ブログランキングリンク-トップ

 

[オノケンブログ前回のあらすじ]

全員ではないですが、フィリピーナと恋愛をするときに必ず通らなければならない道、お金の問題。今回、初フィリピン男がフィリピン初日にして経験するしたようです。

お金の要求。初フィリピン男がいきなり経験したフィリピンあるある

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

 

[地獄の舐め回し!!人気KTVのママたちの襲撃で始まる不幸な出来事]

ユウトと昼食を食べた後、私はユウトのロビンソン観光に付き合い、アマンダの店の紹介もしてあげた。

アマンダの店周辺にいるフィリピーナ達は、なかなか見ることができない若いイケメンマッチョ男にこぞってうっとりしている様子だった。

 

日本人女性ならば、ちらちら見る程度なのだろうが、フィリピーナの良いところは“褒め言葉ははっきりと言う”

アマンダの店の前には、話を聞きつけた周辺の店のフィリピーナ達(40代以上中心)が10人くらい押し寄せた。

 

そんな持ち上げられている感じにもジェラシーを感じる心がちっちゃいおっさんである(2回目)。

 

さて、広いロビンソンをうろうろとしているだけで1時間以上は経過した。

その後はユウトをマッサージ店に連れて行き、夜までは自由行動とした。

 

マッサージを終え、部屋に帰ってきた。

ハナとのメッセージ画面を開くと、依然として既読すらつかない状態。

夜には返信があるだろうと、のんびり返事を待つことにした。

 

ちょうど部屋でのんびりとしていたとき、レンジさんから衝撃のメッセージが届いた。

 

―――あと一時間ほどでケソンのモールに到着できそう。これから別れ話を車の中でしようと思う。

 

“もう限界”“もう別れる”などの“今ではない近いうちにいつか別れる”という話は幾度となく聞いてきた。しかし、今回に限っては“今から”である。

その一文だけでもレンジさんの強い意志が感じられた。

 

―――わかりました。グッドラック!!

 

とだけ返信を送ってレンジさんからの返信を待った。

 

それから2時間ほど後。

 

レンジ「これから携帯を買いに行く。それからマラテに戻ります」

私「別れ話はどうなりました?」

 

レンジ「うん・・・」

※ 気になるレンジさんとマルコの関係については、オノケンブログシーズン2 第1章終了後に

“レンジ外伝 マルコ一家とバタンガス旅行編”で全貌が明らかになります!!

 

夜がきた。

7時が来る前から筋肉バカがやかましい。

 

―――ケンさん、僕はグランドヨーコに行きたいです!!僕はグランドヨーコに行きたいです!!

 

・・・2回言うな

 

昨日はグランドヨーコに付き合ったが、私としては2回も不毛な時間を過ごしたくはない。

そのため、ユウトをグランドヨーコまで送った後、フォーエバーラブにハナに会いに行くことにした。

もう7時が来るというのに、いまだに既読すらつかない状況に少しの嫌な予感がしていたので、早くハナに会いたかったのだ。

 

7時が来たため、まずはグランドヨーコに向かった。

一人では不安だという筋肉バカを店に蹴り入れてから(実際は蹴ってません)、彼の指名子の名前や、後に用事があるから1セットでチェックをするようにスタッフに伝えて、私はフォーエバーラブに向かった。

 

電話もするもメッセージを送るも反応がないハナを心配していたため、自然に早歩きになる。

 

フォーエバーラブに到着。

スタッフにハナが来ているか確認するも、彼女はまだ来ていないようだった。

店前でずっと待っているわけにもいかないので、周辺をうろつくことにした。

 

ちょうどヴォーグ前を通りかかったとき、この店のママに遭遇した。

[ヴォーグとゼブラ。少し前まではこの店の前は女の子達で本当ににぎやかだったが、今はそれが見られないのが残念]

 

ママ「あらん、久しぶりじゃない」

 

ヴォーグのママに会うのも久しぶりだ。

ゴリゴリの男顔に程よく鍛えられて絶妙に似合うシャツ、そして変な髪型。

相変わらずママは元気そうだ。

 

私「あぁ、久しぶり。元気そうだね」

ママ「元気ないわよ」

 

私「どうしたの?」

ママ「あなた、私のメッセージ全然返信してくれないじゃない。見てもないみたいだけど、本当にあれあなたのアカウント?」

私「あぁ、携帯なくしちゃってね」

 

嘘である。

私のLINEのアカウントは教えたが、一回目の連絡が来てすぐにブロックしたのだった。

 

彼(彼女?)のLINEの写真が加工に加工を重ね、逆にだれか全くわからないほどだったため、かなり気持ちの悪い写真が完成していた。ウイルスにでも感染したら大変なので、即座に実行に移したのだ。

彼と話していたら、奥の方からまた新手の人間が現れた。




 

 

―――あらん、いい男じゃない。ちょっとママ、この人誰よ。

 

奥から現れたのは、新手のオカマである。メイクアップアーティストだろうか?

一体そのメイクに何時間かけたのかというほどの濃いめのメイク。そしてポッチャリとはもう言えないだろうムチムチ具合。

リトル・マーメイドにでてくるアースラに激似のそのオカマは、私のことを大層気に入ってくれたようだ。

 

アースラ「いい男ねぇ。やだぁ、筋肉すんごい。お・い・し・そ・う」

ママ「だめ、この人は私のよ!!」

 

アースラ「いや、私のよ!!」

ママ「私の!!」

 

少なくとも私はこの二人のものではない。

右手をアースラ、左手をマッチョオカマのママが引っ張る。

 

何だこの状況。

 

アースラ「キスさせて!!」

私「絶対いや」

 

ママ「ほら、彼は私の物なのよ。さ、私とキスしましょ♡」

私「それも絶対いや」

 

地獄のような顔した二人の顔面が私に迫る。

今夜の悪夢はきっとこの二人の顔面だろう。

 

そして、二人ともやたらに力が強い。

顔面にキスされることはかろうじて避けることができたものの、2人に首にキスをされてしまった。

アースラに至っては、首筋にディープキスをしてきた。

 

ドラクエのひゃくれつなめなど比じゃないほどの身震いが私を襲う。

 

界王拳15倍を使うことでなんとかその場から逃げることができたが、このことがきっかけで私は窮地に陥る。

 

レンジさんとマルコ...詳細はよっ!!

と思った方は、下の画像を応援クリック!!後のレンジさんの創作意欲が高まります。

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

オノケンblog前の記事
オノケンblog次の記事

 

Ken Ono
オノケンは日本で働く普通の30代サラリーマン。先輩レンジの誘いから、マニラ旅行へ。それ以来、マニラに通うように。趣味はフィットネスで筋肉こそ正義だと思っている。海外旅行はリアルドラクエのため筋トレでレベル上げをしている。 オノケンブログでは、マニラ旅行記やフィリピーナとの恋愛をメインに、英会話の上達方法などを記事としてアップしていきます。
マニラのロスマンホテル ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

10 コメント

  1. KTVに通い始めた頃は本当にたのしかったなぁ
    滞在中も毎日ワクワクして夜を待ってた
    それがいつのまにかこちらもスレてきてしまって
    あの頃のように初心で楽しみたいものです。。。

    • それは私も強く思います!
      初めの方はもっとどきどきしていたものですが、今ではもう普通に飲む感じになってしまいました笑

  2. なんでかな?自分もオカマにやたらとモテる!女にもソコソコ嫌われない程度にモテるがオカマには、ガッツリモテると言える自信がある。経験はないが!

  3. クレマニが面白いよー!
    書き物系で一番じゃない?
    クレマニより面白いのあったら教えてほしいくらい

  4. 後輩君の行末が楽しみです!
    そういえばドリンクはポイントにならずクォーターバックらしいですね!
    同伴と指名だけがポイントとか。ペンギン系だけかもしれませんが。

    金曜なので私も今日はinマラテします!

    • マカティさん
      しっかりとフィリピンにはまってほしいものです!
      なるほど、だから高級店ではあまりドリンク攻撃がないのかもしれませんね!

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here