ブログランキングリンク-トップ

 

[オノケンブログ前回のあらすじ]

フィリピーナとの交際は、こちらが向こうにいかないと継続は難しいです。今回、色んな事情が重なり、4か月もの間フィリピンに行くことができなくなります。だらだらした関係を続けるよりも決断です。

フィリピーナ彼女との関係に終止符をうつメッセージを送る

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[血の海。フィリピーナ彼女から送られてきた衝撃の写真]

マヤに“他の男のところにいっても構わない”と伝えた。

私としては、マヤとの関係は終わると思っていた。

 

しかし...

 

マヤ「はぁ?なんで私が他の男の所に行くの?」

私「いや、だって2回も直前でフィリピン行きをキャンセルしたんだよ?しかも次回は2か月後って...彼氏失格でしょ?」

 

マヤ「いや、ケンはしないといけないことを優先しただけでしょ?それとこれとは関係ないでしょ」

私「いや、そうだけど...4か月も会えないのは、ちょっとどうかと俺は思って」

 

マヤ「私は大丈夫」

私「そうか」

 

マヤ「もしケンが私と別れたい理由が他にあるなら、それを話して」

私「いや、特にないけど」

 

マヤ「じゃあ別れる理由はない。私も他の男のところにはいくつもりはない」

私「そうか...」

 

長く会えない事や、2回ものドタキャンは彼女にとってはあまり大したことがないようだ。

終わったと思っていた関係だが、これからも関係は続いていくようである。

 

さて、レンジさんの方だが、私が行っていないことで、うまくいかない事もあり、反対にゆっくりと時間を気にしない旅ができているようだ。

マリーとも無事に2年ぶりに再会でき、私にも多くの写真が送られてきたが、そのどれも普段見せないくらいの優しさと幸せに溢れたレンジさんの表情に、本当にマリーとの再会を喜んでいるように感じた。

 

そして、写真を通してだが、2年ぶりに見た彼女は以前よりも大人になっているように感じた。

彼女の年齢からすれば、2年と言う月日は内面も外面も大きく変わることだろう。

 

私も彼女からすれば、この2年で成長・変化しているのだろうか。

※次回会ったときに、あまりの変化に爆笑されるのであった。

 

数日後、レンジさんが旅から戻ってきたので、仕事後に一緒にご飯を食べることにした。

私「重ね重ね謝罪申し上げます」

レンジ「いやいや、だから大丈夫だって。俺もケンさんの立場だったら、同じように行かないだろうし。ケンさん情に厚いからそうするだろうと思ってたよ」

 

私「ご理解ありがとうございます」

レンジ「うむ、いいってことよ。あ、これお土産」

 

渡されたのは、中指が立てられた手がイラストとして描かれたTシャツだ。

私「・・・めちゃくちゃ怒ってるやん」

レンジ「まぁ冗談だよ。そのツッコミ欲しくてハリソン行った時に買ったよ」

 

私「そうですか。ハリソンもぼちぼち閉店ですもんね。寂しくなりますね」

レンジ「そうだね。だいぶ店も減った感じがしたよ」

 

私「そうなんですね...ところで、どうでしたフィリピンは?」

レンジ「マリーに会えたし、マリーの子どももかわいかったし、なかなかいい旅ではあったよ」

 

私「そうですか。何よりです。当然2年ぶりのマリーです。それはもう盛大に・濃厚にやりましたよね?」

レンジ「・・・あ、スペアリブおかわり」

 

私「レンジさんがスペアリブを食べる姿、めちゃくちゃ絵になります。で?やったんですか」

レンジ「・・・あ、カルアミルクおかわり」

 

私「女子か。レンジさんカルアミルクなんて飲むんですか?女子ウケ狙っています?だとしたら止めてください。世の女性がカルアミルクで太ることを敬遠して世の中のカルアミルクの需要が減ります」

レンジ「うむ」

 

私「で、やったんでしょ?」

レンジ「カルアミルク止めて、やっぱりカシスオレンジ」

私「女子か。で、やったの?」

 

レンジ「チェリーパイある?」

私「欧米か。こんな小汚い居酒屋にそんなもんあるかい!!」←失礼

 

レンジ「シシグある?」

私「フィリピンか」

 

レンジ「シニガンスープある?」

私「いやだからフィリピンか」

 

レンジ「玉子をバロット風に」

私「いやだからフィリピンかって」

 

レンジ「アテ!ビルアウト!!」

私「フィリピンかって。通じるかい!せめてチェックと言わんかい!!」

 

結局濁されたままその日は解散したのであった。

 




 

 

そしてそれから約1ヵ月の時が立った。

例年通りの忙しさを迎えた私たちは、フィリピンのことを話す時間がないほどに忙しい日々を送っていた。

そんなある日。

 

マヤ「I have news for you」(あなたにお知らせがあります)

 

突然マヤから送られてきたメッセージ。

この言い方からすると、悪い知らせではなさそうだ。

例えば

 

“I have something I have to tell you”(あなたに伝えなければいけないことがあります)

 

こんな文面だと、悪い知らせである可能性が高く、小心者の私はすぐに心がざわつく。

きっと私にとって喜ばしい内容の知らせだと思い、即座に返信をする。

 

私「おっ、なんだいなんだい?」

 

少しうきうきしながら聞き返すと、彼女から一枚の写真が送られてきた。

 

私「・・・・!!!」

 

写真には、人ひとりの致死量ははるかに超えているほどの血の海が写されていた。

 

日本からの入国拒否がカウントダウンな感じにへこみまくっています。

ただ、中・韓・日を拒否すると、マラテがかなりやばい状態になると思うのですが…

何かこの手の最新情報をお持ちの方は是非コメント蘭にて情報共有にご協力ください!

きっと現地に滞在されている方の方が情報が早いと思いますので…

入国拒否されないことを願って、下の画像を応援クリックを!!

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

クレマニ前の記事フィリピーナ彼女との関係に終止符をうつメッセージを送る
クレマニ次の記事【夜遊び】マニラの高級KTV『Yoko ヨーコ』 エルミタエリア
オノケンblog前の記事
オノケンblog次の記事

 

Ken Ono
オノケンは日本で働く普通の30代サラリーマン。先輩レンジの誘いから、マニラ旅行へ。それ以来、マニラに通うように。趣味はフィットネスで筋肉こそ正義だと思っている。海外旅行はリアルドラクエのため筋トレでレベル上げをしている。 オノケンブログでは、マニラ旅行記やフィリピーナとの恋愛をメインに、英会話の上達方法などを記事としてアップしていきます。
マニラのロスマンホテル ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

14 コメント

  1. いやー、やっぱクレマニ最高ー
    けど、来月は感染拡大を防ぐためにも皆さん大人しく日本にいた方が良いかも
    とにかく早く収束してくれることを願います

  2. 日本が入国拒否されるのも時間の問題ですね。
    ただフィリピンの感染者が3人だけ?
    あり得ない。。。
    しかもこの3人は日本の医師がフィリピンに行った時に検査して判明。
    その後は検査すらろくにしてないはず。

  3. フィリピンあたりの国で派手に遊んでる人は、コロナごときでうろたえたらダメ。なったらなった時。違うかな?

  4. 中国、香港、マカオ、韓国一部地域に過去14日以内に滞在した人は入国禁止だそうです。
    マラテお客さんいなくて暇やーって女の子からメッセージが来ました。
    コロナなんかに負けずにフィリピンへ来てお店行ってあげてください。

  5. マニラでは、毎日、アルコールで体内洗浄してますから、大丈夫(笑
    と思って夜な夜な遊び行くのです。

    • DONDONさん
      マニラはきっと暑い国なので、ウイルスは生きてはいけないのです笑
      今は空港よりもマニラよりも何よりもジム通いが一番危険なのです!!

  6. お初です。
    先月初めてフィリピンに行きました!
    思ったより良い感じでまた行きたいと思いますが…
    1人で行くのは結構勇気いります。
    kenさんのブログを見て勇気貰って行っちゃうか悩み中っス( ̄▽ ̄)

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here