ブログランキングリンク-トップ

 

KTV ショーアップ

[オノケンブログ前回のあらすじ]

フィリピンでは多くのスポーツが親しまれています。おそらくフィリピンに何回か行ったことがある人であれば、一番人気はどのスポーツかわかると思います。それくらい人々の暮らしに深く根部いている感じがあります。また、フィリピンは国民全体でいえば細い人は多いですが、筋肉がある人はかなりあります。

フィリピンで人気のあるスポーツとは?筋肉大国フィリピン?

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

 

[飲んだくれるマラテでの夜遊び。最終日は意中のフィリピーナとデート]

フォーエバーラブにて、ハナとの楽しい時間を過ごした。

まだまだ時間はある。

気分的には高級店という気分でもないが、レンジさんにヨーコ(YOKO)の取材を頼まれているのを忘れていた。

意外にもレンジさんはグランドヨーコにはとんでもない回数行っているにも関わらず、ヨーコには行ったことがないそうである。

 

今回もその次も私一人でフィリピン来るため、“時間がある時はそれぞれで取材を”と言われているのである。

今回のレンジさんからのリクエストは、ヨーコ取材に加えて、マラテ内のKTVの新規店取材、マカティのブルゴス通りのゴーゴーバー取材である。

 

取材といえば、なんとなく仕事風に聞こえるが、単にその場所に行って楽しむだけである。

とはいえ、その店の雰囲気や値段、女の子の人数や質、サービスなど実際に入店しないとわからないことも多いため、時にはタイプの子がいないにもかかわらず入店しないといけないときもある。

 

今は特に行きたい店などもないため、逆に目的があることはいいことである。

高級店である。一応身なりを整え、ヨーコに向かう。

ヨーコはべっぴんさんのすぐ近くにあり、立地は決して悪くはないものの、人通りが少ない道ではあるため、新規の客をガンガン勧誘するようなことは難しいように感じた。

 

また、外観もプレミアヨーコやグランドヨーコなどに比べるとネオンが少し控えめと言った感じである。

 

さて、さっそく中に入ってみた。

少し語弊があるかもしれないが、外観こそ“ヨーコ系列らしからぬ雰囲気”だったが、内装はやはりきれいであった。

女性もきれいどころがちらほらいるなと言った様子。

 

全体的に間違いなくレベルは高い。

レベルは高いものの、ではシャイニーやメイ、ハナと同レベルの子がいるかと言われると“それはない”といったところである。(個人的には)

 

※オノケン的KTVレビューが恒例化(まだ2回しかしていないが)しているところですが、店の特徴やレビューに関しては今後、トピックスでアップしていくようにします。

 

 

さて、ダイニングを選択すると、すでにけっこうなお客さんがきていた。

ざっと見た感じだと、私のタイプのフィリピーナが既に指名されている感じはなかった。

 

ショーアップが開始されるも、全体的にレベルは高いが、突き抜けた子、ビビビと来る子はいなかった。

KTV ショーアップ

難しい選択ではあったが、一人のフィリピーナを選んだ。

私の選んだ子は、少し前にこのヨーコでナンバーワンをとったことがある子であった。

 

少しの期間田舎に帰っており、ちょうど3日前から仕事を再開したようである。

そこまで突き抜けた可愛さやスタイルを持っているわけでもない彼女がなぜナンバーワンか不思議であったが、その謎は彼女との連絡先の交換をしてから明らかになった。

 

まずタイムラインの投稿がすごいマメに行われている事。

毎日のように自撮写真とともに“店に来てね”的なメッセージを投稿。

それに対してのイイネの数がすごい。

 

そして、店を出てからのメッセージの頻度もすごい。

 

“あなたに会いたい”

“あなたがいないと寂しい”

“あなたのことが気になって仕方がありません”

 

みたいな頻繁に送られてくる。

彼女のことがタイプであれば、これほど嬉しいことはないだろう。しかし、

 

“じゃあ昼間にデートしようよ”

“仕事終わりに会おうよ”

 

と何度か送ってはみたものの、昼は寝ないといけない、仕事終わりは疲れているからの一点張り。

彼女のことがタイプではなかった私は早々にメッセージを返信することを止めた。

 




 

 

その後はうろうろと適当に店を観て回ったものの、その日は驚くほどに良い店(フィリピーナ)には巡り合うことができず、結局あまり気を遣わなくても良いような店で指名なしでお酒をただただがぶ飲みした。

 

3時を待たずして出来上がってしまった私は、ホテルに戻り、ベッドに吸い込まれるように就寝したのであった。

 

そして、起床。

早いもので最終日である。

 

今日はMOAに行くということもあり、昼前にはハナからメッセージがあった。

昼ご飯を食べて13時過ぎに集合し、MOAに向かう。

今日の彼女の服装もなかなか良い。

上はおしゃれな感じの形とデザインをしたシャツに、下はスキニーのジーンズ。

 

うん、たまらん。

細い足からプルンと形のいい締まったおしりが見事に浮き彫りになっている。

すばらしい。

別におしりフェチではないが、彼女のおしりならば寝バックにて、“スパーン♪”と叩いてみたいという欲求が湧いてくる。

 

おっさんなので、ファッション専門用語などはほとんどわからない。そのため細かくは説明できないが、基本的にハナはおしゃれである。

フィリピン基準で考えているわけではなく、日本基準であってもおしゃれだと思うほどに着こなしが上手であり、うまく自分のスタイルの良さをだす服のチョイスができている。

ハナほどのスタイルを持ってすれば、着られる服の範囲もさぞ広いことだろう。

 

MOAに到着し、向かう先はまずスケートである。

平日の昼の時間にもかかわらず、それなりに利用している人が多い印象であった。

MOA スケート

ここでハナにいいところをみせるのである。

しかし、スケートリンク上には思いもよらぬ展開が待ち受けているのであった。

 

オノケンブログ来週月曜完結。

お帰り前に1日1応援クリックをお願いします↓↓↓

※架空請求等につながるサイトにとぶことはありませんので、安心して応援クリックをお願いします!!

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、執筆意欲がとんでもなく向上します!

 

 

 

オノケンblog前の記事
オノケンblog次の記事

 

Ken Ono
オノケンは日本で働く普通の30代サラリーマン。先輩レンジの誘いから、マニラ旅行へ。それ以来、マニラに通うように。趣味はフィットネスで筋肉こそ正義だと思っている。海外旅行はリアルドラクエのため筋トレでレベル上げをしている。 オノケンブログでは、マニラ旅行記やフィリピーナとの恋愛をメインに、英会話の上達方法などを記事としてアップしていきます。
ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

5 コメント

  1. Yokoは結構おすすめですけどねー
    空いてる時多いし、女の子もまあまあだし。落ち着いて飲める
    他の高級店からの移籍組が多いのも特徴かな。そういう意味ではスレてるけど…

    • Wazeeyさん
      行くタイミングによって評価はかなり変わってきますよね(~_~;)
      他のヨーコに比べるとごたごたしていないし、落ち着いて飲める点ではすごくいいですよね!バランスは決して悪くない店だと私も思います!

  2. このブログの時系列はいつが前提なんですか?
    ここ最近?数年前?
    それによって鮮度も変わると思うのですが?
    二、三ヶ月でまた会いにいく約束した身としては、参考にできるのやらどうやら…
    計画が約束になりました(笑)

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here