ブログランキングリンク-トップ

 

マラテ フォーエバーラブ

[オノケンブログ前回のあらすじ]

国が違えば文化も異なることは当然のことです。日本とフィリピンにおいても同様のことが言え、フィリピーナと親密になっていくためにはお互いを知ることがまず非常に大事になってきます。考え方の違いをきちんと理解していないとこんなことになります。

フィリピーナ彼女からの痛恨の一撃!告白の返事はYESではなかった?

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

 

[マラテのKTVフォーエバーラブで、新たなフィリピーナとの出会い]

今後、メイとは当分会えなくなるとも知らずに、今日のデートがうまくいったことで、完全に浮かれ気分でマラテに戻ってきた。

レンジさんはすでにマラテに到着しているが、到着早々マルコに連絡をすると

 

レンジ「フィリピンに到着したよハニー」

マルコ「そうか。じゃあケソンに来い」

 

みたいな感じのやりとりがあり、さっそくケソンに呼び出しをくらい、今はMOAの方にいるようだ。

 

時刻は1時半。

ワンセットなら3時閉店の店も行くことができる。

 

 

実は今日、行きたいと思っている店は事前にあったのである。

それは“フォーエバーラブ”である。

マラテ フォーエバーラブ

[フォーエバーラブのシステム。日本語訳が地味に面白い]

 

この店は以前はパロリーという店だった。

 

“パロリー”と聞いてピンと来た人がいればそれはもう“キング オブ クレマニマニア”の称号を与えたいほどのことである。

 

“パロリー”は私の記念すべき一回目のフィリピン旅で行った店である。

昨日、トカゲと店を回っている際に、パロリーがフォーエバーラブという店になったということを言っていた。

 

パロリーは、手品などを楽しむことができ、非常におもしろかった思い出がある。

懐かしさも相まって、今日もし時間があればここにこようと決めていたのだ。

 

女の子のレベルも確認することなく入店。

店内は2階で、店の感じを完璧に覚えているわけでもないが、あまりパロリーのときから内装は変わっていないようであった。

 

フォーエバーラブの特徴について。

 

・店内は薄暗く、雰囲気は良い。

・嬢のレベルはまずまず。行く時期や女の子の好みで意見は分かれるだろうが、同じ価格帯の店の中では平均以上だと感じる。人数は20人程度。

・その時にいる嬢のレベルにもよるだろうが、ショータイムはレベルが高く凝っている感じがある。セクシーダンスもあったりする。

・内装は少し古め

・コスチュームが個人的にはけっこう好き

勝手なオノケン的評価

嬢のレベル:☆3.5~4

コスチューム:☆4~4.5

店の雰囲気:☆4

ショータイム:☆4.5~5

落ち着ける度:☆4

店内での筋肉の張りと鏡への映り栄え:☆4(もうちょい上部からの光があれば陰影が出ていいのだが)

 

おすすめ度:☆3.5

 

さて、ショーアップである。

とりあえず店に入りたい一心だったので、女の子はほとんど見ていない。

 

私「!!!!!!」

 

低身長にも関わらずとてつもない乳を持った子がいる。

顔はちょっと人間に進化しきれていない感じの顔だが、あの低身長に爆弾乳にはかなり興味がある。

進化途中とはいえ、そんなにきつい進化前顔というわけではない。

全然イケる…

 

私(心の中)「うーーーん、あの爆弾乳子にするか・・・うおっ!!!!!」

 

私は一瞬目を疑った。

 

私(心の中)「てぃ…ティー!!??」

 

爆弾乳の2つ隣にはティーに酷似したフィリピーナがいた。

 

私(心の中)「いや待て落ち着け。レンジさんとポニーとの連絡でティーは今他のKTVで働いていることはわかっている。しかし…」

 

瓜二つとはこのことだろう。

顔だけではない。低身長であることや乳が大きいところまで似ている。もしかして双子かと思うほど似ていた。

ティーに似ているそのフィリピーナのことは今の私は指名はしない。

 

しかし、もしティーにトラウマを抱える前の私であれば、この子のことを指名していた可能性は高い。

スペック自体は高い子である。

 

私「こうなるとやはり最初の爆弾乳の子か・・・おお!!」

 

列の端の方に控えめにいたその子は、顔は美人で細身。にもかかわらずなかなかなお乳をお持ちである。

ティーに似ているフィリピーナより顔面偏差値としては少し高く、お乳は爆弾乳とティー似のちょうど中間に位置するほどのなかなか良い大きさを持ったフィリピーナである。

 




 

パロリーの時もそうであったが、ここはなかなかフェロモンがある子が多いように感じる。

このお店の総合評価を“フェロモン&乳ポイント”を加えて、“おすすめ度を3.5→4”にする。

今日だけでいうと4.5をあげてもいいくらいだ。

 

さて、最終的に私が指名したのは、最後に目についた子である。

彼女の名前は“ハナ”という。

近くで見るとやはり端整な顔立ちをしている。お胸の方もこれまた弾力がありそうなナイスな乳をしている。

マニマジもない、久しぶりに会心のショーアップチョイスであったといえよう。

 

メイやシャイニーにはない良さを持っているハナであるが、残念なことがある。

それはびっくりするほどの“会話の続かなさ”である。

もちろん会話については男性側がリードすべきものであり、私もそれなりの数のフィリピーナの導入の会話を繰り返してきたので、序盤の会話にはそれなりに自信をつけてきたところである。

 

しかし、彼女は返答がすべて単語単語で全くと言っていいほどに会話が広がらない。

私に対して怒っているとか、何か不快な感情を持っているわけではなさそうであるが、何にしても話が続かない。

 

見た目こそ相当なレベルである。

たまたまいたフィリピーナとしては申し分ないほどに高スペック嬢である。

メイの貧乳具合を点数に入れると、シャイニーに次ぐほど…なんなら全身から出るフェロモンや現実味を考えるとシャイニーに並ぶほど凸凹になりたいランキングは高い。

 

シャイニーはかなりのスペックの女性である。

このまま私が日本でキャバクラなどにはまらず、普通に生活していたら二度とはお目にかかることができないと思うほどに高スペック嬢である。

 

しかし、526で働いている事が大きな障害となっている。

難しいことに挑戦するのは燃える物だが、あまりにも難しいことだと、逆にやる気を失うのである。

 

そういった点で526のフィリピーナ…その中でも私的極上の生娘フィリピーナを口説くとなるとそれはもう最高レベルであることは間違いない。

そのため、私の中では“シャイニーとベットイン”はセクシー女優とベットインするような現実味のない話なのである。

 

そうなってくると、現実味のあるフィリピーナの一位はこの“ハナ”と言っても過言ではない。

 

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

クレマニ前の記事【夜遊び】フィリピンのゴーゴーバーとは おすすめバーの紹介&体験記
クレマニ次の記事フィリピンパブ・KTVでの下ネタトークはアリ!?円滑なコミュニケーション方法
オノケンblog前の記事
オノケンblog次の記事

 

オノケン
オノケンは日本で働く普通の30代サラリーマン。先輩レンジの誘いから、マニラ旅行へ。それ以来、マニラに通うように。趣味はフィットネスで筋肉こそ正義だと思っている。海外旅行はリアルドラクエのため筋トレでレベル上げをしている。 オノケンブログでは、マニラ旅行記やフィリピーナとの恋愛をメインに、英会話の上達方法などを記事としてアップしていきます。

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here