クレイジーマニラはブログランキングに参加しています。
一日一回、応援クリック↓
 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
応援よろしくお願いします!

 

 

[レンジブログ 前回のあらすじ]

クリスマスのマニラ。KTV巡りを終え、フィリピーナとアフターへ。明け方までカラオケパーティに付き合う。そして、年末年始のマニラを迎える。

[前回の記事]
【レンジブログ89】クリスマスの夜に、KTV巡りからのカラオケアフター

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

レンジブログを始め(序章)から読んで頂けると幸いですm(__)m
【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

レンジブログ第一章は以下のリンクからどうぞ
【レンジブログ33】プライベートフィリピン女性との深夜デート。マラテのディスコ EXKLUSIVE へ

レンジブログ第二章は以下のリンクからどうぞ
【レンジブログ51】マニラのフィリピーナが初めて日本の地方都市に来る

レンジブログ第三章は以下のリンクからどうぞ
【レンジブログ71】マニラでビジネス開始。フィリピーナのコンサルティングで法人設立。

 

また、オノケン(現在の話)とレンジ(過去の話)のブログは交互にストーリー展開します。登場人物も共通する人が出てくるので、始めから読んで頂けるとより記事の内容が分かりやすいと思います。オノケンブログもチェックしていただければ幸いですm(__)m

オノケンブログの一覧はこちらから

 

【レンジブログ90】大晦日、年越しのマニラ。空襲のような花火で新年を祝う。

 

12月31日、大晦日のマニラ。

マニラでの年内最後の勤務、この日は皆早めに切り上げた。

 

ナオミ「See you! 2 New year, Sir!」(それではまた! 新年の2日に、ダンナ!)

明日の元旦を休みにして、次回の勤務は1月2日から行われるマルコのイベントのサポートだ。我々の重要な仕事始めとなる。

私「Yes! See you at SMX Convention Center.」(はい、SMXコンベンションセンターで。)

 

私はスタッフ達と「Happy new year!」とお互いに声をかけ、オフィスを出る。

時刻は午後5時過ぎ。

私は一人、パンパシフィックホテルへ歩いて戻る。

滞在先だったリヴィエラマンションホテルは、この年末年始には空きがなかったため、この日から向こう一週間、パンパシフィックホテルに滞在先を変えていた。

 


[夕刻、大晦日のマニラ]

 

年越しのこの夜、一応、マリーの仕事後に食事デートへ行く約束があるが、それまでは特に予定はない。

新年を待つマニラの人々、街の雰囲気を観察しながら、私は通りを歩いていく。

そして、繁華街の中心部に入ったところで、

 

 

『パンッ!』

 

いきなり、頭上で乾いた大きな音が鳴った。

発砲音だ。

驚き過ぎた私は、腰を抜かすと同時に、地面に伏せた。

 

『パンッ、パンッ!』

 

すぐ頭上で、大きな発砲音が続く。

ヤバい、銃撃戦に巻き込まれた。

 

テロか?

 

私は頭を押さえ、このとき死を意識した。

失禁するほどの恐怖を感じた。

 

 

しかし、

 

「キャハハハハっ!」

 

そんな私の横を、子ども達が元気良く走りぬけて行く。

 

えっ。

私は恐る恐る顔を上げる。

 

再び『パンッ、パンッ!』と鳴る。

 

…花火だ。ただのロケット花火だった。

 

そう言えば、ナオミが「大晦日から新年、夜はたくさんの花火が上がるから、楽しみにしてください、ダンナ!」と言っていたことを思い出す。

私は、この夕方の時間帯から花火が上がるとは思っていなかったので、発砲音と勘違いしたのだ。

 

すると、また続けて花火が上がる。

付近の住民が次々に放っているのだろう。

日本のロケット花火のように、「ヒューッ」という助走音がしないため、飛び先でいきなり『パンッ』と鳴る花火だ。

これも現地のお祝いの方法だろうか。

 

私は胸を撫で下ろし、再びホテルへと歩みを進める。

 

途中、地面に置いて火花が豪快に噴き出すタイプの花火をしている人もいた。

 

 

また、そのような花火が暴発したのか、なぜか歩道で炎が上がっている場所も。

これからマニラのお祝いが新年の明け方まで続くのだろう。

周囲はすっかり新年のお祝いムード、賑やかだった。

 


[パンパシフィックホテルエントランス前]

 

ホテルに戻ってきた頃には、もう日が暮れていた。

 

私はとりあえず部屋に戻る。

身支度を再度整えた後、一人で夕食に向かうことにした。

 

ホテル一階にある日本焼肉「牛門 Gyumon」で、この年最後の夕食を食べることにした。

 


[大晦日の一人焼肉]

 

このレストランは、日本の一般的なクオリティはある焼き肉店であろう。値段も相応だ。

 


[牛門のメニューの一部紹介]

 

牛門は、このマラテの界隈では一番美味しいと思える「日本焼肉店」である。

パンパシフィック滞在とは関わらず、頻繁に利用するレストランである。

この時も、牛タン三人前、カルビ三人前、ホルモン三人前、ライス大を二杯。しっかりと頂いた。

 

 

私は満腹を感じたところで、会計を済ませる。

そして、レストランを出て、再び部屋に戻る。

 

買い込んでいたお酒のボトルを開ける。

 

テレビを見ながら、一人で年越しを待つ。

この後、マリーと会うまで、部屋でゆっくりすることにした。

彼女は大晦日も夜のKTV勤務。その後は一緒に新年のディナー。

 

ただし、それだけだろう。

私は、彼女との関係があまり進展しないことに、半ば諦めかけていた。

彼女とはお互いに「ボーイフレンド、ガールフレンド」という関係ではあるが、それ以上深い関係には至っておらず、まさに「フレンド」止まりだった。

 


[パンパシフィックホテルからの夜景]

 

午後9時を回った頃から、外の様子が急に騒がしくなってきた。

部屋から外を見ると、花火が至るところで上がっていた。

そして、その様子は年越しカウントダウンのように、次第にヒートアップしていった。

 




 

 

年越し間際から、空襲のような花火の応酬になっていた。マラテの至る所で、例のロケット花火を大量に撃ち合っているようだ。

周辺のホテルやビルの屋上からも花火が上がる。

部屋の窓の近く、目の前に大きな火花が散る。同時に大量の煙が空を覆う。

花火大会を狭い範囲に集約して、一気に開催しているような光景だった。

足元に見えていた通りは、花火の煙が充満し、まるで霧がかったように見ることができない。ビルの下に広がる火薬の「雲海」を見ているようだった。

 

その花火のピークは約一時間ほど続いただろうか。

「マニラの年越しは花火がすごいよ」と聞いていたが、想像以上の花火の量に驚いた。

 

これも良い経験になったかな。日本とはまた異なる習慣が興味深かった。

 

そして、外の様子が落ち付き始めた午前3時過ぎ。

マリーから電話がかかってきた。

 

マリー「Happy new year, Range.」(新年おめでとう、レンジ。)

私「Happy new year, Marry. How are you tonight?」(新年おめでとう、マリー。今夜の調子はどう?)

マリー「Little tired. But I’m okay. Where we go?」(ちょっと疲れた。でも大丈夫。何処行く?)

 

マリーは他のフィリピーナ同様いつも「韓国焼肉」を食べたいと言う。

私たちは待ち合わせの場所と、彼女との夕食場所を大まかに決めた。

 

電話を切って、彼女のお気に入りの韓国焼肉店へすぐに向かう。

 


[マニラに多い韓国焼肉店]

 

レストランの前には、マリーと彼女の親友の姿があった。

 

まぁ、そうだろう。今夜も驕らされるのだ。

以前は、マリーと一緒に居られるなら気にもしなかった。しかし最近は、私はただの「財布」では? そのように感じるようになっていた。

親友と会うのも何度目だろうか。たまにはマリーと二人っきりで会うが、この女性がセットのことの方が多かった。

 

この時、一応「新年」ということで、周囲の様子も含め、皆は少しウキウキした感じだった。

お互いに「Happy new year.」と挨拶を交わし、入店。

席に着く。

 


[このレストランのメニューの一部]

 

ここも何度か訪れたことのある韓国焼肉店だ。

 

ここで私の「韓国焼肉店あるある」をご紹介したい。

メニューには、写真と共に料理名が書いてあるのだが、日本人である私には文字は読めず意味もわからない。メニューを見たところでどのような「肉」なのかわからない。

そのような場合は、「新鮮そうに見える肉の写真」ではなく、「茶色い死んだような肉の写真」のメニューを頼んだ方が、「旨い肉」であることが多い。

新鮮そうな肉の写真のメニューはパサパサの肉であることが多く、一見死んだような肉の写真のメニューの方が下味などが付けられており、「美味しく食べられる」ものが多い。

 

これについてはマリーも同意見で、私たちがオーダーするものはいつも一緒の肉だった。

 


[この時のテーブルの写真]

 

そしていつものように、三人で世間話をしながら、店員が焼肉を焼いていく様子を眺める。

マリーと親友は「お腹空いた、早く食べたい!」と言っている。

 

私の胃袋には先ほど食べた「日本焼肉」が残っているような気がしていたが、色が変わっていく肉を見ていると私もお腹が空いてきたようだ。

 

焼肉がだいたい焼き上がったところで、韓国焼酎で乾杯。皆で肉をつつき始めた。

 

私は食事よりも、女性二人の皿が空かないように、肉をせっせと運ぶ。

特に、マリーは私の気配りに厳しいため、彼女の皿には絶対に何かを乗せておかなくてはならない。この時も、私にとっては緊張感のあるテーブル上だった。

 

そして、皆が満腹になったところで、「そろそろ出ようか」となった。

いつもと変わらず、私が会計。数枚の1,000ペソ札で支払う。

 

マリー「Thank you Range. Good night and Happy New Year.」(ありがとうレンジ。おやすみ、新年おめでとう。)

 

マリーとこの後の展開を少しだけ期待していたが、やはり今回もそれだけの挨拶。

私は常々、彼女に「I love you.」と伝えているが、彼女から同様の言葉をこの時も聞くことはできなかった。

 

時刻は午前5時頃。

私たちは韓国焼肉店を出て、それぞれ解散、帰路に着いた。

 

私はホテルの部屋に戻り、シャワーを浴びる。

 

もうすぐ元旦の夜明け。

 

私は明るくなりつつカーテンの隙間を見ながら、ベッドに入った。

 

[次回あらすじ]

新年のマニラ。元旦は大人しく休養日としたレンジ。そして、仕事始め。新年の抱負はもちろん「目指せ初ゴール!」

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here