皆さんのMPを、私達に少しばかり分けてください。
一日一回、応援クリック↓
 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
ミナデインを唱えさせてください!

 

 [オノケンブログ前回のあらすじ]

マラテにある私のおすすめマッサージ店を紹介しています。ただ、今回はヘッドマッサージを初めて体験したが、思いもよらない体験をすることとなるのでした。

マラテにあるおすすめマッサージ店。薄毛・くせ毛の人はヘッドマッサージには注意

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

[フィリピーナとロビンソンモールでディナー。あるフィリピーナとの永遠の別れ]

地獄の脱毛ヘッドマッサージからようやく解放され、私は一度メッセージの確認をしに、ホテルへと戻った。

エミリーと“1時間後”と約束をして1時間半近く経っていた。さすがにメッセージが届いているだろうと確認すると、まさかのまだメッセージは届いていなかった。

さすがだ。私の予想を越えてくる時間管理能力の低さである。

結局エミリーから連絡が来たのは2時間後だった。

エミリー「ベイビー今どこ?」
私(心の中)「“ベイビー”の前に、まずごめんが先やろうが」
私「ホテルだよ」
エミリー「準備できた。どこへ行けばいい?」
私「ロビンソンモールでいい?」

エミリー「了解ですベイビー。10分もあれば行けます。モール入ったところにスタバがあるから、そこでいい?」
私「いいよ。じゃあ10分後ね」

そして10分後。私は指定されたロビンソンモール入り口のスタバの前にいた。

エミリーはまだ来ていない。10分後。まだ来ない。そして10分後。

 

ようやく現れた。

 

エミリー「ごめーん、待ったぁ?」
私(心の中)「おのれが10分後いうたんやろがい。30分後に現れて待ったぁ?だとごら?あたりまえやろがい!!」

 

私「…大丈夫。そんなに待ってないよ」
エミリー「仕事まで時間ないから、近くで食べよう」

 

私(心の中)「あんたが時間通りに行動していれば1時間20分は余裕ができていたはずだけどな」
私「なんでもいいよ」

 

エミリー「じゃああそこのパスタ食べよう」

 

こうして2人はロビンソンモール入り口の思いっきり日本価格のイタリアンレストランでディナーを食べることにした。

仕事のことや日々の生活、そしてお互いの今までの恋愛など他愛もない話をしていた。

料理はの注文はエミリーに任せていた。
そうフィリピーナに注文を任せてしまった。

運ばれてきたのは、特盛サイズのパスタが2つ、ピザ2つ、サラダが1つである。

 

私(心の中)「アホなんかエミリーよ。こんなん5人くらいで食べる量やぞ」

 

昨晩の韓国焼き肉同様に必死で食べる。それはもう高校球児のように若々しく、猛々しく。

自覚はないが、涙を流しながら食べていたかもしれない。

 

 

そして

 

 

 

 

撃沈。

 

昨晩の私「おれはぁ、食べ物を残すのが、嫌いだぁ」

 

 

なんて言っていた自分が恥ずかしくなるような、ここに来て連続の食べ物残し。
しかし、今回はエミリーが残ったものをテイクアウトして、仕事の合間に食べるようだ。

私「さて、じゃあシンシアまで送るよ」
エミリー「ありがとう。そのまま店来てくれる?」
私(心の中)「絶対いかん」
私「ごめん、レンジさんと約束あるから、店は後で行くよ」

 

エミリー「えー、ワンセットだけ。お願い。もう少し一緒にいたいの」
私「ごめん、約束破れないから」

 

一緒にいたいのなら時間通りに動けばいい。トータルで1時間20分も時間を違えておきながら、ワンセット来てと言われ、ホイホイ行くほど私もお人好しではない。

 

エミリーをシンシアまで送り、絶対後で来てねと何度も言うエミリーに笑顔のみ返して別れる。

心の中では“今生の別れだよ黒髪のエミリー”と思いつつ。

 

時間は20時過ぎ。
辺りはもう完全に暗くなり、ホテルまで200メートルほどあるだろうか。私は気づいた。

 

私(心の中)「やばい。ホテルまで一人で帰らないといけない。しかも夜。やっぱりシンシアに…いや、ホテルまで帰ろう」

 

危険と言われている夜の一人歩き。
私は生きてホテルまでたどり着けるのだろうか!?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here