ブログランキングリンク-トップ

 

 

こんにちは、レンジです。

先日、ケンさんとマニラに滞在していたときに、

「今日はKTVハシゴだーっ! 最後は526だーっ!」

と言っていたのですが、一軒目にして私が泥酔してしまい、ケンさんにキレられました。

 

 

この後、526で死ぬほどお金を使わされた私ですが、皆さんには幸多からんことをお祈りします。

 

 

【恋愛相談】フィリピーナ彼女と絶対過ごすべきフィリピンの祝日とは?

 

頂いたお便りの中で、「フィリピンの祝日で、フィリピーナの彼女と過ごすべき日はありますか? もうすぐクリスマスなので、クリスマスはどうなのかなと相談させていただきました。」と、言うメールがありました。

こちらの回答をしながら、今回のトピックス記事とさせていただきます。

以下、この記事の目次です。

 

  • フィリピンの祝日ってどんな日がある?
  • Holy Week(ホーリーウィーク)とHalloween(ハロウィーン)について
  • Christmas, Christmas eve(クリスマス、クリスマスイブ)について
  • Valentines Day(バレンタインデー)について
  • 彼女あるいは家族と過ごすべき祝日、あるいは記念日は?

 

 

フィリピンの祝日ってどんな日がある?

 

それではフィリピンの祝日について、来年2019年のものを日付とともに紹介します。また、以降の日付と曜日は全て2019年のものです。

 

まず、「2019 National Regular Holidays(2019年、国が定めた祝日)」として、10の祝日があります。

1月1日(火) 「New year’s day (元旦)」

4月9日(火) 「The Day of Valor(勇者の日)」

4月18日(木) 「Maundy Thursday(洗足木曜日)」

4月19日(金) 「Good Friday(聖金曜日)」

5月1日(水) 「Labor Day(労働者の日)」

6月12日(水) 「Independence Day(独立記念日)」

8月26日(月) 「National Heroes’ day(英雄の日)」

11月30日(土) 「Bonifacio Day(ボニファシオ・デー )」

12月25日(金) 「Christmas(クリスマス)」

12月30日(月) 「Rizal Day(リザール・デー)」

 

また、「Non-Working Day(特別非労働日)」として以下の7日が設定されています。

2月5日(火) 「Chinese New Year(旧正月)」

2月25日(月) 「EDSA People Power Revolution Anniversary(EDSA革命記念日)」

4月20日(土) 「Black Saturday(ブラックサタデー)」

8月21日(水) 「 Ninoy Aquino Day(ニノイ・アキノ・デー)」

11月1日(金) 「All Saints’ Day(諸聖人の日)」

12月8日(日) 「Feast of The Immaculate Conception of Mary(聖母マリアの日)」

12月31日(火) 「New Year’s Eve(大晦日)」

 

また、追加特別休日として2日、以下の休日があります。

11月2日(土) 「All souls’ Day(死者の日)」

12月24日(火) 「Christmas Eve(クリスマス・イブ)」

 

上記がフィリピンの一般的な「祝日(休みの日)」ものになります。

日本の祝日は年間「17日」で、これは世界的に見ても多いとのことですが、「仕事が休みになる日数」だけで言えば、フィリピンの方が「19日」と2日間多いことになります。

のんびりとした国民性も反映されているのでしょうか。

 

 

Holy Week(ホーリーウィーク)とHalloween(ハロウィーン)について

 

キリスト教徒が多い国ではHoly week(ホーリーウィーク、聖週間)というものがあり、2019年は4月14日(日)から始まります。

その間、4月18日(木)「Maundy Thursday(洗足木曜日)」、4月19日(金) 「Good Friday(聖金曜日)」、4月20日(土) 「Black Saturday(ブラックサタデー)」は祝日であり、その一週間の後の日曜日21日は「Easter Sunday(イースターサンデー)」と呼ばれ、キリストの復活祭として各地でパーティーやお祝い事が行われます。

ホーリーウィークは、キリストの地上での最後の週、復活祭に向けて起こった出来事を記念したもので、毎年行われるキリスト教の儀式です。日付は、復活祭であるイースター・サンデーの日付によって定義されるため、毎年異なる日付になります。

この期間中は、家族と過ごすことが一般的であり、田舎のある人は家族とともに帰省し、田舎でその期間を過ごします。

 

 

また、ハロウィーンについては、10月31日(木)から11月2日(土)の三日間が該当します。これは、フィリピン、キリスト教徒は直接関係がないのですが、日本の「お盆」に該当するような期間になります。

そして、11月1日(金)「All Saints’ Day(諸聖人の日)」と、11月2日(土) 「All souls’ Day(死者の日)」はフィリピンでは祝日になります。

多くの場合、その期間に先祖や親戚の「お墓参り」をしたり、「子どもが仮装」したりするようなイベントが行われます。大人の方々も、職場で仮装したり、仮装した画像をメッセージで送ったりなど、それぞれハロウィーンを楽しみます。

これらは、特に恋人と過ごすような期間ではありませんが、「家族に近い恋人」で有る場合は、一緒に過ごすことが一般的です。

 

また、この記事とは直接関係ありませんが、毎年1月9日(水)はマニラのキアポ教会にある「ブラック・ナザレ」が街中をパレードする日です。

この日は、マニラシティの北部が多くの人々でごった返し、街中を行く「ブラック・ナザレ像」を触ろうとする祭りになります。

 

 

毎年、百万人以上の人出と、数人の圧死者が出ると言う有名なフィリピン最大の奇祭です。

ちなみにこれは特に恋人、家族にとって一緒に過ごさなければならないという日では有りません。参考まで。

 

Christmas, Christmas Eve(クリスマス、クリスマスイブ)について

 

「キリストが生まれなければ、私も生まれていない。だからクリスマスは自分の誕生日と同じくらい大切な日」と、とあるマニラの高級KTVのママさんが言っていました。

キリスト教徒の多いフィリピンでは、「クリスマス」は人々にとって一年の中でも最も重要な日になります。

そして、フィリピンでは、クリスマスは国を上げてお祝いします。早いところは日本の秋口の季節からお祝いムードが始まります。

特に、12月は「もうクリスマスだっ!」と人々は忙しくなります。

このクリスマスの季節ですが、職場や仲間内でパーティーをしたり、家族と過ごす時間を多くもったりと、それぞれ過ごし方は異なります。

サービス業の方たちはもちろん繁忙期になるので、思うように休みが取りにくいでしょう。

それでも、「クリスマスは家族と過ごしたい」とほとんどのフィリピン人は考えているようです。

キリストの誕生日を皆で、家族で祝いたいという日がフィリピンのクリスマスです。

 

 

Valentines Day(バレンタインデー)について

 

世界中で愛を伝えあう日がバレンタインデーで、フィリピンでも同様、恋人達にとっては重要な日になります。毎年2月14日、2019年は木曜日の平日です。

このバレンタインデー、元々はローマ皇帝の迫害下で殉教したバレンタイン伯爵に由来する記念日ですが、フィリピンでは特に「愛する人に愛を伝える日」として認知されています。

日本では「女子が男子にチョコを上げる日」となっていますが、フィリピンでは「男性が女性に愛を伝える、告白する日」です。これは家族間でも同様であり、愛を伝えるべき相手に「愛しています」と改めて伝える日です。

例えば、長年告白したかった女性に、花束を持って告白する。あるいは、付き合っている彼女をどこか特別な場所でデートする、など男女間、恋人間では特に大切な日になります。

日本以上に、「好きな女性、男性と一緒に過ごす」べき日でしょう。

ただし、このバレンタインデーですが、一緒に過ごしたいというのはどの女性も同じです。しかし、「特にそこまで大切な日ではないよ。」という女性もいます。この日の重要度には個人差が大きいようですので、一番はその相手に「バレンタインデーはどう過ごしたい?」と聞いてみることでしょう。




 

彼女あるいは家族と過ごすべき祝日、あるいは記念日は?

基本的には、愛し合っている者同士、いつも一緒に過ごすことが幸せでしょう。

しかし、フィリピンと日本のように遠距離恋愛の場合にはなかなかそうは行きません。

そこで、フィリピーナの「恋人あるいは家族と絶対に過ごすべき日」ということで、以下に、第三位まで順位を付けましたので参考にしてください。

 

恋人にとって大切な日
第一位 誕生日
第二位 バレンタイン
第三位 クリスマス(イブも)
同位タイ 新年

 

家族にとって大切な日
第一位 クリスマス(イブも)
同位タイ 新年
第三位 誕生日

 

上記の順位は、広くアンケートを取ったものではありませんが、私が今まで出会ったフィリピーナ、知人たちほぼ全て共通のものでしたので、少なくともマニラではこのような認識だと思います。

それではまず、恋人にとって大切な日について、説明します。

・第一位:誕生日
これは、日本でも同じでしょう。お互いの誕生日を必ず一緒に過ごしたいと言うことです。もし、難しい場合は、何かしら特別なメッセージを残す、あるいはアーリー(Early)でもレイト(Late)でも必ず一緒にお祝い(Celebrate)しましょう。

・第二位:バレンタイン
これについては、「誕生日よりもバレンタインの方が大切!」というフィリピーナが若干名いました。しかし、「バレンタインなんてそこまで大切じゃない、絶対誕生日!」と言う声の方が圧倒的に多く、総合的には「誕生日」の方が重要なようです。
それでも第二位ですので、バレンタインもできるだけ一緒に過ごす、あるいは何かしらの愛情表現を伝えた方が良いでしょう。

・第三位:クリスマス、同位タイ新年
これについては、「もし恋人を越え、家族とも親交がある」という場合にランクインしてきます。「ただの恋人、親しい友人」という場合には、それぞれの家族を優先するようです。なぜならば、クリスマスは「家族と過ごす、第一位」だからです。

クリスマスは、自身の誕生日同様にその日を祝います。そして、フィリピンでは「家族」と過ごす日になります。日本のように、「家族よりも恋人と一緒に過ごす」ような日ではありません。家族最優先です。

したがって、もし「家族としても受け入れられている関係」であれば、誕生日同様に恋人同士でも家族皆で過ごす大切な日になります。

また、新年も同様です。そして、家族に近い場合は、、ホーリーウィークやハロウィーンも一緒に過ごすべきでしょう。

 

続いて、家族と過ごすべき日についてですが、繰り返しになりますが「クリスマス」が最も大切な日になります。前夜の「クリスマスイブ」も同様です。

この二日間は、フィリピンでは恋人とではなく「家族と過ごす日」になります。

また、「誕生日」の順位が意外に低くなっています。もちろん、事前か事後に家族とお祝いするでしょうが、基本的にはその日は「恋人」や「友人」から祝ってもらうことを優先するようです。

 

ちなみに、ランキング他の祝日については、日本同様にそれほど重要ではありません。「この日は恋人と過ごす」という認識があるのは、上記に上げているものだけです。

ということで、「彼女と絶対に過ごすべき日」は、「彼女の誕生日」が最も大切な日となります。

 

以上、【恋愛相談】フィリピーナ彼女と絶対過ごすべきフィリピンの祝日とは? についての記事でした。

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

クレマニ前の記事初LAカフェですぐに店外デートに?夜遊びの予定を大幅に見直しか?
クレマニ次の記事【海外】卒業旅行、社員旅行の行き先で「マニラ」をすすめる9の理由
トピックス前の記事
トピックス次の記事

 

Range Abe
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。
ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here