ブログランキングリンク-トップ

 

[オノケンブログ前回のあらすじ]

ハリソンプラザでフィリピーナとデートをします。
日本語でフィリピーナに下ネタを言ってしまいましたが、伝わるのでしょうか?ただ、タガログ語がわからない日本人の前で少なからずタガログ語で下ネタを言っているフィリピン人もいるんでしょうね。

ハリソンプラザでデート。フィリピーナに日本語で下ネタを言うと伝わるか?

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[高額ドリンク!KTVのあまりに高いLDの値段と大小システムに物申す!?]

チャンとジェーンを花と蝶に送った私は一度ホテルへと戻った。

今日は花と蝶には行く予定はない。

というよりも、チャンには”今晩はフィリピンの仕事仲間と飲む約束をしている”と伝えている(嘘)ため、行かないし、行けないだろう。

 

まずはシャワーを浴び、こらから始まる夜遊び前のいつもの身を清める儀式である。

シャワーに浴びながら手を合わせ、目を閉じ、必勝を願うのだ。そう、生まれたままの姿で。

 

今日の夜遊びはまずはケイコからである。

携帯を盗まれてからというもの、ビーバーと連絡を取ることができていない。

アメリカハーフの超美人フィリピーナなんて探せと言われてもなかなか難しい。しっかりと連絡先を再度ゲットしておかなければ。

 

ただ、ビーバーはなんといってもベテランである。かなり難航することは覚悟の上で口説きにかかる必要がある。

大丈夫、私たちはもう接吻をしたのだ。少なくとも悪い印象ではないはずである。

 

部屋を出る頃にはもう9時を回っていた。

おそらくはケイコには2セット以上いるだろうから、ケイコをでる頃には日が変わっていることだろう。

 

通常ならばシンシアにそれから向かいたいところなのだろうが、ティーはまたしても体調不良で今日は休んでいるようである。

もう旅も終盤である。

 

この旅でのというより、フィリピンでの合体は今だに未達成である。

なぜにこんなにもこと(合体について)がうまく運ばないのだろう。

ティーの体調がいつ良くなるかわからないため、1週間もの旅行中にノー合体の可能性もでてきた。

 

またレンジさんに

 

“おいおい、まだ合体できていないのかよケンさん。俺レベルになると…(以下省略)”

 

とバカにされる。

くやしい。なんとか達成してこの旅を終えたいものだが、ティーは厳しいかもしれない。チャンもまだ合体に持ち込めるほど機が熟していない。

ビーバーはさすがに会ったばかり過ぎる。

 

こうしてまとめてみると、この旅でのフィニッシュは不可能であるように感じる。

 

 

ケイコに到着した私は、ビーバーが現在指名されているかを聞いた。本当かどうかはわからないが、指名されていないようだったので入店した。

ボックス席に座り、ビーバーが来るのを待つ。

ほどなくしてビーバーが私の元にやってきた。

今日もまた胸周りがぱっくりと空いたセクシーなドレスを着ていた。

やはり彼女は自分の武器が何たるか、そして男が何に寄って来るかよくご存じといったところだろう。

 

ここ2日間、連絡がないことをビーバーはまず心配してくれ、私はオカマに携帯を盗まれた一部始終を説明した。

 

携帯を盗まれたことに関しては、決して運が良いことではないだろう。

しかし、KTV内での話のネタとしては、今後結構使うこととなるため、終わってみれば良い経験をしたのかもしれない。

 

しかも盗まれ方が、股間を触られて腰を引いてしまった瞬間に後ろポケットから抜かれるなんてなかなかに笑える。

 




 

当初の予定通り、ケイコでは延長を一回行った。

この間、ビーバーには合計2杯ドリンクを奢ってあげた。

 

1セット1ドリンクを奢ってあげるだけでも十分であるように思うのだが、最近ではLDに小さいもの(350ペソ程度)と大きいもの(700ペソ程度)が用意されているKTVが多い。

個人的には小さい方を奢るだけで十分だと思う。しかし

 

指名子「ドリンクいいですか?」

私「うんいいよ」

 

ここで終わっていたら、ドリンクを奢ってあげたことが印象に残るが、

 

指名子「大きいグラスと小さいグラスのものどちら?」

私「...小さい方で」

 

この会話の流れだと、“ドリンクを奢ること”よりも“小さいグラスを選んだこと”の方が印象に残ってしまい、なんとなく申し訳ない気持ちになってしまう。

私は大きい方を注文したことはないので、奢ってあげてはいるが、毎回なんとなく胸を張れない私がいた。

 

しかし、小さい方のグラスの大きさについては店によりけりなところがあるが、大きい方を注文したとしても大した大きさの飲み物が来るわけではない。

例としてサンミゲルの瓶は、大きい方のLDの部類に入る。単にコンビニスーパーなどどこにでも売っているサイズの瓶である。

冷静に考えてみると、サンミゲルの瓶一本で700ペソ(1500円弱)はなんという高さであろう。

購入するところを選べば20分の1程度で購入することができる(コンビニでも39ペソ)。

そんなものに700ペソ(これに税+サービスで22%もしくは28%が追加されるので実質はもっと高額)も支払うのはさすがにもったいない。

 

このLDに大小があるシステムだけは何とかしてほしいと切に願っている。

 

 

さて、この2セットの間の私たちの行動は単純なものであった。

席で話し、たまにビーバーがカラオケをし、たまに一緒にトイレにいって接吻をしながらタバコを吸うことを繰り返した。

 

ビーバーは決して私のことを嫌いではないだろう。

しかし、私にはどうしてもビーバーの理解できない点があった。

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

オノケンblog前の記事
オノケンblog次の記事

 

Ken Ono
オノケンは日本で働く普通の30代サラリーマン。先輩レンジの誘いから、マニラ旅行へ。それ以来、マニラに通うように。趣味はフィットネスで筋肉こそ正義だと思っている。海外旅行はリアルドラクエのため筋トレでレベル上げをしている。 オノケンブログでは、マニラ旅行記やフィリピーナとの恋愛をメインに、英会話の上達方法などを記事としてアップしていきます。
ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here