[オノケンブログ前回のあらすじ]

フィリピンマニラにてデートするなら、どこがおすすめか?私ならまず最初にイントラムロスをおすすめします。馬車などを使えば非常に優雅に観光を楽しむことができます。

デートにおすすめのスポット、イントラムロスを巡る。マニラ大聖堂は特におすすめ

 

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

 

[フィリピンでタクシーを利用する際の注意点、心得。ホテルのIDチェックについて]

イントラムロスからの帰りのGrabタクシーに乗り込むと、またティーがすぐに私のドアをロックした。

私「行きもそうしてたけど、なぜドアロックするの?」

ティー「車が信号や渋滞で止まったときに、勝手にドアを開けて、物を盗ろうとする人がたまにいるの。だから、フィリピンにいる時は、絶対ドアはロックした方がいいよ」

 

私「なるほど。今まで開けようとしてくる人にも遭遇したことがないから、危ないと感じたこともなかったよ」

ティー「今、フィリピンで犯罪を犯すと、以前よりも重い罰が課せられます。だから今はそんなことをする人は減りました。ただ、同じフィリピン人として残念だけど、まだそういう人たちがいることも事実です。気をつけてください」

 

フィリピンの道を車で行っていると、大人だけではなく、子どもも道の真ん中で止まった車に近づいているところはよく見かける。

この時はもちろん、今までもドアを開けてこようとするような人はいなかったが、用心に越したことはない。

 

実は一度、私とレンジさんでGrabタクシーで移動中、子どもたちが寄ってきたので、写真を撮らせてもらおうと窓を下げたら、何を言っているか完全にわかったわけではないが、運転手にえらく怒られた経験がある。やはり危険ということなのだろう。

フィリピンに旅行に行く人は、必ず気をつけてもらいたい。

 

ただフィリピンには、道路上に止まった車向けに水やスナック菓子を売る人もいる。運転手には一言言った方がいいが、それについては窓を開けて購入しても問題ないようだ。

渋滞が多く、日本と違って大通りにコンビニなどはほとんどないため、タクシーに持ち込みでもしない限り、長時間車内で飲食できないこともざらにあるフィリピンで、路上で飲食物を売ってくれているのは非常に助かる。

こちらとしては助かるのだが、売っている側は命がけだとは思うが。




イントラムロスへの行きはものの15分ほどであったが、帰りは混雑する時間帯だったために40分程度かかってしまった。フィリピンの渋滞は本当に激しい。

ティーは渋滞にはもちろん慣れているが、私はその時間が苦痛で仕方がない。

 

初デートだと、気を張っていたものがいたものが切れ、車内で一気に疲れと眠気を感じていた。

こうなると私はもう英語ではコミュニケーションをとることは困難になる。

 

私は英語を話すことよりも聞くことの方が神経を使う。集中していないと向こうが言っていることがほとんど聞き取れず、理解できなくなるのである。

そのため、この時はティーが何か話しかけてくれてはいてが、ほぼ理解できず、ただうんうんと頷くだけであった。

 

 

白目でぴくぴく状態でようやくホテルに到着し、ティーと共にホテルに入ろうとすると、ティーが入り口前にいる男性と何やら話をしていた。

その後、ティーが自分のIDカードをその男性に渡してからホテルに入ってきた。

私「何していたの?」

ティー「宿泊者以外がホテルに入る時は、入り口で自分のIDカードを預けて、自分が行く部屋番号を言わないといけないの。そうしたら犯罪の抑止になるから」

 

よっぽど安いホテルでない限り、どのホテルでもIDチェック等は行っている。

彼女たちはIDチェックには慣れているのだろうが、その時に

 

私「彼女は、私の恋人だから、IDカードをチェックする必要はないです。私は彼女を信頼しているので」

 

と言うと彼女たちは非常に喜ぶ。

信頼していないとそんなことは言えないし、相手が誰であろうと、“自分の恋人”と伝えてもらえることは、彼女たちにとったら、何よりうれしいことである。

 

しかし、セキュリティーがしっかりしているホテルであればあるほど、そんなことを告げたところで、IDチェックなしでは入り口を通過させてもらえないホテルもある。

そう遠くない先の話になるが、私はこれを押し通そうとしすぎて、めちゃくちゃ怒られる羽目になる。

 

ティーと共に部屋に入ると、ティーはごそごそと仕事の支度をし始めた。

私はソファーに座り、物思いにふけっていた。

5分ほどしたら

 

ティー「じゃあそろそろ行くね」

私「また後でサオリに行くよ」

 

ティー「うん、わかった。今日はすごく楽しかったね。本当のカップルみたいだったね」

私「そうだね。……ティー、俺の彼女になってくれない?」

 

私(心の中)「あ、なんの脈絡もなく、つい勢いで言ってもーた」

 

ティー「……すごく嬉しい。でも...」

6 コメント

  1. はじめまして、楽しく読ませいただいています。7/14マカテイで筋肉質のタンクトップ姿で歩いていたアジア人を見ました。もしかしたらと思いましたが?

    • 匿名さん
      はじめまして、コメントありがとうございます。
      私はその時日本だったので、私ではないですが、私以外にもタンクトッパー筋肉はいたんですね!
      どんな方でしたか?

  2. 肩→胸→ウエスト 見事に鍛えあげられた逆三角形でした。
    ken onoさんの写真と似ていたので、もしや⁉︎とおもいたずねてみました。

    • 匿名さん
      そうなんですね笑
      では私ももっと鍛えて体だけで気が付いていただける体を目指します。
      私の目標は体だけを見てオノケンさんですか?と話しかけていただけることです!!

  3. 了解しました。
    鍛えあげられたken ono さんを見られる日が来るのを楽しみにしています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here