ブログランキングリンク-トップ

 

 

この記事は、「フィリピン」、「女性の体」と言う検索キーワードに対して、回答するものです。

まず以下に、このクレイジーマニラのサーチコンソールの画面です。このサイトに訪れる方々の上位検索ワードの一部を紹介します。

 


[グーグルサーチコンソール上位検索ワード]

 

オレンジ文字で囲ったところですが、他の夜遊び関連ワードの中に何故か、

『フィリピン 女性の体』

だけがポツンとあります。

以前から気にはなっていたのですが、どうやら皆さん、フィリピン人女性の体が一体どのようなものなのか興味があるようです。

 

これについて、筆者の経験や知人の体験談、実際の統計や学術研究を元に、フィリピーナの体の特徴を考察してみます。

とりあえず、「フィリピーナはスタイルが良くて最高だっ!」と言うのは、正確ではありません。

 

殿方へ。

特にこれからフィリピンへ夜遊びに行こうかなと考えている方へ。

フィリピン人女性のスタイルには100%の期待はしないでください。残念ながら、日本でのイメージとはかけ離れた結果をお知らせすることになります。

 

 

 

フィリピン人女性の体の特徴

 

まず始めに、何処の国の女性であっても、それぞれ様々な体の特徴を持っています。つまり、個人差があります。

フィリピンの女性と言っても、純粋なフィリピン人の他に、スペインやアメリカなどの血が混ざっている人もいます。また、職種や食生活、年齢もスポーツ経験なども異なります。

例えば、フィリピンでは女性も「バスケットボール」や「バレーボール」が人気で、それらの経験者や競技者の方々はまた別の話になってきます。

 

「フィリピーナは胸が大きくてスタイルが良い」

と聞きますが、決してそんなことはありません。

現地のゴーゴーバーに行けば、そんな幻想はすぐに吹き飛ぶことがわかると思います。

 

顔面とスタイルの両方を兼ね揃えたフィリピーナを探すことは簡単ではありません。しかも、「性格の良さ」まで含めると大変難しく、日本人女性にアタックした方が良いかもしれません。

とにかく、人間は様々ですので、一言で「フィリピーナ」と表現することはできないでしょう。

 

無限にパターンが出てきてしまうので、この記事では主に「夜の職場」に限っての話にさせて頂きます。

 

夜の職場と言っても、二つのパターンがあります。それは、「デートメイン」か「飲みメイン」の仕事かどうかです。

どちらも共通しているのは、「見た目重視の職場である」、「出産経験で体は変わる」と言うことです。

これは我々が生物である以上、「相手の見た目から自分の望ましい遺伝子を探そうとする」、「そもそも哺乳類の生態を持っている」ので自然なことです。

 

リョウさんのように、

「人生いろいろあったぜ、そんな体の女性が良いのよ。哀愁よ」

と言う考え方もいらっしゃいます。

[リョウさんの参考記事]
マニラに来たら絶対行きたいLaCafe!良い子をすぐに

 

どれが良いとは言及できません。

どのような体型であろうが、それぞれ尊重しながら以下を記述していきます(20歳、30歳代と仮定します)。

 

フィリピン人女性の体の例

【出産未経験女性】

・おっぱいはプリンと張りがある

・乳輪の色は肌の色素次第、直径は小さめ

・乳首の突起は探すのが困難な場合もあるほど

・ゴールマウスは一体何人のDFとGKが守っているのかと思うほど厳しいディフェンス
 

【出産経験女性】

・おっぱいは張りよりも、柔軟性が増大している

・乳輪は母乳タンクの的であった歴史

・乳首は乳飲み子の元気さを証明する伸び様

・ゴールマウスはGKただ一人でカウンターを迎えるかのような状況
 

 

経産婦さんはその他、急激にお腹が大きくなった事による妊娠線や肉のたるみなども現れます。これらが出る人は、妊娠時の体型と年齢次第で顕著に残ります。

しかし、全ては尊い命の証。女性の体は神秘です、崇めましょう。

 

 

身長、体重について

 

フィリピン人の平均身長は、男性女性ともに日本人より5cm程小さいです。

一方、体重について肥満割合は、
 

フィリピン人女性は26.3%  日本人女性は19.8%

※(2014年時点)BMIが25以上(経済産業省、厚生労働省レポートより)

 
と、日本女性と比べると肥満率は「5%以上」高くなっています。実は「日本人女性の方がスタイルが良い」ことになります。

この原因の一つは、フィリピンでは「食生活のバランス」が取れていないためです。

フィリピン人は「米などの炭水化物」、「スイーツなどの糖分」を常に多く摂取する食習慣です。また、揚げ物など高カロリーなものを「安価」であるため、それらを食べることを強いられています。

 

ただし、この記事では「夜の職場」で働く女性を対象としていますので、その割合はかなり下がると思われます。

夜の職場でもふくよかな女性はいますが、割合は少ないです(これは記事下部で説明します)。太っていると彼女たちの仕事に支障が出てしまうためでしょう。飲酒や食事の時間帯にはある程度節制する必要があります。

 

ちなみに、フィリピン人の平均寿命について。
 

男性65.3歳(健康58.6歳) 女性72.0歳(健康63.9歳)

※(2015年時点)2018年3月 経済産業省レポートより

 
これは日本と比べると、「15歳」も異なります。

寿命の短さと言うことも、フィリピン人の「性欲の強さ」に現れていることは間違いないでしょう。

 

【参考文献】

経済産業省医療国際展開カントリーレポート

厚生労働省「国民健康・栄養調査」

 

 

肌の質感について

 

フィリピンは日差しの強い国と言うことで、皆さん健康的な肌をしています。

これは長年の遺伝子の受け渡しにより、紫外線を浴びても皮膚を防御する機構が備わり、体内でビタミンDを効率よく生成するようになっています。(ビタミンDは骨格形成や疲労回復など健康に維持するのに役立つ)

また、フィリピン女性は「色白思考」で、普段から日焼けを避け、またビタミンCを多く摂っている傾向があります。

ボディークリームなどを頻繁に塗り、肌の手入れをしている女性も多いです。

元々健康的な肌を、さらに守りながらケアしているのですから、「フィリピン人女性の肌は綺麗」と言うのも納得です。

しかし、加齢にはなかなか逆らえません。

肌の水分量が減り、メラニン色素が溜まることでどうしても見た目と質感は劣化してしまいます。もちろん、これは女性に限った事ではありません。

フィリピンでは「見た目」を重視される傾向にあります。女性は男性同様に相手の顔や肌、スタイル、体毛の濃さなどを良く見ています。

男性側も顔だけでなく、他の部分のスキンケアを心がけたいところです。

 

 

体毛、ムダ毛の処理について

 

混血の方が多いフィリピンでは、その遺伝子によって体毛が濃いかそうでないかが現れます。これも個人差があります。

色白な方でも体毛が濃い人も居ますし、見た目が純フィリピン人の方でも体毛が無い場合もあります。

 

処理については、個人や生まれた地方により考え方が異なります。

・ムダ毛は一切ない方が良い

・自然のままで良いじゃない

腕毛やスネ毛については、若い女性でも処理していない場合があります。特に、田舎出身の女性は顕著で、出身がマニラなど都会に近くなるほど「ムダ毛処理」の意識が高くなる傾向にあります。

脇毛についてはさすがに処理している女性が多いです。

下のピッチについては、整備されているピッチもあれば、手付かずの大自然の状態もあります。

しかし、蒸し暑い気候もあってか、多くのフィリピン人女性は「全剃り」のピッチにしているようです。スライディングでもしようものなら、膝小僧は血まみれになるでしょう。

 



 

実はおっぱいが小さい!?

 

殿方。フィリピン人女性のおっぱいは日本女性よりも小さいのです。

 

女性のおっぱいサイズ

第1位 アメリカ
第2位 カナダ

第71位 日本

第108位 フィリピン

※調査国108カ国
参考文献: the Journal of Female Health Sciences(20ページ目から)

この「フィリピン女性のおっぱいの小ささ」については、現地報道機関でも伝えられています。

ABS-CBN News「PH women have smallest breasts in the world」
 
肥満率と合わせても、とにかくデータだけを見れば「日本女性の方が明らかにスタイルが良い」ことになります。

 

ではなぜ、「フィリピン人女性はスタイルが良い」のような話が出てくるのでしょうか。

 

これは、「日本人がフィリピン人女性と出会う場所」に関係しています。

そうです。「夜の職場」で出会う場合が多いのです。

元々「夜の職場」では、「見た目を重視した女性」が選抜されています。

例えば、

・日本人受けしそうな顔
・大きなおっぱい
・魅力的なおしり
・モデル体型
・肌が綺麗

など、現地でお客になり得る男性の好みを含んだ女性が集まっています。

(一体誰が指名するねん! と言いたくなる女性もいらっしゃいます。)

 

フィリピン全土から都会へ、夜の職場へ。各地から美人選抜が集まっているのです。

人口に比例して、美人もそうでない人も増えますが、首都のマニラは最も美人の人口が多いはずです。

 

以下に、簡単な図で説明します。白い丸に「美」はスタイルの良い(おっぱい大きい、肥満でない)あるいは美人な女性を表しています。ただの白い丸はそうでない女性です。


 

全体に対して、「美」女性の割合は日本の方が多いです。

しかし、日本では女性の職場は多様であり、外見はそれほど重要な要素ではありません(見た目が直接関係する職業は除く)。

日本では職業選択の自由があり、夜ではない職場を選ぶ女性が多く、夜遊びに出掛けたとしても男性は「やっぱりキャバですかね」となります。

そして、夜の職場の数が日本とフィリピンで同割合(人口あたり)と仮定した場合、フィリピンでは女性にとって満足度の高い職場は限定されるため、夜の職場に見た目の良い女性が集まりやすくなります。

結果、男女が出会う場としてフィリピンの夜遊びであるとすれば、「美人でスタイルが良い子が多い」と言うイメージが先行することになります。

 

フィリピンの夜遊びでは、「美」女性の密度が高い

 

実際、日本で相応のスペックの女性と出会うよりも、フィリピンへ行った方がその確率は相当高いでしょう。

フィリピンは見た目だけで言えば、混血の女性は給与の面でも優遇されているところもあります。

先ほど、オッパイの大きさ第一位がアメリカ、第二位がカナダとありましたが、フィリピンにはこれらの国々、あるいは西洋人との混血の方が多いです。それはおっぱいが大きいと言う可能性が広がることになります。

実際、見た目の良さから多くのフィリピン人女性が夜の仕事や人前に出る仕事で活躍されています。2018年のミスユニバースもフィリピンの方でした(オーストラリア人との混血ですが、巨乳ではないようです)。

 

このような環境で女性に出会うと、イメージとして「フィリピン人はスタイルが良い」と思い込んでしまうのでしょう。これは現地の夜遊びだけでなく、日本のフィリピンパブも同様のことが言えます。

フィリピンは都会であっても働くにはなかなか厳しい状況です。まともに働いても決して多くはない所得環境です。必然的に、夜の職場では美人でスタイルの良い女性の密度が高くなります。

 

例えば、昼間のモールやマーケットを歩いてみましょう。

振り返って見てしまうほどの女性が歩いているでしょうか。

 

現地のルックスに優れた女性の多くは、夕方あるいは夜から活動し始めます。

さらに言えば、「もう働く必要がなくなった」のかもしれません。

 

以上、フィリピン女性の体に関する記事でした。
 

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

クレマニ前の記事マニラの絶対おすすめデート・ショッピングスポットMOA(モールオブアジア)
クレマニ次の記事初めて行くマッサージ店にてスペシャルマッサージの提供!?
トピックス前の記事
トピックス次の記事

 

Range Abe
オノケンと同じ会社の先輩であったレンジ。数年前からマニラを訪れるようになり、やがて現地法人を持つまでに。趣味は海外サッカーTV観戦。 実体験に基づいたフィリピンにおけるマニラの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップしていきたいと思います。
ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

2 コメント

  1. うんうん、、、うなずく内容でした。

    次は、臭いについても調査願いたい。(時に下ですね。。)

    激臭を装備しているサイヤ人が多い気がします(体験上)

    臭いに勝てずに、我が息子も気円斬で切断されかのような状態になり、、、白旗揚げたことも何度かあります。。

  2. DONDONさん、コメントありがとうございます。
    下の方が臭う場合は、性病の疑いがあるかもしれませんが、オリモノなど女性の体調にも依ると思われます。
    いつ会っても「臭う」場合は前者の疑いが強いか、本能的に遺伝子がNOと言っているのかもしれません。
    私は、フィリピンでは臭いに困った経験は無いのですが、日本ではあります。
    その際は驚きのあまり「リレミト」を唱えようかと思いました。

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here