皆さんのMPを、私達に少しばかり分けてください。
一日一回、応援クリック↓
 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
ミナデインを唱えさせてください!

 

[レンジブログ 前回のあらすじ]

現地で出会って恋をしたフィリピーナのマリー。彼女としばらく連絡を取る。ある日、彼女から唐突なメッセージが。日本で働くだって!?

[前回の記事]
【レンジブログ50】現地のフィリピーナが日本のフィリピンパブで働くと言い出した

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

レンジブログを始め(序章)から読んで頂けると幸いですm(__)m
【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

レンジブログ第一章は以下のリンクからどうぞ
【レンジブログ33】プライベートフィリピン女性との深夜デート。マラテのディスコ EXKLUSIVE へ

また、オノケン(現在の話)とレンジ(過去の話)のブログは交互にストーリー展開します。登場人物も共通する人が出てくるので、始めから読んで頂けるとより記事の内容が分かりやすいと思います。オノケンブログもチェックしていただければ幸いですm(__)m

オノケンブログの一覧はこちらから

 

[レンジブログ第二章 あらすじ]

マリーは結局日本に来日。しかも、レンジ(私)が住む町にやってきます。レンジはもちろんマリーに猛アタック。その後、彼女との交際がスタートして現在に至ります。またそのアプローチ期間中、マニラに改めて魅了されたレンジは、現地でビジネスを持つことに強い興味を持ちます。まずは個人の銀行口座開設(外国人用)から、現地フィリピン人の発起人確保、会社登記、法人口座開設、営業許可取得、営業開始など、マリーや他のフィリピーナとの交際以外にも現地マニラでのビジネス関連のネタを紹介していきます!

それでは、レンジブログの第二章をスタートさせて頂きます。

 

【レンジブログ51】マニラのフィリピーナが初めて日本の地方都市に来る

 

2018年現在から数年前の話。

人生二回目のフィリピンのマニラへ観光旅行の時。明け方のマラテ、そこで出会ったフィリピーナのマリー。そして、その出会いから半年ほど経過したある日。

 


[マリー似顔絵 第一印象、巻き髪が良く似合っていた。]

[マリーとの出会いは以下の記事]
【レンジブログ33】プライベートフィリピン女性との深夜デート。マラテのディスコ EXKLUSIVE へ

 

マリーからの連絡で、「日本で働きたい」、「今、日本に着いた」と。

 

あのマリーが日本にやってきた。

 

しかも私の日本の職場近く、よく知っているフィリピンパブに。

 

「マニラで出会った知り合いの女性が日本に働きに来る」、それはとても不思議な感覚だった。感激、悲観、歓喜、恐怖、期待、どれも正確な表現には当てはまらない。初めそのことを聞いた時は複雑な感情だった。


[レンジイメージ。ケンさん曰く、私はこの俳優さんにそっくりとのこと。]

 

幸い、そこのピンパブでは女性にアプローチをかけた事はなかった。どの女性も私のことを恋愛対象だとは思っていないだろう。たまにやってくるブスで太った日本人、ただの「オキャクサン」だ。ビールを飲んで、健全なショータイムをスケベな目で見て、噴き出そうな鼻血を堪えている、英語が多少話せるただの日本人だ。

 

またそこは、他のピンパブ密集地より少し離れているため、他店のフィリピーナが私を目撃したり客の情報を共有したりするような危険は考えにくい。

 

そして、私がちょっかいを出していたフィリピーナがいるのは、隣の市の全く別のピンパブだ。系列店でもないし、移籍はないはずだ…よし、その辺りは大丈夫だろうと思い込む。

 

それにしてもこの様な奇跡が人生の中で起きるのだろうか。マリーは私が日本の何処に住んでいるかは全く知らない。彼女の希望勤務地も「東京」だと言っていた。

 

それがどんぴしゃり、私の住む地方都市、私の日本の職場近く、あの老舗オンボロピンパブだとは。そのピンパブは私が生まれた頃から続くお店で、外観もまさに昭和ピンパブという看板が目印の場所。


[フィリピンパブイメージ]

 

女の子は常時10名ほどはおり、現地の高級KTVほどではないがサービスのクオリティはなかなか高い。皆20歳前後の年齢層で、見た目も日本人受けするような子が多い印象だ。

 

客の年齢層は高く、いつも閑散としている店内。とても利益は出ているとは思えない。おそらく、オーナーの趣味経営なのだろう。店も女性からも商売っ気はほとんど感じない。

 

非常に穴場的なフィリピンパブで、私も月に一回ほどだったが、そこに出入りしていた。店長さんには顔、名前を覚えられているし、ここのフィリピーナとも二、三人と連絡をする事がある。

 

マリーがそこで働き出した場合、特に心配する事はない。私はただお店にやってくる普通の日本人というだけ。店の女性たちは皆ただの友達程度。

 

ただし、その店には同伴もアフターもない。女性の休みもない。お気に入りのフィリピーナと店外で会うことは、女性や店長とかなり親しくなったとしても、オーナーが断固として禁じていると言う。

 

彼女達は日本で働く間は、日中は寮で共同生活、夜は仕事。仕事の後に、オーナーとご飯か日用品を買いに行くという事を、ビザが切れるまでひたすら繰り返すのである。


[フィリピンパブ KTV 給与明細項目イメージ]

 

この店舗の給与は固定給でドリンクバックやペナルティーなどはないが、きちんと約束通り払われるらしい。働く女性たちは皆「オーナーはいい人だけど厳しいの」と言う。ここのオーナーは、健全で厳格な人物であると思われる。そう言った点では安心だ。他の客への嫉妬も少なくて済む。

 

しかし、私はもちろんマリーに気があるので、同伴もアフターも休みもないという事は、このピンパブでは今後の展開は少し辛いかなと思った。

 

それでも、彼女が日本にやってきた。

 

しかも自分の住む街にやってきた、という事だけでやはり嬉しかったしとてもワクワクした。例えば、思春期に、クラスの中で席替えがあって、好きな女の子の隣の席になった翌朝のような感覚。

 

マリーと出会ってから約半年ぶりか…。現地マニラ、彼女のプライベートで出会い、現地のKTV、そして日本へ。その間、私たちはメッセージを重ね、おそらくお互いに気がある。しかし、お互いの性格に難があるため、不器用なコミュニケーションが続いているが。

マラテのディスコ エクスクルーシヴ EXKLUSIVE 店内の様子
[思い出のマラテのディスコ エクスクルーシヴ EXKLUSIVE 店内の様子]

 

それにしても、こんなドラマを越える様なシチュエーションは人生でもう二度と起こらないだろう。私にとっては高額当選するレベルの事件だった。薄れかけていたマリーへの気持ちが再び大きくなっていく。やはり、私は彼女のことが好きだ。

 

そして、日本の空港を出て、働き始めるこの街に着いた直後と思われるマリーから、その深夜遅くに以下のような連絡が来た。

 




 

マリー「I’m in my room already in 〇〇 city. With my roommates」(私はもう〇〇市の自分の部屋です。ルームメイトと一緒)

私「I see. Please take rest soon. Okay, Marry?」(わかりました。早く休んでくださいね。いい、マリー?)

 

いろいろ聞きたいことはあるが、彼女は今大変疲れているだろう。

 

マリー「Yes thank you. Good night Range」(はい、ありがとう。おやすみレンジ)

私「If you’ll start working there, then, please let me know. Good night Marry」(もしそこで働き始めたら、どうか知らせてください。おやすみマリー)

 

返信を期待してしばらく待つが、この夜この後、もちろん既読は付かなかった。

 

そして、このときはまだ、私はマリーのすぐ近くに住んでいることを彼女に伝えていなかった。

 

[次回あらすじ]
次の日、レンジはマリーが勤めるフィリピンパブに行く。果たしてマリーとの再会はなるのか。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here