ブログランキングリンク-トップ

 

[オノケンブログ前回のあらすじ]

日本と比べるとフィリピンは間違いなく治安はよくないです。治安の良し悪しを決めるのは人の行為ですが、背景を考えることなくフィリピン人は性格が悪いなどと言っていいものでしょうか?

胸が痛い経験をしながら発情する人。フィリピンの治安について改めて考える

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[マカティの人気KTVを巡る。KTVを巡った後は匂いや服に注意が必要]

衝撃のグレースの家から離れ、近くのスーパーでインスタントラーメンなどの食べ物をグレースのために買い出しに行くのに付き合い、私とレンジさんはマカティに向かった。

【レンジブログ175】パサイのスラムに住むフィリピーナ彼女

[その道中の会話については上記より。後半部分の会話が車内での会話となります]

 

合体はしていないと言い張るレンジさんだが、私はその言葉を微塵も信じてはいない。

あんな物音を出しておきながら接吻だけなわけがない。

急に話を変えるあたり、非常に怪しい。

 

 

マカティに到着した私たち。

途中、かなり渋滞したため、集合時間に少し遅れてしまった。

 

レンジ「ダイスケさんすみません!!」

ダイスケ「いえいえ、大丈夫ですよ」

 

私「激しすぎの渋滞でした。何度車内放尿をしようとしたかわかりません」

ダイスケ「ラッシュアワーだとたいへんですよね」

 

レンジ「さて、どこいきますか?」

 

私「リトルしあわせなんてどうでしょう?」

ダイスケ「櫻香なんてどうでしょう?」(同時)

 

レンジ「・・・」

私「・・・」

ダイスケ「・・・」

 

レンジ「ケンさんここは折れよう」

私「嫌です」

 

ダイスケ「ケンさんここは折れよう」

私「・・・嫌です」

 

レンジ「わがまま言うなよ!!」

私「絶対に譲れないものは人間誰でもあるものです。それが今です。嫌です」

 

ダイスケ「わがまま言うなよ!」

私「ではダイスケさんなら、私と同じ状況ならリトルしあわせを諦めて櫻香行くんですか?」

 

ダイスケ「いや、どんな手を使ってもリトルしあわせに行くね。友情よりも愛情」

私「でしょ?ではこういうのはどうでしょう?1軒目だけ2グループに分かれて、2軒目は一緒に行きましょう」

 

レンジ「しょうがないな。ケンさんがこういいだしたらダンベルでも動かないから」

私「ええ、私はリトルしあわせに行きます。幼い子なんかがスーパーで母親に“お菓子買って買って”と床に寝そべって駄々をこねたりしますよね?最悪あれやってでもリトルしあわせに行きます。私体もでかければ声をでかいですからね。ワンチャン警察駆けつけます」

 

こうして2グループに分かれてKTVに行くことになった。

3人でリトルしあわせに行くのが私としてはベストなのだが、ライラを抜いてしまうと、指名を積極的にしたいと思うほどの嬢はいないというのが実情である。

 

どうせ3人でKTVに行ったところで、時間の大部分は自分の嬢との時間に使うのだ。

私一人のせいで2人に実りのない時間を過ごさせるよりも、それぞれ行きたいところに行くのが一番である。

 

さて、辿り着いたリトルしあわせ。

指名をしてほどなくしてやってきたライラの表情は非常にうれしそうだった。

 

“お客さんとべたべたと接しながら接客はしたくない”

 

という彼女とは、今までは不必要なボディータッチは極力避け、一定の距離を保ちつつの時間を過ごしていた。

しかし、今日はライラ自ら私にハグをし、ほっぺたにキスをしてきた。

 

!!!←赤ペコ

 

少し酔っている様子だったが、えらく距離が縮まったものである。

今までにないライラの様子に私もテンションが高かった。

2セット3セットと、閉店までここにいたい気持ちはあったものの、さすがにダイスケさんとレンジさんにこれ以上のわがままをいえないため、明日も必ず来ることをライラに約束し、チェックをしたのであった。

 

しかし、あの不運な出来事のおかげで、明日はおろか、残りのフィリピン滞在中すべてでリトルしあわせにくることはできないのであった。

 

リトルしあわせをでた後、2人と合流して今度は真理子に向かった。

2人とも櫻香では大きな収穫はなかったようだ。

マニラKTV 櫻香 premier sakurako

そして今度は3人して訪れた真理子であったが、3人とも大きな収穫はないままに終了のゴングが鳴った。

櫻香も真理子もマカティKTVでは間違いない嬢を揃えていることで有名な店だが、どうやらタイミングが悪かったようだ。

 




 

 

日が変わる頃にダイスケさんとは解散し、私たちはマラテへと戻ってきた。

時間的にはあと1セットと言うところだが、行くところはファーストラインだ。

 

マヤの機嫌が気にかかるため、レンジさんにサポートしてもらい、機嫌を直してもらおうという算段である。

レンジさんもニコルがいるのでちょうどいい。

 

店に行く前にまずは一回部屋に戻ることにした。

なぜなら、さきほどまでマカティでライラ、真理子の嬢と接しながらの時間を過ごしたのだ。

 

嬢がつけている香水の匂いもそうだが、服に口紅などの跡がないかきちんと確認して店に行かなければ。

なんといっても私は、今日の昼からこれまでの時間

 

“非常に危険な場所でレンジさんのボディーガードをしていた”

 

ことになっている。

そんな危険な場所で生きるか死ぬかの仕事をしていたやつから女性の香水の香りなどするはずがない。

 

今私に必要なのは、“体を動かした後”感溢れる全身の疲労感だ。

レンジさんの用意が終了するまでの時間を使って、私は様々な角度からの腕立てふせ、ベッドを使ったベントオーバーローイング、ジャンピングスクワット、そして椅子を使ったショルダープレスをこなし、全身を疲労させた。

用意がいつも遅いレンジさんが今日はまた一段と遅かったため、全身から湯気が出そうなほどに筋トレをこなすことができた。

これで大変な仕事をやった感があふれているだろう。

 

ふふふ、完璧だ。

さて、少しお腹の奥の方がじくじく痛い気がするが、店に向かうか。

 

 

最近ツイッタ―からの読者の方が増えているようで、毎日クレマニに来て下さる読者の方がとんでもなく増えています!

是非ツイッタ―のフォローもお願いします!!

あ、下の画像の応援クリックもお願いします!!(魔法カード、強欲な壺効果発動)

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

オノケンblog前の記事
オノケンblog次の記事

 

Ken Ono
オノケンは日本で働く普通の30代サラリーマン。先輩レンジの誘いから、マニラ旅行へ。それ以来、マニラに通うように。趣味はフィットネスで筋肉こそ正義だと思っている。海外旅行はリアルドラクエのため筋トレでレベル上げをしている。 オノケンブログでは、マニラ旅行記やフィリピーナとの恋愛をメインに、英会話の上達方法などを記事としてアップしていきます。
マニラのロスマンホテル ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

5 コメント

  1. マカティ駐在です。
    マカティのお店の話が出て来るとめっちゃ嬉しいです!
    マカティ編のストーリーも増やして欲しいっ!!お願いします🤲

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here