クレイジーマニラはブログランキングに参加しています。
一日一回、応援クリック↓
 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
応援よろしくお願いします!

 

 [オノケンブログ前回のあらすじ]

フィリピンにいるときは本当に時間が過ぎるのが早いです。
楽しすぎるんでしょうね。毎回日本に帰る前日くらいからは涙がでそうになります。海外旅行嫌いだった私がここまで海外に来ることがすきになるなんて夢にも思わなかったです。

この旅最後の夜遊びに向けて準備を行う。今日の夜遊びの予定はどのKTV?

 

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

[この旅最後のマニラでの夜遊び前に、テンションが急激に下がる事態発生]

ホテルに戻ってきた。

これからの夜遊びに向けてまずは身を清めないといけない。

お風呂にお湯が溜まるのを待つ間、帰り道で買ってきたモンスターを飲みつつ、今回の旅を振り返っていた。

 

早いもので、もう今回のフィリピン旅の最後の夜である。

私は日本にいるときは、毎日だいたい約7時間睡眠であるのに対し、フィリピンでは4時間睡眠すれば長い方である。

単純に3時間は1日が長いにもかかわらず、フィリピンでの1日1日は本当に短く感じる。

 

本当にあっという間である。

日本に帰ると、またあの仕事三昧・トレーニング三昧の日々が始まると思うと、学生時代の夏休み最終日のような気持ちになる。

今ならそのへんの俳優もびっくりするぐらいのスピードで涙を流すことができるだろう。

 

私「か、帰りたくねぇ!!!」

 

 

・・・・

 

 

 

・・・・

 

 

 

ぶぼっ←おしりからの空気砲

 

私「・・・いかんいかん。せっかくの最後の夜だ。まだ終わったわけでもないのに気分を沈めていたらもったいない」

 

残ったモンスターを一気飲みし、やる気と気分を無理やり上昇させる。

ところで、私は日本にいる時もモンスターを3日で2本は飲んでいる。

 

以前にも述べたことがあるが、フィリピンのモンスターは、ほぼ同じ値段(日本では約200円)なのに、容量が多い。日本の物は350ml程度であるのに対し、フィリピンのものは500ml程度容量があるため、お得と言えばお得である。

[フィリピンのモンスターは値段の変動が激しい。この写真を撮ったときは90ペソだが、2018年8月だと117ペソだった]

[コンビニでもディスカウントがたまに行われる。117→75ペソとなった時はアホのように購入したのは言うまでもない]

 

私もレンジさんも、これを飲むときはだいたい眠気や疲れを感じているときで、気分をあげるため、界王拳を使うためにこれを飲む。

※気分が高揚するといっても、変な薬などは当然含まれておりません。カフェインの成分と炭酸で目が覚めると考えていただければと思います。

 

しかし、500mlの炭酸ドリンクを飲むのはまぁまぁの苦行である。

残してしまうこともしばしばである。

 

細かいことを言えば、私は白のモンスターしか日本では飲まない。

[カフェインがこれ一本で150mg近く摂取できるため、普段からコーヒーを愛飲していない限り、目は覚める]

 

0カロリーで味が好きであることはもちろん、カルニチンやアルギニンなど、ボディーメイクには欠かせないものが他の物より多く含まれている(微量だが)ため、好んで選んでいる。

フィリピンでは、残念ながら白のモンスターはないため、同じ0カロリーの青をいつも飲むのだが、フィリピンにも是非白を置いてほしいものである。




また、気分を上げるために、わざわざ500mlも炭酸ドリンクを飲むのは苦行過ぎるという方には、モンスターと同じく、どこのコンビニでも購入できるレッドブルのビンものがおすすめである。

 

味は日本のレッドブルよりも少し味が濃く、炭酸もほとんどない(というよりも炭酸なし?)。

値段も量が少ないということもあるが、40ペソほどなので安い。当然量が少ないため、カフェイン量もモンスターに比べると少ないが、一気飲みも余裕なので、ちょっとした気分をあげる材料としては使える一品である。

是非ここぞという時や、もうひと頑張りしたいときに試してもらいたい。

 

モンスターで気合を入れ直し、何かあるわけではないのだろうが、お風呂で入念にデリケートゾーンを洗い、身を清めた。

お風呂からあがるころにはスッチーからの連絡が入り、ちょうど今準備が終わったところで、いつでも来てもいいとのことである。

 

しっかりと髪をセットし、一張羅を身にまとい、リビィエラマンションホテルをでた。

 

 

 

が!!

 

 

 

 

まさかのスコール。

私はくせ毛であるため、人一倍雨が嫌いだ。

くせを少しでも出さないために、風呂上がりのブローは髪のくせを真っ直ぐにするように入念に行い、そして整髪剤はドライワックスで、ツヤなんていらないからウェット感をなるべくださないように気を付ける。

 

そう、ウェット感こそがくせ毛の最大の敵である。

どんなにストレートヘアアイロンを使おうと、どんなにドライなワックスで固めようと、そしてどんなにスプレーで固め散らかしても、湿気には勝つことなどできない。

 

しかも、傘なんて今持っているわけがない。

こんな雨の中を行こうものなら湿気もくそもない。単純に濡れる。

 

髪の毛が曲がる、重くなる、気分が下がる。

 

ホテルのボーイに傘を貸してくれと頼むも、貸せる傘が現在無いようで、私は湿気でどんどん頭上が重くなっているように感じながら、雨がやむのを待った。

2 コメント

  1. 私もかなりクセ毛なので、湿気との戦い、すごくわかります!

    今月の初フィリピンですが、オノケンさんが絶賛されていたこともあり、リヴィエラマンションホテルに泊まることにしました\(^o^)/

    • Dogさん
      参考にしていただきありがとうございます!
      立地が非常にいいので、昼夜問わずアクセスは最高です!
      ただ、部屋によっては少しうるさいところもありますので、良い部屋に割り当てられること、また、Dogさんの初フィリピン旅が良いものになるように祈っています!
      また、日本に戻って来られた際に感想などお聞かせいただければと思います!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here