ブログランキングリンク-トップ

 

 

 [エッジブログ前回のあらすじ]

エッジは、マニラ駐在員として忙しい日々を送っていた。ある日、台湾に住む台湾人彼女がフィリピンに会いにやってくる。そして彼女とのデート。モールでは「ランジェリーを買いたい」と!?
【エッジブログ20】マニラ駐在、彼女と巨大モールのランジェリー店へ!?

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

※クレイジーマニラでは現在まで、以下の四つのブログがメインコンテンツでした。

 

上記に、今秋『エッジブログ』が新しく加わりました。

内容は全く新しい連載物で、他ブログとは別ストーリーになります。

 

それでは、エッジブログ第21話をスタートさせていただきます。

 

 

【読者の方へお願い】

 

これからエッジブログをお読みいただく前に、以下の「ブログ村ランキングバナー」の応援クリックをお願いします!
(ブログ村にジャンプするだけです。その後はまたこちらに戻ってきてください!)

 

ブログランキング ブログ村 inポイント 応援
↑↑ワンクリック10ポイント↑↑

 

皆さんの応援で成り立っているクレマニ。本当にありがとうございます!!

どうぞ引き続きよろしくお願いいたします!!

 

 

【エッジブログ21】マニラ駐在、台湾人彼女とスペイン料理屋へ!

 

ーーSMメガモールを後にする。

タクシーに乗って、マカティ方面へ。

 

向かいながら、渋滞が酷くなさそうならコンドへ、あまりよくなければマラテにあるスペイン料理のレストランに行こうと思っていた。

 

ふたを開けてみると、まぁまぁ混んでいたのでそのままマラテに行くことにした。

そこは古くからあるスペイン料理のレストランだ。

名を『ラ・スカラ』と言ったか。

 

ーーそこではいつも飲みながら、おつまみ風の料理をつまんで過ごすことが多い。

もちろん、ちゃんとした料理を食べることもできるが、今日はどっちになるのか楽しみだ。

 

スペインの田舎にありそうな古民家風の造りのレストランでは、本場の家庭料理を食べさせてもらえる。

実はスペインで家庭料理を食べたことがないので正解を知らない。

が、いいのだ。

レストランがそう言うならそれを全力で信じよう。

 

マニラ マラテエリア
[マニラのエルミタ・マラテエリア夜景(写真はイメージ)]

 

ーー渋滞にいい感じに捕まりながら、レストランに到着した。

そこそこ人が入っている店内。

奥の方の席に案内される。

テーブルとイスは木で作られている。それなりに歴史を感じる作りだ。

 

ーー結果から言うと、飲みながらつまみを頼んでアルコールメインの夕飯になった。

私はあまりワインは得意ではないが、ワイン先行でスコッチで追いかける。

何となくだが、この展開不味い気がしてならない。

 

そう彼のご機嫌が気になるのだ。

 

徳川機関長が「今日はもう帰るぞ」と言っている。

私も「もういいんじゃね?」と思いながら飲み食いしている。

しかし、話は盛り上がり、台湾での出会いまで遡った。お互いにどんな印象だったか等に及び、話は続く。

美玲はなぜか私のことを、

「つかみどころのない変な客だった」

と。

こんなところで、わからない追突事故に遇う。

人見知りなんですよね、私。

 

ーー食事を終え、美玲から「今日は早くコンドに帰ろう」と提案があった。

どうした?

「毎日飲み歩くのは良くない。今日ぐらい肝臓を休ませよう」

と。

いや、もうすでに飲んでますよね?

けっこうガッツリと。

 

まぁ、帰る分には全然オーケーである。

もし、「ここら辺を探検しよう」とか言われたら、長期潜伏コースになりそうだったので、なんか命拾いした感じだ。

 

タクシーを捕まえてコンドに戻った。

 


[コンドミニアム室内(写真はイメージ)]

 

ーー部屋の冷房が効き始めるまで、ベランダでサンミゲル片手に風にあたりながら休む。

彼女はどうやらスペイン料理を気に入ってくれたようだ。

また、フィリピンでいろんな国の料理を食べられるとは思っていなかったようで、少し驚いていた。

私もマニラに来た当時は同じだった。

 

ーービールを1本飲み終わるころには、部屋も冷え始めたので中に入る。

料理で思ったんだが、そういえば全然フィリピン料理を食べに行っていないな……。

ここに来てフィリピン料理なしはないだろう。

よっし。

明日でも連れて行こうか。

 

私「フィリピン料理行ってないから明日行ってみる?」

美玲「うん、行きたい。そういえば食べてないね。こっちのカジュアルなレストランは行ったけど、フィリピン料理のお店じゃないものね」

私「じゃ、明日行こう!」

 

美玲「休み取ったりしてくれてありがとうね」

私「いいよ、気にしなくて。当り前じゃない」

美玲「うん……」

 

ーー彼女が私の眼鏡を取ろうとする。

ちょっと待って。

自分で取ろう。

もう替えの眼鏡は1つしかない。

これが割れると、ゴーゴーで見る見るチェックができなくなるじゃないか。

 

『眼鏡ぐらいすぐ作れ』と、徳川機関長が諦め顔で言う。

さらに、

どうすんだ? やんのか? 今晩できんのか?

飲んでるだろ?

どうすんだ?

と、追い込んでくる。

 

古代進が徳川機関長に飛び膝蹴りをお見舞いする。

吹き飛ぶ機関長。

森雪が介抱もせずセンスを振り回し踊っている。

もうなんの寸劇かわからん。やはり酔っている。

 

ーー酔っているとはいえ、今回は私が上にならなければ。

また主導権を取られてしまう。

 

美玲を上から覗き込む。

キスをする彼女は目を閉じている。

が、返された!

だから、どうして上になりたがるのさ?

 

彼女に手を押さえられ、キスされる。

私は目を閉じずに彼女を見る。

 

美玲「見ないで」

 

手で目を覆う。どうして?

 

 

 

 

 

[【閲覧注意】クレマニファンの方々、エッジブログはまさかのベッドシーン満載です。徳川機関長が今宵も活躍します。もし、お下品な話題が苦手な方はここからは閲覧をご遠慮ください。「待ってましたっ!!」と言う方のみどうぞ。]

 

 

 

 

 

「見せてよ、至近距離で見せて! 目が悪いんだから」

彼女の細くて長い指が服の中に入って来て、私のチクビーノを弄ぶ。

器用に転がしてくるのだ。

 

それは私が美玲にしたかったことだぞ。

先手を取られたぁ。

 

彼女の拘束を解いて、胸を服の上から優しくだが、力強く揉む。

弾力があり指に反発力が伝わってくる。

 

早めに着ている服を脱がせる。

彼女が上でもいい感じだ。

下着を取ると乳房が重力に逆らうことなくグッと迫ってきた。

 

若々しく瑞々しいキレイな乳房だ。

ほんのり薄いピンクの輪があり、中央に固くなり少し膨らんだチクビーノがある。

それを揉みしだいている自分。

ほどよく重みがあり揉むと少し声が弾む。

丸く柔らかいそれを口に含み、舌を使って舐めた。

吸った。

転がした。

 

美玲が体を離すと、私の手を引いて寝室に向かった。

 

うそっ! 積極的!

思わずスキップしてしまいそうだ。

ほぼ早歩きだったのでそう見えていたかもしれない。

なんだか、とてもいい感じに事が運んでいないか?

 

徳川機関長が「唐突なんだよ、お前ら」と、

エネルギーの貯蔵庫のバルブを開放しようとしている。

私もいつでも出撃できるように服を脱ぎ捨てた。

何なら宇宙服も着ようと言う勢いだが、まだその時じゃない。

まずはちゃんといつもの宇宙の神秘を堪能して……

いや、美玲の準備を進めないと。

たぶん、もう既に深淵はいい感じに潤んでいるに違いない。

いや、でもまだ触れてもいないし、指を探検させてみよう。

 




 

ーー指を奥に進ませると湿り気とともに戻って来た。

これだけ濡れていれば大丈夫だろう。

徳川機関長が「宇宙服を着ろ」と声を掛けてきた。

いそいそと宇宙服を着て、準備を整える。

そして、彼女を正面から捉える位置に移動すると、深淵のゲートが左右に開き始める。

徳川機関長も漸く準備ができた様だ。

 

古代進は寝ているのか出てこない。

森雪も同じだ。

 

自分で照準を合わせて『にゅるっ』と貫いていった。

滑りもよく奥に導かれていく。

そして全方位から締め付けられていく。

深淵から抜けられなくなるんじゃないかっていうぐらい…… 気持ちいい。

 

美玲にも気持ちよくなってもらいたい一心で、彼女の柔らかい胸を吸って舌で転がす。

背中に腕が回って抱き上げられると思いっきりキスされる。

舌が絡んでくる。

舌が吸われ口の中で暴れている。

どういうこと?

キスの方がいいの?

っていうか窒息しそうなくらい吸われてるんですけどぉぉ。

 

このままではフィリピンで噴く上司…… じゃない、腹上死しかねない。

美玲は興奮するとすごく熱くなる。

そして、そう、乳首を吸ってくる。

それです!

うぉぉ、吸われている。

 

おぉ、いい……

もうキスはいいの?

 

ーー私も波動砲の筒をフルピストンさせる。

厳密にいうと前後に激しく振っている。

私は酔っていたんじゃないのか?

完全に冷めている。

いや、熱くなっている。

だから古代も森も踊り倒している。

一部酔いが残っているようだ。

 

満充填されて、深淵の奥深くに迸る波動エネルギー。

体を大きく反らせる美玲が、さらにのけ反り動きを止める。

 

どのくらい止めていたのか、少しずつ力が抜けていき大きく息を吐きだした。

吐き出して私の背中に手を回し、ギュッと抱きしめて耳元で小さく呟く。

 

美玲「抱きしめて…… キスして……」

 

無言で抱きしめ、キスした。

私も息が上がっている。

そして返される。

美玲はどうしても上になりたいようだ。

終わったんでいいのだが……。

 

そのまま抱き枕にされ、就寝した。

どう言う訳か甘いピロートークはない。

すぐに、二人とも深い眠りについた。

 

 

[エッジブログ第21話終わり]

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回、エッジブログ第22話「彼女とフィリピン料理レストランへ!」

 

 

オノケン
クレイジーマニラ ライター オノケン
エッジさん、お疲れ様です! 月曜から機関長大忙しですね! 彼女さんと愛を育む美しい描写です。機関長をしっかり労ってください!

 

レンジ
クレイジーマニラ ライター レンジ
エッジさん、お疲れ様です! らんじぇりーは!? エッジさん、新しいらんじぇりーは着てもらったんすか!? うおー、気になる!

 

「エッジブログこれからも楽しみ!」と言う方、応援クリックお願いいたします! 次回も乞うご期待!!

 

エッジさんのツイッター(エッジさん@Edge_Ackie80)も是非チェックしてください!

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

クレマニ前の記事【動画】マニラの夜遊びエリア、マラテを一人歩き(アデリアティコ)
クレマニ次の記事【エッジブログ22】マニラ駐在、台湾人彼女とフィリピン料理屋へ!
エッジblog前の記事
エッジblog次の記事

 

エッジ
ひょんな事からフィリピンと関わることになって早30年弱、当時はまだ20代でしたので今はすっかりおじいちゃんです。だいたい90年代前半から2000年頃にかけてのお話です。立場も含め色々制約のある中での元駐在員の珍道中を見ていただけたらと思います。よろしくお願いします。ウメさんとかぶる部分も多いかと思いますが視点を変えて書ければと思っています。皆さん、よろしくお願いいたします。

6 コメント

  1. エッジさんこんばんは。美玲さんやっぱいいすね。少しツンデレですか?高身長美脚美尻のお姉さまに私もツンデレされたいです笑。なんでしょ、いつも尻尾振ってくる人よりちとツンデレのほうが燃えます。でも関係は長く続かないんですよねツンデレのほうが。大体振られて終わりです苦笑。追う楽しさがあるからでしょうか。コロナ早く終われ〜!!!😆

    • かーわんさん、
      コメントありがとうございます。

      美玲はちょっとツンデレでしたね(^-^; まぁまぁ、振り回されました~w いい感じにツンとしているのを受け止めて追いかける、なのかなぁ💦 まぁ、追いかけてましたねw

      コロナはもう終わらなくてもいいから受け入れて普通の生活に戻して欲しいですね😄

      これからもよろしくお願いいたします。

  2. こんばんは

    いつもながら後半の「お待ちしてましたゾーン」は期待を裏切らないですね。

    美玲さんは積極的に上になるところがイイです!!

    まだまだ続編を期待します。

    • 鳩麦茶さん、
      コメントありがとうございます。

      美玲はどうしても上が好きでしたね😆そして私は常にマウントを取られてましたwけっこう大変でしたよヾ(≧▽≦)ノ

      これからもよろしくお願いいたします。

  3. エッジさん、お疲れ様です!
    積極的な彼女いいですねー。
    外国の女性は結構積極的な女性が多いですよね。
    日本では恥ずかしくて言えないことも、海外では積極的に言えたり行動できたりしますよねw

    これからも、期待しています波動砲🌪

    • ミルコさん、
      コメントありがとうございます。

      積極的ですねぇ(^-^; こちらがドキドキしてしまうことも多々あります😄波動砲は大事に使っていこうと思っています🤣

      これからもよろしくお願いいたします。

※コメントアイコンが欲しい読者様、DMでお知らせください。

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here