マニラ LAカフェ

[オノケンブログ前回のあらすじ]

フィリピンでは路上喫煙は禁止されていますが、土地によっては禁止されていることが信じられないくらいにみんな路上喫煙しています。ただ、マカティについてはかなり以前から路上喫煙はかなり厳しく取り締まっているようです。マカティに行く際はご注意ください。

フィリピンで逮捕?連行?マカティでの路上喫煙で危機一髪

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

[LAカフェでセクシーで美人なフィリピーナを特殊能力で探す]

ケイコのVIPルームに入り、ショーアップを行った二人であったが、この日は多くの客が来店しており、おそらくは他の客のところにレベルの高い嬢が行ってしまっているため、レベルの高い子はほとんどいなかった。

 

一応指名はしたものの、2人ともあまり先がなさそうなフィリピーナであったため、カラオケ中心にケイコでの時間を楽しんだ。

KTVに行きだしたころはどんな店でも“かわいい”と感じるフィリピーナはいた。

 

しかし、旅の回数が多くなるほど、KTVに行った回数が多くなるほどに目が肥え、なかなかお眼鏡にかなうフィリピーナを探すことは難しくなる。

どんなKTVでも、少々可愛くない女の子でも純粋に楽しめていたあの頃が少し懐かしく感じた。

 

次回で私が初めてフィリピン旅に行ってからちょうど1年になる。

その時がきっかけで1年間で何度もフィリピンに赴いた。

いまだにフィリピンに対する愛は収まるところを知らないが、いつかくるフィリピン狂いの終わりの時まで後悔の無いようにフィリピンでの時間を楽しみたいものである。

 

ケイコを出た二人。

マラテ ケイコ

私「もう3時ですか。これからどうします?」

レンジ「今日がマラテ最後だから、〆にLAカフェでもいっとく?」

 

私「いっときましょう。好きですねぇ、LAカフェ」

レンジ「ケンさんもでしょ?」

 

私「ええ、まぁもちろん。ぐふふ」

レンジ「ぐふふ」

 

今日はいつもに比べて店内の賑わいがあるLAカフェ。

 

マニラ LAカフェそして今日も元気にLAカフェの住民たちはお仕事中のようである。

今日は1階の席である。

 

私「かわいい子いますかねぇ」

レンジ「・・・右斜め前方5mほどの2人組の右側。入り口向かって左から2番目。そしてトイレ近くの赤い服の子がかわいい」

 

私「きもっ。どれだけ見つけるの早いんですか。ショーアップの時も瞬時に一番いい子見つけますよね。何かコツがあるんですか?」

レンジ「ふふふ、レベル50を超えるとね。“千里眼”を習得することができるんだよ。その場にいるかわいい子をすぐにみつけることができる」




 

 

 

私「・・・そうですか」

レンジ「まぁ、ケンさんも俺のレベルに到達すればわかるよ。山ってさ、登頂しないと景色見えないでしょ?千里眼についてはそのレベルに到達しないとその感覚わからないから。修行して」

 

私「・・・何飲みます?」

レンジ「サンミゲル。後、マルコのラブジュース」

 

私「・・・そうですか。今日レンジさんキレキレですね」

レンジ「今日はいいフレーズが降りてくるね。こうして天啓を得るんだよ」

レンジさんはそういうと両手を上にあげ、指を動かした。

 

私「レンジさんがそれするとおっぱい揉んでるようにしか見えませんね」

レンジ「失礼な」

 

私「おっぱいといえば、ビリヤードをしている子の白い服の方、あれはなかなかのボリュームですね。Eカップはあることでしょう。ただ、乳首の色は残念ながらきっと濃い茶色していると思います。あ、こんどマルコの乳首の写真お願いしますね。あと、右後ろにいる黒い服の子は、服の上からじゃわかりにくいですが、あれもなかなかのボリュームがあることでしょう。巨乳は筋肉以上に武器なんですから、LAカフェの住民ならその武器を強調するような服着ないとだめですよね。ただ、“脱いだらすごい”タイプは一番興奮を覚えるやつですね。想像するだけでご飯何杯でもいけます。そして逝けます。そしてトイレ近くにs…」

レンジ「いや、きもっ。つらっ。えぐっ。そして話ながっ」

 

私「・・・・」

レンジ「・・・・」

 

私「・・・そしてトイレ近くに座っている女の子もいいですね。ただ、あれは谷Yなので“寄せ上げ”テクニックを使っている可能性は否めませんね。脱がしたら残念なんて一番萎えちゃうポイントですよね。・・・・(中略)・・・・ということで、まだまだ私の理想のおっぱい探しの旅は続きそうです」

レンジ「終わった?」

 

私「アンコールがあるならいくらでも」

レンジ「いや、もう結構。“谷Y”の意味がわからなくてそこでつまずいてたら、それから先の話は全然入ってこなかったよ」

 

私「そうですか。谷Yとはですね、特許申請中の私考案の巨乳フェイクを見破る方法でですね...(以下省略)」

レンジ「・・・ありがとうございました」

 

私「いえ、いつでも聞いてください」

レンジ「もうお腹いっぱい。でもケンさんってそういうおっぱいレーダーは敏感だけど、かわいい子を瞬時に見分ける能力はないよね」

 

私「はい、だからレンジさんが羨ましいです」

レンジ「でも俺はおっぱい探知の能力は低いから、俺ら二人の能力を足したら最強のレーダーになるね」

 

私「そうですね。KTVに顔だすだけで瞬時に顔と乳の良い子を判別できたら最強ですね」

レンジ「...話のレベルが中学生すぎるな」

私「そうですね...」

 

見た目は大人、頭脳は子ども。話はだいたい迷宮入り。真実はいつも複数でてくるおっさん二人の話はまだ続く。

 

 


ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

オノケンblog前の記事
オノケンblog次の記事

 

クレイジーマニラはブログランキングに参加しています。


応援よろしくお願いします!

 

おすすめホテル予約サイト「アゴダ」へ

 

Ken Ono
オノケンは日本で働く普通の30代サラリーマン。先輩レンジの誘いから、マニラ旅行へ。それ以来、マニラに通うように。趣味はフィットネスで筋肉こそ正義だと思っている。海外旅行はリアルドラクエのため筋トレでレベル上げをしている。 オノケンブログでは、マニラ旅行記やフィリピーナとの恋愛をメインに、英会話の上達方法などを記事としてアップしていきます。

6 コメント

  1. あの空間でする会話、最高に面白いww
    乳首の色まで分かるとは…
    応援ポチしてますよ、更新頑張ってください!

    • Ganchanさん
      応援ありがとうございます!
      会話については二人とも真剣に語っているので、余計に滑稽だと思います笑

  2. オノケンさんの乳センサーが欲しい。おっぱいは皆の夢なのです。私もいつか出会う完璧な美乳を探し、旅を続けています。
    ゴーゴーでは、なかなか綺麗なおっぱいを見かけますが、バーファインするほど顔がタイプでないなど、未だ未達成です。
    今年は是非頑張りたいですねー。

    • そうなんです!
      顔も大事なんです!
      乳は最高でもコウロギみたいな顔していたら絶対に無理ですし、両方必要なんですよね…
      お互いに長い旅になりそうですね笑

  3. 私はバクラと普通の女の子を見分けるセンサー欲しいですw
    一度グリーンベルトで逆ナンされて連れ帰った女の子とベットインしようと脱がしたら、女の子(だと思っていた)が既にギンギンに勃起してて、慌てて追い出した悲しいおもいでがありあすw

    • ちーこさん
      はは、それは災難でしたね笑
      精巧につくられていますから、見分けるのは難しいものですよね!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here