ブログランキングリンク-トップ

 

フィリピン マニラ ブルゴス通

[オノケンブログ前回のあらすじ]

フィリピンはマカティに宿泊されるのであれば、絶対に外せない場所、ブルゴスストリート。そして絶対に外せないバー、XOXOもしくはコジャックス。そこでとんでもないフィリピーナと出会ってしまったんです。これを奇跡と呼びたい。

奇跡の体!!ブルゴス大人気ゴーゴーバー、XOXOで出会ったフィリピーナ

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[逃すと一生の後悔。ついにブルゴスで人生初の店外デートに誘うのか!?]

ブルゴスの人気バー、XOXOで発見したとんでもないボディをしたフィリピーナ。

 

―――凸凹については、日本よりも安く・気軽に楽しむことができる国だけど、俺らの目的はそれじゃない。

 

私が初めてフィリピンにやってきたときに、レンジさんが私に言った言葉だ。

確かに手段さえ選ばなければ、日本に比べて簡単に・安く凸凹をすることができる。

しかし今の今まで、とり憑かれた様にLAカフェやゴーゴーでの店外デートをせずにやってきた。

 

ここまで一貫してやってきただけでも、もう十分なのではないだろうか。

誘惑ばかりのこの国で、そこまで自分が最初に決めたことを実直に守ってきただけでも、十分に賞賛に値する様な行動ではないだろうか。

 

リョウさんだって、その場その場に順応さえた行動をとっているではないか。

私はリョウさんのようなナイスミドルになりたかったはずだ。

学ぶことは真似ることから始まるのだ。

そういった行動もきちんと真似ることができずに、どうしてその人を目指せようか。

 

すぐ近くには、私が今まで生きた中で断トツ一位のスタイルを持つ女性がいるのだ。

こんな体、生涯を通じても出会えないかもしれない。

そんな人と店外デートをできたら、少なくとも私の中での性の部分では、

 

“我が(性)生涯に一片の悔いなし”

と笑顔で逝けるのではないのだろうか。

逆を言えば、ここで行動に移さないと、一生の後悔になってしまう。

行くんだ俺。指名するんだ俺。

 

 

 

店を出た私は、約束の時間が近づいているため、少し早歩きでプレミア順子に向かった。

ブルゴス ゴーゴーバー

今日私がフリーであれば、確実に店外デートを選択した。

しかし、今日はダイスケさんとの約束があるのである。

約束の直前になって

 

“すみませんダイスケさん。ゴーゴーバーで、私のGOGOランプがBIG確定ペカリをしたので、本日の約束はなかったことにしてください”

 

なんて言えるはずもない。

今回の旅の日数は残り少なくなってきたとはいえ、まだチャンスは残っている。

 

“きっとまた出会える”

 

そう信じて、私は店を出たのである。

 

しかしその後、XOXOに足しげく未練がましく通ったのも実らず、彼女と再び出会うことはなかったのであった。

今もなお、私の心の中に残る大きな後悔の一つである。

 

さて、ほぼ約束通りの時間にプレミア順子までやってきた。

約束の時間だが、レンジさんからは少し前に

 

“もうすぐ解散するから少し遅れます”

 

と連絡が入っている。

少し?

そもそもレンジさんの“もうすぐ解散”というのは当てにならない。

 

ひどい時は、そのメッセージの後に1時間後に解散というケースもあった。

まずもっていつ解散するかもわからないことに加え、彼は今ケソンにいるのだ。

 

すぐに来られるような場所ではないのにもかかわらず、“少し”とは…

その時点で、1セット程度は遅れてくるだろうと私は思っていた。

 




 

 

ダイスケさんは予定通りに現れた。

 

私「あ、ダイスケさん!」

ダイスケ「いえーい、ケンさん!元気ですか!?」

 

私「元気ですよ!ダイスケさんは…確認しなくても元来そうですね」

ダイスケ「いやいや、絶不調ですよ」

 

私「何があったんです?」

ダイスケ「いや、お腹がね。昨日からずっとケツバーストしてる」

 

私「そんなのいつものことじゃないですか」

ダイスケ「まぁ、基本的にそうですね。固体が出てくることの方が少ないかも」

 

私「大変ですね」

ダイスケ「慣れですね。ところで、ケンさって言えばタンクトップですが、全然着ていないですよね」

 

私「実は最近気が付いたんですが、この顔にタンクトップは似合っていないことに気が付いてしまったんです」

ダイスケ「今更感すごいですね」

 

私「はい。以前はフィリピン滞在時はタンクトップ着てることのほうが多くて、自分のことをタンクトッパーマンなんてことを言っていた自分が恥ずかしいです」

ダイスケ「ははは。まぁ、フィリピンでは日本ではできないことを存分にすればいいと思いますよ」

 

私「ですね。さて、これからシークレットですね。楽しみです」

ダイスケ「僕も久しぶりに行くんですが、指名子に会えるのが楽しみです」

 

私「あ、あとレンジさんはまだケソンです。1セット中に間に合うかも微妙です」

ダイスケ「はは。いつものことですね」

 

私「時間にルーズなフィリピン人をイラつかせるほどのルーズな人間ですから、遅刻はデフォルトです。遅れて来たペナルティーとしてシークレット代を奢ってもらいましょう」

ダイスケ「いいですねそれ。ボトルいれちゃいましょう」

 

二人でシークレットまで歩いていた時、マヤからのメッセージが入った。

 

今日も最後のひと手間に下の画像を応援クリックをお願いします↓

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

オノケンblog前の記事
オノケンblog次の記事

 

オノケン
オノケンは日本で働く普通の30代サラリーマン。先輩レンジの誘いから、マニラ旅行へ。それ以来、マニラに通うように。趣味はフィットネスで筋肉こそ正義だと思っている。海外旅行はリアルドラクエのため筋トレでレベル上げをしている。 オノケンブログでは、マニラ旅行記やフィリピーナとの恋愛をメインに、英会話の上達方法などを記事としてアップしていきます。

3 コメント

  1. 絶品ボディは夢に出て来ますよ、
    私も勇気が出ず何度見逃したことか
    次こそは!

  2. シークレット、従姉妹姉妹で働きに来るかも多くてアットホームですよね
    ただデカパイよりスレンダーが多い気がする。

※コメントアイコンが欲しい読者様、DMでお知らせください。

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here