ブログランキングリンク-トップ

 

大阪 道頓堀 oosaka doutonbori

 

[前回のあらすじ]

フィリピーナ彼女とその母親が来日して二日目。ユニバーサルスタジオジャパンへ。二人の思い出作りのためと連れて行ったのだが、まさかのフライングダイナソーで地獄を見る。

[前回記事]
【レンジブログ147】フィリピン彼女とユニバーサルスタジオジャパンへ

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

[序章第一話]
【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[第一章第一話]
【レンジブログ33】プライベートフィリピン女性との深夜デート。マラテのディスコ EXKLUSIVE へ

[第二章第一話]
【レンジブログ51】マニラのフィリピーナが初めて日本の地方都市に来る

[第三章第一話]
【レンジブログ71】マニラでビジネス開始。フィリピーナのコンサルティングで法人設立。

 

レンジブログは第三章で完結しています。

それ以降のエピソードが「オノケンブログ」の内容になります。

[オノケンブログ第一話]
オノケンブログ第一話「転落と後悔」

 

また、レンジ個人のその後のエピソードは「外伝」という形で記述しています。今まで二つの外伝がそれぞれ完結しています。

[外伝一章第一話]
【レンジブログ101】フィリピーナをフィリピン国内旅行に誘ってみた

[外伝二章第一話]
【レンジブログ121】フィリピンから帰国、その日にフィリピンパブへ

 

 

【レンジブログ148】フィリピーナ彼女と夜の大阪「道頓堀」へ

 

ーー少なくとも私には限界が近づいていた。

しかし、マルコと母親はすこぶる元気な様子。

 

あれだ。

私がフィリピンに行った時にかかる『マニラマジック』、通称『マニマジ』。

それは、連日夜遊びを繰り返すのに、なぜか元気が溢れてくる不思議な現象。

異国を旅した時にかかるハイテンション症。

それが今、彼女たちに現れている。

『ジャパマジ』。

 

……ウザい。

早く解けるんだ、そのマジック。

完全にモゲているこの顔に気付いてくれ。

 

ーーUSJから渋滞はなく、程なくして道頓堀、心斎橋エリアへ到着。

アメリカ村付近の路上パーキングに駐車して、車を降りる。

 

 

街中は、クリスマスイルミネーションが施され、綺麗に輝いていた。

 

その時、

 

『ブウウーン! ブンブン! ブーン……』

『ファン! ファン! ファン……』

 

暴走族と警察の豪快な追いかけっこが大通りを通り過ぎて行った。

 

「What’s that!?(何あれ!?)」

「Ahh.. Japanese gang and police.(あー…… 日本の元気が有り余っている人たちと警察です。)」

「Are they fun!?(楽しいの!?)」

「Ahh.. I don’t know. (あー…… わかりません。)」

「Crazy Japan! (狂ってるね、日本!)」

 

……違う。

一部を切り取って評価しないで欲しい。

私はこれまた日本の恥ずかしいところを見られたような気がした。

 

そして、大阪でも最も有名なスポットであろう場所へ。

 

 

USJと同じくらいの賑わいだった。

しかも、歩く人々は多国籍。

日本人とすれ違う方が珍しいほど。外国人の姿が目立った。

 

「Here is Philippines!? Haha! (ここはフィリピン!? ははっ!)」

 

ほとんどは旅行者のように見えた。

有名な橋の上では皆カメラを持っている。

何か動画を撮影している一団もあった。

 

ーーさらに心斎橋筋は大変な人出だった。

二人を見失わないか軽く恐怖を感じる。

 

時々、身動きが取れずその場に止まる。

 

クリスマス前の大阪。

この感覚はフィリピンのものに似ている。

混沌の一部と化す感覚。

あそこまで酷くはないが、似ている。

 

ーーそして、飲食店が多く並ぶエリアへ。

 

大阪 道頓堀

 

マルコがまず「たこ焼き」を食べたいというので、それらしい路面店へ。

 

串を使って器用に焼かれる様子を二人は興味深そうに見ていた。

そして、それを焼く店員もレジ打ちの店員も外国人。

ここは本当に日本なのだろうかと、錯覚する。

 

賑やかな通りで立ったままたこ焼きを食べる。

二人とも気に入ったようだ。「また食べたい!」と言う言葉が嬉しかった。

 

ーーマルコが今度は「日本のラーメンを食べてみたい」と言う。

彼女はメモ用紙を持っており、それにはビッシリと『日本でのスケジュールとやりたいこと』が手書きで書かれていた。

まるで修学旅行のしおりのよう。

くそっ…… そんなところが可愛いなと感じてしまう。

 

そして、有名なラーメン店へ。

 

大阪 道頓堀 金龍ラーメン

 

至る所で飲食店への行列が出来ており、ここも同様だった。

外に出てきた店員が入り口に近い客へ『メニュー』を渡し、先にオーダーを聞いていた。

 

列に並びながら私たちもそのメニューを眺める。

 

「……No egg here. (卵がない。)」

マルコの表情が曇った。

彼女は日本のラーメン、特に『半熟煮卵』を楽しみにしていたようだ。

この店舗にはそのトッピングが無いようで、私たちは列から外れた。

 

ーーその後、少し周辺を歩き、他のラーメン店を見つけた。

 

『天下一品』

これまた日本の有名なチェーン店。

ここにはさすがに『煮卵』があったはずだ。

私は「ここに入ろう」と誘った。

 

店内は混雑しておらず、すぐに席に着き、オーダーすることが出来た。

 

道頓堀 ラーメン 天下一品

 

マルコ希望の煮卵トッピング。

彼女は嬉しそうに何枚も写真を撮っていた。

味を聞くと「最高! フィリピンのものと全然違う!」と言う。

 

そうだろう。

フィリピンの卵は『栄養失調気味』の薄い黄色。ノンカロリーかと疑うほどで、親鳥の健康状態まで心配してしまう。

日本の濃厚な煮卵、それはそれは美味しいだろう。

 

ーーラーメン屋を出た後。

今度は『PABLO』と言うスイーツ店へ。

ここもマルコが事前に調べていたところだった。

 

大阪 道頓堀 チーズケーキ

 

ここでは『タルト』を購入。

「今じゃなくてホテルに戻ってから食べる」のだと言う。

ホールのものをテイクアウトした。

 

マルコはこの日、一番の笑顔を見せていた。

 

ーー続いて、ドラッグストアでフェイスパックを購入。

 

道頓堀 ドラッグストア

 

その他、日本の化粧品やその他女性用品を購入していた。

 

ーーしばらくこの界隈を歩いていると、母親の足が止まった。

 

大阪 道頓堀 横町

 

母親が「良い雰囲気ね」と言う。こうした細い路地はフィリピンにもあるが、日本はまた違った趣であろう。

ちなみに明日はもっと『日本らしい』ところへ行く予定だ。

 

 

ーー道頓堀二周目に入った。

夜が更ける程に人の流れは大きくなっているように感じた。

 

大阪 道頓堀 doutonbori

 

この日、USJからの道頓堀二周目である。

さすがにもう勘弁してくれ。

ホテルへ帰りたい。今すぐ、風呂に入って、ベッドに横になりたい。

 

私は半目になりながら、先を歩く二人を見失わないようについて行った。

 

ーーマルコが立ち止まる。

道頓堀一周目の時、私はすでに気づいていた。彼女が入りたそうにしている雰囲気を感じ取っていたのだ。

 

最初こそそれを気にしてない振りを貫いていたが、やはり捕まってしまった。

 

『フォーエバー21』の前。

 

道頓堀 フォーエバー21

 

マニラのモールでもお馴染みの大衆ファッションブランド。

マルコは一人で中に入って行った。

わざわざ日本で買わなくてもいいのに……。

私と母親も後に続く。

 

ーー店内に日本人の姿はほとんどなかった。

この空間内だけであれば、本当に何処の国にいるのか分からない。

 

そして、マルコの買い物が始まった。

 

しかし、幸いにも上着を一着選んだだけで終了した。

他にもアイテムを探していたが、追加でお気に入りは見つからなかったようである。

購入したのは、ゆとりのある黒いダメージニット。

この滞在中に着たいのだと言う。確かにマルコが着ればお洒落なもののように見えた。

一着5,800円、地味に高い。

ペソで考えると余計バカ高いと感じるが、この一日がようやく終わりを見せ始めたことが嬉しかった。

 




 

ーーさぁ帰れるぞと期待しながら歩いていると、二人はまるで当たり前かのようにある店舗へ吸い込まれて行った。

そのごくごく自然な流れに驚く。

 

本能に導かれるまま、全く違和感なく入店したのは、

 

『激安の殿堂』

 

道頓堀 ドンキホーテ

 

これまたものすごい人の数だった。

フィリピンのローカルモールを思い出す。まるでバクラランの駅下モールのようだ。

 

私のHPはもう黄色表示。

屍になりかけながら、彼女らの買い物に付き合った。

 

道頓堀 ドンキホーテ 爆買い

 

お買い上げ。

特にダメージが大きかったのは『香水』だった。

マルコは香水だけはトップブランドを好む。

そしてそれを「親友のハンの誕生日プレゼントにしたい」と言って買わされた。

 

私はただの屍になった。

 

ーー最も賑やかなエリアを抜け、駐車場へ向かう帰り道。

駐車場までは1kmほど離れていた。

 

ビルの隙間から強烈な寒風を受ける。急に冷え込んできたようだ。

 

「Oh gosh! I’m so freezing! Wow! (ヤバい! 超ー寒い! ワオ!)」

 

昨夜、空港に到着した時よりさらに寒かった。

日本人の私でも手が悴むほど。本格的な冬を感じる。

この時マルコの服装は、昼間のままウールジャケットの上着。12月下旬の日本にしては薄着だった。

母親はしっかり着込んでいたので平気な顔をしていたが、マルコは次第に寒さに震え始める。

私はその様子を見て笑ってしまう。

 

「This is Japanese winter Haha! You’re freezing haha!(これが日本の冬だ、ははっ! 凍えるのだ、ははっ!)」

 

どうだマルコよ。日本の冬の厳しさを知れ。

凍えて大人しくなれ。

日本の冬を舐めていたことを後悔するのだ。

 

「I need your coat. Can I have? (あなたのコート貸して。いい?)」

 

ぶふぇっ!

 

それでは私が凍え死ぬではないか。

しかし、嫌とは言えない。むしろ、男として自らマルコに着せてやるべきだった。

 

コートを奪われた私は早歩きで駐車場へ向かった。

 

ーー途中、高架下にて。

ダンボールを寝床にして毛布を被っているホームレスの方の姿があった。

二人は「この寒さの中で寝るの!?」と驚いていた。

年中温暖なマニラの方がまだマシだと感じたのだろうか。

 

ーー車に乗り、エンジンをかけると二人は落ち着いたため息をした。

外の寒さが相当堪えたようだ。

確かに寒い。私もくしゃみを繰り返す。

 

ーー帰りにコンビニへ。

マルコが「ここにもヒートテックないじゃない……」とブツブツ言っていた。

ノーブランドの温感下着でいいのに。何故にそんなにヒートテックにこだわりがあるのか。

私はリアクションを取る元気もなく無視をした。

 

ーー午後12時過ぎ、ようやくホテルへ。

 

明日の朝はゆっくりできる。

ホテルをチェックアウトして、午後から次の目的地へ向かうだけ。

 

『有馬温泉』に一泊する予定だ。

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、オノケンとレンジのモゲレベルが1上がります!

 

 

 

クレマニ前の記事【レンジブログ147】フィリピン彼女とユニバーサルスタジオジャパンへ
クレマニ次の記事筋肉をつけることのメリットとデメリット。過ぎたるは猶及ばざるが如し
レンジblog前の記事
レンジblog次の記事

 

Range Abe
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。
マニラのロスマンホテル ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

19 コメント

  1. この人は 彼女なんですか?いくらなんでも、日本人舐めすぎでしょ。読んでると腹が立ってしょうがないです。いいように利用されてるとしか思えませんね

  2. ガツンと言って欲しい…
    でも強く言えない気持ちもよく分かる。レンジさんの優しいところがまた読者の心を掴むのでしょう。
    日本を大切に思う気持ちは同じ。
    自国をディスられれば誰も良い気はしない。
    日本人の心遣いや気配り、実際には無理をしていても嫌とは言えないところ…世界の人が日本文化を理解してもらえたら良いですね。

  3. ふと思った 九州男児と言われる人ってフィリピーナとの相性悪そう でも九州にもいっぱいピンパブあるよなぁ特に田舎

  4. フィリピーナは、日本人がお金を使うことに全く興味ありません。
    奢ってもらったことに対して感謝は上辺だけ。奢って貰って当たり前、興味があるのは実家族のことのみ。高額当選者がケチなどあり得ないと。
    あるいは稼ぎ頭に寄生しひたすら怠惰を好む。それでもハマる日本人。私もその一人。
    失礼、個人的なイメージです。

  5. レンジさんのだらし無さが大好物ですが、オノケンさんが毎度激怒する理由が分かります。
    男はドンっと構えましょうよ!
    思いっきり振ってみてください!

  6. 言うべき時は言う。恋愛でも国政でも会社でも同じこと。
    他者への優しさは時に自慰に等しい

  7. 大阪も大都市。
    旅を終えた後、お二人が日本を気に入ってくれれば良いっすね!
    私も似たような経験があり、ピンパブ同伴の時、道頓堀を一緒に歩きました。

  8. そのラーメン屋、私の会社の隣にあります。私の会社結構の社員がいますが誰も行きません。行っても会社帰りにそこでビールと餃子を食べるくらい。駐車場を見ると他府県やら遠くから来たと思われるナンバーばかり。遠くからわざわざ食べに来るから美味いと感じるんでしょうな。

  9. 何人かの方々がマルコさんにご立腹ですが、マルコさんはまだいいほうですよ。
    本人だけで家族への扶養責任がないですから。
    私のフィアンセはフェイスモデルなんですが本人ではなく家族にお金がかかります。

    もしマルコさんが日本や西欧育ちの売れっ子モデルならレンジさんもなかなかお付き合いできないでしょうし、
    付き合えてもハイブランド好きでもっとお金がかかりますよ。美女はつよいんです。

    そう考えるとフィリピンのモデル美女はかなり維持費は安いです。

  10. レンジさんのことだから、こんだけ振り回されている彼女のこと。
    どこか面白い展開に変わっていくのでしょう。期待して、今後も読みますよ! クレマニ最高です!

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here