ブログランキングリンク-トップ

 

フィリピン レストラン

 

 [レンジブログ 前回のあらすじ]

今から数年前、レンジがマニラでビジネスをスタートさせた頃、オノケンをフィリピンへ誘う数か月前のエピソード。
マカティでの仕事がひと段落した頃。女性たちから夜遊びの誘いが続々と入ってくる。その中でも気になるメッセージが!?
【レンジブログ189】女性関係の忙しさはビジネスの調子と比例!?

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

クレイジーマニラでは以下の三つのブログがメインコンテンツです。
平日に『小説ブログ連載』、週末は『トピックス(コラム)』をアップしています。

現在は【レンジブログ外伝五章】を連載中です。

 

オノケンブログ累計610万PV達成 第一話へ
オノケンブログの第一話はこちらから
【オノケンブログ1】転落と後悔

 

クレイジーマニラ レンジブログ
レンジブログの第一話はこちらから
【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

 


ポットブログの第一話はこちらから
【ポットブログ1】タイで起業!先輩の誘い、女を求めてフィリピンへ!

 

 

[筆者レンジより]

読者の皆さんへ。

いつもクレイジーマニラをご覧いただき、本当にありがとうございます。

また、コメントをくださる方々、ラジオを聞いてくださる方々、いつもありがとうございます。

↓私の屁の威力について、オノケンとラジオ。

ーーさて。

前回の記事では、意中の女性『サン』とワンチャンを達成しました。

達成はしたのですが、彼女の体臭が気になるため、決して満足の行くお付き合いとはならず。

今後もその苦労は続きます。

↓女性の体臭について、ポットさんとラジオ。

 

ーー日曜日の夕刻に仕事を終えた頃、フィリピーナ彼女や夜の女性たちからお誘いメールが。

その中でも一つのメッセージに手が震えます。

それでは、レンジブログ190話をスタートいたします!

 

 

【読者の方へお願い】

 

これからレンジブログをお読みいただく前に、以下の「ブログ村ランキングバナー」の応援クリックをお願いします!
(ブログ村にジャンプするだけです。その後はまたこちらに戻ってきてください!)

 


↑↑ワンクリック10ポイント↑↑

 

皆さんの応援で成り立っているクレマニ。本当にありがとうございます!!

どうぞ引き続きよろしくお願いいたします!!

 

 

 

【レンジブログ190】食欲旺盛なフィリピーナは性欲もオッパイも!?

 

 

ーー「I’m hungry. When will you finish your work? (お腹空いたわ。いつ仕事終わるの?)」

 

……マルコからだった。

 

私は歓喜に沸いた。

この一週間、彼女の都合と私の都合がどうしても合わず、会うことができていなかった。

 

今夜は彼女に会える!!

すぐに電話を掛け、彼女の声を聴く。

 

「Hello, Range. (こんばんは、レンジ。)」

 

はうあぁっ!!

なんちゅう透き通った声。

天使だ。私は今、天使と会話している。

 

「Good evening, Marco. (こんばんは、マルコ。)」

 

ぐふっ。

ぐふふふふっ。

 

 

 

「Where’re you now?(何処にいるの?)」

「I’m in office. But I can go to Quezon soon. (オフィスです。でもすぐにケソンに行くよ。)」

「Okay. I wait for you. (わかったわ。待ってる。)」

「I’ll fly to you. (すぐに行くよ。)」

 

ぐふっ。

ぐふふふふっ。

ふははははっ、ははははっ!

 

マルコ、最高に可愛いぜ。

待たせたな。

ご飯を一緒に食べて、その後は死ぬほど抱いてやる。

 

フィリピーナ彼女の似顔絵
[マルコの似顔絵。フランス系ハーフ。OLをしながらたまにモデル業をしている。]

 

この頃、私はマルコにゾッコンだった。彼女は見た目も中身も私の理想、まさに天使。

夜の相性もバッチリだった。

彼女以上の極上ボディは、この広いマニラと言えどもそう見つかるものではない。

私にとっては過去一。最高のガールフレンドだった。

 

しかし、未だに家族の紹介は受けていないし、自宅の住所も知らない。

そして、肝心の「I love you.」は一度も言ってくれない。

 

私は彼女の全てを欲していた。

彼女の身も心も私に向けたい。

いつか、私の『信者』にさせたいと思っていた。

 

ーー彼女の自宅はケソンシティの『サウストライアングル付近』。

私たちのデートはいつもその近く。

ティモグ通り、トーマスモラト通りは学生たちや地元の人で賑わうエリアだ。レストランやナイトクラブが多くあり、夜もしっかり遊ぶことが出来る。

 

私はマカティからエドサ通りに乗り、彼女との待ち合わせ場所へ急いだ。

 

ケソンシティ トマスモラト
[トマスモラト通り]

 

車はスムーズに進み、目的地付近に着いた。しかし、待ち合わせ場所のレストランが見当たらない。

私はまだこの辺りの土地勘がなかった。

マルコに電話を掛け、その場所を尋ねる。

 

「Marco, I’m here.But I can’t see “MESA”. (マルコ、着いたよ。でも”メサレストラン”が分からない。)」

「Ah Range, Are you okay? What can you see now? (あー、レンジ、大丈夫? 何が見える?)」

 

この時点で、もしマリーなら、

「てめぇ、遅れやがって! 分かんねぇとか言ってんじゃねぇよ! 探せ、自分でっ!」

と怒鳴られることだろう。

 

しかし、マルコはとても優しいのである。とにかく性格まで天使なのである。

私の不足をいつも心配してくれて、助言してくれる。

あー、マルコ。マルコ。

 

今夜は寝かせないぜ。ぐふふふっ!

 

ーー彼女の導きで、目的のレストランを見つけた。

 

フィリピン レストラン ディナーデート
[フィリピン料理のレストラン]

 

ーー「Hi, Range! (ハイ、レンジ!)」

彼女は一人、レストラン内で待っていた。私を見つけ手を振ってくる。

スマホで韓国ドラマを見ていたようだ。

 

「I’m so sorry, Marco. I’m just busy. (ごめんね、マルコ。ちょっと忙しくて。)」

「It’s okay. I understand. You’re very busy. You have business. (大丈夫よ。分かってる。とても忙しいよね。仕事があるんだから。)」

「Yeah.. (ええ……。)」

「Anyway, I’m so happy to see you tonight! (とにかく、今夜会えてとても嬉しいわ!)」

 

マルコ、なんちゅう優しさだ。天使過ぎる。

私が普段、変な女性ばかりと付き合っているためそのように感じるのか? いや、彼女は本当に優しく、私を想ってくれている。

さらに、美しい。めちゃくちゃ美しい。

彼女の輝く笑顔に、このマニラの混沌も忘れる。

あー、私は彼女のために生まれたのだ。そう感じさせる女性だ。

 

ーー彼女とキス、ハグを繰り返した後、オーダー表を見る。

彼女は「とてもお腹空いたわ…」と言うので、私は彼女のお腹を擦りながら、ついでに美巨乳も軽く揉む。

「Kya! Range! ..Later. (キャッ! レンジ! ……後でね。)」

 

ぐふっ。

ぐふふふふっ。

ふははははっ!

 

 

 

 

 

 

 

[【閲覧注意】クレマニファンの方々、申し訳ありません。この回はただただムカつくだけだと思われます。この辺りでそっと画面を閉じてください。「レンジ、たまには良いよ!!」と言う方のみどうぞ。]

 

 

 

 

 

 

ーーオーダーしたものが運ばれてきた。

 

フィリピン レストラン
[フィリピン人に人気のレストランMESA。]

 

ん?

これ、二人で食べるの?

尋常ではない量が運ばれてきた。

「ヌードル」、「チキン」、「スープ」、「ボークバーベキュー」、「フィッシュ」、「付け添え」、「ライス」……

 

マルコはその細いスタイルとは想像できないほど『よく食べる』。

太った日本人男性よりはるかに食べる。私もドン引くほど食べるのだ。

 

フィリピン レストラン

トドメに、カニ。

彼女曰く「デザート替わり」だと言う。

どんだけ喰うねん……。

彼女の基礎代謝は異様に高い。暑がりで体温も高い。

よく食べ、便も半端ない量を出すのだろう。あるいは、栄養分が全て乳へ流れているのだろうか。

その旺盛な食欲は、彼女の性欲にもよく表れている。

 

嬉しそうに指をしゃぶりながら、どんどん食べていく。その様子を見ていると、こちらも嬉しくなってくる。

ぐふふふっ。

後で、そのしゃぶる口を使わせてもらおう。

……私は食事中にホテルの空室を確認。近くに空きがあるようなので、電話で予約した。

 

ーーレストランでの支払いは二人で7,000ペソくらいだった。

 

マルコは「ホテルに行く前に、チョコレートパフェを買っても良いかしら?」と言うので、向かいのスイーツ屋で購入した。

 

その後、徒歩でホテルへ。

 

ルセント ホテル (Luxent Hotel)
[ルセント ホテル (Luxent Hotel)]

 

このホテルのおすすめポイントは『シャワールームがガラス越しに見える』こと。

マルコは当初恥ずかしがっていたが、私の要望通りにブラインドを上げてシャワーを浴びてくれた。

 

その様子を見ていた私は、

 

我慢できず、

 

マルコの極上ボディを味わいつくした。

 




 

ーー彼女が寝付いたころ、私も目を閉じる。

しかし、すぐにスマホの通知で目が覚めた。

時刻は午前2時頃。

 

マリーからは相変わらず「てめぇ、何処にいるんだ!? 早く店に来いっ!!」のようなメッセージが大量に入っていた。

その他のお店の女性からも同様に「お店に来てー」のお誘いが。

おそらく日曜夜のため、繁華街の人出が少ないのだろう。

 

その中でも、タップする指が止まるメッセージ。

 

「I’m waiting in front of your home. (あなたの家の前で待ってるわ。)」

 

……サンからだった。

 

私はゾッとした。

「今夜は忙しいから会えない」と伝えたはずだが、まさか家に来ているとは。

ここまで好かれるのはある意味恐ろしい。

 

私としては、初めて『フィリピンでストーカーされる』ことになる。

 

 

「レンジ、うぜぇw」と思った方、応援クリックお願いいたします! 次回、『フィリピーナの愛の深さは尋常じゃない!?』、乞うご期待!

 

【レンジブログのあとがきラジオ】
ツイッター@RangeAbe のアカウントで、この記事のあとがきをラジオで話します。テスト放送ではありますが、ぜひ絡んでください!(日本時間の23:30-24:00頃。9割下ネタ発信しておりますが、エロチャンネルではありません。)
[ライブアプリ『ペリスコープ』でレンジをフォロー]

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

クレマニ前の記事【クレマニラジオ】女性のアソコの臭いについて熱く語るオッサン二人!
クレマニ次の記事【レンジブログ191】フィリピーナとの恋愛を楽しむブス日本人男性
レンジblog前の記事
レンジblog次の記事

 

レンジ
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。

13 コメント

  1. 家の前での待ち伏せぐらいでうろたえるレンジさんではないと思いますけど( ̄▽ ̄;)
    私なんか家の中で待たれたことがありますw コンドの警備員を懐柔(買収?)して鍵を開けさせたらしい。コンド中で大問題になった事件でした?
    それにしてもケソンまですんなり行けて羨ましいです。私がいた頃はマカティから長時間コースでした。でも、ケソンも遊ぶところが多くて好きでしたね(^^♪ あぁ、また行きたいなぁ。ペガサスとかビッグウィッグとかまだあるかなぁ?懐かしいw

    • Ackieさん、いつもコメントありがとうございます!
      ケソンも良いところですよね!
      エドサかケソン通りの渋滞はいつもヤバいっすもんね…混む時は2時間くらい掛かってだと思います泣
      他、私はマルコとデート後に余力があれば、クバオに行ってましたw
      店入って飲むだけですけどw

  2. ( *´艸`)グフフそぅそぅ上手くは行かない事多いですが、満1日も空かないとは(笑)
    サンはストーカーではないですよw!マーキングした家に帰ってきただけですw
    次話を楽しみにしてます(・∀・)ニヤニヤ

    • プンプンさん、いつもありがとうございます!
      ツイもペリも…

      サン… この後かなり困る事になっちゃうんですよね。
      どうぞお楽しみください!
      今後ともよろしくお願いします!

  3. そうですね。私がフィリピンに行き始めて間もなくの間はまだマルコは優しかったですものね。
    事あるごとに天使天使いうてて、だいぶ鬱陶しい思いもしましたが、そんなことも過去も過去の話…ほどなくして悪魔になるんですよね。
    まぁただ乳だけは相変わらず見たい気持ちは今でも持っています。

  4. レンジさん、いいなー
    マルコどんな人なんだろう
    美しさに毒があるのは、この後に知るんですね。
    マルコネタ好きです笑

    • コメントありがとうございます!
      そうですねー。
      マニラや日本の都会を歩いていても、すれ違う男性が二度見するレベルの美女、スタイルです。
      顔について、私はタイプですが、オノケンは違います。彼は乳にしか興味がありません。

  5. いやぁ、充実した日々を過ごされていたんですね。
    羨ましい限りです。
    しっかり食事をする子って、その後の行為もしっかりしてくれる
    印象があります。
    天使のマルコが悪魔になるのは、本性を現したのか、レンジさんが甘やかし過ぎたのか・・・

    でも、天使じゃあ物足りなかったりするんですよね(爆

    • G1Rさん、いつもコメントありがとうございます!
      おっしゃる通り!
      上手く行かないから振り向かせたくなるんですよねー。
      この頃は私の人生のピークかと泣

  6. マルコネタ良いですね。
    フィリピンらしい日常を見てるようで羨ましいです。
    ただし一寸先が闇なのがこの国、今後の展開が楽しみです。

    • NINAさん、いつもコメントありがとうございます!
      そうですね、私のブログではかなり偏った性格のフィリピーナを描いています。皆さんの参考になるかは不明ですね。
      基本フィリピーナは、明るくて優しくて頑張り屋です!

      一歩進むと闇かもしれません、それも同意です笑

  7. マルコとの話は逆読みなので複雑ですね。以前の記事を読んでいた時は、レンジさんのドSぶりに困惑しましたが、出会った頃はレンジさんを引き込むために違ったんですね。

    話は変わりますが、昨日、初めてラジオを拝聴しました。
    ネット音痴の私には、アルファベットで言われる何かの略が不明でしたが、そんな些細な事は関係ない程、楽しいトークでした。また夜更かし(私にとってですがね)出来れば拝聴します。

※コメントアイコンが欲しい読者様、DMでお知らせください。

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here