指先の元気を少しだけ下さい!
クリック応援をお願いします!
 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
元気玉を撃たせてください!

 

[オノケンブログ前回のあらすじ]

先輩のフィリピーナ彼女からの突然の電話。そしてその彼女から告げられた衝撃の事実。日本とフィリピンの文化は大きく違うため、多少のことは驚きませんが、さすがにこれは驚き、ショックを受けました。

フィリピーナ彼女からの衝撃の告白。フィリピンの闇に触れる

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[4人のフィリピーナに男一人。アフターで行くのは、やはりあの場所]

サオリが見えてきた。

4人組のそれらしきフィリピーナたちが入り口で待機している。

私(達)のことをそれなりに待ったのであろうか、チョモランマは少し機嫌が悪い感じであった。

 

“どこにいたのか、なぜ電話にでないのか、つーかお前一人か、レンジはどこだ”

 

と、こちらの大変な出来事も知らずに色々と聞いてくる。

本当のところは絶対に言えないので、

 

“仕事関係でトラブルがあって遅れた。レンジさんは今そのトラブルに対応しているので、後から合流する予定”

 

と伝えた。フィリピンで仕事をしていることにしておくと、色んな言い訳ができるため本当に便利なものである。

最初こそ“フィリピンで仕事をしている”というのは嘘であったが、今ではクレマニがあるため、嘘ではなくなったのである。

 

 

さて、私一人にフィリピーナ4名でのアフターが始まった。

残念ながらアフター用について来たフィリピーナ2名は、少なくともチョモランマと私の指名子よりは容姿はよくなく、元々低い私のテンションの下落に拍車...いや、ターボがかかった。

 

しかも5人でのご飯やクラブ代は全部私負担となる。

もちろん先がありそうな子とのアフターであれば、逆に羽振りが良いところを見せるチャンスであるため、喜んで奢りたいところである。

 

しかし、残念ながら私の指名子とはあまり連絡を密に取り合い、関係を築いていくやる気は最初からない。

そんな子とのアフターでお金を多く使うのは非常にもったいないことである。

 

レンジさんほどの連絡マメな人間であれば、先がないと最初に感じても連絡を継続してとるのだろう。

ただ、私は好意を寄せている人に対しては非常にマメに連絡をとるが、好意を寄せていない子からの

連絡には非常にレスポンスが悪くなる。

そのため、私は最初に“恋人発展はない”と感じたフィリピーナとは絶対に発展しないのである。

 

そんなフィリピーナ達とのアフターはもう修行である。

お金を払って行う修行である。

しかも、他の店のフィリピーナに顔を見られる危険性ももれなくついてくる。

私はフィリピーナからすると(筋肉だけではなく)外見の特徴も多いため、非常に覚えられやすいようである。

 

少なくともこの時は、花蝶とシンシアのフィリピーナ達にはそれなりに顔を覚えられていたため、この時間にフィリピーナと外で歩いているところを見られると、後にティーやチャンにバレる可能性が高くなる。

歩くのが早い振りをして、少し4人とは距離をとりつつ目的のディスコを目指す。

 

ご飯をディスコの前に食べるかと聞いたら、確実にご飯のワンクッションを挟んでからのディスコになるだろうから、4人には尋ねることなくまっすぐにディスコに向かった。

 

やはりこの時間帯はディスコ入り口にはたくさんの韓国・中国系の顔とたくさんの手術済の男女ハーフ達。

さっそく入店しようとしたところ、一人の男女ハーフが私に近寄ってきた。

 

携帯を盗まれたばかりの私は思わず

 

“DON’T TOUCH ME!!(触るな!!)with 鬼の形相”

 

と言ってしまった。

ハーフはびくっとなってしまっていたが、よく見るとハーフの手には携帯が握りしめられていた。

距離をとりつつ要件を聞くと、どうやら私の連絡先を教えて欲しかったそうである。

 

相変わらずハーフにはモテる私である。

ただ、すまんハーフよ。無理だ。

 




 

ハーフを適当にあしらい4人を引き連れて入店する。

店内は相変わらずものすごい人である。

そして日本のパチンコ屋がささやき声に感じるレベルの爆音で音楽が流れている。

席に通されると、まずは飲み物とフルーツ、ちょっとした食べ物を注文し、レンジさんにここにいることを連絡した。

そして前を向くと、テーブルには私の指名子しかいない。

 

指名子が指差した先では、他の3人が既にステージ中央で踊り狂っている。

その中でもチョモランマは、踊ることが三度の飯の次に好きと豪語するだけあるほどのダンスのテクニックである。

 

私服姿になったチョモランマは、上はTシャツだったが、割とタイト目なサイズ感だったためボディーラインがくっきりとでていた。

さすがはチョモランマ、すさまじい山脈具合である。

そのとんでもない山脈がまるで生き物のように上下左右と縦横無尽に動き...いや暴れまわっている。

 

プルルンプルルン♪どころの騒ぎではない。

ザババババーン、ザババババーンとビッグウェーブが寄せては返しながら大暴れしていた。

 

しかし、気になるのはそのお腹。

一番に目立つのは胸であることは間違いないのだが、お腹の出っ張りようもなかなかなものである。

妊娠の安定期には突入しているほどのしっかりとしたお腹をしており、服の上からでもあれだけの膨らみであれば、服を脱いだ時はさらにすごいお腹をしている事であろう。

[ダンスの合間に飯をがっつくチョモランマの乳と腹(右)]

妊娠していることも少し疑ったが、今後何回かこのチョモランマとは会うことになるのだが、お腹は引っ込むことなく出たままなので、妊娠ではなく、ただ単に太っているだけということが後に判明した。

 

チョモランマとアフターについて来た2人については踊り狂っていたが、私の指名子はあまりダンスは恥ずかしくて踊りたくはないようだった。

私もとても踊りたいと感じるほどのテンションでもないので、2人で会話のしづらい空間の中で会話をしながら過ごした。

 

レンジさんがいまだに到着しないまま、ここにきて1時間が経った。

チョモランマ軍団も踊り疲れたようなので、会計を済ませ店を出た。

店から出たところには...

 

 

 

 

死んだような顔をして座っているレンジさんの姿が。

そして数人の子どもに絡まれていた。

2 コメント

  1. 年明けからこちらのファンとなっています。レンジさんの話もさることながら、オノケンさんの話も大変面白く楽しませてもらっています。更新がんばってくださいね!

    • Yauchiさん
      コメント、そして嬉しいお言葉ありがとうございます!
      このようなコメントがある限り、頑張り続けたいと思いますので、これからも末永くよろしくお願いします!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here