指先の元気を少しだけ下さい!
クリック応援をお願いします!
 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
元気玉を撃たせてください!

 

[オノケンブログ前回のあらすじ]

ベテランKTVフィリピーナはやはりあまたの男性と戦ってきたこともあり、素人が簡単には攻略できるものではありません。ベテランと戦う際には、きちんと心の傷をカバーする方法や攻め方を知ったうえで臨まないと大けがします。最後はやはりお金が一番の武器なのでしょうが。

ベテランKTVフィリピーナの攻略法!?対策と心構えと戦術

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[大いに楽しんでいるマラテでの夜遊び。酔いも吹き飛ぶ人物からの着信]

マラテの街を彷徨う2人。

明後日(日付的には明日)の早朝にはここを離れないといけないことを考えると、その辺の女優よりはよっぽど早く泣くことができるほどに悲しく感じる。

1週間もあったのに...彼女もいるのに...私は何一つ成し遂げられないままにこの旅を終えようとしている。

それを考えるとため息しか出ない。

 

私自身の行動力が一番の原因なのだろうが、運も悪すぎる。

本当ならば、私の3回目の旅、遅くとも4回目の旅には

 

“フィリピーナ彼女とのワンチャンを達成する”

 

この大きな(?)目標は達成できていたのだろうが、度重なる不運により未だに達成できていない状況である。

 

“一週間もあるんだし、ティーは当然で、チャンもあわよくば。なんならぽっと出のフィリピーナともワンチャン達成するのが目標”

 

なんて言っていた自分が恥ずかしい。

どうにか明日にはティーの体調が全快してくれるのが望ましいのであるが...

 

さて、適当に通りを歩いているとサオリの前まで来た。

するとマークがサオリの前まで移動してきており、私たちのことを見つけると数か月ぶりに再開したような笑顔で駆けつける。

 

マーク「うおー、レンジさん、ケンさん!」

レンジ「マーク元気?」

 

マーク「ゲンキゲンキ、どこ行くの?」

レンジ「特に決めていないんだけど、いい店あるかな?」

 

マーク「サオリは最近新しい子増えたよ。見てみる?」

レンジ「そうなの?どうするケンさん?」

私「見てみましょう。そして良い子がいたらここに決めましょう」

 

こうしてサオリに入った私たち。

サオリは元々そんなに女の子が多い方ではないが、久しぶりに来てみると、さらに減ったように感じる。

 

人数が減った感じはするが、何人か見た目の良い女の子はいたため入店を決めた。

私のこの選択が後に、“ふりだしに戻る”原因となるのであるが。

 

私もレンジさんもショーアップを選択した。

私たちの前にずらりと並んだフィリピーナ達。

 

2名のフィリピーナで悩んだというより、個人的にはこの2名以外は厳しい。

一人は日本人にもいそうな顔立ちで、スレンダー、この業界の仕事はほとんどしていないんだろうスレのなさ。

 

もう一人は、すさまじい突起物をお持ちのフィリピーナ。顔はロシアハーフのような顔だが、もう一人の方がだいぶかわいい。ただ突起物が何と言ってもすごい。チョモランマ級である。

私は悩んだ末、スレンダースレなさそうフィリピーナに決定。

そして、レンジさんが選んだのはさきほどの突起物チョモランマである。こんな子を選んでいるのに

 

“大きい胸には興味がない”

 

である。ここまでステータスの振りが突起物に偏っているフィリピーナを選んでおきながら、平気でそんなことを口走れるレンジさんはやはり笑える。

認めるんだ自分の巨乳好きを。そして公言するんだ自分がおっぱい星人だということを。

 




 

さて、私の感覚通り、私が選んだ子はこの業界を初めてまだ2か月程度の新人のようである。

しかし、既にサオリのナンバーワンの座に君臨しているようである。

 

スレがなく落ち着いた良い子であるが、顔や突起物などを総合するとチャンやティーと比べると少し見劣りがする。

そのため、この子についてはあまり先はないのだろうとこの時感じていた。

 

こちらは落ち着いた雰囲気で楽しく飲んでいたのだが、時間が経過するごとに隣がどんどん騒がしくなってきた。

レンジさんとチョモランマである。

 

そう、このチョモランマはステータスの振りが乳だけではなく、テンションにもかなり割り振られているようである。

すさまじいテンション。

歌って踊って騒いで笑ってと、今まで出会ったどのKTVフィリピーナよりもおもしろい子であった。

 

ただ、あまりにも高すぎるテンションのため、どんなテンションの子でも対応可能なはずの百戦錬磨のレンジさんも、さすがに手におえないといった様子である。

見ている分には非常に面白い。

 

ここまでKTVでゲラゲラ笑った経験はなかなかないほどにチョモランマは良いキャラをしていた。

色恋事関係なく、この子なら店に通ってもいいかなと感じる数少ないフィリピーナであった。

 

(※よく歌い・よく踊り・天井知らずの明るさが特徴のこのフィリピーナは、おそらくまだサオリで働いていることと思います。笑顔になりたい方、大騒ぎたい方、チョモランマかどうかを確かめたい方はぜひサオリに行ってみてください)

【夜遊び】マラテのKTVマップ決定版。スマホに保存!2019年最新

[サオリの位置については上記URLのマップをご参照ください]

 

さて、大いに笑い楽しんだサオリでの時間だが、閉店時間(3時)の30分ほど前になった。

チェック時に、レンジさんのアフターでディスコに行くことを提案した。踊ることが大好きだというチョモランマは踊りながら快諾。

3時過ぎに店の前まで再度来ることを約束し店を出た。

 

店を出た私たちは、レンジさんのタバコを補充しに一旦ホテルに向けて歩いていた。

先ほどのサオリでの時間の余韻に浸りながら、ほどよく酔っぱらっていた私たちは非常に良い気分であった。

 

そんなとき、レンジさんの携帯が鳴る。

 

レンジ「ん?誰だこんな時間に?ザリかな?」

 

携帯を取り出して画面を確認したレンジさんの動きが止まる。

 

私「どうかしたんですか?誰からです?」

レンジ「......」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンジ「マリーからだ」

 

数か月もの間、全くの音信不通であったマリーからの突然の着信。

しかも私たちがフィリピンに来ているタイミングでの連絡である。

 

この電話で私たちはマリーの現状だけでなく、フィリピンの闇も同時に知らされることとなる。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here