ブログランキングリンク-トップ

 

フィリピーナ モデル

 

[前回のあらすじ]

フィリピーナ彼女の夢「日本に行って雪が見たい」。これを叶えるため彼女を日本へ招待することを提案する。それに伴い、ビザ取得や日程、同行者について相談する。

[前回記事]
【レンジブログ140】フィリピーナ彼女を初めて日本へ招待してみた

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

[序章第一話]
【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[第一章第一話]
【レンジブログ33】プライベートフィリピン女性との深夜デート。マラテのディスコ EXKLUSIVE へ

[第二章第一話]
【レンジブログ51】マニラのフィリピーナが初めて日本の地方都市に来る

[第三章第一話]
【レンジブログ71】マニラでビジネス開始。フィリピーナのコンサルティングで法人設立。

 

レンジブログは第三章で完結しています。

それ以降のエピソードが「オノケンブログ」の内容になります。

[オノケンブログ第一話]
オノケンブログ第一話「転落と後悔」

 

また、レンジ個人のその後のエピソードは「外伝」という形で記述しています。今まで二つの外伝がそれぞれ完結しています。

[外伝一章第一話]
【レンジブログ101】フィリピーナをフィリピン国内旅行に誘ってみた

[外伝二章第一話]
【レンジブログ121】フィリピンから帰国、その日にフィリピンパブへ

 

 

【レンジブログ141】フィリピーナ彼女の来日ビザを一緒に申請する

 

ーー10月中旬、私は一人でマニラに到着した。

 

今回の主な目的は、マルコと母親のビザ申請だ。

ビザは、フィリピン人である彼女らが日本へ入国する際に必要で、一緒にマカティにある旅行代理店へ行く予定。

 

また今回、ケンさんも別予定でマニラに滞在していた。ビザ申請が済めば私の都合は完了するので、その後は二人で夜遊びに興じることができるだろう。

[その時のオノケンブログ]
マラテのKTVフォーエバーラブ(Forever Love)で、新たな女性との出会い

 

ーー平日の昼間。

私、マルコ、母親の三人でタクシーに乗り、ケソンの自宅からマカティの「Dusit Thani Manila」というホテルへ向かう。

そのホテルの3階に旅行代理店の「フレンドシップツアー」があり、そこへビザ申請の書類を提出するため。

代理店にて私達の提出書類を確認してもらい、大使館へ提出してもらうと言う段取りだ。

書類に不備や不足があれば代理店で訂正できるので、大使館へ直接提出するよりも初めての場合なら安心である。

 

 

 

ーー車内はこれから遊びに行くような雰囲気で、会話は弾み、皆わくわくしていた。

マルコ達を日本へ招待できる。これについては私も本当に楽しみだった。

 

主な滞在先は『大阪』に決まっていた。

スケジュール表には大阪をメインに近隣を観光する予定を書き込んだ。

 

マルコの夢である『雪を見る』に関しては、天候に左右される。

彼女に、「12月の末でも日本では雪が無いことがある」と説明し、「山岳地帯に行けば雪はおそらく見られる」と伝えた。都市部で降雪が期待できない場合は、付近のスキー場に行けば良いだろう。

 

そして、『ユニバーサルスタジオジャパン』。

これはおそらく日本への観光目的で最も人気のあるテーマパークだろう。

彼女も同様にそこへ行ってみたいらしく、ディズニーリゾートや北海道よりも「大阪」の方に興味を持っていた。

関西エリアであれば、私自身のアクセスを考慮しても都合が良かった。

 

ーーエドサ通りに渋滞は無くスムーズに車は進み、30分ほどでホテルに到着した。

 

マニラの高級ホテル「Dusit Thani Manila」
[Dusit Thani Manila デュジット・タニ・マニラのエントランス]

 

マルコと母親はパリッとしたスーツを着用。

私の身なりもカッターシャツにスラックス、革靴。

三人ともオフィシャルな格好だった。

 

富裕層らしい宿泊客の後ろを歩き、ホテルの中へ入る。

 

マニラの高級ホテル「Dusit Thani Manila」ホテルエントランス
[デュジット・タニ・マニラの1階ロビー]

 

私は何度かクライアントとの打ち合わせで来たことのあるホテルだ。しかし、1Fのカフェスペースやバーを利用しただけで泊ったことはない。

安くても一泊一万円以上するので、マニラでは高級ホテルになる。

[デュジット・タニ・マニラの予約はこちら]

 

母親は初めて来たようで、豪華な内装に目を輝かせていた。

 

その時、マルコがフロント横へ一人歩いて行く。私を呼んでいるようだった。

 

「She’s my co model. (彼女は同僚のモデルよ。)」

 

フィリピーナ モデル
[ロビースペースにあったポスターイメージ]

 

へー、そうなの……。

本当か??

確かにマルコの周りには、大きなミスコンに参加している友達が多いことは知っている。

モデルの同僚と言ってもその範囲は不明だが。

 

ポスターであっても一応知人の紹介を受けたので、私は気を遣う。

「You’re more beautiful for me. You’re the best! (君の方が綺麗だよ。一番だよ!)」

一応、おだててみる。

彼女は「そんなボラボラ(ごますり)!」と嬉しそうにまんざらでもない様子。

 

大丈夫だ。私も知っている。

マルコも美しいのは間違いないが、マニラにはいくらでも綺麗な女性はいる。

例えば、KTVの高級店に行けば…… ぐふふふっ。

あぁ、早くケンさんと合流したいなぁ。

 

ーー受付で旅行代理店のテナント場所を聞くと、奥のエレベーターから3階に上がるようだ。

私達はエレベーターに乗った。

 

マニラのホテル エレベーター

 

ーーエレベーターを降り、通路に立っていたホテルスタッフに声を掛ける。

 

この通路の先に代理店があるようだ。

少し歩くとすぐにそれは見つかった。

 


[フレンドシップツアー マニラ支店]

 

店内に入ると、数名のフィリピン人らしいお客さんが順番待ちしていた。

受付スタッフに促され、私達も受付番号の札を取る。

 

カウンターの向こうを見ると、日本人のスタッフとフィリピン人のスタッフが5名ずつほど働いていた。皆忙しそうに業務をこなしている。

 

そして、10分ほど待っていると、奥の方のパーティションで区切られたスペースに呼ばれた。

 

そこでは、フィリピン人はフィリピン人の担当者のブースへ、日本人は日本人の担当者のブースへ通された。それぞれの母国語で対応してもらえるようだ。

 


[フレンドシップツアー、店内の個別ブース]

 

私の担当者は日本人のおばちゃんだった。

提出する住民票や所得証明などは『漢字表記』のため、確かにこの業務は日本人でなければ難しい。

持ち込んだ書類一式を、フィリピン用と日本用、別々に提出。そして、担当者によって、書類の不足や不備がないかチェックを受ける。

 

住民票など日本の公的な書類について、相手方(招へい人)に知られてはマズいと言う事情を抱えた方へ。
このとき、代理店に提出する時点では別々に対応してもらえたので、あえて日本の書類を相手方(招へい人)に確認するようなことはありませんでした。
ただし、大使館にて確認したい箇所が見つかった場合は、相手方(招へい人)に連絡が来ることもあるようです。

 

 

ーー今回の提出書類の中で、私が心配になったのは『預金残高証明書』だ。

これは銀行などの金融機関で発行してもらうのだが、とにかくその預金額。

提出するのは一体どのくらいが適正なのだろうか。

気になった私は、事前にネットで『日本人の30代会社員の平均預金額』を調べた。

そして、おおよそ『普通車の新車価格程度』であることを知り、今回はその額の証明書を用意して提出した。

 

また、フィリピン人の書類についても同様に銀行発行書類が必要とのこと。

国が違うので資産の多い少ないはあまり問題ではない。

しかし、どうしても気になるその額。

マルコ一家はケソンの一軒家に住んでいる。マニラ近郊で暮らすと言うことは、フィリピン人の平均的な所得帯だと予想される。

 

彼女らの資産はどのくらいなのだろう……。

パーティションを越えて覗き込みたかった。が、我慢した。

 

そして、書類のチェックは10分ほどで終わり、三人とも受理された。特に問題がなかったようだ。

最後に、ビザ申請者の申請費と手数料を合わせた料金『一人2,000ペソ』を支払う。私は横から4,000ペソをマルコに渡した。

 

「以上で、こちらでの手続きは完了です。ありがとうございました」

日本人のおばちゃんスタッフは無表情だった。

 

ーー旅行代理店を出ると、嬉しそうにマルコが抱きついてきた。

「Thank you so much! I’m so excited! (本当にありがとう! マジでテンションあがる!)」

「Yeah, you’re so sweet Range! We can stay together this christmas in Japan!(ええ、あなたは本当に素敵ねレンジ! このクリスマスは一緒に日本で過ごせるわ!)」

母親も嬉しそうだった。

 

代理店での話では、翌日に代理申請機関(代理店)が書類を大使館へ提出し、通常は早ければ3日ほど、遅くとも一週間もあればビザは発行されるとのこと。

そして、ビザの貼られたパスポートは代理申請機関に返却され、代理申請機関から申請者(フィリピン人)へ「受け取りに来てください。」との連絡が来る。

 

ちなみに、日本人が用意すべき書類については『日本からの郵送』でも対応してくれるとのこと。これに関しては、私も初めてであったので今回は直接持込みで良かったように思う。

次回からは郵送で申請することにしよう。

 




 

 

ーー代理店での用は20分ほどで終わった。

結局、ホテルには30分も滞在することなく、私たちは外へ。

外はまだ明るかった。

 

マニラの高級ホテル「Dusit Thani Manila Hotel」

 

「Well, What are we going to do next? (じゃ、これからどうする?)」

「Ah.. I want a big suitcase. Because I have only small one. You know I love fashion! (大きめのスーツケースが欲しいわ。だってほら、小さいのしかない。私がファッション大好きなこと知ってるでしょ!)」

 

それはそうでしょう。

海外旅行が初めての彼女。しかも向かう先の季節は冬。衣服など必要な装備品はいろいろとあるだろう。

二人分の旅費も含め、その負担は覚悟していた。

 

「Yeah, Let’s buy. And mom?(そうだね、買おう。あとお母さんは?)」

「I don’t need. I have almost for winter.(私はいい。冬用品はほとんどあるし。)」

 

母親は外国で働いていたことがある。また、旦那の故郷の北欧旅行にも行ったことがあるため、その時の用品があると言う。

 

そして、マルコはその言葉で何かを思い出したようだ。

「Ah.. I need down jacket and coat! And Heat tech! (あー、ダウンジャケットとコートが要るわ! あとヒートテック!)」

 

おっ、おう。

ユニクロのことか?

ピンポイントで商品名を言って来るあたりさすがである。

 

旅費、そしてマルコの装備品一式か。

出せなくはないが、車の車検やら冬タイヤの履き替えやら考えると、この冬の私の節約生活はしょうがないだろう。

しばらくカップラーメン続きの日々が始まる。

 

そう言えば、マニラのバクラランやディビソリアのマーケットにも『冬用品』が置いてあったはず……。

 

しかし、そんな提案はできない。すれば、行きつく先は『Anymore』である。

 

私達はホテルに近いグリーンベルト(モールが集まっているエリア)の方へ歩き出した。

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

レンジblog前の記事
レンジblog次の記事

 

Range Abe
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。
マニラのロスマンホテル ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

11 コメント

  1. 初コメントです。フィリピンへ一緒に遊びに行く友からおすすめされてこちらを知りました。クレイジーマニラ、めちゃくちゃ面白いです!
    共感できるところもあるんですが、基本レンジさんのような真似事はできません笑
    オノケンさんの笑いのセンスにも脱帽、爆笑してます。
    これからも楽しみに読みます。執筆頑張ってください。初心者のファンの一人より

  2. 明日の記事はオフィスで読まない方が良さそうですね…
    笑いを堪えるのが大変そう😁

  3. 去年の夏、フィリピーナ友達二人を招待しました。私の場合はもっと少額の預金額、一緒に写っている写真二枚の提出で大丈夫でした。
    その二人は本当に楽しんでくれましたが、こちらは大変。予測不能の行動を取るので常に心配でした。

  4. 日本に妻子ある身としては不安のあるビザ申請…もし彼女にバレたら命はないかもしれない。でも…
    この記事に勇気をもらいました!

  5. 最近この代理店システムが無くなり、直接申請という話を聞きましたが、ご存知の方お願いします。
    場違いなようでしたら、削除してください。すみません。

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here