ブログランキングリンク-トップ

 

[オノケンブログ前回のあらすじ]

今回、良い人生経験をさせていただきました。好意がある女性と会うときは気を付けないといけませんね。フィリピンはマニラのKTVで働く女の子たちは常に疑われています。匂いなど女性の気配はきちんと消さないととんでもない目にあいます。

オカマの怨念が首に宿り窮地に陥る。思わぬ助っ人の登場でV字回復か?

オノケンブログを最初から(序章)読んで頂けると幸いですm(__)m

転落と後悔

私がレンジと出会う前、レンジがどのような経験をフィリピンでしてきたのか、私がマニラに通うようになる以前について書かれていますので、レンジの章を読むことでよりクレマニを奥深くお楽しみいただけると思います。

【レンジブログ1】日本人経営者と私、フィリピンでの入国審査へ

 

[ベテランKTV嬢のテクニック。絞り取れる日本人からはきっちり絞り取る]

ヘルプの子からマヤへの説明が続いている。

タガログなので全くなにを言っているかわからないが、一生懸命ヘルプが説明をしてくれているのだけはわかる。

 

2人が話すところを聞いていたら、この2人の力関係はわかりやすいものであった。

完全にヘルプの子の方が強い。

まるで妹を叱る姉を見ているようだった。

KTV ファーストライン

 

少しの時間の話を終えた後、マヤはおもむろにトイレに立った。

 

ヘルプ「マヤはもう怒っていません。元々、あなたの言っていることをそんなに疑っているわけでもなさそうでした。オカマに絡まれるなんてよくあることですから。ちょっと意地悪しただけって言ってました」

私「おぉ、女神様、なんと感謝の意を申し上げたらいいものか」

 

ヘルプ「大丈夫ですよ。彼女はあなたのことが気になっているから、オカマに嫉妬しただけだと思う」

私「誤解を解いてくれただけではなくて、そんな嬉しい言葉までかけてくれるなんて...今度ご飯奢らせてください」

 

ヘルプ「ははは、ありがとう。またマヤと一緒に行きましょう」

私「そうだね。マヤに疑われてしまったのはアンラッキーだったけど、その後あなたがヘルプとしてここに来てくれたことは、最高のラッキーなことだったよ」

 

その後ほどなくしてマヤが席に戻ってきたため、ヘルプの子は戻っていった。

マヤはさきほどまでとはかなり様子が変わっており、ヘルプの子が言ったことは本当のようであった。

その後、マヤはもう一方の指名客の間を行ったり来たりしてはいたものの、私はそれはそれで楽しい時間を過ごしていた。

しかし、1セット終了間際、告白の返事を聞いたものの、

 

“本当は今日返事をする予定だったけど、次、あなたがフィリピンに来た時に返事をする”

 

と言われた。

やはりオカマの件はそれなりの影響はあったようだ。

 

この時こそ返事がもらえなかったことに残念な気持ちこそあった。

しかし、冷静に考えてみれば、答えが私の望むものであったからこそ、直前で疑わしいことが浮上したために答えを先延ばしにされた可能性は高い。

少しへこんだ後、きっとそうだと自分に言い聞かせ、何とか精神を安定させたのであった。

 

さて、1セット終わったためチェックをし、グランドヨーコに向かった。

マラテ グランドヨーコ

店の前にはユウトが暇そうに待っていた。

 

私「ごめーん、待った?」

ユウト「20分くらいですか...もう寂しくて心細くて死にそうでした」

 

私「でかい筋肉して似合わないこと言わなくていいよ。で、どうだった?」

ユウト「なんかやたら金額高かったです。4500ペソくらいいきました」

 

私「それはまた結構いったね。もしかしてドリンクけっこうおごったの?」

ユウト「4・5杯でしょうかね?」

 

私「4・5杯!?たった1セットで!?単純計算で15分に1杯か...」

ユウト「多かったですか?向こうが喉が渇いたと言ってきたもので...」

 

あの女、不細工な顔して本当にしたたかなものである。

ユウトは今晩が最後の夜なので、短期決戦に持ち込んできたということか。

私なら15分に一回喉が渇いたと言ってレディースドリンクを頼んでくる不細工がいたら、水分補給の大切さを20分程度語りあげ、挙句の果てには“アルコール飲料では体の水分は逆に失われる”ことを口実に、ボーイにスポーツドリンクを買ってこさせ、それを飲ませる。

 

私「で、今日もその子はユウトの所にくるの?」

ユウト「いえ、一応誘ったんですが、今日は忙しいから...と」

 

―――もうユウトは用済みというところだろうか?




 

 

私「連絡先は聞いた?」

ユウト「ええ、それはもちろん。ただ、向こうから送られてくるのはローマ字表記の日本語なので、なかなかコミュニケーションがとれるかどうか...」

 

私「向こうに日本語を習わせるより、ユウトが英語を習った方が絶対早いよ!ABCから始めよう!!」

ユウト「そうですね」

 

既にホテルに戻っているレンジさんに連絡をし、私たちはパンパシで集合した。

 

レンジ「うおっ、ユウトが本当にフィリピンにいる!!」

ユウト「えぇ、フィリピンめっちゃおもしろいところですね!レンジさんやケンさんがはまるのもわかる気がします」

 

レンジ「それは嬉しい言葉だね!ケンさんがうまくエスコートしたんだね」

私「えぇ、まぁそういうことですね!」

 

ユウト「今日、いきなり一人でグランドヨーコに行けって店に蹴り入れられました」

レンジ「えぇ、いきなり!?ケンさんもなかなかSだね」

 

私「えぇ、一人の時こそレベルアップのチャンスです。ドラクエでも一人の方がより多くの経験値を得られますし」

レンジ「なるほどなぁ。で、ユウトに良い子は見つかった?」

 

私は昨日から今まで会った事をレンジさんに伝えた。

もちろんお金の件は後ほどユウトが帰国後に伝えるとして...

 

レンジ「やるなぁユウト!1年以上かかった先輩をもう超えたか!」

私「・・くっ」

ユウト「英語出来なくても筋肉あればモテるってことの証明でしょうか。はっはっはっ!!」

 

―――言いたい...お前の指名子の目的は十中八九お金目的だと。この鼻が伸び始めた筋肉バカに現実を教えてやりたい...

 

レンジ「さて、これからどうする?」

私「レンジさんはどこかリクエストありますか?」

 

レンジ「実はあるマッサージ店に行きたくてね」

私「マッサージですか?それならもう昼に行ったので、わざわざ夜に行かなくても...」

 

レンジ「いや、夜に行くからこその...マッサージ店」

私「・・・ま、まさかマッサージ店ですか?」

 

このマッサージ店で私は奇跡の出会いを果たす。

ブログランキングリンク-ボトム
ブログランキングが上昇すると、オノケンとレンジのモゲレベルが1上がります!

 

 

 

クレマニ前の記事【夜遊び】マカティ最新KTVレポート『ジェミナス Geminus』
クレマニ次の記事マニラの人気マッサージ店AIR FORCE ONEで奇跡の再会。しかし…
オノケンblog前の記事
オノケンblog次の記事

 

Ken Ono
オノケンは日本で働く普通の30代サラリーマン。先輩レンジの誘いから、マニラ旅行へ。それ以来、マニラに通うように。趣味はフィットネスで筋肉こそ正義だと思っている。海外旅行はリアルドラクエのため筋トレでレベル上げをしている。 オノケンブログでは、マニラ旅行記やフィリピーナとの恋愛をメインに、英会話の上達方法などを記事としてアップしていきます。
マニラのロスマンホテル ホテル予約サイト「アゴダ Agoda」へ

 

10 コメント

  1. まさにあるあるですね…
    LAでも調子のってたら会計の時あれって瞬間ありますね…
    ちょいデブのウエイターが特にそんな感じかな?

    • kunikunikuniさん
      うまくちょろまかしている可能性はありますね…LAなんてカオスなので、少々のことは気にならないって言うね…

  2. 特にワカぃうちは高い授業料payして学ぶコト、たくさんありますからね〜(笑)
    ご自愛ください

  3. 被災地木更津に後ろ髪ひかれる気をしながらも、マラテ なう。
    ティンダーで引っ掛けたおねーちゃんとこれからデートです。 マラテ 最高!

  4. フィリピン行きの飛行機の中で会社関係のオッさん2人組。偉いさんと部下?取り引き相手の接待?的な関係の2人組!山本浩二と張本かと思う風貌の2人組。これ見て!と携帯を見せる。なにやらピナからの熱いメッセージ!もう、まいるよな!いー加減にしろよ!と!デレデレの浩二。いや〜羨ましいですねー!と!嘘くさい返事をする張本。もう、聴いているコッチが恥ずかしい。若くてイケメンでもかまされるのに、オッさん達なんてほんの一欠片の愛情もないよ。わかっちゃいるけどやめられない。

  5. いやー毎度あるあるで楽しませてもらってます!
    更新頑張ってくださいー

   

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here