ブログランキングリンク-トップ

 

シティーガーデングラウンド ホテル マニラ マカティ ブルゴス

 

 [レンジブログ 前回のあらすじ]

今から数年前、レンジがマニラでビジネスをスタートさせた頃、オノケンをフィリピンへ誘う数か月前のエピソード。
フィリピーナ彼女のサン。彼女とともにブルゴス通りのゴーゴーバーへ。そこで二人のフィリピーナをバーファイン(テイクアウト)。レストランで食事を終えた後、皆で向かった先は!?
【レンジブログ195】フィリピーナ彼女とゴーゴーバーで夜遊び!?

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

クレイジーマニラでは以下の三つのブログがメインコンテンツです。
平日に『小説ブログ連載』、週末は『トピックス(コラム)』をアップしています。

現在は【レンジブログ外伝五章】を連載中です。

 

オノケンブログ累計610万PV達成 第一話へ
オノケンブログの第一話はこちらから
【オノケンブログ1】転落と後悔

 

クレイジーマニラ レンジブログ
レンジブログの第一話はこちらから
【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

 


ポットブログの第一話はこちらから
【ポットブログ1】タイで起業!先輩の誘い、女を求めてフィリピンへ!

 

 

[筆者レンジより]

読者の皆さんへ。

いつもクレイジーマニラをご覧いただき、本当にありがとうございます。

また、コメントをくださる方々、ラジオを聞いてくださる方々、いつもありがとうございます。

 

ーーさて。

前回の記事では、フィリピーナ彼女の『サン』とともに、ブルゴス通りのゴーゴーバーへ。

少し飲んで、周辺をウロウロするだけかと思いきや、まさかのバーファイン二人。

女性三人を連れて歩く様は、日系の絶倫変態オッサン。

しかし、私の心中は全く逆で、『早く解散にならないかなぁ』と思っていました。

そして向かったのは、マラテのクラブ。

私の自宅のあるエリアです。

この夜はマカティにホテル(しかもまあまあグレードの良い部屋)を取っているにも関わらず。

 

そして、朝方にようやく解散となりました。

 

それでは、レンジブログ196話をスタートいたします!

 

 

【読者の方へお願い】

 

これからレンジブログをお読みいただく前に、以下の「ブログ村ランキングバナー」の応援クリックをお願いします!
(ブログ村にジャンプするだけです。その後はまたこちらに戻ってきてください!)

 


↑↑ワンクリック10ポイント↑↑

 

皆さんの応援で成り立っているクレマニ。本当にありがとうございます!!

どうぞ引き続きよろしくお願いいたします!!

 

 

【レンジブログ196】フィリピーナ彼女とマニラのホテルで過ごす朝!?

 

 

ーーマカティへ向かうタクシーの中。

薄目を開けていたものの、私はただ揺れるブス仏となり、意識はほぼ飛んでいた。

 

隣のサンは、今宵撮り溜めた写真を嬉しそうに眺めていた。

ブルゴス通りの華やかな様子や、先ほどのクラブ内の写真である。

そして、その一つを見せてきた。

 

だっ、誰だこれは!?

 

よく見ると、私が死んだカエルの目をして、渾身の拳を掲げているものだった。

 

マニラのクラブで踊る日本人男性
[マニラのクラブにて、意識レベルゼロで天を仰ぐ日本人男性]

 

暗黒の世界から助けを求めているかのような写真。

 

しかも、連写されていた。彼女のスマホの写真フォルダに、再び私の写真が大量にストックされていたのである。

 

マニラのクラブで踊る日本人男性
[サンのスマホの写真フォルダに大量に残ったレンジの写真]

 

「Range! You’re very handsome! Kyahahaha! (レンジ! とても良い男だわ! きゃはははっ!)」

 

おっ、おう。笑い過ぎだろうに。

その爆笑さえなければ、素直に誉め言葉だと受け止められるのだが。

しかし、それらは後で全削除しておくからよろしく……。

 

ーー朝方のマカティへ。

私たちのタクシーは薄暗い内に、ホテルへ戻ることが出来た。

 

シティーガーデングラウンド ホテル マニラ マカティ ブルゴス
[宿泊先のシティーガーデングランドホテル]

 

私はすぐにソファへ。うつ伏せでしばらく呼吸を整える。

すると、その上にサンが豪快にボディープレスを放ってきた。

 

ぶふぉおっう!!

 

「Range! Are you okay!? Kyahahaha! (レンジ! 大丈夫!? きゃはははっ!)」

 

大丈夫ではない。この様子を見て悟ってくれ。

 

サンは酔っているようだが、まだまだ遊び足りない様子だった。

まぁ、なんと元気だろうか。

今は大学が休み、夜の仕事も辞める、と言うことはこの平日は特に予定がないのだろう。

彼女が「レンジ、これから何して遊ぶ?」と言ってきたことには、ゾッとした。

まさかまた外へ出たいと言い出すのではないだろうな。

私はこれから数時間休んだ後に、仕事である。

 

それに遊ぶと言っても、もうこの部屋で出来ることは限られている。

 

 

 

 

 

 

 

[【閲覧注意】クレマニファンの方々、この後はサンとのベッドシーンになります。下品な話題が苦手な方は閲覧を控えてください。「クセぇこと言うなよ、待ってましたっ!」と言う方のみどうぞ。]

 

 

 

 

 

 

 

ーー残る体力を振り絞りながら、シャワールームへ。

一瞬、彼女の体臭を思い出した気がしたからだ。私自身も汗臭い。

まずは身を清めてから。

 

……サンも一緒に入ってきた。

 

マカティ ホテル バスルーム
[宿泊先のバスルーム写真]

 

私にはいくつか異名がある。

その一つ、

『バスルームのレンジ』

 

私の場合、試合を行うピッチは基本ベッドの上が多いのだが、それと同じくらいバスルーム内でも試合数が多い。

 

この時も、シャワーを浴びながら、お互いの体を洗いつつ、愛撫し合った。

(この方法だと、彼女の体臭をそこまで気にしないで済むことに気付いたのもある。)

 

前半のみの交代であったが、サンは満足気だった。

 

ーーそして、ようやくベッドルームへ。

二人で仲良く布団に入った。

 

カーテンの外はもう明るかったが、後半戦が残っている。

 

マカティ ホテル バスルーム
[宿泊先ベッドルーム]

 

寝付く前。

シャワーを浴びたこともあり、私は少し元気を取り戻していた。

サンも同様に酔いが落ち着いたようである。

私たちは唇を合わせながら、バスルームの試合の続きを始めた。

 

私の方は、少なくともこの夜は多数の女性を見かけた。例えば、ブルゴスのゴーゴーバーでは、この世の至宝とも言うべき絶景を眺めていた。さらに、女性二人を店外へ誘い、クラブへ。さっきまでヨンペーの夢を薄っすらとだが意識していた。

つまり、私は疲れていたとは言え、過去にないほどの煩悩に支配されていた。

 

私は、サンの体を責め始めた。

煩悩ゲージが振り切ったのである。

彼女は「きゃはははっ!」といつものように笑っていたが、このときの私は何故か興奮度がMAXだった。

 

古より、『人類は生死に関わるような状態だと性欲が増す』と言われる。危険下では逆に子孫を残そうとする本能のためだろう。

 

私はイノシシと化し、『ブヒッ、ブヒブヒッ』と彼女の体をしゃぶり貪る。

 

そして、本丸へ出陣。

 

ホラ貝が吹かれた。

 

『パオォォォオーンッ!!』

軍団の雄たけびが響き、押し寄せる。

 

彼女のバスタオルを強引に奪い取った。もちろん、サンはノーパンティーだっ!

 

そのゴールマウス、頂きっ……

 

『ぶふぇぇっ!?』

 

 

あかーん!!

クセぇっ!?

やっぱりっ!?

象!?

象だっ!!

 

……これはたしかに象だ。

一頭どころの騒ぎではない。大群だ。

サファリパークを感じさせる。

 

『ぶぴぇんっ!』

と、急性アレルギーのような変なクシャミが出る。

 

しかし、しかし!

私たちはもう知っている仲。

この程度の臭いでは私の心はもう折れることはなかった。むしろ、愛おしいとさえ感じる。

私の鼻は、彼女の雄大な香りを凌駕しており、もう素直に受け入れることができるようになっていた。彼女を心から愛し始めていたのだ。

 

臭いなど…… もう……

口呼吸でやり過ごせ……

 

象の大群を返り討ちにするほどの気合を入れ、『バチンッ!』と防具を装着。

 

恥ずかしがる彼女を弄んだ。

 

ーーそして、3時間ほどは寝ることが出来ただろうか。

隣で寝ているサンを起こさないよう、彼女のスマホを手に取る。

例の写真フォルダをチェックする……

 

しかし、どうしても彼女の悲しむ顔が浮かんでしまい、削除がクリックできない。

いくつか探したが、私とのツーショットは無かったようなので、結局そのままにした。

 

彼女に「朝食は? そろそろ終わりの時間だけど?」と起こそうとしたが、「もっと寝たい……」と言う。

私はかなりの空腹を感じていたため、彼女を部屋に残し、一人で朝食会場へ向かった。

 

マニラ おすすめホテル 朝食ビュッフェ
[朝食ビュッフェ会場]

 

会場はラストオーダーが終わった頃で、スタッフが片付けを始めていた。

近くのスタッフに声を掛け、確認すると「もう出ているのでよろしければ」とのこと。

私は、急いで食事を取り分け、外の景色が見られるテーブルに着いた。

 

ーー午前10時。

この後、ホテルをチェックアウトするにしても、オフィスへ行くのは昼過ぎになるか。

 

私はナオミに「ごめんなさい。今日は午後からの出勤になります。体調が悪くて」と連絡を入れた。

幸いこの日、午前中に顧客とのミーティングは入っておらず、そこまで怒られることはなかった。

電話口では終始、『クチャクチャ』と音が鳴っていた。おそらくバナナを頬張っているナオミ。彼女の愛嬌のある声に癒された。

 

ーー部屋に戻ると、サンは未だ寝ていた。

 

チェックアウトのギリギリまで待って、彼女を起こし、身支度をする。

二人でエントランスに降り、ホテルの前でそれぞれタクシーを拾った。

彼女はマカティの自宅へ。私はオフィスへ。

 

ーー日中の仕事を無難に終え、この夜はまっすぐマラテの自宅へ帰った。

時刻は午後9時頃。

ここまでの疲れがピークに達していたのだろう。私はソファで寝落ちした。

 




 

ーー目を覚ましたのは、午前0時頃。

明日も仕事のため、この日はそのまま寝ようかと思った。

シャワーを浴びて、冷蔵庫に入っていたボトルウォーターをグビグビ飲む。

 

睡眠時間は足りてないが、アルコールは抜けているし、そこまで倦怠感はなかった。

女性たちからのメッセージを返信しながら、外出するかどうかソワソワしてくる。

 

ワンセット、一軒くらい顔を出しておこうか……。

午前3時に終わって、4時に就寝。9時起床なら行けるか……。

 

サンからはその後メッセージは入ってきていない。おそらく一日寝ているのだろう。

 

マリーからは「Where are you? (てめぇ、何処だ?)」といつもの感じ。

マルコからは「Good night and sweet dreams! (おやすみなさい!)」と。

ザリからは「Did you eat? (ご飯食べた?)」と。

その他、KTVで働く女性たちから数件の挨拶が入っていた。

 

……よっし。

 

今夜くらいはザリに会いに行こうか。

彼女は当時、KTV『Cynthia シンシア』と言う夜の職場で働いていた。

 

ーー私は身支度を整え、夜のマニラの街へ出た。

 

 

「サンに会ってみたいw」と思った方、応援クリックお願いいたします! 次回、『ドSのフィリピーナ登場!?』、乞うご期待!

 

【レンジブログのあとがきラジオ】
ツイッター@RangeAbe のアカウントで、この記事のあとがきをラジオで話します。テスト放送ではありますが、ぜひ絡んでください!(日本時間の23:30-24:00頃。9割下ネタ発信しておりますが、エロチャンネルではありません。)
[ライブアプリ『ペリスコープ』でレンジをフォロー]

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

レンジblog前の記事
レンジblog次の記事

 

レンジ
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。

12 コメント

  1. お疲れ様です。マニラで初めて遊んだKTVがシンシアでした。私が行った当時のシンシアは、勢いがあったように思います。。マニラに嵌るキッカケとなったお店でした。レンジさんともニアミスしてそう。(笑)

    • A.Mさん、コメントありがとうございます!
      シンシア、女の子の乗りも良くて可愛くて安くて良いお店でしたよね!
      ニアミスはおそらく皆さんとしてると思います笑

  2. お疲れさまでした。
    ロングランでしたね。って、終わってないんですか?レンジさん、どん欲だ~?
    それにしてもサンさんは相変わらずサバンナを爆走してましたかw でも、もう大丈夫そうですね。どうなんだろう?(^^♪
    しかし、今日はこのブログを夕食がてらカフェに行って読んでいましたが、絶対やっちゃダメですね。吹き出しそうになるのを必死に我慢していたので、周りから怪訝そうに見られてしまいました。笑いこらえてプルプル震えてるおっさんは不気味ですからね( ̄▽ ̄;)
    ラストスパートがんばってください!

    • Ackieさん、いつもありがとうございます!
      そして、最大の褒め言葉ありがとうございます!
      私たちの目的は、皆さんの飲み物を噴き出させる事です。
      ちなみに私も自分の記事や他のライターさんの記事を読み直しながら、肩を震わせてます笑

  3. ある人が言っていた!この国に来て寝る奴は、馬鹿だ!寝るのが惜しい!私は思った!黙れキチガイ!お前だけだ。しかし、今になってみれば、無理かもしれないし、多分無理だと思うけど、寝ずに遊んでみたいと思う。

    • 小虎さん、いつもありがとうございます!
      マニラに行くと、元気が溢れてきて時間がもったいなく感じるんですよね。あれもこれもやりたい、行きたいとなって笑
      すぐ陽が暮れますし。マニラマジックですね!

  4. >ワンセット、一軒くらい顔を出しておこうか……。
    そう考えちゃうんですよねw
    で、また眠れない夜が始まると・・・
    サンとは無事一戦お疲れ様でした。
    天然も臭いも慣れればなんとかなるもんですね。
    今度はどんなドラマ(事件)が待ってるんでしょう。

    • G1Rさん、いつもありがとうございます!
      そうなんですよねー、辞めておけば良いのに、何故か吸い込まれていくんですよね…
      ネオンの光に呼び寄せられる昆虫みたいに笑

      サンのことは、そうですね。好きになると匂いも個性かなと。結局、強めの香水を渡すことで解決できたと思います!

  5. サンの匂いネタはズルいわwww
    どうしてもその絵が浮かんで、笑ってしまうw
    大好物です!

  6. ほら貝で吹きました!
    隣に嫁<フィリピーナ>がいるので堪えすぎて目がシュパシュパするぜ!
     フィリピン本国童貞の私がkTVやゴーゴーバーに強い憧れをもっているのをばれないように毎日こっそり楽しく読ませてもらってます。
    毎日更新ありがとうございます!これからも楽しみにしてます!

    • D’zさん、いつもありがとうございます!
      ホラ貝拾って頂きありがとうございます!

      クレマニはこれでも抑え気味に描いていますので、ぜひ現地に賑わいが戻った頃に行ってみてください!ご自身の目で確かめて、またその感想を教えてください!笑

※コメントアイコンが欲しい読者様、DMでお知らせください。

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here