ブログランキングリンク-トップ

 

 

この記事はタガログ語(フィリピン語)入門講座です。

基本文法から会話文の応用まで順序立てて解説していきます。

また記事の後半では「瞬間タガログ語作文」を練習することができます。ちょっとスケベな下ネタも入れていきます。学習のまとめと実際の会話訓練にどうぞ活用ください。

このタガログ語入門講座はシリーズ化して、一通り習得できるようにしていきます。

皆さんの学習にお役に立てれば幸いです。

 

「一般動詞(継続相)の肯定文、否定文、疑問文」入門

 

 

一般動詞(継続相)の肯定文

まず一般動詞の「継続相」とは、英語の「現在形や現在進行形」のことを表します。既に動作は開始されており未だ完了していない状態、あるいは習慣的な行為や進行中の状態を表します。

この記事では「継続相」と言うと難しく感じるので「未完了形」と表現します。

今回はその「未完了形」の状態の一般動詞について説明していきます。

「私は(その他人物、単語)は~します」

「主語(私、その他人物、単語)は~します」

~ 主語(私、その他人物、単語)

動詞(未完了形) + 主語 + 目的語など.

例として、「私はセブに行きます」は、
 
Pumupuntaプムプンタ ako sa Cebu.   「pumupunta…行く」
 
となります。
 
sa」と言うのは、英語の「to」のように行き先を表わす言葉(マーカー)です。
「sa」は他にも、英語の「on」、「in」、「from」、「with」や「at」など、主に「時」、「場所」、「方向」、「対象」や他にも「所有」を示す時に使用されます。

例えば、「私はマニラに住んでいます」は、
 
Nakatiraナカティラ ako sa Maynila.   「nakatira…住む」
 
となります。この時の「sa」は英語の「in」のように使っています。
これは「sa形」と言うルールで「ang形」とはまた違うものです。詳しくは別記事で紹介します。
 

ポイント

動詞は文頭に置く

  • 「AはBします」は、「B A.」と言う語順になる。
  • 目的語はその後ろに付ける。
  • 「sa」は英語の「to, on, in, at, from, with」のようなもの。

 
タガログ語の動詞には完了形(英語の過去形)、未完了形(英語の現在形、進行形)、未来形の時制があります。ただし、動詞の中には一部時制を持たないものがあります。

未完了形以外の時制の動詞については、次回以降の記事で紹介していきます。
 

これも重要!
 
「私は」を表わす「ako」ですが、同様に「ko」を主語として使うことができます。
 
厳密には、「akoは能動態」、「koは受動態」の場合で使い分けるのですが、日本語訳にするとどちらも同じようになります。
(「あなた」なども同様。「mo」などng形も主語になる。)

例えば、
 
Gustoグスト ko siya. 「Gusto…好き」
 
は、本来「私に好かれているのは彼です」と言う意味ですが、
日本語訳では「私は彼のことが好きです」となります。
 
また、「ko」と言うのは、akoの「ng形」と言われるもので本来は「私の~」を表します。

例えば、「私のティテは大きい」は、
 
Malaki ang titeティテ ko.  「tite…男性器」
 
となり、通常は修飾する単語の後ろに置きます。(ang tite ko…私のティテ)
 
以下も同じ意味です。
 
Malaki akong tite.
 
「akong」は「ako + ng」で「私の」を同じく意味します(単語の前に置く場合)。
 
これらも後の記事で詳しく説明していきます。
 
ここでは、この「ko」を単独で主語としても使用できることだけを確認してください。
 

主語として「ako」もしくは「ko」も使用できる

 

 

タガログ語基本例文

私はホテルから外出します。
Lalabasララバス ako sa hotel.   「lalabas…外出する」
私はケンを知っている。
Kilalaキララ ko si Ken.   「kilala…(人を)知っている」
私はその状況がわかります。
Naiintindihanナイインティンディハン ko ang sitwasyonシツウェイション.   「naiintindihan…わかる、理解している」、「sitwasyon…状況」
あなたはそのニュースを知っている。
Alamアラム mo ang balitaバリータ.   「Alam…(物事を)知っている」、「balita…ニュース」
あなたはモールへ行きます。
Pumupunta ka sa mall.
彼らは映画を観ます。
Madalasマダラス sila ng※ナン sineシネ.   「madalas…観賞する」、「sine…映画」

※「ng※ナン」は、「~を」が示す目的語の前に付けるマーカーで、madalasなどと一緒に用います。

 

一般動詞の否定文

他の否定文と同じく文頭に「Hindi」を付け、主語を前にします。

「私は(その他人物、単語)は~しません」

「私は(その他人物、単語)は~しません」

Hindi 主語 動詞.
Hindi + 主語 + 動詞(未完了形) + 目的語など.

 

タガログ語基本例文

私はホテルから外出しません。
Hindi ako lalabas sa hotel.
私はケンを知りません。
Hindi ko kilala si Ken.
私はその状況がわかりません。
Hindi ko naiintindihan ng sitwasyon.
あなたはそのニュースを知りません。
Hindi mo alam ang balita.
あなたはモールへ行きません。
Hindi ka pumupunta sa mall.
彼らは映画を観ません。
Hindi sila madalas ng sine.

 

一般動詞の疑問文

動詞と主語の間に「ba」を挿入し、最後にクエスチョンマークを付けます。
 
なお、主語が「ka(あなたは)」の時は「ka」の後ろに「ba」を挿入します。
これは「mo」を使った時も同様です。

「私は(その他人物、単語)は~しますか?」

「私は(その他人物、単語)は~しますか?」

動詞 ba 主語 ~?
動詞(未完了形) + ba + 主語 + 目的語など?

 

「あなたは~しますか?」

動詞 ka(mo) ba 主語 ~?
動詞(未完了形) + ka(mo) + ba + 目的語など?

 

タガログ語基本例文

彼はホテルから外出しますか?
Lalabas ba siya sa hotel?
あなたはケンを知っていますか?
Kilala ka ba si Ken?
あなたはその状況がわかりますか?
Naiintindihan mo ba ng sitwasyon?
ナオミはそのニュースを知っていますか?
Alam ba si naomi ang balita?
私たち(相手を含む)はモールへ行きますか?
Pumupunta ba tayo sa mall?
彼らは映画を観ますか?
Madalas ba sila ng sine?

 




瞬間タガログ語作文練習

以下に、今回紹介した文法について例文を10個掲載しています。

日本語を読んだ後、タガログ語を瞬時に脳内で作文して、実際に発音してみてください。それぞれ下部ボタンをクリックすると解答例が表示されます。

これを繰り返し練習することで、タガログ語での会話の時にスムーズに話すことができます。

※下ネタも入っています。

 

私はセブに行きます。


Pumupunta ako sa Cebu.

私はマニラに住んでいます。


Nakatira ako sa Maynila.

あなたはそのニュースを知っている。


Alam mo ang balita. 

私はホテルから外出しません。


Hindi ako lalabas sa hotel.

私はその状況がわかりません。


Hindi ko naiintindihan ng sitwasyon.

彼らは映画を観ます。


Madalas sila ng sine.

あなたはケンを知っていますか?


Kilala ka ba si Ken?

あなたはその状況がわかりますか?


Naiintindihan mo ba ng sitwasyon?

ナオミはそのニュースを知っていますか?


Alam ba si naomi ang balita?

私たち(相手を含む)はモールへ行きますか?


Pumupunta ba tayo sa mall?

 

まとめ

この記事のまとめ

一般動詞の肯定文では、動詞は文頭に置く
否定文では、文頭に「Hindi」を付け、主語を前にする
疑問文では、動詞と主語の間に「ba」を挿入する
ただし、主語が「ka(あなたは)」の時は「ka ba」を挿入
 

 

この記事で出てきた単語

pumupunta …「行く、訪れる」
nakatira …「住む」
gusto …「好き」
tite …「男性器」
lalabas …「外出する」
kilala …「(人を)知っている」
naiintindihan …「わかる、理解する」
sitwasyon …「状況」
alam …「(物事を)知っている」
balita …「ニュース」
madalas …「観賞する」
sine …「映画」

以上、タガログ語入門講座八回目でした。

今回は、一般動詞(未完了形)の文を紹介しました。

次回は、未来形の文を説明していきます。

少しずつステップアップしていきますので、ゆっくりと学習していきましょう。基本構文のみ理解すれば、あとは会話フレーズを覚えて行くだけです。

タガログ語は決して難易度の高い言語ではないので、頑張りましょう!

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

クレマニ前の記事【タガログ語入門7】基本文法、名詞や人名が主語の場合の疑問文
クレマニ次の記事【夜遊び】マニラのクラブ「ZZYZX」がLaカフェ化していた
タガログ語入門前の記事
タガログ語入門次の記事

 

Range Abe
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。
ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here