ブログランキングリンク-トップ

 

フィリピーナ 恋愛

 

こんにちは。クレイジーマニラのブス担当レンジです。

今回は、「フィリピーナ彼女を作る方法」を紹介します。

この記事の一部には、他者に対して批判的な内容を含んでいます。不快な思いをされた場合、筆者より予め深く謝罪申し上げます。

 

フィリピーナとの恋愛について読者の方々から同様のお問い合わせメールを頂いております。

本当にありがとうございます。

この記事が、皆さんへ少しでも参考になればと思います。

 

(迷えるマッチョな仔羊よ、この記事を読んでさらに迷い込め。そして、行き止まりでウンコを豪快に漏らせ。もしくは落とし穴の中で筋トレでもしておけ。)

 

とは言いつつも、筆者自身、皆さんから教えて頂きたいほどです。

日々、訳がわかりません。

その方法について正しい教科書(情報商材)が存在するならば、きっと世界から戦争は無くなり平和が訪れるでしょう。

全てはお金で解決できるのでしょうが、それでも訳が分からないこそ人生は楽しいのだと思います。

例えば、

 

「これで落とせるフィリピーナ」

 

その情報はおそらく詐欺に繋がっています。

 

「これで落とせる日本女性」

 

買います?

例えば、心理学に精通した人が絶対的にモテるとは限りません。無知の方が当たる可能性もあります。

 

「これで落とせるキャバ嬢、ホステス」

 

これも答えが分かります。

イケそうな時は頑張りますし、ダメな時はダメです。相手も人間です。

女性へのアプローチはいろいろな方法があるかと思います。

「押してダメなら引いてみろ」など。

 

以下は、筆者の考える方法の一つですので、気楽にお読み頂ければ幸いです。

 

 

 

【恋愛】フィリピンでフィリピーナの彼女を作る方法を紹介

 

 

今回は「フィリピンで」と言うことなので、日本のフィリピンパブでの出会いについては触れません。それは現地の夜遊びでの出会いに近いと思いますので、そちらを参考にしてみてください。

なお、私も一応人間ですので、全知全能ではありません。

お問合わせで「フィリピーナをどう落とせばいいのか分かりません!」と言うものを多く頂きます。

その都度、私なりのアドバイスをお伝えしていますが、「これで絶対大丈夫!」と言う方法はありません。

以下の内容は私自身の経験や知人の経験、ネットの体験談等も含め、私なりに解釈した「フィリピーナ彼女」の作り方を紹介していきます。

参考程度に捉えてください。

一番大切なのはご自身の恋愛道を信じて突き進み、そして人生を楽しんでください。

 

フィリピンを知った風に話す?

 

例えば、

「フィリピーナはね、嫉妬深くて、だけど愛情深いんだよ」

という文言。

良く聞くと思いますし、ネットにも書かれています。

実際、私もそのように感じることが多いですが、そう感じない女性もいます。

フィリピンについて聞かれた場合、その返答を決して言い切ることはしません。

人それぞれ異なるからです。

 

例えば、

「日本人女性はね、嫉妬深くて、だけど愛情深いんだよ」

 

……これ、おそらく正しく、どの国の女性でも当てはまると思います。

フィリピン女性より日本女性の方がそうかもしれません。

普通、相手の浮気は嫌です。

人を好きになるとその人に集中します。常に連絡を取り、愛の言葉を伝えようとします。

女性だけでなく男性もそうではないでしょうか。

しかし、お互い相手に不満を持ったり、理想の相手ではないと感じたり、人類の進化を追い求めたりする限り、浮気は存在します。

 

つまり、以下のような話をするのはあまり意味が無いように感じています。

「フィリピンはね……、フィリピーナはね……、KTV嬢はね……、素人はね……」

これを日本にて置き換えると、

「日本はね……、日本女性はね……、キャバ嬢はね……、人妻はね……」

と、なります。

 

日本に生まれ、在住していても、日本のことを全て知っているでしょうか。

日本の夜遊びにて女性を簡単に口説くことが出来るでしょうか。

普段の生活の中で、理想的な素人女性、寂しい人妻に出会えるでしょうか。

出会えたとしても、交際に発展させることはなかなか簡単ではありません。

落としたいと思った人ほど落とせないものだと思います。

日本にも簡単な女性はいます。お互いの相性もあるでしょう。

このことはフィリピンの場合でも同じだと思います。

 

人が持つ「時の量」は等しいです。

フィリピンで過ごす「時」が多い人は、その分日本での「時」が少ない。

その逆も同じです。

日本人で日本在住だから日本に詳しいとは限らないし、日本女性にモテるとも限りません。

 

私のようにこうしてブログに使う時間が多い人よりも、その時間を現地で実際に体験している人の方が余程詳しいかもしれません。

要は、どのように「時」を使っているのかは人に依りますし、「時の密度」も異なります。

したがって、あまり知った風に喋らない方が良いのかなと思っています。

人の体験談を聞いて、同意や応援するのは良いですが、上から目線で意見を述べるのは教育を受けた人のする事ではないと思います。

アドバイスするなら、具体的な事例を元に説明するのが良いと思います。これは仕事をする上でも同じだと思います。

もし経験豊富な立場であれば、いろいろな角度から説明した上で、聞いた人にそれらから選択させるような話をすると思います。

(マッチョは”新”哺乳類なので別対応です。)

同じ人間はいません。誰にも答えは分からないはずです。

 

つまり、「フィリピーナはこうして口説け!」のようなことは恥ずかしくて言えません。

 

模範解答はありますが、それが必ず当てはまるとは限りません。

解答と言うのは例えば、

①出会ってから数回デートを重ねる。

②告白して交際をスタートする。

③交際中にいろいろなことを共に経験する。

④結婚を意識するようになる。

⑤プロポーズする。

これはおそらく、日本でもフィリピンでも同じ流れではないでしょうか。

 

いやいや、本当の模範解答はこれかっ!?

 

「俺の部屋に来たら、毎月10,000ペソ仕送りするよ!」

 

記事のコメントで読者様から頂いたものです。

こんな男前なセリフ、言ってみたいですね(^^!)

 

フィリピーナのタイプについて

 

日本女性との違いについては、「宗教観」、「貧困度合」という二つの側面を念頭に置いておいた方が良いでしょう。

ご本人がキリスト教徒である、改宗する必要はありませんが、同じ価値観や考え方を持とうとするならば一つの手かもしれません。

貧困についてフィリピンは、日本のように「女性が独身のままでも良い、経済的に不自由がない」と言う社会ではないので、これもある程度理解が必要だと思います。

また、フィリピーナは特に家族との繋がりを大切にしています。これは日本文化と大きく違うところでしょう。

いわゆる「駆け落ち」のような状況は、日本では有り得るかもしれませんがフィリピーナ相手には難しいでしょう。その場合、愛情よりも家族への隠れたお金次第だと思います。

あと、最も大きいのは「言語」が違うということ。外国人女性と交際する上では必ずコミュニケーションの問題が出てきます。

「フィリピーナ彼女を作りたい」のであれば、こちらが「英語」あるいは「タガログ語」を必要最低限使えること、相手が「日本語」を理解できることが必要かもしれません。

 

フィリピーナの恋愛タイプについて

 

まず、日本女性について考えてみると、

「基本的にはデートを重ねてから。でも、シチュエーションと相手に依っては、その日にホテルへ行くかも。でも男にヤリ逃げされるかもしれないから、やっぱり時間はある程度かけて決めたい。ルックスや性格も大切だけど、経済力もね」

おそらく多くの女性はこのように考えているのではないでしょうか。将来性も含めて男性を見ていると思います。

 

そして、これはフィリピーナも同じだと思います。

ただ、先に述べたように「宗教観が違う、貧困を背負っている」という状況を抱えています。

ベッドインまで「数年間の恋愛期間が必要」、「結婚初夜までダメ」と言うこともあります。

「勝負が早いタイプ」の女性もいます。

勝負が早いと言うのは、「返事がはっきりとしている」いわゆる「現代っ子」の人たちです。

恋愛にも性にも積極的で、日本人の恋愛イメージに近いタイプです。

これは出身地に依る事もありますが、都会でも田舎でもあまり変わりません。

・例えば、相手と三回ほどデートをします。
・三回目のデートで告白します。
・その場で返事をされるか、数日後にされます。
・もしOKであれば、恋人です。
・その後は、普通のカップルのように恋愛を育みます。

フィリピンの「夜の職場」ではこのタイプの女性が多い印象です。

特に、お子さんのいる女性の多くはこのタイプで、交際は経済的なサポートを考えた上でお願いされる事があります。

 

また、「時間がかかるタイプ」の女性について。

これはフィリピン特有の恋愛スタイルです。伝統的なもので、このタイプの女性も少なくありません。夜の職場でもこのタイプの方がいます。

例えば、三回デートし、告白します。しかし、その場では返事はもらえません。後日という事で、一ヶ月、時には数年かかる事もあります。一般的には数ヶ月から一年程度要します。

ただし、これは女性と男性の関係に依ります。

例えば、

・男性側のアプローチが告白以後も情熱的だった。
・女性側も気持ちが昂り恋に落ちてしまった。

そのような場合は一ヶ月も掛からないかもしれません。

ただし、体を許すのはどこの国の女性であっても相当な覚悟と理由があると思います。

・相手を本当に愛している
・将来を期待している

これは先に紹介した「勝負が早い女性」についても同様な事が言えます。

フィリピーナの多くにとって、恋愛上であればその行為は大変大切な事です。多くの場合、軽い覚悟ではそのようなことにはならないでしょう。

 

フィリピンでフィリピーナ彼女を作る方法

 

さて。冒頭で触れたタイトルについてです。

ではどのようにすればフィリピーナ彼女を作ることができるのでしょう。

アドバイスをするならば、これは男性側の努力がかなり必要だと思います。

相手がお金目的なのかどうかを見極める力も必要ですし、それでも交際したいと考える人も居るでしょう。

ただ、真剣な交際になって来た場合は、男性側の経済力も求められます。フィリピーナを囲い、頻繁に渡比するのは、決して安いことではありません。

また、恋愛感情だけの交際を期待するのは、当初は良いですが、付き合いが長くなってくるとある程度「将来性のある男性」であることを伝える必要があると思います。

お金を生み出す努力。

これも日本と同じでしょう。

日本でも交際相手の両親からは「どんなお仕事されてるの?」と聞かれますが、これは将来娘を渡しても良いのかどうか重要な指標になります。

ちゃんと仕事をして、ちゃんと稼いでいる社会人でなければ、日本ですら交際相手を探すのは難しいはずです。

フィリピンではここがシビアで、特に外国人に対しては順番的に「お金」の問題が先にやってくるのだと理解した方が良いかもしれません。またその方が、こちらも割り切って相手を理解することができます。

 

これらのことを念頭に、フィリピン女性と向き合ってみてください。

おそらくこちらの「親切な感情」と言うものを相手も感じ取ってくれますし、交際もさらに発展すると思います。

つまり、

「愛してる」

と言う言葉を重ねるだけでは、なかなか相手には伝わらないこともあるでしょう。

こちらが外国人であればなおさらです。

わかりやすい「優しさ」と言うものを示すことも時には必要なのかもしれません。

 

ただ、ご自身の人生ですので、その時になるべく後悔しないように。

しっかりと恋愛を楽しみ、フィリピンを、そして人生を楽しんでください。

 

 

以上、【恋愛】フィリピンでフィリピーナの彼女を作る方法を紹介に関する記事でした。

 

 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングのトップを目指しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

クレマニ前の記事衝撃のメッセージが届く。最近の若者は何でも初体験が早い!?
クレマニ次の記事【フィリピン】マニラの水族館「オーシャンパーク Ocean Park」
トピックス前の記事
トピックス次の記事

 

レンジ
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。

5 コメント

  1. よくわからないから人生面白いw
    ドラクエ新作でも、先のストーリーわからないから面白いんですよね。ちなみにドラクエ3は何回もやってましたw わかってても面白いこともあります。

  2. レンジさん…あんたって人は…昨日電話した悩みをこんな形でサポート&応援してくれるとは…もしかして昨日の夜から一気にこの文章を仕上げたのでは?…もしそうなら流石に賞賛しか言葉はありません。すごいです。そしてありがとうございます。気力が湧いてきました。
    しかし、レンジさん。これ明日の記事じゃないですか?
    今日は僕のターンなはずですが…

  3. いつも思うのですが、これは夜の世界のフィリピーナ達の事ですよね。今の時期高級ホテルでドレスアップして毎週パーティーしてるフィリピーナ達は、日本人になんて見向きもませんよ。

    • 高級ホテルでドレスアップして毎週パーティーしているようなパーティーピーポーは、別に何人だからとかは関係ないかも。夜の子以外でも恋愛はできますよ。日本人もフィリピン人もいろいろです。でも基本的には自国の男性の方が好きな子は多いんじゃないですか?

      • どんな人種でも基本的に年が近くて、同じ人種で、同じ価値観や経済力も持つ者を好むと思います。

        それは夜の世界に生きるフィリピーナも同じで、出来る事なら 若くて、経済力があり、最低限英語が出来て、カッコいい男と付き合いたいと思うのが当たり前です。でもどれかを妥協して相手を選んでいるのです。それは日本人でも、男でも女でも同じですよ。ただ マニラに来てる日本人の中には未だに日本人というのがブランドだと勘違いして、フィリピーナや他の外国人(特に韓国人や中国人)を見下して、現実を見る事が出来ない馬鹿な人達が多いこと多いこと。勘違いして自慢気にロビーやレストランで仲間と話しているのを見ると虫酸が走ります。

        テレビや携帯等の日本製品と同じ様に、日本のブランドなんて既に夜の世界では殆ど価値などないと知ったほうがいいと思いますね。唯一あるのはATMとしての価値ですが、それも今は中国が一番かな(笑)

※コメントアイコンが欲しい読者様、DMでお知らせください。

 

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here