ブログランキングリンク-トップ

 

ダイアモンドホテル 室内写真

 

 [ウメブログ 前回のあらすじ]

クレマニのホレ担当ウメ。現在50代後半。約30年前からフィリピンへ通う超ベテラン。
後輩の『安川さん伝説エピソード』、その一です。皆さん、『マンゴリーニ』と言う飲み物をご存じでしょうか。恐ろしい製氷機(©ミカエル氏)から産み出される氷はウミガメのごとく!
【ウメブログ8】フィリピン妻が居ながらもフィリピンパブに通う日本人

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

※クレイジーマニラでは、オノケンブログ、レンジブログ、ポットブログの三つのブログがメインコンテンツでした。そして、この度新たに『ウメブログ』の新連載がスタートしました。

 

 

ウメブログは約30年前のストーリーから展開しています。

 

前回の話では、ウメさんが30歳前後の頃。

仲良しの後輩『安川さん』について。フィリピーナのお嫁さんがいるにもかかわらず、フィリピンパブ通いを続ける彼。神秘のお酒『マルゴリーニ』をガブ飲み、リフォーム費を誤魔化し夜遊び資金を捻出、お付き合いする相手はバクラなど、数々の伝説があるようです。

 

そして、今回の話は再びウメさんのフィリピーナエピソードに戻ります。

それでは、ウメブログ9(第一章第7話)をスタートさせていただきます。

 

 

【読者の方へお願い】

 

これからウメブログをお読みいただく前に、以下の「ブログ村ランキングバナー」の応援クリックをお願いします!
(ブログ村にジャンプするだけです。その後はまたこちらに戻ってきてください!)

 


↑↑ワンクリック10ポイント↑↑

 

皆さんの応援で成り立っているクレマニ。本当にありがとうございます!!

どうぞ引き続きよろしくお願いいたします!!

 

 

【ウメブログ9】フィリピン彼女の実家に飽きて、クバオへ冒険!

 

 

ーー私の初めてのフィリピーナ彼女『マリア』について。

彼女とは別れてから、変なところで、頻繁に会うことになる。

 

例えば、2度目の結婚中(書類上は4回目)、近所のスーパーで買い物中に遭遇した事もある。

 

ーーマリアと別れてから3年後のこと。

錦糸町、両国の隣駅で日頃から力士は多い街。

この街のフイリビンパブにて。

 

その店は、小錦や武蔵丸がよく来るハワイアンご用達の店だった。

たまたま入ったその店へ入ったのだが、そこでマリアにばったり。

初来日から5年、24歳になった彼女。

元々備えていた可愛さもあり、やや大人びた印象に変わっていた。

美しさは増し、可愛いくなっていた。

 

久しぶりの再会にマリアも喜んでくれた。

 

彼女は嬉しそうに、

「実は、来週フィリピンに帰る」

「ほー、いいね! んじゃ、私も行こうかな!?」

「本当!? 行こう、行こう!」

と、とんとん拍子に話は進み、フィリピンへ行く事になる。

 

ーーそして、マニラ到着日の午後3時。

宿泊先のダイヤモンドホテルのロビーで待ち合わせ。彼女を待つ。

 

ダイアモンドホテル 室内写真
[ダイアモンドホテル ロビー]

 

マリアは時間通りにやってきた。

そうこの子は、付き合っていた時にも必ず時間を守る女性だった。私が時間を守る大切さを教えたからだろう。

彼女の様子だとおそらく、少し早めに着いてロビンソン辺りで時間を潰していたに違いない。

 

ーー彼女の、この日本人的なところも好きな理由であった。

本当にフィリピンタイムだけは未だに腹が立つ。私は、今でも約束した相手に念を押すが、30分、1時間の遅刻は当たり前。

必ず帰ってくる言葉は「トラフィック」。

それなら渋滞を考慮して動けばいいのに、何でも「トラフィック」で済まされてしまう。

 

ーー例えば、セブ旅行の時。

日本で働いていたタレント友達と私を含めた4人でセブへ遊びに行く事になり、飛行機のチケットとホテルを二部屋キープ。

まず出発の集合場所はマニラのホテルだった。

しかし、約束の時間になっても、ホテルに来ない。

彼女に電話するとメールで「トラフィック」と言う。

「時間が無いから先に空港に行っているね」と伝える。

しかし、結局そのまま空港には現れなかった。

『ショウガナイ』と笑っていたのだろうか。

 

ーーしかし、マリアは時間に忠実だ。

彼女と再会し、ロビーで人目も気にせずハグ、キスをした。

 

完全に焼ぼっくりに火が付いた。

 

1週間の滞在中どこにも行かずに、試合しまくった。

朝から晩まで。

 

ーーその滞在後、1か月が過ぎた頃。

マリアから、

「子どもが出来た」

と、報告があった。

 

まず考えたのが、生まれてくる子どもを日本人にしてあげる事だった。

 

そして私の取ったゲスい行動は、

・嫁に内緒でこっそりとセキを抜く(時効成立)

・関係書類を持ってフィリピンに行く

 

ゲスだ。とてつもないゲスだ。

 

……ただこの時はバレずに任務を遂行出来ると思っていた。

 

ーー21日間の滞在で、現地での結婚とピザーラの申請が完了した。

 

その期間は、マリアの家で暮らす事になる。

マリアの家はマリキナ。ケソンシティの東側だった。

 

そして、何と!

カーポート2台分、平屋の5LDK 新築の家。

 

フィリピン 富裕層の家
[マリアの自宅イメージ』

 

彼女曰く、「5年日本で稼いだ金で買った」、「日本円で500万円くらい」だと言っていた。

 

ーーしかし郊外のため遊ぶ所が無い。

 

本当に何もない。

 

最初はサンミゲロを呑んでウダウダしてたが、さすがに飽きる。

 

ーーそこでマリアに近くの繫華街の場所を聞く。

マリアは「危ないから一人で行くのは駄目だ」と言うが、一人で知らない場所を探索する事こそがレベルを上げるコツだ。

知らない街を色々見て回る、これほど楽しい事はない。

私は彼女の言葉は聞かず、一人で冒険に出た。

この滞在でかなりのレベルアップをしたと思う。

しかし、私があまりに出歩くため、採取的には浮気の疑惑を掛けられる始末だった。

 

ーー話は脱線するが、フィリピーナの嫉妬心について。

例えば、電話に出なかったり、連絡しなかったりするとすぐにパロパロに結び付けられる。

困ったものである。

最初は『焼きもち焼いてて可愛いな』とか思うが、すぐにウンザリしてくる。

あまり焼きもちが過ぎるとウンザリしてくるのは私だけだろうか。

フィリピーナは本気で好きになると束縛がきつくなる。

(あるあるとうなづいている読者の方も多い事だろう)

 

例えば、飛行場への送り迎えは当たり前、滞在中は傍を離れない。

フィリピンで仕事を持っていればまだ言い訳は作れるが、私の場合は遊びオンリーである。

 

ーー私が過去にアリバイ工作の為にしたこと。

彼女と滞在中に、出会い系で知り合った子と会う約束があったが、一人になれる機会がなく、会う事が出来ない。

それで滞在期間を彼女に偽り、早く帰ると言い、その偽りの二日間で会って遊ぶことにした。

しかし、疑い深い彼女。

まず彼女を信用させる為に、ホテルもチェックアウト。二人で空港に向かった。

 

マニラ空港

 

そこできちんとお別れする。

そして、頃合いを見てからまたマニラに戻り、違うホテルにチェックインした。

そうまでしても遊びたかったのだ。

 

ーーその頃、私はマニラをいろいろと調べていた。

仕入れた情報によるとジープニーで30分ほどの所に『クバオ』という街があるとの事。

ケソンから西、オルティガス方面に向かう途中の街である。

マニラでも有名な街で、モハメッド・アリが世界タイトルマッチを行った事で『アリモール』と名付けられたモールがあるようだ。

 

確か、この時にジープニーに乗り方を覚えたと思う。

手を上げれば停まってくれる(大きな街やモール等にはターミナルがある)。

降りる時は天井をノックして『パラ』と言えば降ろしてくれる。

ただフロントガラスに貼ってある行き先を確認しないと、とんでもない所に行くことがあるので注意だ。

今でもマカティでブルゴスに行く時やリトル東京、パサイロード辺りのKTVに行く時はよく乗っている。

 

ーー話を戻す。

マリアも諦めた、私のプチ冒険。

午前中に彼女宅を出て、クバオ行きのジープニーに終点まで乗る。

まずはブランチ、そこでSMのフードコートに行ってみた。

いきなりそこが気に入った。

地下1階に50m四方はあろうかという広い空間。

その四方に50店舗程の店があり好きな物を取ってお金を払う。

今で言えば、四国高知の『ひろめ市場』のようなところに似ているだろうか。

中央にたくさんあるテーブルに持って来て食べる。

フードメニューは豊富、ビールもピッチャーで頼める。朝から呑むビールは旨い。

ここに来る人たちも様々だ。

昼は近くで働く人たち、午後のランチを外れた時間は学生、夕方は家族連れ。

 

特にケソンに近いことから学生が多いようだ。

したがって、ナンパもできる。実際、一人で大量の料理を並べて呑んでるとよく話しかけられた。

またその逆も。

2~3人組の女の子に「おごるから何か食べない」と誘うと、普通に話し相手になってくれる。

 

ーーある時、学生さん(名はカーラ)と意気投合。

ビールを飲ますと結構いける口だ。調子に乗った彼女はかなり酔っていた。

別に下心は無かったのだが、酔ったカーラは妙に色っぽい。

酔っているから色っぽいのか、元々色っぽいのかどちらにしても中々レベルは高い。

 

「トイレに連れて行って」

と、はにかむカーラ。

 

ヤバい、試合開始のファンファーレが鳴り始める。

頭の中で『やっちゃえ、やっちゃえ』とゲスがつぶやく……。

 

 

 

 

 

 

[【閲覧注意】クレマニファンの方々、この後はウメさんの暴走が始まります。編集部の手には負えないため、完全ノーカット、ノー編集でお送りします。頂いた原稿、そのままに掲載します。繰り返します。ノー編集です。下品な話題が苦手な方は閲覧を控えてください。繰り返します。下品な話題が苦手な方は閲覧を控えてください。決して、読んでねという振りではありません。「待ってましたっ!」と言う方のみどうぞ。]

 

 

 

 

 

 

 

肩を貸しながらトイレに向かう。

 

広いフロアーからトイレへと続く通路に入ると、首に腕を絡めてくる。

 

そして見つめている。

 

『もう行くしかないだろう』

 

ゲスが頭の中で叫ぶ。

 

すかさずキスをする。

 

そうなるともう止まらない。

 

トイレの大のブースに連れ込み脱がす。

 

縺れる様にハメハメ。

 

しかし、このトイレは扉が小さいため、下が50cm位開いてて上は立つと胸から上が丸見え。

 

しかもカーラ、異常に声がでかい。

目の前を男達がニヤニヤしながら通る。

 

すると、しばらくして警備員が来る。

誰かが通報したのだろう。

 

下半身むき出しでドア越しに説教される。

情けない、本当に情けない。

しかもフィニッシュ出来てない。

生殺しだ。

 

カーラとはこの後1年程付き合う事になるが……。

そしてカーラの学費・生活費を払う事となるのは言うまでも無い事である。

いまいちモテているのか、たかられているのか解らない。

しかし、いちいち気にしては居られない。

まだまだLVが低い私は何事も経験である。

 

ーーそんな滞在期間を、クバオで映画を見たり(ダイハードの地下鉄爆破のやつはここで観た)、ナンパをしたりして過ごし、第2のフィリピンのホームタウンになるのであった。

 

そして日本に帰るのだがとんでもない嵐が待っていた……。

 

生きてまたフィリピンに来れるのであろうか!?

 

 

[ウメブログ9 終わり]

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次話、ウメブログ10「梅ちんピンチ ゲスに天罰が下る!?」

 

 

オノケン
クレイジーマニラ ライター オノケン
ウメさん、お疲れ様です! さすが経験値とレベルともに99オーバーですね。梅さん以上のエピソードはなかなか出てこないでしょう。おそらく、安川さんあたりのエピソードはさらに凄まじいのでしょうけど。

 

レンジ
クレイジーマニラ ライター レンジ
ウメさん、お疲れ様です! 原稿の方、いつもありがとうございます! ウメさんの意図している部分が再現できていないようで申し訳ありません! 今回、後半はそのままです笑

 

【ライブラジオの告知】

ウメさんのツイッター(梅ちんさん@crazy_umechin)も是非チェックしてください!

なお、ウメさんの『梅ラジオ』は、現役KTVフィリピーナが参加しており、連日めちゃくちゃ盛り上がっています。

ぜひチェックしてみてください!

【梅ちんラジオ】
22:00頃~
ツイッター@crazy_umechin のアカウントで、ライブジオ、ラジオのアーカイブを視聴できます!
[ライブアプリ『ペリスコープ』で梅ちんをフォロー]
ラジオ配信 LA

 

現在、レンジの方は不定期でラジオをしております。

【クレマニラジオ】
23:00頃~
ツイッター@RangeAbe のアカウントで、テスト放送しております。
平日は、このウメブログの編集あとがきを話します。
[ライブアプリ『ペリスコープ』でレンジをフォロー]

 

「ウメブログ今後も楽しみ!」と言う方、応援クリックお願いいたします! 次回、ウメさんへの天罰とは!? 乞うご期待!!

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

ウメblog前の記事
ウメblog次の記事

 

ウメ
ウメは元経営者で、30年前からフィリピンへ通う超ベテラン。早期リタイア、二度の離婚、ネトゲ廃人も経験。クレマニのホレ担当。とにかく人に惚れやすい。都合が悪くなると逃げる、姑息な手段を使うなどゲスな一面も。

21 コメント

  1. ウメさん、こんにちは。

    最高ですね。
    私はフィリピンタイムは30分迄は許してました。(現在は遅刻する者は居ませんが)

    フィリピン人のジェロスはあまりにも疲れますよね。
    私は、こっそり逃亡する時は、ターミナル2からの国内線です😅
    過去、ボホール、バコロド、セブなどに行きました。
    たまには、違う景色を眺めるのも大事ですよね🎵

    • ターシャさん
      いつもありがとうございます。
      凄いですね、ボホールまで嫁から逃げるのに行くとはw
      こっそり彼女の目を盗んで遊ぶスリルも楽しいですね^^
      これからもよろしくお願いします。

  2. 籍を抜くって?ヾ(≧▽≦)ノ
    やばくないですか?公○書○造になりません?w

    一体ウメさんを走らせているものは何なんでしょう?🤣普通に懲役1年半ぐらい食らいそうなイメージです。こわいこわいw

    風通しのいい個室でオイタをいたすのはなかなかのチャレンジャーだと思います。これも安川さんに続き私には無理ですね~( ̄▽ ̄;)

    RPGでいえばもう終盤でラスボスと対峙する直前ぐらいまでレベルを上げていると思いますwラスボスも逃げ出す強さです。

    さて、日本で何が待っているんでしょうか?なんとなく嫌な予感しかしませんがwww

    無事生還してください!😆

    • Ackieさん
      いつもありがとうございます。
      今思うと確かに籍をこそっと抜いたのはまずかったと思います。
      でも当時は遊ぶことしか考えていなかったと思います。
      いやいやまだこの時点ではLV30位でしょうw
      怖い怖い話が待っていますww
      ゲスプリを次回も笑ってください。
      引き続きよろしくお願いいたします。

  3. ウメサン 暑いなか お疲れ様です♪
    旅行日程の改竄は 皆様やられているんですね。自分だけではなく安心しましたwww
    自分の場合も 毎回最初はケソンの自宅に数日滞在し 金曜日 姫の学校終了後マラテのホテルに移動し 翌火曜ないし水曜日に帰国しています。
    姫&嫁には 「月曜日には姫の学校があるので 自分は月曜日のJALの午後便で帰国するから」と伝え 月曜日の早朝には姫&嫁を帰宅させています(-_-)/~~~
    これで1ないし2日フリーになるので 種々の冒険をさせて頂いております(*^^*)
    いずれ現地に永住することになったら どのようにフリータイムを作っていくかが 今後の課題です(^_^;)
    これからも 参考させて頂きますので 楽しいエピソードをお待ちしています。

    • ryokunさん
      いつもありがとうございます。
      やはり皆さん当たり前のようにやっていますよねw
      アリバイ工作は。
      ryokunさんもそろそろ移住計画を練っていますか?
      私もいつから移住するかが最近の一番の問題です。
      65で年金貰いながらの永住ならあと少し現地で稼げば生活できるから65まで待つか、
      60位で行って年金が出るまでは普通に働くかいつも考えています。
      これからもよろしくお願いします。

  4. 私をフィリピンパブデビューさせた従兄弟の嫁(フィリピーナ)は、勝手に離婚届が受理されない様に、市役所で何かの手続きをしてました。彼女たちの束縛するエネルギーは、とんでもない値なのでしょう。

    フィリピンへは3年位前に初めて訪問しましたが、もし90年代に訪問していたら、その後の人生に大きな影響を与えたのは火を見るよりも明らかだったので、ある意味で安堵しています。

    コロナが落ち着き、いつの日か、このブログのオフ会がフィリピンで開催されたら面白いでしょうね。

    • みちをさんいつもありがとうございます。
      今回の話で籍を抜いた嫁は日本人なのでそんなことが起きるとは当然思っていなかったはずです^^;
      オフ会についてはレンジさん達ともコロナが落ち着いたらマニラでやろうって話は実際に出ています。
      その時はご参加ください。
      これからもよろしくお願いします。

  5. お疲れ様です。

    今回はフードコートでそのままトイレですか!!
    ハードル高過ぎで参りました。
    男達がニヤニヤしながらドア一枚・・・
    私なら立ちませんよ~ウメさん凄過ぎ、、、
    次が楽しみで仕事が手につきません。
    お待ちしてます。
    ではラジオで。

    • 鳩麦茶さん
      お疲れ様です。
      向こうのトイレのドアってアメリカンスタイルのだととても小さいじゃないですか、当時のトイレって便座が無いのが当たり前で、座ってやるチョイスは無かったので彼女を扉側を向かせバックスタイルなのですが、彼女は小さいし少し前かがみな為外の人から見えないのですが、私は通るフィリピーノと目線が合うんです。
      恥ずかしいのとばつが悪くてさっさとフィニッシュしたいのですが、そういうときってかえって出ないもので警備員が来てチンでしたww^^;
      この後日本に帰りすぐまた能天気にフィリピン行くのですがその帰国に待っていたのがさらなる修羅場でした。
      これからも引き続きよろしくお願いします。

    • 小虎さん
      こんばんわ^^
      荒業と言うかここでやっておかないとただ一緒にビールを飲んだッというだけで関係が終わってしまうと思ったんだと思います。
      そのゲスな事をしたおかげでその後付き合う事に発展したのだと・・・・
      でも単に若気の至りだと思います。
      これからも引き続きよろしくお願いします。

  6. お疲れさまです。
    やっぱりウメさん、世間一般で言うただのフィリピン嵌まりの日本人とはレベルが違いすぎて感動しています。
    でも本当に楽しそうです。
    これからも、破滅しない程度に楽しんで下さい。

    • Ninaさん
      いつもありがとうございます。
      いやーーーただのフィリピン嵌りです。
      ただやらしてくれるのであればいただきましょうと言うだけですw
      やれるときにやっておかないと次の時にやらしてくれるとは限らないのでこの当時はやれるチャンスはやるって感じでした。
      引き続きよろしくお願いします。

  7. ウメさん、こんばんは! アンタは本当にゲスでクズだ!

    今後アニキって呼びます(笑)

    • ボンさん
      こんばんわ^^
      おほめ頂いてありがとうございます((´∀`))ケラケラ
      まだまだゲスは続くので笑ってやってください。
      これからも引き続きよろしくお願いします。

  8. ウメさんお疲れ様です。
    トイレですか、、、
    かなり盛り上がったんでしょう!
    本当に経験値が違います!
    籍を抜く荒業もすごい!
    考えつかないですよ!

    • toshidesuさん
      こんばんわ^^
      あの当時の自分の行動は何が突き動かしていたのか不思議です。
      多分、フィリピンの雰囲気も手伝って突っ走っていたと思います。
      皆さんに喜んでもらえる話を提供していければと思います。
      これからも引き続きよろしくお願いします。

※コメントアイコンが欲しい読者様、DMでお知らせください。

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here