ブログランキングリンク-トップ

 

フィリピン レストラン ディナーデート

 

[レンジブログのあらすじ]

 

日本の普通の会社員であったレンジ(私)は、数年前に知人の紹介でフィリピンのマニラを初めて訪れる。

次第に現地の夜遊びやフィリピーナに魅了され、頻繁に渡航するようになる。

そして、複数の女性と交際したり、現地でビジネスを始めたりなど少し特異な経験をしていく。

 


[レンジは30代半ば。ぽっちゃりおっさん]

 

そんなある日、日本の会社の後輩であるオノケンを「リアルドラクエ」という文言で、マニラ旅行へ誘う。

オノケンも同様にフィリピンにハマってしまい、毎月のようにマニラへ向かう。

フィリピーナを相手にそれぞれの恋愛珍道中を楽しみ悲しみ、モゲにモゲて現在に至る。

現在もそのモゲ具合は激しさを増し続けている。

 

[序章第一話]
【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[第一章第一話]
【レンジブログ33】プライベートフィリピン女性との深夜デート。マラテのディスコ EXKLUSIVE へ

[第二章第一話]
【レンジブログ51】マニラのフィリピーナが初めて日本の地方都市に来る

[第三章第一話]
【レンジブログ71】マニラでビジネス開始。フィリピーナのコンサルティングで法人設立。

 

レンジブログは第三章で完結しています。

そして、それ以降のエピソードが「オノケンブログ」の内容になります。

[オノケンブログ第一話]
オノケンブログ第一話「転落と後悔」

 

また、レンジ個人のその後のエピソードは「外伝」という形で記述しています。今まで二つの外伝がそれぞれ完結しています。

[外伝一章第一話]
【レンジブログ101】フィリピーナをフィリピン国内旅行に誘ってみた

[外伝二章第一話]
【レンジブログ121】フィリピンから帰国、その日にフィリピンパブへ

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

 

読者の皆さんへ。筆者よりまず初めにお詫びしなければなりません。

これから始まるレンジブログ外伝三章は「ゲスい」話ではありません。

一人の日本人男性が外国人の彼女を日本に招待したときの話です。

 

ブスブログは一時休憩していると思って頂ければ幸いですm(_ _)m

 

もしよろしければ、このストーリーにお付き合いください。

 

それでは、レンジ外伝三章、第一話をスタートさせて頂きます。

 

再度、断っておきますが、今回は「ゲスい」話ではありません。

 

 

 

 

[外伝三章エピローグ]

 

 

 

 

 

『親子丼』

 

この単語を聞いて何を想像するだろうか。

 

ほとんどは『鶏肉の卵とじ丼』だろう。

もし「ミツバこそメインだ」と言う人は、食にこだわりがあるのだろう。

 

世の中にはいろいろな形の狂気がある。

程度はあれどそれは誰の中にもあるはずで、普通は表に出さずに社会を生きて、そして死んでいく。

葛藤は常に感じる。

私の中は至ってシンプル。

股間次第。その脈流を沸々と意識してしまえばそれがそうだ。

 

私は過去、子持ちの女性と交際したことがある。日本人だ。

彼女は当時33歳、私より年上だった。夜遊び先のスナックで働いていた女性。

彼女の子どもは女の子で、18歳。高校を卒業したばかり。

つまり彼女は15歳のときに子どもを出産した。

 

ある日、私がそのスナックに行くと、彼女から「私の娘!」と紹介された。

専門学校通いに慣れてきたので、ここでアルバイトをするのだと言う。

 

濃いメイクの娘と若作りを始めた母親。

姉妹と言われても疑わないほどだった。

 

「レンジさん、カッコいい!」

「ダメよ、私のダーリンなんだから!」

 

彼女と飲む酒の席に、娘さんが絡んできた。

そんなやりとりをしながら、頼んでもいないシャンパンが運ばれてきた時、私は思ってしまった。

 

仕方ない。思ってしまったのだ。

 

正直に言おう。

 

 

『親子丼、実食!』

 

 

いやいやいや。

もちろんそんなことは起きず、いつのまにか彼女とは自然消滅の形で交際を終えた。

 

とにかく、私が『親子丼』と聞いて思い出すのはその親子である。

 

 

 

 

【レンジブログ140】フィリピーナ彼女を初めて日本へ招待してみた

 

 

2018年12月、初雪は遅れ、暖冬の入りだった。

 

そのせいだろうか、日本に季節外れの『台風』が来たのだ。

 

冬型の爆弾低気圧ではなく、それは確かに『南』からやってきた。

そして、私の身辺を吹き飛ばしまくり、何事も無かったかのように去っていった。

 

もちろん、こうなる事は覚悟済み。

「大変な思いをするだろうな」とわかっていた。

案の定、進路と勢力は私の予想を大きく外れた。

 

それでもいい。

私はただ彼女の笑顔が見たかったのだ。

 

ーー皆さん、ハンマー投げの鉄球の気分になったことがあるだろうか。

この時の私はまさにそれ。

あの鉄球のごとくブンブン振り回され、最大の遠心力とともにその選手の咆哮を背に受けながら、ブン投げられるのだ。

受ける咆哮は、

「Anymore! (もう無理!)」

私にとっては死の宣告に等しい威力を持ち、精神に壊滅的なダメージを与える言葉だ。

 

そしてさらに恐ろしいのは、ブッ飛ばされたはずの私はまた拾われ、投てきサークルへと引きずり戻され、再び彼女のブンブン助走が加速し始める。

それを繰り返すのだ。

一体何度目だろう。このように振り回されるのは……。

 

私は決して鉄球ほど頑丈ではない。次第にダメージは蓄積されていく。

身も心もボロボロだ。

 

ーー『いや、振り回され過ぎて、逆に振り回されてないんじゃないですか?』

 

マニラ ライター オノケン

 

あの筋肉バカが私に掛けてきた言葉だ。

失礼な話である。

彼女の機嫌を損なうことは天災に等しいのだ。

交際において天動説など有り得ない。私にとって彼女こそ太陽で絶対。失えば生きていけない。

 

ただし、体は正直であった。

この期間で私は学生時代以来、30代になって初めてニキビが出来た。異常に膨れたストレスがとうとう噴き出たようだ。

また、そのストレスに対抗しようと体内が極度のビタミン不足に陥ったのだろう。口内炎が複数箇所出来、ご飯もろくに口に出来ない。気のせいか少し痩せ、抜け毛も多いように感じた。

 

ただ、収穫はあった。

 

『彼女の母親を抱けば、家族全員を愛せるのかもしれない』

 

こんな突拍子のない考えに至ったのは、おそらく今回のフィリピーナ彼女の日本滞在を経てから。

 

とにかく荒れに荒れたこの年末。

私は日本でフィリピーナ彼女と過ごした。

 

 




 

 

ーーことの経緯は三カ月ほど遡る。

9月、私はフィリピーナ彼女のマルコとディナーデートしていた。

 

フィリピン レストラン ディナーデート
[ケソンシティ、フィリピンレストラン「MESA メサ」にて]

 

「I wanna go to Japan this winter. (この冬に日本へ行きたい。)」

「Yeah, I invite you. (そうだね、招待するよ。)」

 

彼女の夢は「日本に行って、雪が見たい」。それは以前からよく耳にしていた。

私も彼女に夢を叶えてもらいたいし、何より喜んでいる姿が見たかった。

 

交際していても普段はケンカばかり。彼女の意味不明なワガママに毎度ウンザリしている。

しかし、「ケンカするほど……」とはよく言ったもので、お互いの信頼関係はより深くなっているように感じていた。

 

マルコだったら大丈夫か。

すでに彼女の主な家族に会っていることも大きい要因だった。

今まで出会ったフィリピーナで、本気で日本に招こうと思ったのは彼女が初めてである。

 


[マルコ似顔絵]

 

マルコはご機嫌だった。

「I can see SNOW! Wow Fhuuu!(雪が見れる! ワオ、フー!)」

 

そこはせめて、「レンジの故郷が見れる!」にしておけよと言いたい。

しかし、この一言ですらケンカの引き金になるため、「俺も君の笑顔が見れれば嬉しいよ!」に留めておく。

 

ーーその後、具体的な話に移った。

 

まず、『ビザ(査証)』の件である。

彼女の場合、日本に入国するためには日本人の保証人が必要だった。当然、私が保証人としてビザの申請を行うことに。

来月、私がマニラに来た時、一緒に申請を行うと確認した。

 

続いて、滞在日数について。

「How long will you be staying? (何日間の予定?)」

「Uhh.. It’s Christmas! So 10 days? (うーん。クリスマス! だから10日間?)」

 

ぶふえっ!

とっ、10日間!? 正気か?

なぜにクリスマスを過ごすのに、そんなに日数が要るのだ。

そもそも10日間も彼女の相手はできない。

年末、日本の業務は大忙しだ。年始ならまだしも、クリスマス頃に数日も休みが取れるか怪しい。

私は彼女に日本社会の諸事情を説明した。

 

しかし、

 

「I don’t like that idea. I wanna stay longer. (そんな考え要らないわ。長く居たいの。)」

 

くっ。

無理なものは無理だ。

 

「How’s 5 days? (5日間は?)」

「Haah!? How do I enjoy Japan only 5 days? (はあぁ!? たった5日でどう楽しめって言うの?)」

 

くっ。

私はそもそも仕事で無理だと伝えた。

フィリピーナへの言い訳人気ランキング一位、『仕事で忙しい』を唱えた。

 

「Haah!? You know for me first time Japan! (はあぁ!? 私が初めての日本って知ってるでしょ!)」

 

ヤバい。

これ以上続くと、最強魔法『Anymore』を唱えられてしまう。

少し険悪になったところで一旦、身を引く。

 

しかし、ここはどうしても譲れない。

彼女を説得させるのに何か良い案は無いか。

 

……はっ!

年末、『飛行機チケットの値段』だ。これをチェックしなければ。

 

すぐにネットで確認すると、セブパシフィック航空に都合の良さそうなスケジュールで設定があった。

それを彼女に見せる。

 

「I don’t like Cebu. Much better PAL. (セブは好きじゃないわ。フィリピン航空が良い。)」

 

くそっ、このアッ……。

怒りでスマホを持つ手が震える。

 

深呼吸して何とか自分を保ちながら、今度はフィリピン航空のチケットを探す。

 

するとマルコ希望の日程ではあまりにもバカ高い値段だった。

それを見せる。

彼女は驚いた様子で、さすがに申し訳なさそうに日程変更を受け入れた。

結果、前後移動日含め『8日間』に短縮。

これでも十分死ねるが。

 

そして、彼女にはもう一つ不安があった。

それは彼女にとってこれが『初海外』となること。私も同様に不安だった。

 

特に空港について。

フィリピーナのマルコが国際線に初めて乗る場合、たとえマニラ空港発でも一人っきりでは気の毒だ。

日本入国時はなおさら不安に感じるはず。

 

日本の空港

 

若い女性一人で初めての異国。しかも、見た目は超美人。

変な輩が寄って来ても困る。

私が日本からマニラへ彼女を迎えに行けば良いのだろうが……。

 

もし、そのときちょうど私がフィリピンに滞在していて、帰国するタイミングが合えば同伴できるのだが、この年末のスケジュールでは無理だった。

日帰りで往復は不可能ではなかったが、それはさすがに自分でもやりすぎだと思っていた。

 

そして、マルコがある提案をしてくる。

 

……「お母さんも一緒にどうか」と。

 

「Don’t worry. I never suspect you. My mom has never been to Japan also. (心配しないで。あなたを不審に思ってるんじゃなくて。お母さんも日本には行った事ないし。)」

 

ん?

 

それは母親も行きたいと言うことか?

どうも腑に落ちない言い回し。

しかし、確かにメリットは重なる。

 

私はマルコよりもご両親の方が私を理解してくれている、特に母親の方が優しいと感じていた。

さらに一週間以上の滞在予定。正直、彼女と四六時中一緒よりはありがたい。

何より、母親と一緒ならマルコも安心して日本を満喫できるだろう。私にとっても、彼女に付きっきりにならなくて済む。

 

「And she will pay her travel expenses. (あと、お母さんは自分の旅費は出すと思うし。)」

 

……本当か?

期待は出来ない。

しかも、母親に旅費を支払わすなどすれば今までの苦労が全て水の泡になるかもしれない。常識的な人物であることは知っているが、ここは男として私が全額負担することを覚悟しなければ。

 

オーケー。

結果、オーケーだ。

 

「Wow, thank you so much Range! You’re the best. I’m so excited and I love you Range!(ワオ、ありがとうレンジ! 最高の人ね。とても興奮するわ、愛してるレンジ!)」

「Hehe Me Too! (へへ、俺も!)」

 

ーーそして、翌月。

私はビザの申請書類を揃え、手続きのためマニラへ向かった。

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

クレマニ前の記事クレマニからの重要なお知らせ
クレマニ次の記事【レンジブログ141】フィリピーナ彼女の来日ビザを一緒に申請する
レンジblog前の記事
レンジblog次の記事

 

Range Abe
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。
マニラのロスマンホテル ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

12 コメント

  1. やったーレンジワールド再開!
    それにしてもマルコのワガママ、ヤバいですね汗
    これからどうなるか楽しみ!

  2. 朝っぱら噴いてしまったw
    レンジさんの文章のカオスっぷりがクセになる… マルコは… フィリピーナの中でもさらに変わった人なんでしょうね。レンジさんが優しすぎるような気もする

  3. 私なら絶対に別れてますね…
    さらに母親まで来ることになるとは。展開が楽しみ!

  4. 私も過去にフィリピーナを日本に招いたことがあります。懐かしい思い出です。

  5. 最近こちらを知り、よく読んでいます。かなりの文量でまだ全部読めてません。けど、オノケンブログでファンになったので、今度はレンジブログを読みます。

  6. いつも楽しく拝見・・いや、面白すぎます!
    今回の章も楽しみにしてます

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here