ブログランキングリンク-トップ

 

マニラ グランドヨーコ

 

[オノケンブログ前回のあらすじ]

アンへレスは全員ではないでしょうが、現地のフィリピーナもどのような場所かということを知っているフィリピーナはいます。好意を寄せているフィリピーナには口が滑ってもアンへレスに行くことは伝えないように気を付けないといけません。

アンへレスへ行ったことがフィリピーナにばれ、途切れる連絡

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ
 
 

[衝撃的なフェロモン美女!!グランドヨーコで生涯最高女性と出会う]

 
ホテルに到着し、私の部屋に集合した2人。

 

私「さて、そろそろでますか。もうてっぺんきちゃったので今日はあまりがっつりは遊べませんねぇ」

レンジ「そうだね。まぁ、今日俺はグランドヨーコに行くことができればそれでいいかな」

私「僕もグランドヨーコには行きたいです。久しぶりですし、何よりミユキと会ってみたいです」

 

“ミユキ”。グランドヨーコで働く日本人とフィリピン人のハーフのフィリピーナ。

前回のレンジさんの一人旅にて出会ったスカウターぶっ壊れ確実のハイスペックフィリピーナだそうである。

 

写真を何枚か見せてもらったが、まずもって顔がとんでもなく美人である。

そしてなんといっても乳のボリュームがすばらしい。

 

私も本人にぜひ一度は会ってみたかったため、グランドヨーコには元々レンジさんについていく予定であった。

 

レンジさんに“久しぶりにとんでもない大魚に出会った。俺の人生においてもこのレベルのフィリピーナとは会ったことがない”と言わしめるほどである。

ミユキに渡すお土産を持つ手にも力が入るレンジさんと共にグランドヨーコに向かった。

マニラ グランドヨーコ

運の良いことにミユキに指名は入っておらず、レンジさんは肺活量6000を超えるようなスポーツマンでもなかなか出せないほどの鼻息でミユキを指名した。

指名子のいない私はショーアップである。

ショーアップはすぐに開始されたが、残念ながら“この子!!”というような子はいなかった。

もちろん高級店に分類されるグランドヨーコである。格安の店に比べると、全体的にレベルが高いのは間違いない。

マラテ KTV[ショーアップイメージ]

 

しかし、今の私には“メイ”という豪華絢爛な花が目の前にあるのである。

そんな状況下で、眼前に少々綺麗な花があったところで、単なる背景・路傍の花でしかない。

そんな状況で指名をするのはお金がもったいないため、私はローテーションにした。

 

また、確かにミユキもレベルが高いことだろう。

だが、今の私にとってメイを超えるような逸材ではないと思っていた。

 

 

 

 

しかし、ミユキが入室してきてその考えは一変した。

赤い実弾けたどころじゃない。赤い実が爆発した。

まずもって顔が写真よりもはるかにかわいい。良い意味でご両親のお顔を拝見したいと思うほどに整った顔立ち。美男美女両親であることは間違いないが、それだけでは足りない。きっと黄金比率で日本とフィリピンの血がブレンドされているに違いない。

そして特筆すべきは、その圧倒的な乳肉の多さである。

 

私の好みでいうと、顔面はメイの方がタイプではある。しかも一緒にいる時の居心地の良さについては右に出る者はいない。

メイの方がいい、メイの方がいい、メイの方がいい...

 

いや、ミユキのスタイルは反則すぎる。

超絶スタイルの持ち主と言えばマルコであるが、そのマルコが霞むどころか濃霧警報が出た時レベルで見えなくなるほどに段違いである。

 

レンジさんの言う通り、スカウターも稼働することを拒否するレベルの“スカウターぶっ壊れ確定”の数値である。

軽く億越えは間違いないだろう。

 

大きさもさることながら、日本人の血を多く受け継いでいるのか、フィリピンではほとんど見ることができないほどの美白肌である。そこから推察するに、ニップルはきっと綺麗なピンク色をしているに違いない。

ピンクであることなど、私のレーダーを使うまでもない。どんなニップル凡夫であっても彼女のエベレストの頂上はピンクと判断することは容易だろう。

 

ピンクの中でも極上のピンクだ。

きっと電気を消して少しの間は発光するくらいのピンクである。

そのピンク色した乳頭果実を舐める…いやねぶった日にはさぞ幸せな気持ちになれることだろう。

[ミユキのエベレスト山頂イメージ]

 

その豊満すぎる乳肉を人差し指で一突き...一突き1000ペソでさせてもらえないだろうか。

 

それに比べて残念ながらメイはお世辞にも乳肉が多いとは言えない。

貧に属するほどである。ミユキとはスタイル面での差が激しすぎる。

 




 

 

さすがはレンジさんが“歴代で一番スペックが高いフィリピーナ”と言わしめるだけはある。

私としてもやはり意見は同じで、ミユキほどのスペックのフィリピーナは今後会うことはできない。

可能であれば私もアプローチしたい。しかし、ミユキのことは今、レンジさんが狙っている。

 

他ならぬレンジさんが狙っているフィリピーナである。

残念ながら私はアプローチをすることなどできない。

 

何だかんだ言いながらも尊敬している先輩が狙っている女性を自分も後から口説き始めるなどモラル違反であるし、レンジさんと同じ女性を争ったところで勝てる気がしないのが本音である。

日本でもかなりの恋愛をこなしてきた口説きテクニックはさすがだと思うからだ。

 

しかもミユキとレンジさんは、ほとんど毎日のようにビデオ電話をしており、関係も結構うまくいっているようである。

羨ましい...

 

ミユキ「はじめまして」

私「はじ、はじむ、はじめまして」

 

日本人とのハーフで、幼いころは日本に住んでいただけあり、緊張して噛みまくる私よりはよっぽど流暢に日本語を話すミユキは本当に理想的なフィリピーナである。

 

ミユキ「ケンさん、指名しないんですか?」

私「うん、特に」

 

ミユキ「私、このお店にベストフレンドが働いているんです。ロシアとのハーフです。かわいいし、セクシーなんですが、もしよかったら指名してあげてもらえませんか?」

私「ロシアとのハーフ!?」

 

なんとすばらしいハーフだろうか。ものすごく気にはなるが、そんな子がショーアップの時にいただろうか...

 

レンジ「おぉ、いいじゃん。ケンさん指名してあげなよ。ここの会計は俺持ちでいいからさ」

私「そうですか?じゃあ、ロシアンハーフなんて気になりますし、指名しますね」

 

そうして指名したミユキのベストフレンドのロシアンハーフのフィリピーナ。

指名してほどなくしてやってきたその子は私の胸をざわつかせるほどのフィリピーナだった。

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

オノケンblog前の記事
オノケンblog次の記事

 

Ken Ono
オノケンは日本で働く普通の30代サラリーマン。先輩レンジの誘いから、マニラ旅行へ。それ以来、マニラに通うように。趣味はフィットネスで筋肉こそ正義だと思っている。海外旅行はリアルドラクエのため筋トレでレベル上げをしている。 オノケンブログでは、マニラ旅行記やフィリピーナとの恋愛をメインに、英会話の上達方法などを記事としてアップしていきます。
ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

4 コメント

  1. レンジさんも表現していたシャイニングピンクのニップルですね。でも、私は暗闇と同化してしまうほどの年季の入ったニップルにも興奮してしまいます。その歴史に興奮するのです笑笑

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here