ブログランキングリンク-トップ

 

[オノケンブログ前回のあらすじ]

フィリピーナという人は、本当に日本人では理解できない行動をたまにとります。日本人女性だったら絶対しないということもデフォルトくらいで行います。そこがまた魅力の一つといえばそうなのですが、何度旅に行っても驚かされることばかりです。

 

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

 

[フィリピーナ彼女とバタンガス旅行決定!最悪の旅の序章が始まった]

やたらと気合の入った服装に着替えたレンジさんを連れてフォーエバーラブに。

マラテ フォーエバーラブ

私はハナを指名したが、レンジさんは

 

「ワンチャン、ハナのねーさんよりもタイプな子がいるかもしれないから一応ショーアップ」

 

と、少しでも出会いの可能性を広げることに余念はない。

ショーアップが開始され、ずらりと並んだ女の子達。

 

私「絶対この子がハナのねーちゃんだ」

 

一瞥しただけでわかるほどの別格感。

もちろん並んだ女の子にもかわいい感じの子はいたものの、ハナねーちゃんだけは異彩を放っていた。

なによりハナに激似なことが私の目を奪う主な要因となったのであるが...

 

私(心の中)「く、くそ...確かにハナよりも美人かもしれない。乗り換えられるかな...」

 

レンジさんが選んだのはやはりというべきか、ハナのねーちゃん。

彼女の名前はリンという。

 

ハナが言う通り、リンは彼女よりも顔のパーツパーツが整っている印象がある。

2人とも系統はきれい系の顔をしている。

 

ハナはまだかわいい要素が含まれているが、リンについては“The きれい系”といった顔立ちである。

日本のそのへんのわけがわからない女優などよりはよっぽど綺麗で、日本人ウケしそうな顔立ちをしているだけに、日本ではさぞモテたことだろう。

 

さて、顔については好みは別れるだろうが、胸についてはどうだろうか?

オノケンスカウターを発動する。

 

大きさは確かにリンの方が少し上...しかし、頂上の色はハナのほうが私好みと見た。美乳具合については、さすがは姉妹といったところか、甲乙つけ難い間違いないものを持っていそうである。

 

姉妹二人してここまで完成度が高いとは...以前、ハナが実家に帰ったときの写真を送ってくれた(リンは日本のため不在)が、あと2人の兄もまた端整な顔立ちをしていた。

その時に写っていた両親は、そんなにとびぬけて美男美女だとは感じなかったが、きっと相性が良かったのだろう。

 

さて、リンを目の前にしたレンジさんの様子であるが、楽しそうに振る舞ってはいるものの、そう取り繕っているように感じた。

タイプの子を目の前にしたときのレンジさんの鼻の下はそれはもう滑走路の如く長くのび、目じりは大魔神佐々木も驚きの落差をみせる。

 

リンは美人だが、今までのレンジさんがドストライクと叫んでいた子とは少し系統が違う。

レンジさんのタイプではなかったというところだろうか?

 

私はハナと、レンジさんはリンと付き合うことができればよりおもしろい。

しかし、こればっかりはタイプの問題なので、私にはどうしようもない。

 

この1セットの間、お互いで楽しい時間を送っていたが、突然レンジさんから提案があった。

“次の旅は1週間ほどの長期での旅となるから、いつもできないようなこともできる。だから、マラテエリアから抜け出してハナとリンを加えて旅行に行こう”

 

さすがレンジさんである。

おもしろそうな提案をするものだ。

 

これだけの回数フィリピンに来ておきながら、私はフィリピンの綺麗な海を見たことがない。

単に“海”というくくりならば、マラテから歩いていけるところにある海は見たことがある。

しかし、ぱっと見でわかるほど汚染しているその海では“フィリピンの海を見た”というカウントは入れない方がいいだろう。

 

私の要望を加味し、アクセスしやすく、かつ綺麗な海が見られるバタンガスに旅行に行くこととなった。

次の旅の楽しみがもうできた。しかも1週間もある旅のため、それはもう楽しい...いや楽しすぎる旅になるだろうと大きな期待を抱いていた。

 

 

しかし、次回の旅で実際に私に待ち受けているのはショックと気苦労の連続であった。

髪の毛が1週間で白髪に変わりきってしまうほどの落ち込みの連続で、自分史上最悪のフィリピン旅となるのであった。

 




 

 

そんなことも知らずに、バタンガス旅行が決まってテンションの上がった私とレンジさんはアホのようにカラオケを歌って酒を浴びるように飲んだ。

特にレンジさんは、なにがそこまでテンションの起爆剤になったのかわからないが、ウイスキーをガブガブと飲みまくり、閉店時にはまるで暗夜行路中かと思うほどに視力が低下し、手探りで出口まで向かっていた。

 

ここまで酔っぱらっていたら、普通の人ならホテルに戻って疲れを癒すところであるが、やはりレンジさん、普通ではない。

目が全くと言っていいほどに開いておらず、まるでマッキ―で一筆書きしたような目をして、出口のところで2人に

 

“アフター行かない?”

 

と誘っていたのだ。

 

私(心の中)「いや、目開いてないじゃん。寝言かと思われるよレンジさん」

 

二人の返事は“OK”。

2人を連れて韓国焼肉屋に行くこととなった。

ハナとリン、甲乙つけがたい2人であるが、私はやはりハナの方が良いと感じることとなる。

それはこの韓国焼肉屋で発覚したのである。

リンは私にとっては大減点にあたるものを持ってしまっていた。

 

 

ここまで来るのにどれだけのスクロールで親指を下から上に動かしたことでしょう。

一方方向ばかりでは指の機能的によくありません。

そこで下の画像を“タップ”して、クレマニ応援ついでに指の機能性を高めましょう。

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

オノケンblog前の記事
オノケンblog次の記事

 

Ken Ono
オノケンは日本で働く普通の30代サラリーマン。先輩レンジの誘いから、マニラ旅行へ。それ以来、マニラに通うように。趣味はフィットネスで筋肉こそ正義だと思っている。海外旅行はリアルドラクエのため筋トレでレベル上げをしている。 オノケンブログでは、マニラ旅行記やフィリピーナとの恋愛をメインに、英会話の上達方法などを記事としてアップしていきます。
ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

5 コメント

  1. バタンガスは良いところですよね。私も行った事があります。
    マニラ近くのリゾート地としてはフィリピーナに人気のところです。
    今後の旅行のストーリー、楽しみです! …オノケンさんは苦い思い出になったようですけど笑

  2. バタンガスもいいけど、せっかくですからボートでミンドロ島に渡りプエルトガレラもいいですよ。

  3. バタンガスまで車で5時間かな?リクライニングが効ず、クーラーは、かぜが出る場所しか冷たくなく男ばかりのバタンガス旅行。女連れならさぞ楽しい旅でしょう。これから起こる最悪の事態?私は、スタート時点から最悪の旅でした。途中 ラグーナの道のほとりで白いトウモロコシ売ってるのが美味かった。

  4. バタンガスのリゾートいいですね。ピーナの自撮りも街中の3割り増しですかね!
    海のドタバタにも期待します!

  5. 後の記事のリンクがなかったから、15日から更新されてないのかと思ってました。。。
    3日分一気読みしました(笑)

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here