」

 

ドッグフードでこんなに盛り上がっているカップルは世界広しと言っても我々くらいだろう。

それからしばらくして、彼女は言った。

 

「あなたを自宅に招く時は、ちゃんと掃除や準備があるんだから! 料理も特別に用意して、叔母さんとかも招待したかったのに」

 

なるほど、そう言うことか。この言葉に私は鼻血が噴き出るほど嬉しかった。それはもう「将来の旦那」として受け入れてくれているに等しい言葉だろう。

いよいよ振られると思った危機の中、彼女の本音を知ることが出来たような気がした。

 

クソほどわがままな女性だ。もう相手に出来ない。いつもそう思っている。

 

しかし、たまにとんでもない返しを喰らう。こちらの離れていきそうな心を一気に手繰り寄せられ、また深く愛してしまう。

彼女は、ただ私に真剣なのだと言う。

それを私が変に疑い、彼女の許容を超える行動を取ってしまうがために、彼女の怒りを買う。いつもそれの繰り返しなのだ。

 

「フィリピン女性にはゆっくりね」

 

これが正しい道のりなのかさっぱりわからない。着実にお互いの関係は深まっているように感じているが、男としては「正解」が早く知りたい。

 

さて、次のフィリピンは再来週。

実は、次回の滞在はマルコに未だ伝えていない。彼女には「次のマニラは一ヶ月後だ」と言ってある。おそらく彼女に会う時間は取れそうにないためだ。色恋のない、ビジネスメインの滞在になる予定だった。

あるいは夜の時間帯、別の女性達に時間を確保したかった。最近はマルコばかり。この辺りでしっかり他の女性にも愛想を振りまいておかなければ。

それはそれなのだ。

がははっ。

 

――夕刻、名古屋駅へようやく到着。


[名古屋駅構内]

 

「お疲れ様でした。レンジさん、まっすぐ家に帰ってくださいね」

「いや、さすがに帰るでしょ。ケンさんこそ。お疲れ様、また明日」

 

ケンさんはここから電車に乗り継ぐようだ。

私は徒歩で自宅へ向かう。駅から小一時間ほどかかるが、散歩エクササイズ。フィリピン滞在ではまた2,3kg太ったに違いない。日本ではダイエットの日々だ。

とは言っても私の場合、ダイエットとは現状体重の維持を指す。つまり、ダイエット期間中と断っていても、私の場合は若干体重が増えていく。

 

歩き慣れた通りが心地良かった。日本の地を踏み、少し元気が出てきた。どこの喧噪も似たようなものか。

荷物はリュックのみのため、身も軽かった。

近くの定食屋に一人で立ち寄る。ものの数100m歩いただけだが、急にお腹が空いてきた。もう1kgくらい減ったのではないだろうか。

1,000円とんかつ定食。ほぼ500ペソか、贅沢な食事だ。

 

『誰が共食いやねん』

 

ケンさんとのLINEノートに、私が思いついた会心のフレーズを叩き込む。普段からクレマニのネタ作りのために、若手芸人のようにネタ帳を更新しているのだ。いつか使うだろう面白フレーズやトピックスネタを思いついてはストックしていた。

このとき、すぐさま既読が付くが反応はない。

スタンプをタップする元気もないほどに疲れているのか、あるいは私のセンスに凍り付いているのだろう。

私は腹が満たされてきて、気分が良くなってきた。

 

『満腹直後に寝る。これを繰り返すと力士っぽくなれる』

 

『キャッチャー、キーパー、ドラム。デブがやるイメージの三大ポジション』

 

『フィリピーナに教えると面白い日本語例。フニャチンヤロ、エキベン、ピンコダチ』

 

立て続けにLINEノートに打ちこんでいく。

既読は付くが反応がない。

ケンさんが笑い死んでいたら気の毒だ。このあたりで止めておこう。

 

――そのとき、タイミング良く日本の電話が鳴った。日本の会社の先輩だった。

先輩「レンジ、付き合え。出てこい」

私「えっ、今からですか? いやー、ちょっと今日はしんどいかもです」

先輩「一軒だけ! 行こう」

 

私は帰国直後。まっすぐ自宅へ戻るかどうか悩んだ。朝方、オカマさんに襲われ掛けた記憶は新しい。精神的にも疲れているのは間違いない。

しかし、フィリピンの余韻が残っていた私は一軒だけ付き合うことにした。

余韻とは言っても決して良いものでなかったので、少しでも気を晴らして布団に入りたい。先輩の強引な誘いを言い訳にした。手早く酔っ払いたかったのが本音である。

 

名古屋 繁華街
[日本の繁華街]

 

私は近くの飲食店に向かい、先輩と合流した。

 

先輩「お疲れ! ん? レンジ、何か臭くない?」

私「今日フィリピンから帰国したばかりなんです」

先輩「また行ってたの?」

私「そうです。荷物が未だこのリュックの中に」

先輩「マジか。ブスで臭かったら、それもう終わりじゃん」

私「そうです。だからあまり今夜は乗り気ではないです。一軒だけですよ」

 

私はフィリピン土産のくっさい洗濯物が入ったリュックを背負ったまま。

小太りのおっさん二人で栄の街を歩く。

そして、目当ての店へ。

 

この後、大いに盛り上がった先輩は、23歳のホステス相手に「おっさんに求める物は何か?」を真剣に一生懸命聞いていた。

 

冒頭の下品な会話はその下りである。

 




 

――日付が変わった頃、先輩をタクシーに乗せた。

テールランプを見送り、私も家路へ。ゆっくり歩いて帰ろう。

夜の繁華街、通りをしばらく歩いた。

 

とあるフィリピンパブの前で、足が止まる。

「ちょっとだけ寄ってみようか」

 

ここは思い出がある場所。

私にとって、日本で初めてフィリピン彼女が出来た店。もう三年ほど前のことだ。今その彼女はブラカンと言うマニラの北の地方に帰っており、私たちの関係はほぼ自然消滅していた。

私は疲れのためか酔いが深く、勢い付いてしまっていた。

少しノックを躊躇ったが、そのパブのドアを叩く。久しぶりだった。

 

中からは元気なママが迎えてくれた。

ママ「きゃー、レンジ? 久しぶり!」

私「お久しぶりです」

ママは日本在住20年以上。日本語は達者で、見た目もほとんど日本人化している。私にとって日本の恋愛相談役であり、当時から色々とアドバイスしてくれた人。久しぶりの来店を歓迎してくれる。

そして、店長とも挨拶を交わす。

彼の見た目は完全に極道。

以前、一緒に「花見」に行ったことがある。当時の彼女を含め、この店のスタッフ全員と花見同伴をしたのだ。それまで店長の極悪な雰囲気が苦手だったが、その時に打ち解けることができ、実はとても優しい方だと知った。

店長「どうぞどうぞ。ちょっと混んでますけど」

 

――店内は賑わっていた。

年輩のお客さん数組、20代と思える若者のグループの姿があった。それぞれに女性が複数人付いており、空いている女性はいない。

ママがしばらく私の対応をすることに。

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

クレマニ前の記事【夜遊び】マニラの「エアフォースワン」の紹介&夜遊び体験記
クレマニ次の記事【レンジブログ122】フィリピンパブで無愛想なフィリピーナに出会う
レンジblog前の記事
レンジblog次の記事

 

Range Abe
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。

8 コメント

  1. レンジブログ楽しみに待ってましたよ!レンジさんの視点はいつも興味深いので大変勉強になります。更新頑張ってください!!

  2. 名古屋が舞台だと親近感湧きます。新章楽しみにしてます。いつかご一緒出来ればと思います。

  3. Narutomakiさん、こめんとありがとうございます!
    皆さんの斜め上を目隠しをしながら進むタイプなので、皆さんの参考になるかは不明ですが、どうぞ宜しくお願いします!

  4. 匿名さん、コメントありがとうございます!
    応援もありがとうございます。ご期待に添えるかわかりませんが、周囲をざわつかせるほどキモいエピソードにはなっていると思います。今後とも宜しくお願いします。

  5. Misoさん、コメントありがとうございます!
    名古屋で見覚えのあるところもあると思います。皆さん楽しんで頂ければ幸いです。

  6. 名古屋・栄、懐かしいですね。4年前半年赴任していました。
    店には毎晩のうに通っていました。
    花水木まだあるのかな?

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here