ブログランキングリンク-トップ

 

マニラのKTV「パロパロ」店内写真

[オノケンブログ前回のあらすじ]

アフターで有名どころと言えば、ZZYZXが一つ挙げられます。かくいう私もアフターでここを利用することも結構ありますが、時間や曜日次第では、座ることもできないほどに客でごった返しています。そんな人気クラブのZZYZXの裏側を聞きます。

マラテ超人気夜遊びスポットZZYZXの裏側をフィリピーナから聞く

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[スーパースケベ女現る。マラテのスケベ&アグレッシブKTVのparoparo]

ダイスケさんとともにParoparoに入店する。

階段を上がってすぐのところに女の子が待機していた。

マニラ夜遊び、KTVのセクシーな女性たち

その時ダイスケさんと挨拶を交わしているフィリピーナがいた。

きっとこの子が前回ダイスケさんが指名し、その逆鱗に触れた子であろう。

 

しかし...

ダイスケさんの趣味はそれなりに把握したつもりだったが、この子は...

 

なんかちょっと違う...

 

店内にもこの子よりかわいい子はちらほらいるのだが、なぜこの子なのだろう。

 

今後、ダイスケさんとは何度もKTVに行くことになるのだが、指名した子はすべて納得の子だった。

間違いなくダイスケさんの女性の趣味は、私に近いことは間違いないのであるが、ただ一回だけ、この時だけはなぜこの子を指名したのかわからなかった。

 

疑問に思いながらも席に着く。

すぐに始まったショーアップ。

 

私たちの前にずらりと並んだ子たち。

元気レベル、日本語レベル、そしてスケベレベルを親切にも明示してくれるこの店は、自分の欲望や願望に応じた子をチョイスできる。

そのため、その時の気分に応じた楽しみ方ができるのである。

マニラの夜遊び、女の子の日本語レベル

ちなみに、上記の3つで私を評価するのであれば

 

元気度:S

日本語レベル:B+

スケベレベル:ミシュラン五つ星

 

といったところだろうか。

 

さて、その時の私の気分はというと、

 

“ParoParoはスケベな店だ”

 

という前情報の元、スケベな気持ちで入店したので、やはりここはルックス<スケベで判断したい。

左から順に、彼女たちの顔、胸、プレートに書かれたスケベ度を見ていった。

いくらスケベ度が高くても、顔が全くのタイプでない+貧乳 or ぽっちゃりではまったく楽しくないだろう。

 

見ていくと、顔がそれなりだとスケベ度が低めで、スケベ度が高いと顔がまったくタイプじゃないなど、なかなかお眼鏡にかなう子はいない。

 

―――うーーーん、なかなかいい子はいないなぁ。顔で言うとあの子だけど、スケベ度・元気・日本語すべてB評価かぁ。

新人ですとしか書かれていない子もけっこういるなぁ。自分で確かめろってか。それもまた悪くはないか...

 

元気レベル・日本語レベルなんていうものは、それなりに信頼できる物だろう。

しかし、スケベ度なんていうものは、表面化しているかどうかの指標であって、内在するスケベ度なんて人間だいたい同じようなものだ。

 

―――スケベ度がBであっても、内に秘めたものを解放させ、この1セットでSにまで成長させる...そんな体験&挑戦も悪くないだろう。よし、あの子にきめt...

 

送れてショーアップの列に加わった子。

その子のスケベ度に驚愕した。

 

―――え...S×3レベル...そんな表記もあんのか...

 

顔は決して私のタイプではない。

体も普通体型に、胸も大きくはない。

タイプではないものの、その子以外は最高でもSランクだったスケベ度が×3である。

気になる...どれほどにスケベな子なんだろう。

 




 

 

やはりここはスケベなKTVに来たという最初の思いを貫き通すこととし、スケベ度S×3の嬢を指名した。

ほどなくして現れたスケベ嬢には、挨拶と同時におっぱいを一突きした。

 

さすがのS×3レベル。

こんな攻撃など握手くらいにしか思っていないのだろうか、一突きした私の手を取り、わざわざ自分の胸を鷲掴みにさせた。

しかし残念ながら、パッドと胸本体になかなかの隙間があることが丸わかりだ。

これなら私の方がでかい乳をしている。

 

その後の展開については、ブログのコンプライアンス的に問題あるため、割愛させていただきたい。

マニラのKTV「パロパロ」店内写真

私とスケベ女の1セットの時間は割愛するとして、この店の雰囲気等について。

おそらくは、この店の営業スタイルなのだろうが、女の子からのLD攻撃が他のKTVと比べてもけっこうアグレッシブだ。

 

ちょうどべっぴんさんによく似た感じである。

後に聞いたことだが、べっぴんさんと姉妹店だそうだ。どうりで経営スタイルが似ているわけだ。

 

ダイスケさんの指名子は特に“ダイスケさんが2度自分に会いに来てくれた=自分に気がある=わがまま言い放題”くらいに思っているのか、座って5分もしない間にLDの要求がきた。

 

好意を寄せる&関係を継続したいフィリピーナであるのなら、多少のわがままは許す。

むしろそういう時に嫌な顔をするような男性はあまりモテないため、時には太っ腹な面を見せる必要もある。

 

しかし、私は指名した子とは、今この時間を楽しく過ごせさえすればいいし、おそらくは当分の間は店に再び訪れることもないだろう。

極々たまにはこういうKTVを楽しむのもいいのだが、基本的にはKTVへは他の理由を持って行くので、別にここの嬢達に“ケチな客”と思われても何の問題もない。

 

ダイスケさんがもしも指名した子と関係を続けたいと思っているのであれば、なかなか断りづらい状況だろう。

そのため、私が動くことにした。

 

“LD頼んでもいいけど、この1セットでショート1杯だけにしてね”

 

最初に釘を刺しておけば、女の子達はさすがにそれ以上はねだれない。

しかし、私の指名したスケベ嬢はともかく、ダイスケさんの指名子は、私のこの発言後はあからさまにパフォーマンスが落ちた。

 

最初の5分こそ、ダイスケさんにベタベタと接触していたが、その後は一定の距離を保ったままであった。

なんとわかりやすいものか。

 

そのような態度であったこと、また、私の指名子の息がだんだんと臭くなってきたので、ダイスケさんにお願いして少し早目にチェックを受けた。

もちろん、ダイスケさんがお楽しみである様子ならそんなことはしないが、様子を見る限りは楽しめていないようだった。

 

大寒波が来そうです。

そこでクレマニにも下の画像の応援クリックをカンパしてください。

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

オノケンblog前の記事
オノケンblog次の記事

 

オノケン
オノケンは日本で働く普通の30代サラリーマン。先輩レンジの誘いから、マニラ旅行へ。それ以来、マニラに通うように。趣味はフィットネスで筋肉こそ正義だと思っている。海外旅行はリアルドラクエのため筋トレでレベル上げをしている。 オノケンブログでは、マニラ旅行記やフィリピーナとの恋愛をメインに、英会話の上達方法などを記事としてアップしていきます。

3 コメント

  1. 私はゲスい店で安く飲むのが好きです。LDヘルプはその時の気分と女の子次第ですね笑
    あー、早くマニラに行きたい!

  2. ここはベッピンさんからかなり流れてきてますね
    まぁエロエロな感じで楽しいところではあります

※コメントアイコンが欲しい読者様、DMでお知らせください。

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here