ブログランキングリンク-トップ

 

 

[前回のあらすじ]

フィリピンから帰国したその夜、馴染みのあるフィリピンパブへ立ち寄る。そこで新たなフィリピーナと出会う。あまり乗り気ではないレンジだったが、ママから同伴の提案を受ける。

[前回記事]
【レンジブログ122】フィリピンパブで無愛想なフィリピーナに出会う

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

[序章第一話]
【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[第一章第一話]
【レンジブログ33】プライベートフィリピン女性との深夜デート。マラテのディスコ EXKLUSIVE へ

[第二章第一話]
【レンジブログ51】マニラのフィリピーナが初めて日本の地方都市に来る

[第三章第一話]
【レンジブログ71】マニラでビジネス開始。フィリピーナのコンサルティングで法人設立。

 

レンジブログは第三章で完結しています。

それ以降のエピソードが「オノケンブログ」の内容になります。

[オノケンブログ第一話]
オノケンブログ第一話「転落と後悔」

 

また、レンジ個人のその後のエピソードは「外伝」という形で記述しています。

[外伝一章第一話]
【レンジブログ101】フィリピーナをフィリピン国内旅行に誘ってみた

 

 

【レンジブログ123】フィリピンパブで出会ったフィリピーナと同伴

 

――ママから突然の提案。

「ミカと同伴デートしたら?」との言葉に戸惑う。

 

私「えっ、いきなりですか? 今日出会ったばかりですけど」

私はミカの表情が気になった。

ママ「いいじゃん、ご飯だけ。ミカはね、同伴を今までしたこと無い。他の女の子のエスコート経験はあるけど」

彼女は黙ってヒールのかかとを気にしている素振りだけ。「同伴なんか。こんな日本人から得るものなどない」と言っているように見えた。

 

私「私はもちろん良いですけど、彼女はどうなんでしょう」

ママ「良いに決まってるじゃない。ねぇ、ミカ!」

 

ミカは無表情で今度は反対のヒールを気にしていた。

ママはタガログ語でミカに話しかける。

おそらく「あなたはもうマニラに帰っちゃうんだし。ご飯くらい行ってきたら?」のような雰囲気だった。

 

フィリピンパブ 同伴

 

ママ「ねっ、レンジ! 今週は忙しいの?」

私「…そうですね、仕事の後は大丈夫ですけど。同伴だったら少し早く上がらないと。…明後日とか?」

ママ「やった! レンジ、本当?」

私「いやー、まぁミカがOKなら」

 

それはそうである。彼女にその気がなければ難しいだろう。私も無理に女性と外を歩きたくない。

不機嫌そうに歩く彼女の後ろを、私がただ付いて行くだけの絵が想像できる。周囲の目は私を美女に飼われている醜いブタの子だと見るだろう。

 

またミカについて。

確かに綺麗で魅力的な女性である。角度によっては、私が過去出会ったフィリピーナの中では最もタイプかもしれない。

しかし、3カ月も日本に滞在して今まで一度も同伴経験が無いと言うことは、普通のフィリピーナでは考えられない。

日本に彼氏は居ないと推測できるが、本当の素性はわからない。何か事情を抱えた女性なのだろうか。

 

私にチャンスがあるかどうか。そもそもお互いに異性として見るか。

彼女の意志次第だ。

今度は私の言葉で誘ってみる。

私「Mika. How do you think to have “Dohan” with me the day after tomorrow? (ミカ。明後日、一緒に同伴することをどう思いますか?)」

 

ミカは未だ疑っている様子。

私をスキャンするような鋭い視線がしばらく続いた。

ママはタガログ語でもう一押し。私のことをただ褒めていることはわかった。

 

ミカ「I’m okay. (大丈夫よ。)」

 

ぶふぇっ!? おっ、おう。

 

同伴OKだと? 本当に? しかし、彼女の表情は柔らかかった。本当に大丈夫のようだ。

流れのまま同伴が決まった。少しは期待して良いのだろうか…。

営業色は薄い。私をお客として囲うには期間が残されていないし、彼女に金銭的なメリットが多少なりあると言っても「嫌ならNo」と言うはず。

これはどちらかと言えばプライベートなお誘いだ。

友人としてか、相手が私だからか。何か別の目的か。

 

ママ「ねっ、ミカ。レンジと二人っきり。いってらっしゃい。あなた外出ほとんどしないから」

ママはとても嬉しそうだった。日本嫌いのミカを気遣っているのだろう。そして、初回の同伴ながら私と二人だけで良いと言う。

以前この店でサラとの時は、4回目の同伴でようやく初めて二人っきりになったはず。

ママはミカを信頼しているのだろう。店長との関係もあるのだろうか。もちろん、私も初回で彼女をホテルに誘うわけがなく、その意味では安心できる客だ。

 

そして、その場で約束の時間と場所を決めた。明後日、駅前付近でディナーデートだ。

 

――この日、ミカと連絡先の交換をして帰宅した。

一応、「Nice meeting you again.」とだけメッセージを入れておいた。

すぐに既読が付いたが、返信が来たのは次の日の午後。それからお互いに電話とメッセージを繰り返した。

私もさすがに「初心者」ではないので、ミカにはあまり期待せず。このときは「仲の良い友達になってくれれば」くらいの気持ちだった。

 

――待ち合わせは、彼女の寮の向かいにある公園。

サラとの思い出が残る場所。今回は別のフィリピーナを待つ。

 

夕刻、仕事を早めに切り上げ、公園のブランコに乗って少年時代に思いを馳せる。

 

しかし、いじめられた思い出ばかりが蘇ってくる。

 

例えば、中二の頃。

授業中に爆竹の束をパンツの中に入れられ、20秒ほど人間花火に。

何が燃えたか分からないほどの煙に非常ベルが鳴ってボヤ騒ぎ、消防車が駆けつける事態に。

幸い、私のケツは炭で黒くなっただけで、火傷はなかった。

しかし、「学校でケツが爆発したブス」ということで、ボヤの犯人扱い。

それ以降、影のあだ名は「一人祭り」と呼ばれ、学校では一躍有名人に。

その年の生徒会長選挙では立候補もしていないのに、別枠で私の名が書かれた。

内向的な私には究極の嫌がらせ。応援演説ゼロにもかかわらず、多数の票が入っていた。

そして、転校を考える事態にまで陥った。

 

 

くそっ。

そんな私も今はただのおっさん。

ブランコを漕ぎ、一人でむかつき勝手に拗ねていた。

 

気分転換に、ロナウジーニョのタッチ集&ゴールシーンの動画を見る。

 

…落ち着く。

 

 

私は彼の楽しそうなプレースタイルと顔面が大好きなのだ。癒される。

 

そして、しばらく待っているとミカは現れた。

 

彼女はTシャツにショート丈のデニム姿。何より豊満な胸が目立つ。

足元にはチープな100均サンダルを履いていた。フィリピンから持ってきた物だろうか。

夏場と言っても「お金が掛っていない服装」だとわかる。

彼女は私を見つけると、一瞬だけ笑顔を見せて小走りでやってきた。

 

近くに寄るとヒールがない分、記憶よりもかなり小柄だった。

 

私「Hi, how are you? (やあ、元気?)」

ミカ「I’m fine. Let’s go? (元気。行きましょう?)」

 

彼女はすっと私の腕を取った。

この仕草で男性の扱いが初めてではないと感じた。

お店での接客とは違い、とてもフレンドリーな表情を見せる。普段から余程ストレスを抱えていたのだろうか。

仕事前の薄い化粧も気にならず、美貌はそのまま。このようなシーンでは普通の可愛い女の子に見えた。

 

――私たちは駅前へ向かった。夕刻のラッシュ、人の群れに紛れる。駅に隣接するデパートエリアはどこも忙しい。

このあとは同伴出勤するため、あと三時間ほどしかない。

 

一応、「何か欲しいものある? おっさん、買ってあげるよ?」と聞いてみたが、ミカは「無い」と言う。

んー、日本でのデートは難しい。マニラの方が慣れていると言えるかもしれない。

さっそく行き先に困る。

 

私たちは多様な人々の観察とウィンドウショッピングをすぐに終え、駅を離れた。

 

 

慣れているはずの日本の都会がこのときは居心地悪かった。

 

そんな私の空気を察したのか、ミカが聞いてきた。

ミカ「Are you hungry? (お腹空いた?)」

私「So so. I think you must be hungry. (まあまあかな。あなたは空いてるでしょ。)」

 

私は彼女たちがいつも質素な食生活であることを知っていた。

元彼女のサラが「今日もこれだけ」と、ビデオコールでインスタントラーメンとゆで卵を食べる様子をいつも見ていた。ミカも同様の食生活であるはず。

 

私「What do you want? (何食べたい?)」

ミカ「It’s up to you. (あなたに任せる。)」

私「Yakiniku? Japanese barbecue. (焼肉? ジャパニーズバーベキュー。)」

 

それを聞いた彼女は、「Yes!」と嬉しそうに腕を強く握ってきた。

 

…彼女の片乳が腕に当たる。

いや、当ててきているのか。

 

ミカよ、それを自然と行えているならば、もはや生粋の悪魔だ。その行為は容易く男をアホにする。

薄いTシャツ生地、ワイヤーが入っていない簡素なブラジャーは何も機能しておらず、当たる感触はほぼナマチチだった。

いや、もう確かなおっぱいだった。

 

とんでもない擦り付けである。

繰り返すが、とんでもない擦り付け具合である。

この擦り付けが続くならば、再び煙が立つであろう。このボヤの犯人ならば本望だ。私は間もなく灰となる。

 

まさに「昇天」である。

 

 

私は正気を保ちつつも「I know your favarite. Haha.」と、無駄に肘を立てる。この世の宝物に長く触れていたいのだ。

しかし、ブスな欲情を感付かれたのかミカがブラのポジションを直す。

その仕草、たわむ乳を中心にガン見する私。

 

ミカ「Where?(どこ?)」

私「Wha, What!?(なっ、何!?)」

ミカ「Yakiniku.(焼肉。)」

 

おっ、おう。

私は目から射精しそうだったようだ。視線を元に戻す。

 




 

この辺りはまだ人が多い。私たちはもう少し静かな場所を探して歩いた。

 

――そして、飲食雑居ビルの一階にそれらしい焼肉店。

ミカに提案すると、「ここでいいよ」と言う。

 

フィリピンパブ 同伴 焼肉

 

時刻は未だ18時前。これから混み合うと予想されるが、この時は閑散とした店内だった。

私たちは奥のテーブルに通された。

私は向かい合って座ろうとしたが、ミカが「隣!」と言う。恥ずかしながら隣合って座る。

マニラであれば普通に出来ることが、日本ではなかなか難しかった。

 

そして、注文を私のお任せでオーダーし、料理が運ばれてくる。

彼女の嬉しそうな表情を見て私もそれ以上に嬉しかった。

 

さらに彼女は、お肉を焼いてくれる、口に運んでくれる、「美味しいか?」と聞いてくれる。

このような人の優しさに触れるのはいつ振りだろうか。思い出すのは遠いフィリピンの彼女たち。

最初は皆優しかったはずなのだが。

 

ツンデレ? 略すのは失礼だ。

ミカよ、ツンツンツンデレデレデレではないか。早々に裏切られた期待。

 

完全に惚れてしまった。

 

そして、私は軽々しく爆弾を踏んでいく。

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

レンジblog前の記事
レンジblog次の記事

 

レンジ
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。

6 コメント

  1. 執筆お疲れ様です。今回の記事はキレキレですね、笑わせて頂きました!いや、レンジさんには辛い過去か泣

  2. レンジブログも相当オモロイですオノケンブログとはまた違った視点で楽しめてます。挿し絵は名古屋でしょうか。
    まぁそれにしても二人ともこれだけ笑いを引き出しますね。感心します。二人とも最高、感謝、頑張れ!

  3. Misoさん、コメントありがとうございます。
    全てが良い糧になっていると思います。皆さんそれぞれの人生、私だけ泣き言は言ってられません。

  4. ビーサンさん、コメントありがとうございます。
    そうですね、池田公園周辺をイメージしています。
    若手芸人以上に頑張ります。よろしくお願いします。

  5. 匿名さん、コメントありがとうございます。
    キャバ編の方が面白く書ける自信あります。日本女性の方がぶっ飛んでいると感じることが多いです。

※コメントアイコンが欲しい読者様、DMでお知らせください。

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here