ブログランキングリンク-トップ

 

[オノケンブログ前回のあらすじ]

初めてKTVに行く。もしくはまだまだ全然KTVの経験が浅い人におすすめはと聞かれたら間違いなく花と蝶と答えます。美人が多く、大人数で行くとコスパはかなりいいです。そんな花と蝶で最強レベルの物をもつ嬢と遭遇します。

マラテおすすめ最強レベルのKTV、花と蝶で最強レベルの○○な嬢と出会う

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[長い夜の始まり。早めの就寝が望ましいが、そこに立ちはだかるのは…]

“なぜ私のことを指名してくれたの?”

 

乳のみを見て決めた指名子が、私に問うてきた。

おそらく彼女は乳に比べると、自分の顔に自信はそこまでないのだろう。

事実、後にLINEを交換した時にみた彼女のLINE掲示板上は、顔のアップ写真はほとんどなく、全身が写るような引きでの写真ばかりであった。

 

お世辞にもきれいとは言えない顔なのにも関わらず、写真写りも悪い顔面アップ写真を望んでもいないのに送りつけてくる習性があるフィリピーナにしては珍しいタイプである。

おそらくは彼女を指名する客の多くは彼女の乳目当てであり、そんな客との出会いがそれなりに今までにあった経験から来た質問であろう。

 

“もちろん君のそのすさまじい、いやグロテスクと表現してもいいほどの乳があったからだよ”

 

というのが私の本音だ。

本音だが、こんなときこそ本音と建前をわきまえる瞬間だ。

まったくもって本気ではないにしても、ワンチャンあればいいなと思っているため、そんな可能性を無にするような返答はできない。

 

“もちろん君が俺のタイプだったからだよ”

 

そんな彼女の目をしっかり見つめながら答えることのできないような嘘をついた。

仕方がない。正直今の段階ではそれ以外の答えはできない。

 

タイプと言われて、まんざらでもない顔をしているスイカ。

 

―――スイカよ。そんな簡単にこんな嘘つき男の言葉を信用しちゃいけないよ。事実、君が私から視線を外す度に私は君の乳を見ている...君のそのマリアナ海溝を彷彿とさせるほどの深い谷間に顔を埋める瞬間を想像をしながら...

 

彼女の接客は割と客との距離が近いスタンスであった。

そちらから身を預けてくるのであれば、男として受け入れるのが礼儀と言うものであろう。

その代わり、君のそのマリアナ海溝とアワビで私の赤ペコを受け入れてくれるかい?←病気

この1セットの間、レンジさんからはことあるごとに

 

“おっぱい見すぎ”

 

と教育的指導を受けたが、そんなことももろともしない私の視線は、常に彼女の乳に向けられていた。

しかし、スイカにはその視線は絶対に悟らせない。

こちとらエロが身に付いた幼いころからの乳好きである。

 

どれだけの女性の視線をかいくぐって乳を盗み見して来たと思っている。首尾は完璧だ。

私の脳内フォルダにしっかりと記憶をしておくのである。

 

さて、ダイスケさんだが、指名子はやはりかなりかわいい子である。

年齢は見るからに若く、華奢でどちらかといえばロリ系だろうか?

うーん、抱きたい...

 

KTVでの時間が開始されるといよいよダイスケさんの本領が発揮され始めた。

KTVの楽しみ方、同じ空間にいる人たちの楽しませ方の多くを披露していただいた。

彼のすごいところ...それはいつもノンアルコールなのに、誰よりもテンションが高いところである。

私が個人的に一番好きな彼の盛り上げテクニックと言えば、照明テクニックである。

部屋に照明の明るさを調整するものがあれば、必ずそれを使ってパフォーマンスを行う。

 

自分の歌に合わせて(特にサビの部分では)、うまく明るくしたり暗くしたりする。

簡単なものではあるものの、私はこれが結構ツボである。

おそらく誰でもできるというものではなく、彼の選曲、タイミング等が絶妙なのだろう。




 

 

ダイスケさんのおかげで大盛り上がりを見せた1セットもそろそろ終わろうとしている頃、時刻はもう2時30分頃であった。

非常にちょうどいい時間ではないだろうか。

 

これからホテルに戻って、シャワーを浴びたら3時半ごろ。

だいたい5時間ほどは寝られるだろう。

フィリピンでの睡眠時間としてはちょうどいいくらいである。

 

しかし...

 

ダイスケ「僕、この子完全に気に入っちゃいました!!みなさんでこの後アフター行きませんか!!レンジさんとケンさんといえば、アフターでしょう!!」

 

―――ま...まじかっ

 

アフター...何をするかにもよるが、最低でもプラスで1時間はかかる。

しかも女の子達の着替えも待たないといけないことを考えると、解散は早くても4時だ。

 

しかし、このメンツだ。

“アフターでご飯を食べに行くだけ”みたいなアフターになるわけがない。

きっと行先はクラブだ。

クラブとなると早くてもホテルに戻れるのは5時...

 

明日は遠出をする。

私はともかく、レンジさんは慣れない土地で慣れない左ハンドル車でロングドライブをしなければならない。

そのため、睡眠不足状態での運転は危ない。

ここはひとつ、レンジさんから断りを入れてもらおう。

 

 

しかし...

 

 

レンジ「うおー!!行きましょう行きましょう!!!ね、ケンさんも行くでしょ!?」

 

・・・・はい。

 

そうだ。レンジさんは無類のアフター好きだ。

何よりノリが良い。

断るわけがない。

 

・・・そうだ。こうなったら、スイカを始めとした女性陣がアフターを断ればいいんだ。

相手がいなければアフターも成立しない。

よし、断れ女性陣。

 

しかし...

 

満場一致で女性陣参加表明。

特にスイカは

 

“もう少しあなたと一緒にいたい”

 

だそうだ。

こちらに気がありそうな言葉をかけてくれること自体は嬉しいが、それならもうクラブではなく、ホテルに行こうよ...

 

私の希望はすべて消え、めでたくもアフターに行くことになった。

明日(今日)、死ねるな...

 

今週も一週間、ジャンジャンバリバリな応援クリックをお願いします!!

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

クレマニ前の記事【フィリピン】LCCのエアアジア AirAsia でマニラへ行こう!
クレマニ次の記事意外な人物とアフターに最適なおすすめのクラブハウスに向かう
オノケンblog前の記事
オノケンblog次の記事

 

Ken Ono
オノケンは日本で働く普通の30代サラリーマン。先輩レンジの誘いから、マニラ旅行へ。それ以来、マニラに通うように。趣味はフィットネスで筋肉こそ正義だと思っている。海外旅行はリアルドラクエのため筋トレでレベル上げをしている。 オノケンブログでは、マニラ旅行記やフィリピーナとの恋愛をメインに、英会話の上達方法などを記事としてアップしていきます。
マニラのロスマンホテル ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

5 コメント

  1. 今は安くてフィリピン行けるからありがたいです。
    選択できるLCCも増えて
    マニラ夜遊びがこれからもっと活気づくと良いですね!
    マラテの街は日本人多かったけど…今はC国、K国のが目立ちます

  2. 数年前であれば、アフターは毎晩行けたのに、、、
    最近は、嬢から誘われても、断るように。。。

    年とると、睡眠欲に勝てない。。。はぁ、、最近は息子もおとなしくなりました。

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here