ブログランキングリンク-トップ

 

【ポットブログ97】指名子不在のKTVで、本性を出してきたフィリピーナ

 

フィリピン人彼女のジョアンに日々の生活を監視されているポットでしたが、

縛られれば、縛られる程、何とか抜け道を探してしまうものです。

 

見ちゃダメだよ!と言われると見たくなる心境に非常に近いです。

 

ジョアンの束縛がスーパーストレスになっていた私は、

ジョアンが寝ているであろう深夜に、マラテで羽を広げるのでした。

 

【ポットブログ97】指名子不在のKTVで、本性を出してきたフィリピーナ

 

フィリピンに行くからお土産持っていくねとマキに連絡したのだが、

マキからの返信は産まれたての赤ちゃんを抱いた写真と長文。

 

どうやらマキのお姉さんに子供が産まれたらしくマキは一週間の休みを取るのだそうだ。

写真にはマイベイビーと添えられていたが、マキの子供の訳がない。

あんなガリガリで子供が出来ていたらビックリする。

 

さてさて、マキが居ないのか・・・と思っていたら

アカリからデートのお誘いである。しかも珍しく昼間。

 

水族館に子供と一緒に行こう!というのである。

確かにアカリにはジョアンとの距離を縮める為にデート講師をお願いしている。

しかし、常にマキが一緒の時に講習は行われていた・・・。

それをマキが不在と分かっていて誘ってくる・・・、しかも子供も一緒・・・。

 

ちょっとルール違反じゃないかな?とも思ったが、

私には下心は一切無いので、この誘いをオッケーする事にした。

 

いつも遅刻してくるアカリだが、この日は時間ピッタリに到着。

そして5歳か6歳くらいであろう、可愛い男の子と手を繋いで現れた。

 

3人で昼食を取り、水族館へ移動。

まるで家族のように仲良く館内を回った。

 

帰りにロビンソンに寄りたい、買い物がしたい。というので、

私の危機管理センサーが絶対に何か買わされる!とアラートを発した為、

仕事のミーティングがあると嘘をついて、ロビンソンで2人を降ろし

私はそのままタクシーでぐるっとロビンソンを周り帰宅した。

 

自宅でカタカタと作業していると、ジョアンの束縛タイムが始まる。

旅行に行きたいと何度も言うので、ジルに相談して1泊2日で行けるような近場に行こうという話になった。

旅行とワンチャンはセットのハズ・・・・と密かに心が躍った。

 

そしてジョアン束縛タイムが終わり、やっと訪れた自由時間。

 

結構前からアカリから鬼のようにプンタカディトLINEが届いている。

 

マキが不在の時にマキのお店に行くのは気が進まないが、

アカリの店に来て来てLINEが大量に来るので、仕方なく行く事にした。

 

そこで私は、少し意地悪をして本指名をマコに、そしてヘルプ指名をアカリにした。

 

これを知ったアカリはご機嫌斜めだが、そんな事は知ったこっちゃない。

ただ、この日のアカリは別の指名が入っているようで、半々くらいで席を外した。

他の客がいるのに店に来いとLINEしまくってくるとか、なかなかガメついヤツである。

 

アカリが不在の間はマコと2人っきりになる。

 

マコは顔はいまいちイケてないが、かなりレベルの高いパリピなので一緒に飲むのは凄く楽しい。

KTV歴はまだ1年弱くらいだそうなのだが、日本語もしっかり勉強していて

日増しに喋れるようになっている。偉い子だ。

 

しかしそのマコが絶対に内緒という事で私に金銭契約を持ちかけてきた。

こういう事は信用出来る人にしか頼めないという事だが、

マキのヘルプで指名して貰っているのに、その客に契約を持ちかけるとは・・・

 

まさに鬼の居ぬ間になんちゃらってヤツだな。と思ったが、

焼肉ばかり食べていると、たまに牛丼が食べたくなるもの。

 

牛丼屋を探して食べにいくのは面倒でも、自宅に牛丼があれば、そりゃ食べる。

私はアカリに内緒で、マコとの金銭契約を承諾した。

 

マコが絶対に内緒というので、私はこのブログに書くまで誰にも言っていない。

ジュニアだけでなく、口も堅い。それがポットの良い所である。

 

アカリからアフターの誘いがあったが、私はこれを断り、

家に帰ってマコを待った。

 

ジョアンに対し罪悪感はあったが、これは人助けでもある。

信用している人にしか頼めないという事で選ばれたからには断る訳にもいかない。

 

男ポット、義理と人情には厚いのである。

 

マコは、マキとジョアンの1つ上なだけなので、まだ19歳。

その若くてピッチピチの身体を私は美味しく頂いた。

 

こんなに簡単に物事が進むのも、私の信頼あってこそだと思われる。

 

それにしてもマコは過去ワンチャンしたフィリピン人女性の中で一番声が大きかった。

一瞬自分がテクニシャンなのか?と錯覚する程に反応してくれるので悪い気はしなかった。

 

 

しかし問題はこの後である。

 

アカリがめちゃめちゃ営業LINEをしてくるのである。

 

マキは基本営業してこないスタイルなので、私が飲みたい時に行けばいい。

マキは私なんかが店に行かなくても、いつも大忙しで複数から指名されていた。

 

しかしアカリはマキが居ないのを良い事にめちゃめちゃLINEしてくる。

化けの皮が剥がれたってヤツなのだろうか?

しかし私は断らない男と呼ばれている男。来いと言われれば行く。

 




 

ジョアン束縛タイムが終わり店へ行くと、

昨日はマコを指名したから、今日は私を指名してくれ!との事だった。

がしかし、そんなものは伝票に書く場所の違いくらいで私には関係ない。

あまりにうるさいので、今日はアカリを本指名、ヘルプ指名でマコにした。

 

伝票にどう書かれようが、店のサービスは変わらないし値段も変わらない。

 

がしかし、昨日ワンチャンしたばかりのマコは心中穏やかではない。

ちょっとショゲた顔のマコの前でこれみよがしにアカリがベタベタしてくる。

 

今までこんな事は全く無かったのに、まるで人が変わったようである。

 

お店の他のキャスト達はマキがお休みなのを知っているので、

クヤ!今日は寂しいな!とかチャカしてくるのだが、

アカリはそんな声をフル無視して甘い甘いしてくるのである。

 

これには他のキャスト達も???という表情を見せるのであった。

 

 

そんな時、他の席でアカリが指名されたらしく、やっとアカリが席を外した。

 

その隙にマコが 「何か悪い事をしましたか?」と聞いてくる。

私は別に何もしてないよ。マキが居ないから、順番でアカリとマコを指名しているだけだと答える。

 

マコにもマキがいないからアカリを指名してるが、

マキが戻れば私は当たり前のようにマキを指名するという事を分かって貰わなければいけない。そもそもマコもアカリも私からするとマキのおまけなのである。

 

しかし、この後

 

マコから信じられない話を聞かされるのである。

 

アカリという人間がどれ程クズで、どれ程悪魔なのかを知る事になるのだった。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

[ポットブログ97あとがき]

 

マキがお休みの間にマコを頂いてしまいました。

先方からの契約締結依頼だったので、断る事も出来たのですが断りませんでした。

 

というのもジョアンとのワンチャンはお預けになったまま。

カレンとのワンチャンも少しマンネリ化していて、新しい刺激が欲しかったのもありました。

 

マコはまだ若く、更に子供も産んでいないので非常に具合が良かったです。

この後、何度か契約締結依頼を受けますが、私は全て快くオッケーし、

そしてその契約の機密事項をしっかりと守り、本当に誰にも言いませんでした。

 

それより問題はアカリです。

マキが不在だというのに、子供同伴でデートに誘ってきたり

来てくれ来てくれと何度も何度もLINEしてきます。

 

そもそも自分のお店の別の女性を指名しているお客さんに対し、

こんなに営業しまくって良いのでしょうか?

 

このアカリの行動が、この後大きな波紋となり、

その波紋広まりがさざ波を超えて荒波となるのでした・・・・。

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

ポット第二章前の記事
ポット第二章次の記事

 

ポット
クレマニのカモ担当。アラフォー。日本じゃシャッチョさん、マニラじゃカモネギさん。 日本の恩人のススメでマニラで起業を試みるが、仕事より女性を優先してしまうダメ男。 果たしてビジネスは成功するのか?マニラで性交できるのか?

6 コメント

  1. ポットさん、こんばんは。

    信頼は大切ですよね、口が硬いのも信頼の証です。 しかし下の口の固い女は嫌いな紳士な僕です。
    余談ですが、氏名をして、指名した嬢より可愛い嬢を見つけ、しまったって思った事ありますよね。
    指名替えはご法度は暗黙のルールですが、金を払う客からしたら何もメリット無いですよね!!
    個人的にチェンジされない様に頑張って貰いたいと思います。はっきり言ってKTVは仲良しクラブじゃなく戦場です、アカリやマコが間違っているとは思っていないです。客としてはこの方が楽しいです。
    昔指名しているタレントが半年で帰国すると、今までアテ、アテと読んでいた嬢がアプローチしてくるのが楽しかったです。 店の全ての嬢に嫌われても、一部の嬢に好かれた方が楽しいです。

    お願いがあります、影でコメントくれるボンは紳士だとか言いふらさないで下さいね!!!

    • ボンさんwwwwww
      最後の締めがおもろ過ぎじゃないですかwwwwww

      全ての店の嬢に嫌われてもクダリわ、全く同感です!!!!

  2. 更新お疲れ様です。

    >私はアカリに内緒で、マコとの金銭契約を承諾した。

    この金銭契約は、おいくらだったのでしょうか?(;^ω^)

    一夜限りの契約ですか?

    他の読者の方も興味があると思います。

    差し支えなければ、ご教示下さい

    • モーリーさん

      マコは2000ペソと、チップで500か1000か手持ちに500ペソがあるかないかで決めてましたね。
      一夜限りではなく、記憶のある限りで7,8回だったと思います。正確ではないです。
      この直後に店が変わってしまいますが、関係は変わりませんでした。

  3. 話の展開が目まぐるしいですね!
    彼女が出来たと喜んでいたばかりなのに、こんなに早く別の女性に手を出すとは…
    今、必死で空いた口を塞いでます笑

    まさか…
    マコに続いてアカリも…
    どれだけ性根が腐っていても、ポットさんならそれはそれ、これはこれが有り得そうで…

※コメントアイコンが欲しい読者様、DMでお知らせください。

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here