ブログランキングリンク-トップ

 

 

この記事はタガログ語(フィリピン語)入門講座です。

基本文法から会話文の応用まで順序立てて解説していきます。

また記事の後半では「瞬間タガログ語作文」を練習することができます。ちょっとスケベな下ネタも入れていきます。学習のまとめと実際の会話訓練にどうぞ活用ください。

このタガログ語入門講座はシリーズ化して、一通り習得できるようにしていきます。

皆さんの学習にお役に立てれば幸いです。

 

 

基本文法(単数形)入門

「これは(それは、あれは)~です」

それではまず、基本の肯定文(単数形)からスタートします。

「これは(それは、あれは)~です」

~ itoイト ( iyanイヤン, iyonイヨン )

名詞もしくは形容詞 + ito ( iyan, iyon )

 

ポイント

ダガログ語の基本語順は「述語+主語」

  • 「AはBです」は、「B A」と言う語順になります。
  • タガログ語に英語のbe動詞のようなものはないため、英語のように「A be動詞 B」とはなりません。
  • 述語には「名詞もしくは形容詞」を使うことが出来ます。

なお、記事中に初めて出てくるタガログ語の単語には「フリガナ」を表記しています。

また、簡単な名詞については「英単語」も混ぜて紹介しています(現地では英単語も一般的あるいは外来語として共通なため。ここではタガログ語文法習得を優先するため)。

 

タガログ語基本例文

これはペンです。
Pen ito.
これは甘いです。
Matamisマタミス ito. 「Matamis…甘い」
それは本です。
Libroリブロ iyan. 「Libro…本、Bookも可」
それは大きいです。
Malakiマラキ iyan. 「Malaki…大きい」
あれはビールです。
Beer iyon. 「タガログ語ではビールをBir(ビル)とも言う」
あれは美味しいです。
Masarapマサラップ iyon. 「Masarap…美味しい」

 
実際の会話やメールでは、「ito, iyan, iyon」は最初の ” i ” を発音せず(使わず)、「‘to, ‘yanヤン, ‘yonヨン」と言う発音もしくは表記で使われることもあります。
 

これも重要!
例文の「Pen ito.」について、
「Pen angアン ito.」と考えてみます(これは文法的には誤り)。
「ang」と言うのは、英語の「a」や「the」と言う冠詞で、主語に付けます。
そして、通常は名詞に付けるもので、itoやiyan、iyonなどの指示代名詞にそのまま付けることはありません。
 

ただし、この時はangが隠れていると考えてください

 
例えば、「そのペンは新しい。」は「Bagoバゴ ang pen.」となります。
「bago…新しい」
 

 

基本文法(複数形)入門

「これらは(それらは、あれらは)~です」

「これらは(それらは、あれらは)~です」

~ angアン mgaマガ ito ( iyan, iyon )

名詞もしくは形容詞 + ang mga + ito ( iyan, iyon )

 

ポイント

複数形には「ang mga(アン マガ)」を付ける

このとき、主語を表す冠詞の「ang」がセットで現れる

  • mgaは複数と言う意味です。
  • この例は指示代名詞の「ang形」というもので、「これらは(主語)」と言う場合の形です。
  • その他に、前置する「sa形(~これらに)」、後置する「ng形(~これらの)」の形があります。これは後の講座で紹介します。今は気にしないでください。

 

タガログ語基本例文

これらは野菜です。
Gulayグーライ ang mga ito. 「Gulay…野菜」
これらは酸っぱいです。
Maasimマアシム ang mga ito. 「Maasim…酸っぱい」
それらはタクシーです。
Taksiタクシー ang mga iyan. 「Taksi…タクシー、Taxiも可」
それらは小さいです。
Maliitマリイット ang mga iyan. 「Maliit…小さい」
あれらはコーヒーです。
Coffee ang mga iyon.
あれらは美しいです。
Magandaマガンダ ang mga iyon. 「Maganda…美しい」

タガログ語では述語の名詞に、英語の様な「複数形のs」は付きません。
 




 

瞬間タガログ語作文練習

以下に、今回紹介した文法について例文を10個掲載しています。

日本語を読んだ後、タガログ語を瞬時に脳内で作文して、実際に発音してみてください。それぞれ下部ボタンをクリックすると解答例が表示されます。

これを繰り返し練習することで、タガログ語での会話の時にスムーズに話すことができます。

※下ネタも入っています。

 

これは本です。


Libro ito.

あれは女性です。 Babaeババエ…女性」


Babae iyon.

あれらは大きいです。


Malaki ang mga iyon.

それらは美味しいです。


Masarap ang mga iyan.

それは気持ちいいです。 Masarapマサラップ…(下ネタでも可)気持ちいい」


Masarap iyan.

これはおっぱいです。 Susoスソ…おっぱい」


Suso ito.

あれらはホテルです。 Hotelホテル…英語共通」


Hotel ang mga iyon.

あれは太っています。 Matabaマタバ…太っている」


Mataba iyon.

それは痩せています。 Payatパヤット…痩せている」


Payat iyan.

これらはコンドームです。 Condomコンドム…英語共通」


Condom ang mga ito.

 

まとめ

この記事のまとめ

タガログ語の基本文法は、「述語+主語」

英語の様な「be動詞」はない

主語には「ang」を付けるが、単数形の指示代名詞には使わない

複数形の主語には「ang mga」を付ける

英語の様な複数形の「s」は付けない

 

指示代名詞 ang形

主格を表わす場合「ang形」と言う

※その他に、前置する「sa形(~これらに)」、後置する「ng形(~これらの)」の形があります。

単数形 複数形
これは ito これらは ang mga ito
それは iyan それらは ang mga iyan
あれは iyon あれらは ang maga iyon

 

この記事で出てきた単語

ito …「これは」
iyan …「それは」
iyon …「あれは」
matamis …「甘い」
libro …「本」
malaki …「大きい」
masarap …「美味しい」
bago …「新しい」
ang …「冠詞(a,the)」
mga …「複数の意味」
gulay …「野菜」
maasim …「酸っぱい」
taksi …「タクシー」
maliit …「小さい」
maganda …「美しい」
babae …「女性」
suso …「おっぱい」
mataba …「太っている」
payat …「痩せている」

 
タガログ語の場合、英語とは違う真新しい言語ルールが出てきます。

英語に慣れているとそのルールに戸惑うことがありますが、しっかりと基本文法を身につければ難易度は高くありません。

語彙力について困った場合には英単語を使えば良いので、文法と基本タガログ単語さえ知っていれば会話は成り立ちます。

さらに流暢なタガログ語を目指す場合は、高度な勉強と訓練が必要です。

ここでは「とりあえずタガログ語の学習を始めてみたい」、「基本会話をしてみたい」と言う方へ向けた入門講座にしていきます。

現地でフィリピン人とタガログ語のコミュニケーションを目指して頑張って行きましょう!

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

クレマニ前の記事【恋愛相談】フィリピンで彼女を作るおすすめの方法
クレマニ次の記事【タガログ語入門2】基本文法「私は、あなたは、彼(ら)は~です」
タガログ語入門次の記事

 

Range Abe
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。
ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here