ブログランキングリンク-トップ

 

フィリピーナ女性

 

 [ウメブログ 前回のあらすじ]

クレマニのホレ担当ウメ。現在50代後半。約30年前からフィリピンへ通う超ベテラン。
新たなフィリピーナにアプローチ開始。彼女が来日してからスパートを掛けるが、なぜか反応が悪い。全て騙されていた!?
【ウメブログ34】ハメられたっ!? 美人フィリピーナの秘密とは!?

 

クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので、過去の記事を参照頂けると話の内容が理解しやすいかと思います。また、登場人物の名前等は仮名を用いているところがあります。

 

※クレイジーマニラでは、オノケンブログ、レンジブログ、ポットブログの三つのブログがメインコンテンツでした。そして、この度新たに『ウメブログ』の新連載がスタートしました。

 

 

ウメブログは約30年前のストーリーから展開しています。

 

前回のエピソードでは、エルミタで新たに出会ったフィリピーナ『マリーン』にアプローチ。

しかし、彼女には大きな秘密があった。

ハメられたウメさん。

しかし、全く懲りない。いや、清々しい気持ちにリセットされた様子。

 

それでは、ウメブログ35(第一章第34話)をスタートさせていただきます。

 

 

【読者の方へお願い】

 

これからウメブログをお読みいただく前に、以下の「ブログ村ランキングバナー」の応援クリックをお願いします!
(ブログ村にジャンプするだけです。その後はまたこちらに戻ってきてください!)

 


↑↑ワンクリック10ポイント↑↑

 

皆さんの応援で成り立っているクレマニ。本当にありがとうございます!!

どうぞ引き続きよろしくお願いいたします!!

 

 

【ウメブログ35】お客と彼氏がバッティング!? フィリピーナのマジ切れ

 

 

ーー今回のエピソードは、ラブリーがフィリピンに戻って、2週間ほどしての出来事である。

[キツマンのラブリー、試合の快感を覚えてしまう]
【ウメブログ25】目覚めたフィリピーナが多数のお客と試合連発!?

 

この頃は渡比したとしてもジェニーが一緒にいた為、あざみでニューフェイスをゲットする事も出来ず。

恋人関係は良好だったので、それはそれで良かったのだが。

この時、ジェニーは既にあざみを辞めており、昼間は銀行で事務職をしていた。

もちろん、その仕事だけでは家族を養えない。私の仕送りと合わせて家族との生活が成り立つようになっていた。

 

ーーそしてこの日も、ジェニーと二人であざみに飲みに来ていた。

しかし、ラブリーが居ない。

確か、「フィリピンに戻って10日くらい休んだら、また店に出る」と言っていたはずなのに……。

 

ママに事情を聞いてみる。

すると小声で客席を指す。

「あのお客さん、ラブリーを追っかけて来たみたい。それでラブリーが逃げているの……」

 

ほう。

なんと。

まぁ…… 楽しそうな匂いがするではないか。

 

フィリピーナ女性[キツマンのコンプレックスを克服した新生ラブリー]

 

席を外し、店外へ。

ラブリーに電話を掛けてみる。

すぐに出た。

「ラブリー、どうした? トラブルか?」

この時点で、ワクワクが止まらない。

「クーヤ、グッドタイミング!」

それはそうだ。ママに聞いてすぐに電話しているんだから。

ラブリーは困った様子で、

「日本の客がマニラのお店まで来てる。マジキモい。どうしたらいい?」

と。

 

ふむふむ。

 

「お客さんに会いたくないの?」

「実は日本で1度だけ試合をした。それから結婚したいってうるさいの!」

やはりそういう男が出て来たか。

ラブリーもすぐに股を開くからだぞ……。

「電話番号とか聞かれても教えなかったんだけど。こんなにもしつこいなんて。フィリピンに帰って来たから大丈夫だと思ってたんだけど。実は以前日本で、ついマニラで働いていていたお店の名前を教えてしまったの。それを覚えてたらしく、いきなり来たの!」

「そうか…… 今から出て来られる? ジェニーが一緒だからみんなで考えるか?」

「今はフィリピーノ彼氏も面倒臭いからね、束縛で。私からアテ(お姉さんの意味)ジェニーに電話する」

 

という事で一度電話を切った。

ジェニーにすぐ電話が掛かってきて、明日合流する事になったようだ。

外だと日本からの客に会うかもしれない。それは絶対避けたいので、私のホテルに来るという。

 

ーーそして翌日。

 

ダイアモンドホテル 室内写真
[宿泊先ダイアモンドホテル]

 

16時にラブリーが来た。

 

人のトラブル話は蜜の味。

どんな話が飛び出すかワクワクする。

 

まず日本の客に関する情報をまとめる。彼は一昨日から来ているようだ。

お店で準備をしていたらママが来て、

「ラブリー。お客があなたが居るか聞いているんだけど。何かちょっと変よ。だから『今出勤表を見て来ます』って言ってきたけど……」

と、ラブリーに確認に来た。

それで覗いてみると、日本でしつこく求婚されていたオッサンだった。

すぐママに「ごめんなさい。今日は休む」と言って逃げたのだと。

しかも一昨日と昨日は仕事なのに家にいるため、フィリピーノの彼氏が何か疑っている様子で、それもしつこくてウンザリしていたところだったようだ。

 

このフィリピーノ、ラブリーの『初めて男』だと自分で思い込んでおり、かなり束縛が強いらしい。

無論、貫通試合は私が担当したのだが。

 

ーーラブリーは本当に困っている様子だった。

「ウメ、どうやって帰ってもらおう?」

「ちゃんと話して、結婚の意思が無い事を伝えれば?」

この意見はジェニーも同意。

「それは日本でも伝えたのよ。でも『あきらめ切れない』って言って、とうとうフィリピンまで来たの!」

んー。

かなり重症だな……。

働いている店の名前だけで、フィリピンまで会いに来るってなかなかのもんだぞ。

 

「で、今日はお店どうするの?」

「あまり休むとサラリーに響くから出るけど。そうだ! クーヤ、同伴してくれない?」

ジェニーの顔を見ると頷いている。

「そうだね、いいよ」

「良かった! あの客しか指名が入らなくてずっと一緒だと思うと……」

 

ただこの時、変に私に飛び火しないか心配をした。

というのもこの客、日本でもちょいちょい見た事の有るオッサンで、おそらく私が店でアンと良い仲になっている事を知っている可能性が有るのだ。

それがジェニーにバレないかを心配をした。

 

ダイアモンドホテル 外観
[ダイヤモンドホテル]

 

ーーラブリーと共に、同伴で店に訪れる。

既にそのオッサンは店に居た。

それに気が付いたラブリー。

「○○さん、フィリピンに来てたの?」と白々しく挨拶をしている。

その客は突然立ち上がり、怒るのかと思ったら、満面の笑みを浮かべる。

ラブリーに向かって、「うん!」とクッキリハッキリと返事をした。

 

うん! じゃねぇ。

ヤバいぞこれ。かなりの重症だ。

 

ーーラブリーの着替え待ちタイム。

テーブルに着くとそのお客が寄って来た。

『やべー飛び火するなよ』と思っていると、

 

「お兄ちゃん、日本でも何回か会っているよね? ラブリーとどんな関係?」

 

オッサンよ、私とラブリーを疑っているのか!?

私は女連れだぞ。

この状況を理解できないとは、相当ラブリーに参っているようだ。

それはそうと、ラブリーとの関係を疑っていると言う事は、アンの事は知らないと見た。

よっし。

私は急に色々と仕掛けたくなってきた。

 

「ラブリーが日本に来る前からこの店で知り合いで。何か有ると私を頼って来るので、日本でもラブリーの店に会いに行っていましたよ」

さあ、どう出る、どう出る!?

「ふーん そうなんだ……」

オッサンはちょっと不機嫌そうな顔になり席へと戻って行った。

 

さーどうなるか。

 

マニラKTV 夜遊び「メラキ MERAKI」
[マニラのフィリピンパブのイメージ]

 

ーーラブリーが戻ってきた。

談笑をするが、オッサンの強烈な視線を感じる。

30分ごとのローテーション。

閉店までだとラブリーが可愛そうだな。

 

私は、マニラの召喚獣を呼び起こすことにした。

 

すぐに電話を掛ける。

「ジミー、今日暇?」

「ハロー、ウメ! そうね、特別約束も無いし。お酒を奢ってくれるなら行くよ!」

「じゃ、一人でもいいし、友達とでもいいからさ。『あざみ』に来て、別テーブルでも良いからラブリーを指名して、呑んで」

「ん? 何か意味有ね? OK!」

「後で説明するから!」

 

……よし仕込みはOK。

ジェニーに話したら、彼女は親指を立てて笑っていた。

そしてラブリーに、

「これからジミーが来るから。彼らは別テーブルであなたをリクエストすると思う。少しでもあの客との時間を少なく出来ればいいね」

と伝えた。

すると感激したのか、私に抱き着いて頬にキスをしてきた。

おいおいおい……。

オッサンから突き刺さるような殺気を感じた。

誤解だ……。誤解だが、面白くて堪らない。

 

ーーローテーション。オッサンの元へ行くラブリー。

案の定、質問攻めにあっている様子だ。

しかしこれは仕事だから仕方がない。

ラブリーよ、上手く躱す事を願う。

 

ーー1時間ほどして召喚獣ジミーが降臨した。

 

フィリピンのオカマ 恋愛 ブログ
[オカマのジミー]

 

彼を見たラブリーは、駆け寄って行って激しいハグ。二人で思いっきり弾けていた。

以前、ジミーを連れて頻繁にあざみに来ていた。当然ラブリーとも顔見知りだ。

しかもこの時、ラブリーがフィリピンに戻ってから初めて会ったようで、異様に盛り上がっていた。

 

オッサンはきょとんとしている。

ジミーの見た目は普通に可愛いフィリピーナだ。

不思議そうにその光景を眺めていた。

 

ーーこうしてラブリーはローテーションの頻度を落とし、閉店の時間を迎える。

 

しかし、オッサンは話し足りないのか試合したいのか、必要にアフターを求めてきていた。

それをラブリーは、私とジミー達と合同でアフターに行くからと断る。

 

しばらく、閉店時間を過ぎてもまだその件で揉めていた。

 

ーーオッサンは諦めたのか、渋々店を出た。

私達はそれなりに常連なのでラブリーの着替えを店内で待つことに。

 




 

ーー着替え終わったラブリーと共に店外へ。

案の定、オッサンが待っていた。

しかももう一人男性が…… フィリピーノだ。

 

ラブリーはフィリピーノに視線を向けて、深く溜め息をつく。

おそらく彼氏だ。心配で迎えに来たのだろう。

 

その間に、オッサンがラブリーに近づいてきて、さらにアフターのお願いをし始める。

そこにさらにフィリピーノ彼氏も近づいて来た。

 

そして、その彼氏が何かをラブリーに言った瞬間……

 

プチ?

ブチ?

いや、『プッチン』と聞こえた。

スイッチが入ったのだ。

 

「プン○○#*?=&$“#&◇▲!!」

彼氏に向かってタガログ語で怒声を浴びせる。

 

そしてさらにオッサンに向かい、

「あんたなんかと結婚しねぇよ!!」

 

二人に怒鳴りつけていた。

この瞬間、マニラで最も怒りゲージが高いフィリピーナであっただろう。

 

ーーラブリーは一人さっさと歩いていき、ジェニーの手を取る。

振り向いて私達に、

「レッツゴーォオ!!」

と雄たけびを上げた。

 

日頃からよっぽど溜まっていたのだろう。

私は大声で笑ってしまった。

 

あっけにとられたオッサンと彼氏はその場に立ち尽くしていた。

 

ーー翌日。

オッサンは店に来たのだが、静かに飲んでいたらしい。次の日帰って行ったようだ。

そして、フィリピーノ彼氏とも別れたと。

 

ラブリーは、

「試合は気持ちいいけど、暫く男はいらない。面倒臭い」

と、笑っていた。

 

この時、まだ19歳。

今後、彼女がどんな女性に成長していくか楽しみである。

 

 

[ウメブログ35 終わり]

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次話、ウメブログ36「皆で行ったクバオ、恐怖のジェットコースター」

 

オノケン
クレイジーマニラ ライター オノケン
ウメさん、お疲れ様です! ラブリーさん、ストレスの限界だったのでしょうね。お客からのプレッシャーと彼氏の束縛。そのストレスの捌け口は『試合』になるのでしょうか。今後のご活躍をお祈りします。

 

レンジ
クレイジーマニラ ライター レンジ
ウメさん、お疲れ様です! オッサンの気持ち、分からなくもないです。女性にとってみれば遊びでも、男性側は本気になるかもしれません。もしかしたら純粋なオッサンだったのかも……。ウメさんにケンカを売った(?)のが運の尽きでしたね。残念!

 

 

【YouTube×ブログのコラボ企画】

各ページにお知らせしておりますが、今週末、大人気YouTuber「アキラ先輩」とクレイジーマニラがコラボ企画をします。

YouTuber「アキラ先輩」とクレイジーマニラのコラボ企画

内容は、クレイジーマニラのネタを『アキラ先輩』に面白おかしく弄って頂くというものです。私レンジも少し音声参加させて頂くかもしれません。

また、こちらもその元ネタをトピックス記事として同時公開します。

この機会に、アキラ先輩のチャンネル登録と、週末のトピックのチェックをよろしくお願いいたします!

【アキラ先輩の紹介動画↓↓】

 

【ライブラジオの告知】

ウメさんのツイッター(梅ちんさん@crazy_umechin)も是非チェックしてください!

また、ウメさんがホストのライブラジオ『ティーマカナーピー』もぜひチェックしてみてください!
毎晩、クレマニの秘密兵器ちーちゃん、TEAMあわよくばの皆さんで楽しいエロトークを繰り広げています。時々、レンジも参戦させていただいております。

【ウメラジオ『ティーマカナーピー』】
22:00頃~
ツイッター@crazy_umechin のアカウントで、ライブジオ、ラジオのアーカイブを視聴できます!
[ライブアプリ『ペリスコープ』で梅ちんをフォロー]
ラジオ配信 LA

 

現在、レンジがホストのクレマニラジオの方は不定期で発信しております。

【クレマニラジオ】
23:00頃~
ツイッター@RangeAbe のアカウントで、テスト放送しております。
平日は、このウメブログの編集あとがきを話します。
[ライブアプリ『ペリスコープ』でレンジをフォロー]

※ラジオはアプリを入れなくても、聴くだけならTwitter上で可能です!
(コメント参加にはログインが必要)

 

「ウメブログ今後も楽しみ!」と言う方、応援クリックお願いいたします! 次回、恐怖のジェットコースターとは!? 乞うご期待!!

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

クレマニ前の記事【ウメブログ34】ハメられたっ!? 美人フィリピーナの秘密とは!?
クレマニ次の記事【アキラ先輩コラボ企画】ピン中がフィリピンへ行くときに使う言い訳TOP5
ウメblog前の記事
ウメblog次の記事

 

Ume
ウメは元経営者で、30年前からフィリピンへ通う超ベテラン。早期リタイア、二度の離婚、ネトゲ廃人も経験。クレマニのホレ担当。とにかく人に惚れやすい。都合が悪くなると逃げる、姑息な手段を使うなどゲスな一面も。

17 コメント

  1. こんばんは

    これは日本人の気持ちもわかるような。。

    日本で一回の試合が即結婚へと思い込んだんでしょうか、、、

    ウメさんの絶妙なアシストで最終的にはラブリーはダブルで解放される・・・

    要は19歳の娘さんですからね。。まだまだこれから羽ばたきたいでしょう。

    彼女は今ではもうボスキャラ?ww

    • ウメサン お疲れ様です♪
      オッサンは まだまだ経験浅く LV10位の初心者だったのかもしれませんね。一試合だけで そんなに思い込むとは ちょっと可哀想な気もします。
      またマニラで それも夜の町で ウメサンに一人で声を掛けてくるなんて なんと怖いもの知らずなんでしょうwww
      自分だったら 恐ろしくて 何も言わず1セットで帰ってしまいそうです!Σ(×_×;)!
      このオッサンも この経験で随分LVアップしたことでしょう。
      自分も KTV等にはまだまだ経験値不足ですので
      宜しくご指導下さい。
      ウメサンの現地二次会には 案内状お願いします(^○^)

      • ryokunさん
        お疲れ様です。
        こちらこそお手柔らかにお願いいたします。

        最近は現地で友達たちと呑むことも殆ど無いので是非クレマニオフ会を現地でやりたいものです^^

        引き続きよろしくお願いいたします。

    • 鳩麦茶さん
      こんばんは^^
      当時結構勘違いしてハマって行くオヤジは多かったですね。
      まぁ1回やれたから良いかくらいに考えれば少しは楽なんですがね。

      今、ラブーは45歳くらいになっていてどんな女性になりどんな風に生きて来たのか話を聞きたいものですね。

      引き続きよろしくお願いいたします。

  2. ウメさんこんばんは🌙😃❗

    ラブリー、かわいい娘ですね😱

    日本から来たオッサンは勘違いも甚だしいですが、ある意味可哀想ですね。
    やっぱり現地に行くならレベルを上げてからでないとね🎵

    • ターシャさん
      いつもありがとうございます。
      ですね、それで家庭を壊したりした人は沢山いたでしょうね。
      あそびはほどほどにですね^^;

      引き続きよろしくお願いいたします。

  3. 修羅場ですね~ヾ(≧▽≦)ノ

    けっこう見ましたよ、そういうシーン、マカティでもw ほとんど知らない人でしたけど、偶にあっちのKTVで見かけたなぁって人だったり。基本的にはそこまでやっちゃうと纏まるか破滅かどっちかしかないところまでいっちゃうので手の施しようがなかったりしますね😄

    ここぞと言いう時のピーナの瞬発力は侮れませんからね💦 絶対に怒らせちゃダメですよね(^-^; おっさんも彼氏も懲りたんじゃないですか?おっさんは大怪我しなくてよかったかもですねw

    私は巻き込み事故にだけは合いたくないです🤣

    • Ackieさん
      いつもありがとうございます。
      よく見ましたよねww
      閉店後店の前でもめている人って。
      ただラブリーはその客をうまく捕まえれば仕送りッターズに出来たのにそれをしなかったのはあっぱれでしたw

      飛び火は怖いです^^;

      引き続きよろしくお願いいたします。

  4. 真面目な人だったんですね。
    フィリピンまで追いかけて来て振られるのはショック大きいです。

    その人からしたら人生最後の恋と思っていたのかもしれないですからね常に2人から3人程追い掛けていた方が傷付かないです!

    • ボンさん
      こんばんは^^
      なかなか難しい問題ですね。
      1人を追いかけて純愛を目指すのか、パロパロやりまくって二頭を追うもの一頭も得ずになって虚しくなるのか・・・・

      引き続きよろしくお願いいたします。

  5. ウメさん、ナイスアシストでしたね。
    最終的にはラブリーさん大爆発!(笑)で決着がついた形ですが
    お店経験の浅い子には、思い込みの強いお客は気が重かったと思います。
    そのお客さんは、これに懲りてPPから足を洗ったのか、それともLvアップして
    相変わらず遊び歩いてるのか、ちょっと気になります。
    (俺のこと?とか思う読者さんが居たらスゴイですね)

    • G1Rさん
      いつもありがとうございます。
      ですね、でも当時このような客は大勢いたと思います。
      日本のPパブで優しくされて勘違いして渡比するパターンですね。

      引き続きよろしくお願いいたします。

  6. ウメさんお疲れ様です。
    ラブリーさん強いですね!て、言うより女性は皆強い!!
    自分も昔は日本人、中国人に入れ込んだ経験があるので、惚れてしまう
    のも分かります!
    ただ、みなさんやこの話のおっさんと違うのは、自分は試合をしていません。(笑)

    • toshidesuさん
      いつもありがとうございます。
      次回は是非試合をしてください、なお一層ハマること請け合いですw

      「フィリピン人 みんなでハマれば 怖くない」を標語に頑張りましょう。

      引き続きよろしくお願いいたします。

  7. この物語は25年程前が舞台だと思うのですが、当時は日本でも携帯電話を持ってる人は多くなく、しかも機器はレンタルで基本料金3万円と通話料7万ほどを払っていた記憶があります、ちょっと時期が5年ズレても総額で5万ほどは払っていた時代です、その時代にフィリピンではこんなにも皆が携帯電話を持っていたのしょうか?

    • 匿名さん
      コメントありがとうございます。
      質問頂いた件ですが、日本では1991年にIDOからミニモという名の携帯が発表され私もこれをすぐに持ちました。
      フィリピンではヨーロッパからセルラーやボーダフォンやノキアなどの参入が有り国民の3%程度の普及率でした。
      その後1999年にフィリピンでプリペードカード式の携帯が出てから一気に需要が増えたという背景です。
      そしてこのブログ当時、1997年頃で現地のフィリピンパブに女の子は客と連絡を取るために結構な数の女の子が持っておりました。
      しかもかけると料金が発生するのでほぼ受ける為の電話と言った感じの使い方でした。
      また友達何人かで1台を共有する形で持っていたりとかの子などもいました。
      特に日本に行って帰ってきた女の子たちは比較的もっていように思います。
      このような説明で答えになっているでしょうか。
      引き続きよろしくお願いいたします。

      • 当時は携帯を契約するの10万近く払った記憶があったので混乱しました。フィリピンでは安く買えていたのですね。びっくりです。

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here